かりんと車で出掛ける時は、後部座席に乗せるのですが
運転をしていても、かりんがアクビをしたことがわかります。
なぜなら…おっそろしく臭いニオイが漂ってくるからです。

私たち人間でも、歯周病が悪化すると全身に影響を及ぼします。
同様に、犬でも歯周病が慢性心不全や慢性腎不全の原因のひとつと
言われているそうです。

5年前、歯石除去をしてもらってピカピカになったのですが
その後のケアを何もしていなかったため、再び大量の歯石。
ずっと気になりつつも放置していたけれど
頑張れ!腎臓のためにも、本日取り除くことにしました。

前回は幸いにも抜歯には至りませんでしたが、今回は…。
粘膜の壊死が見られた右上顎の一番奥の後臼歯を、1本抜きました。
更に、犬歯もかなり危機的な状況だったようですが
これは何とか抜かずに済みました。

null

帰宅したかりんは、予想通り、いつもと違う感じでしたが
朝ごはん抜きだったこともあって、夕ご飯は完食してくれました。

null

前回の歯石除去の時は7歳でしたが、今回は12歳。
ドクターを信頼しているので、心配はしていないはずでしたが
心のどこかでは、ちょっぴりの不安を抱えていたことを
かりんが無事に戻って来た時、より強く感じた母さんでした。
Posted by: hako
||

静かな眼差し

10月11日
台所に立って料理をしていたら、ふと…視線を感じました。

null

静かにじぃーっと、かりんがこちらを見つめていました。

かりんがまだまだ若かった頃、母さんが台所にいると
ソファーの背もたれに前足をかけて、よくこちらを見ていたっけ。
まるでヒヨコさんみたいな恰好で~。

null

でも今は、母さんが何をしているのかわかっているからなのか
貫禄たっぷりで、どどーんと構えて見ています。

この落ち着いた眼差しにも、積み重ねた時間を感じるのでした。
Posted by: hako
||
台風が日本海側を通過するため
特に、3連休初日は天気が心配されたかりん地方。
しかし、思っていたより北寄りのコースをとったこともあって
風は強いものの雨はほとんど降ることなく、過ぎ去ってくれました。

連休最後の今日は、数年ぶりに動物たちのいる公園へ。

null

ロバのロバートさん。
毛色が黒っぽいせいで、何となく威圧感があるのかわかりませんが
柵越しにも関わらず、かりんは近づきたくない様子。

null

でも、ざっくりした柵の中にいたポニーのロッキーさんとは
チラッと目を合わせて、ちょっとだけ交流。

null

お互いをどんなふうに認識しているのかわかりませんが
少なくともかりんは、競う相手ではないと思っているようです。
これがご同類だったら、ほぼ間違いなくガゥガゥですから~。

null

片道約1時間のドライブでしたが、シニアのかりんにとっては
ちょうど良いくらいの距離だったようです。
これからは、今まで出掛けたことのある近場のスポットを再び巡る
ゆる~り♪なお出掛けになりそうな予感。
Posted by: hako
||

待ち遠しい♪

10月04日
季節の移り変わりは、様々なものから感じ取ることができます。

蛇口から出る水が心地良いくらいだったのに
顔に触れた瞬間、「冷たい~」と思ってしまう、朝の洗顔。
キンキンに冷えたビールが最高に美味しかったのに
ちょっぴり熱燗が恋しくなりつつある、夕げ。

null

いやいや、それもあるけどね。
母さんはかりんのくつろぐ場所にも、それを感じるのでした。

null

こうして羽毛布団の上で昼寝するようになったということは
温かさが恋しくなっているということ。
母さんが寝ている布団の足元にやってきて、丸まってくれる
夢のような時間が近づきつつあるということなのです。

あぁ~、待ち遠しい♪
Posted by: hako
||

走る!

09月27日
秋分の日、ハーブ園に出掛けました。
貸し切り状態のドッグランで、とりあえず走ってみるかりん



スローモーションで撮ると、楽しんでいる様子がよ~くわかります。
昔と変わらない走りっぷりに、実年齢を忘れてしまいそうです。
Posted by: hako
||

頑張れ!腎臓

09月22日
時間を少し遡りますが、今月最初の日曜から数日間
かりんの体調が今ひとつ優れませんでした。

最初の日は、下痢が数回続いて食欲がなかったのですが
病院が休診日だったので、緊急を要するのか散々悩んだ挙句
一日様子を見ることにしました。

翌日からは、ご飯も普通に食べて元気に過ごしていたので
大丈夫だろうと、病院へ行くのはとりあえずやめました。
しかし、それからも緩い状態の便が5日ほど続いたため
結局、病院に連れて行くことにしました。

その原因として、腎臓の機能低下による腸内環境の悪化を
ドクターは挙げられました。
そう…かりんは2年前の高齢健診時にクレアチニン値(CRE)が高く
その後も、同様の状態が続いていたので要観察状態でありました。

null

哀しいことに、一度低下した腎臓の機能は回復しません。
ですから完治は望めませんが、腎臓の負担を少しでも軽くするため
サプリメントを飲むことになりました。

このサプリメントの成分は、乳酸菌などの善玉菌の栄養となります。
善玉菌は増殖する時に老廃物である窒素物を利用するので
消化管内の老廃物を減らし、腎臓への負担を軽減するそうです。

そして、サプリメントを飲み始めてからはその効果が出たようで
便も良い状態に戻りました。

null

かりんの腎臓の機能低下は加齢によるものであり
進行の速さの違いはあれ、避けては通れないものなのでしょう。
どこか、「まだまだ元気!」と高を括っていたところもあったので
今回、かりんの身体の年齢を再認識することとなりました。

でも、現状を知って思った以上にショックを受けた半面
これから気をつけていかなくてはならないことが具体的にわかり
これはこれで良かったと思いました。

かりんの腎臓さん、できるだけ負担を減らすよう努力しますから
まだまだ頑張ってください。
Posted by: hako
||

バッタ鑑賞

09月16日
今日のかりん地方は、最高気温が我が家の冷房設定温度と同じ28度。
この気温なら何とか我慢できるけれど、湿度が恐ろしく高くって
じっとしていても汗がじんわり~。

でも、出掛ける気満々!のかりんの要望に応え、車で15分程の公園へ。

null

公園横にあるテニスコートは、それなりに賑わっていましたが
公園内はガラーン、おまけに草ボーボー。
…と言うことは、シーズン的にも「アレ」が楽しめるはず。

null

はいっ、いましたよ。
草むらを歩くたびに、チキチキと音を立てて飛ぶバッタさんたちが~。

null

久々に見るバッタさんに、ハンター心をくすぐられたかりんですが
とりあえず追いかけるような仕草はするものの、すぐに諦めます。

6年前のバッタ三昧や、4年前のバッタ祭りの頃のような
執拗に追い駆ける様や、華麗なるジャンプは見られませんでした。

null

それでも、スキップしているかのようなリズミカルな足取りに
「楽しいね♪」と、かりんが言っているのは間違いありませんでした。

****************************************************

待ちに待ったニューマシンが到着し、環境設定もほぼ整い
ビューン&サックサクな動きっぷりに大満足。
母さんもニューマシンに負けないよう頑張ろうっと!
Posted by: hako
||

ハウス占拠

09月09日
この週末出掛けたのは、まるこちゃんのお家。
可愛がってくださるまるこ父さん&まるこ母さんに存分に甘えた後
かりんが落ち着いた先は、まるこちゃんのハウス。

null

今まで、数えきれないくらいの回数お邪魔しているので
勝手知ったる…とは言え、当然のようにハウスにイン。

犬たるもの、他犬のニオイには非常に敏感であると思われるのに
まるで自分のハウスで眠っているかのように、熟睡しておりました。

お互いの性格上、決して一緒に遊んだりはできないけれど
お互いの存在を認識し、許容しているのかもしれません。
ちょっと不思議な関係です。

****************************************************

7月の中旬に退院し、以前のようにサクサクッと動くようになり
ノンストレスで作業できていた母さんのパソコン。
しかし、再び調子が悪くなり…またもやダウンしました。

部品交換するしか再起の道はないとのことで、泣く泣く諦めて
只今、注文したニューマシンの到着を待っているところです。
Posted by: hako
||
夕べ降った雨のお陰か、今朝はヒンヤリと肌寒いくらいでした。
雲が低く垂れ込み、鈍色の雨雲が遠くに浮かんでいましたが
かりんを連れて、久々の休日スペシャル散歩に出掛けました。

null

出掛けたのは、我が家の定番でもある隣県の港近くの公園。

null

久々の公園に、目を輝かせながらあっちこっちをクンクンし
ニオイづけに余念がありませんでした。

null

連日、かりんは家の中で行き倒れてばかりだったので
すっかり老け込んでしまったかのように見えていました。

しかし、そんな姿はどこへやら~。
久々の休日散歩を楽しむかのような、軽やかな歩きっぷりに
「よしよし!」と思った母さんでした。
Posted by: hako
||

行き倒れの夏

08月29日
毎年、6月からお盆までが特に忙しい、母さん担当の仕事も落ち着き
妹家族と過ごす夏の帰省も終わりました。
急に気が抜けてしまったようで、何とな~くダラダラな毎日。

null

かりんは今日も、ベッドの上で好き放題に行き倒れ。
あまりにも熟睡しているので、「大丈夫か?」と心配になりますが
どうやら大丈夫のようです。

null

声を掛けると、「そろそろ散歩?起きよっか~」とでも言うように
大きなあくびの連発☆

null

この夏は、見事なくらい毎日の散歩以外でのお出掛けは…なし。

でも、室内で行き倒れてばかりだったからこそ
体調を崩すことなく、元気に過ごせたのだろうと思っています。
…と言うよりも、母さんの気力・体力不足だったかしら。

まぁ、こんな夏もひとつの思い出として刻んでおきましょう。
Posted by: hako
||