ここ最近、日中の気温がそれほど上がらない日が続いており
風でも吹けば、肌寒いくらいのかりん地方。
今年の桜の開花は平年より少し遅れ、4月に入ってからになりそうです。

20170325-karin_17_037.jpg

桜は咲いていないだろうと思いつつ、山間部にある久しぶりの公園へ。
公園の入り口付近、河津桜と思われる1本の桜が出迎えてくれました。

20170325-karin_17_038.jpg

流石に、公園内の他の桜は全くもって咲く気配はありませんでしたが
近づいてよ~く見ると、蕾が少し膨らんでおりました。
ぼんぼりがあちこちに設置してあり、後は満開の桜を待つばかりです。

20170325-karin_17_039.jpg

あまりにも眩しくて、目をショボショボさせているかりんの足元には
母さんの大好きなオオイヌノフグリがいっぱい。
春が、其処此処で顔を見せ始めてくれています。
Posted by: hako
||
かりんがシニアと呼ばれる年齢となった2012年以降
毎年、2月~4月頃に受けることにしている『高齢健診』。
3月18日、いつものように昼前にかりんを病院へ連れて行って預け
午後の診察が始まる頃に迎えに行き、検査結果を聞きました。

体重・体脂肪・血圧測定、血液検査、レントゲン検査、超音波検査の結果
コレステロール値や肝臓の数値は、相変わらず標準を少し超えていましたが
まぁ~、これは想定内。

しかし、今回初めて標準を超えてしまった項目が一つありました。
それは…クレアチニン値(CRE)です。
一般的に、この値だけ見ると腎臓の疾患が疑われると言われました。
ただ、同時に血中尿素窒素(BUN)の値も高くなるそうで
今回の検査結果では、CREだけが基準超えでBUNは正常範囲内でした。

20170320-karin_17_035.jpg

今回の検査の結果を踏まえ、近いうちに尿検査をして
1か月後くらいに、再び血液検査をすることになりました。

さて、この度も、病院へ迎えに行った母さんを見事にスルーして
「お~い、ひとりで帰るんか~い?」と、ドクターに突っ込まれたかりん
毎度のことなので、そんな姿にもすっかり慣れてしまいましたけど。

20170320-karin_17_036.jpg

帰宅してしばらくは、こ~んな顔をしておりました。
苦手な病院に数時間預けられ、おまけにあれこれと検査をされたことで
「心ここにあらず & 文句たらたら」の表情です。

「ごめんね…」と謝りながらも、かりんのために必要なことだと信じているので
心を痛めつつも、母さんは見ないふりをします。
Posted by: hako
||
かりんです。
このまえ、まるこちゃんちにあそびにいきました。
まるこかあさんが、トクセイのオヤツをよういしてくれていました。



テーブルのうえにあるオヤツをみたら、じっとしていられなくなりました。
「はやく、たべた~い!」
Posted by: hako
||

門前の看板犬

03月12日
今週末はお天気も良くて暖かそうなので、眼病平癒にご利益のあるお薬師へ
かりんの目が早く良くなりますように」と向かいました。

20170312-karin_17_032.jpg

このお薬師へ出掛けるのは四度目ですが、お参りの他にも目的がありました。
それは、再びのお薬師参りをした時に、新しい看板犬として出迎えてくれた
門前のお店にいる『テツくん』に会うことでした。

20170312-friend_17_01.jpg

約1年ぶりなので、1歳9か月になるテツくん。
成犬としての身体が、ほぼ出来上がる頃だと思いますが
昨年会った時と大きさはほとんど変わらず、ちんまりとした愛らしい体型。
柴犬系として決して大きくはないかりんと比べても、一回り小さいくらいです。

20170312-karin_17_033.jpg

かりんのことが気になって、そばに行きたくてたまらないテツくん。
前回もそうでしたが、盛大なガゥガゥ☆をお見舞いしがちなかりん
「あんまり寄らないでよ!」と、控えめに一声ガゥ☆と発しただけ。
テツくんのことは、それほど苦手ではないようです。

20170312-karin_17_034.jpg

自分に興味津々なテツくんを尻目に、かりんはお店の中が気になる様子。
こういう状況でありがちな「ラッキー♪」を期待したようですが…残念。

かりんの目が良くなったら、今度はお礼参りに来なくちゃね。
Posted by: hako
||

眩しいっ☆

03月08日
先週末、実家近くの土手で夕陽を眺めながらの散歩。

20170308-karin_17_031.jpg

急に立ち止まったと思ったら、グイッと振り向いてハムハム。
「よくそんなに曲がるなぁ~」と感心しつつ、その必死な感じにクスッ♪

ふさふさ尻尾とプリリなお尻が、母さんには…夕陽に負けないくらい眩しいわっ。
Posted by: hako
||

涙のしるし

03月02日
炎症が完全に治まっていないのと、またまた点眼が始まったこともあって
かりんの目はウルウル気味。

20170302-karin_17_029.jpg

目ヤニや涙が出る度に、できるだけ小まめに拭くようにしているのですが
うっかりしていると…この通り。
もっと酷い時もあって、我が家では「チーターになってる!」と表現します。
(チーターの目から口元にかけての流れるような黒いラインは
 『ティアーズ・マーク』と言うそうです。)

20170302-karin_17_030.jpg

涙を拭きとると、一旦はいつも通りになるけれど…また復活。
『涙のしるし』が定着してしまわないよう、そっと拭き拭きする母さんです。
Posted by: hako
||
クンクン捜査ならワタシに任せて!」と張り切っていた6年半前。
その頃は、チャチャッと手早く済ませていたクンクンですが
ここ1~2年、かりんの捜査は非常に念入りになりました。

20170226-karin_17_026.jpg

言い方を変えれば…
以前より、情報の収集・分析に時間が掛かるようになったのかもしれません。

「え~っと…」と記憶の引き出しをガサゴソ捜すことが増えてきたり
少しずつ手際が悪くなってきている母さん自身に置き換えてみると
「うん・うん」と頷けることがいっぱいあります。

20170226-karin_17_027.jpg

鼻先を「これでもか!」と近づけて、神妙な顔で嗅いでいる姿を見ていると
ふと、シニアの雰囲気が漂ってきて、キュン♪と愛しくなってしまいます。

20170226-karin_17_028.jpg

もう、クンクン捜査に処理の早さなどは必要ありません。
現在の『かりん流捜査』を、じっくり・ゆっくり…やってくださいな。
Posted by: hako
||

またまた点眼

02月23日
1か月前あたりから、右目から涙がよく出るようになり
目をショボショボさせることが多くなったかりん
しばらく様子を見ていたのですが、私たち人間が涙を流すみたいに
ポロリ…と涙が溢れ出したので病院へ行ってきました。

20170223-karin_17_024.jpg

やはり、上瞼に隠れるあたりの右目の角膜に傷がありました。
どうやらかりんは涙の量が少ないため、眼が乾いて傷つきやすい状態にあり
また、傷ついた部分が気になって、余計に傷つけてしまったりするようです。
「布団やクッションに顔を突っ込んだりしてない?」とドクターに尋ねられ
「はいっ、やってます!」と答えました。

2年ほど前から、目のトラブルが頻発しています。
その原因として考えられる、涙の量が少なくなるということも
加齢現象のひとつなのかもしれません。

20170223-karin_17_025.jpg

処方されたのは、角膜・結膜の炎症を抑える作用のある点眼薬と
角膜を保護するヒアルロン酸の点眼薬。
再びの点眼開始!となってしまいました。

しか~し、かりんは以前の「点眼 のち オヤツ」を記憶していたのか
こちらが拍子抜けするくらい…かなり協力的です。
Posted by: hako
||

ウリ坊

02月15日
長くダラダラと続いた換毛が、やっとこさ~落ち着きました。

20170215-karin_17_023.jpg

すると、かりんがウリ坊になっていました。
ブラッシングしてもブラッシングしても…やっぱりウリ坊。
ここは、シャンプーしてリセットするしかないのかも~。
Posted by: hako
||
先月下旬にやってきた、今季一番と言われた強い寒気。
その時の積雪もすっかり融け、「どうかこのまま、春になってくれたらなぁ~」
…と淡い期待を抱いていましたが、そう簡単にはいきませんでした。

20170212-karin_17_020.jpg

先週の金曜日から、前回と同じか上回るかもしれない寒気がやってきて
はいっ、この通り…またまたまた積もりました。
かりん地方の積雪は25センチほどだったのですが
隣県の県庁所在地では一時、91センチに達したそうです。

20170212-karin_17_021.jpg

ただ、ピークが土曜日だったため、通勤の心配をしなくても済んだので
前回とは違って、母さんの気持ちには余裕がありました。
ですから、再びの雪に大はしゃぎのかりんと、ほぼ同じくらいの気持ちで
足元でキュッキュと音を立てる雪を楽しむことができたかも。

20170212-karin_17_022.jpg

白い雪の上ではかりんの赤毛が際立ちます。
突然降ってきた大粒の霰が、パラパラッと背中に降りかかりましたが
ふかふかの毛先に留まったまんま、一緒に家まで帰りました。
Posted by: hako
||