ツボだらけ

05月22日
チラリと覗く上前歯、ぷっくりと膨らみ気味の口元。

20160521-karin_16_069.jpg

カイカイな前足を、ハムハムした直後のかりん
母さんが思わず「ハムッ♪」としたくなる、だ~い好きな口元。
ゴムパッキンのような質感の口唇も、これまたツボ!

いや…かりんの存在そのものが、母さんのツボ!!かもね。
いちいち可愛いったらありゃしない~。
Posted by: hako
||
長い一週間の始まりとなった先週の月曜日に
かりんを病院へ連れて行った時のことです。

血液検査の結果が出るまでロビーで待っていたら名前を呼ばれたので
検査結果の説明を聞くため診察室に入りました。
すると、座ってお話を聞くために、婦長さんが椅子を持ってきてくださいました。
「さっ、どうぞ~」と言ってすすめてくださったのですが
な・なんと……その椅子に真っ先に座ったのはかりんでした。

そして、診察台を挟んで座っておられたドクターと向かい合う格好になりました。
「センセイ、ケッカはどうでしょうか?」とでも言いたげなかりんの様子に
いつもはクールでちょっぴり厳しいドクターも、思わずクスリ。
「もうひとつ椅子を出して!」と婦長さんに言ってくださり
椅子にチョコンと座ったかりんと共に、検査結果を聞くことになりました。

20160518-karin_16_068.jpg

不安が頭をもたげていた母さんでしたが、お陰で気持ちがフッと緩みました。
もしかして、かりんなりの…ボケでしたか?
Posted by: hako
||

長い一週間

05月14日
月曜日の早朝、かりんの発する「うぐっうぐっ…」という音で目が覚めました。
様子を見守っていると、ペースト状になったフードを少しばかり戻しました。

その後、朝の散歩では何かにとりつかれたように草を食べたがり
いつもは散歩から帰ってから食べる朝ご飯に、口をつけません。
グッタリしているわけではないものの、じっと伏せたまま調子悪そうで
夕方も、ご飯を全く食べようとしなかったので、病院へ連れて行きました。

20160514-karin_16_066.jpg

診てもらったところ、腸が動いておらず腹部の痛みもあるようで
これらの症状からドクターが疑われたのは、膵炎でした。
しかし、キットを使って検査してもらった結果、幸いにもその疑いはなし。
この日は、胃腸の動きを良くする注射をしてもらい、様子をみることに。

翌日の火曜日からは、食欲も出てきたようでご飯を食べるようになり
水曜日には、ほぼいつも通りのかりんに戻りました。

…が木曜日になると、またまた朝も夕もご飯を食べず、嘔吐もあり
再び病院へ連れて行くこととなってしまいました。

前回と同じく腸が動いておらず、持参した便も十分に消化されていませんでした。
結局、内臓疾患ではなく、胃腸を動かす自律神経の失調であろうということで
上部消化管(胃及び十二指腸)の運動機能を改善する薬を処方してもらいました。
この日以降は食欲も戻り、今はとっても元気にしています。

20160514-karin_16_067.jpg

「見た目は変わっていないようでも、もう…10歳だからね」
今回、しみじみした口調でドクターに言われました。
飼い主からすれば、昔とそれ程大きく変わっているようには見えないのですが
目に見えない部分では、加齢による衰えは少しずつ進んでいるのでしょう。

連休中、頻繁に出掛けたことや、いつもより長いドライブでの疲れもあって
かりんの身体へのダメージが、思った以上に大きかったのかもしれません。

「もう10歳…」という現実を受け容れつつも
「まだ10歳!」という明るく前向きな気持ちはそのままに
愛しい時間を過ごしていきたいという想いを強くした、長い一週間でした。
Posted by: hako
||

連休あれこれ

05月07日
6連休の前半、かりんを連れて母さんの実家へ帰りました。
今回は2泊するので、時間的にも少しばかり余裕があります。
我が家からは遠く感じてしまうスポットへも、実家を起点に出掛ければ
ちょっぴり気軽に出掛けられそうです。

20160507-karin_16_062.jpg

…というわけで最初に向かったのは、自然いっぱいの県立公園。
万葉集に詠まれた植物が楽しめる植物園や、オートキャンプ場などがあります。

20160507-karin_16_063.jpg

「ちょっと寄ってみよう~」という軽い気持ちだったので
公園のあまりの広さに、全てを攻略できるほどの時間がなく
1時間ばかり散策した後、名残惜しそうなかりんを促しつつ、次へ。

道中、後部座席のかりんの隣で、周囲の山々の緑の美しさに幾度となく感動し
何度も何度も同じことを、テンション高めで話し続けるばぁば
終いには…吹き出してしまいそうでした。

次に向かったのは、町の通りに沿って流れる掘割を泳ぐ鯉が有名な場所。
しかし、駐車場はどこもいっぱい。

20160507-karin_16_064.jpg

仕方なく、赤い鳥居が有名な神社へと向かい、下のほうに何とか車を停めて
神社の入り口まで歩きました。
再び、街中へ駐車場を探しに行ったものの、待ち時間が長くて断念。
「また、出直そう!」と、泣く泣く帰途につきました。

20160507-karin_16_065.jpg

車に乗って揺られている時間が長かったこともあり、かりんはお疲れ気味。
その日の晩と翌日は、食べっぷりが良くありませんでした。

実は、母さんたちも思いの外疲れてしまい
連休の後半は、かりん共々のんびり~♪しながら過ごしたのでした。
楽しいことも…それなりに疲れちゃうものです。
Posted by: hako
||

6連休

05月03日
きょうから、かあさんはロクレンキュウ。
「おやすみイッパイ!」ってことなんだって。

20160503-karin_16_061.jpg

…ってことは、「おサンポもイッパイ!!」ってことだよね~。
おでかけしたり、まったり~♪したり、たのしいおやすみになりますように。
Posted by: hako
||

そろそろ?

04月30日
うぅ~っ、母さんは気になってしかたない!

20160430-karin_16_058.jpg

かりんの耳周りの、チョロッと飛び出た小さな毛束。

20160430-karin_16_059.jpg

ポス・ポスッと抜きたい衝動をグッと抑えつつ、観察。

20160430-karin_16_060.jpg

そして、かりんが夢中になって体のあちこちをハムハムし始めました。

もふもふボディの毛も、何とな~く表面にモヤモヤと浮いてきていますし
今年もそろそろ…アレがやってきそうです。
抜け毛との闘いが~。
Posted by: hako
||

藤と

04月23日
「藤が見頃になりましたよ~♪」と、知り合いの方から連絡をいただき
かりんを連れて伺いました。

20160423-karin_16_055.jpg

どんよりとした曇り空だったので、コントラストが今ひとつでしたが
舞妓さんの花かんざしのような花穂が見事でした。

20160423-karin_16_054.jpg

ほぼ満開の藤の下には、ポツポツ咲き始めているツツジの花がスタンバイ。
バトンタッチの準備は万端!といったところでしょうか。

20160423-karin_16_056.jpg

藤とのショットを撮ろうとカメラを向けると、何とも冴えない表情。
曇り空だからって、かりんまでどんより~な顔をしなくても。

20160423-karin_16_057.jpg

でも、場所を変えてしばらく歩き回った後は、表情も明るくなりました。
やはり…記念撮影は、ひとしきり歩いて満足した後に限ります。
Posted by: hako
||
少し前までは枯れ草色に覆われていたのに
だんだんと暖かくなるにつれて、あれよあれよと緑が多くなってきました。

20160418-karin_16_050.jpg

山桜の見頃が過ぎる頃、あちこちの山などで見掛けるのがミツバツツジ。
山手にあるこちらの公園でも、薄い紅紫色の花が満開になっていました。

20160418-karin_16_051.jpg

そんなミツバツツジに見惚れている…なんてことはないと思うのですが
何故かじーっと目を凝らしているかりん

20160418-karin_16_052.jpg

そのうちズンズンと近づいて、根元のあたりで固まっております。
ふと気づくと、カサカサ・シャーシャーとイヤ~な感じの音が。
もしや?と思い、かりんを引き戻し、ツツジの根元に近づいてみると
しっかり威嚇姿勢をとっている大きなアオダイショウの姿がありました。

無毒とは言え、これ以上顔を近づけなくて良かった。
陽気に誘われて出てきたアオダイショウも、さぞビックリしたことでしょう。

20160418-karin_16_053.jpg

暖かくなり、あらゆる命の活動が活発になってきました。
づいつい鼻先を近づけてしまう「あ・な・た」、特にご注意くださいね。
Posted by: hako
||

桜の絨毯

04月10日
ソメイヨシノは満開を過ぎ、この週末、かなり散ってしまっておりました。

20160410-karin_16_047.jpg

しかし、あちこちの山々に咲いている野生のヤマザクラは
まるで、ポッ・ポッ…とボンボリを灯したかのよう。
土手や公園などに植えられた桜も見事ですが、これも風情があります。

20160410-karin_16_048.jpg

母さんの実家への道中に寄った、日本海を臨むことのできるいつもの公園。
「もしかしたら…」と思いましたが、残念ながら桜は見頃を過ぎておりました。

20160410-karin_16_049.jpg

その代わり、かりんの足元には散った桜の花びらがぎっしり。
見上げて…そして踏みしめて、今年もう~んと桜を愛でることができました。

ほらねっ!かりんも大満足だそうです。
Posted by: hako
||

桜のトンネル

04月03日
昨春、「今日しかない!」と出掛けた我が町の桜並木。
今春も「今日しかない!」と出掛けたら…奇しくも同じ4月2日でした。

20160403-karin_16_043.jpg

昨年は満開には少し早かったのですが、今年はナイスタイミングで満開♪
午前10時過ぎ頃に出掛けましたが、予想どおり貸切状態でした。

20160403-other_16_07.jpg

今回、この桜並木を別の場所からも眺めてみました。
ここは先日、ゆっくり歩こうと出掛けたかりんの好きな土手の上。
残念なことに、ズラリと並ぶ電柱が景観を損ねてしまっていますが
向こうまでずっと続いている桜並木は、薄桃色の絵の具を含ませた筆を
すーっと滑らせたかのようでした。

20160403-karin_16_044.jpg

一気に伸びてきた桜並木の下草や、桜越しに降り注ぐ柔らかい木漏れ日。
待ち望んでいた春が其処此処に感じられます。

さて、今年のお花見はスペシャルでした。
午前中、ゆっくりと桜のトンネルを堪能したにも関わらず
我が家へ遊びに来てくださったまるこちゃんご一家と、午後から再びお花見へ。

20160403-karin_16_046.jpg

相変わらずの個体距離でしたが、テリトリー外の場所だったこともあり
お互いの存在を意識しつつも知らんぷりを装い、平穏に過ごせたのでした。

20160403-karin_16_045.jpg

桜の名所は数々あれど、我が家にとっての名所は我が町の桜並木。
混雑を気にすることなく、独り占めしているかのように歩くことができる
何とも贅沢な気分に浸れるお花見です。
そして、今年もかりんと一緒に桜並木を歩けたこと、これも最高の幸せでした。
Posted by: hako
||