季節の移り変わりは、様々なものから感じ取ることができます。

蛇口から出る水が心地良いくらいだったのに
顔に触れた瞬間、「冷たい~」と思ってしまう、朝の洗顔。
キンキンに冷えたビールが最高に美味しかったのに
ちょっぴり熱燗が恋しくなりつつある、夕げ。

null

いやいや、それもあるけどね。
母さんはかりんのくつろぐ場所にも、それを感じるのでした。

null

こうして羽毛布団の上で昼寝するようになったということは
温かさが恋しくなっているということ。
母さんが寝ている布団の足元にやってきて、丸まってくれる
夢のような時間が近づきつつあるということなのです。

あぁ~、待ち遠しい♪