眩しいっ☆

03月08日
先週末、実家近くの土手で夕陽を眺めながらの散歩。

20170308-karin_17_031.jpg

急に立ち止まったと思ったら、グイッと振り向いてハムハム。
「よくそんなに曲がるなぁ~」と感心しつつ、その必死な感じにクスッ♪

ふさふさ尻尾とプリリなお尻が、母さんには…夕陽に負けないくらい眩しいわっ。
Posted by: hako
||

涙のしるし

03月02日
炎症が完全に治まっていないのと、またまた点眼が始まったこともあって
かりんの目はウルウル気味。

20170302-karin_17_029.jpg

目ヤニや涙が出る度に、できるだけ小まめに拭くようにしているのですが
うっかりしていると…この通り。
もっと酷い時もあって、我が家では「チーターになってる!」と表現します。
(チーターの目から口元にかけての流れるような黒いラインは
 『ティアーズ・マーク』と言うそうです。)

20170302-karin_17_030.jpg

涙を拭きとると、一旦はいつも通りになるけれど…また復活。
『涙のしるし』が定着してしまわないよう、そっと拭き拭きする母さんです。
Posted by: hako
||
クンクン捜査ならワタシに任せて!」と張り切っていた6年半前。
その頃は、チャチャッと手早く済ませていたクンクンですが
ここ1~2年、かりんの捜査は非常に念入りになりました。

20170226-karin_17_026.jpg

言い方を変えれば…
以前より、情報の収集・分析に時間が掛かるようになったのかもしれません。

「え~っと…」と記憶の引き出しをガサゴソ捜すことが増えてきたり
少しずつ手際が悪くなってきている母さん自身に置き換えてみると
「うん・うん」と頷けることがいっぱいあります。

20170226-karin_17_027.jpg

鼻先を「これでもか!」と近づけて、神妙な顔で嗅いでいる姿を見ていると
ふと、シニアの雰囲気が漂ってきて、キュン♪と愛しくなってしまいます。

20170226-karin_17_028.jpg

もう、クンクン捜査に処理の早さなどは必要ありません。
現在の『かりん流捜査』を、じっくり・ゆっくり…やってくださいな。
Posted by: hako
||

またまた点眼

02月23日
1か月前あたりから、右目から涙がよく出るようになり
目をショボショボさせることが多くなったかりん
しばらく様子を見ていたのですが、私たち人間が涙を流すみたいに
ポロリ…と涙が溢れ出したので病院へ行ってきました。

20170223-karin_17_024.jpg

やはり、上瞼に隠れるあたりの右目の角膜に傷がありました。
どうやらかりんは涙の量が少ないため、眼が乾いて傷つきやすい状態にあり
また、傷ついた部分が気になって、余計に傷つけてしまったりするようです。
「布団やクッションに顔を突っ込んだりしてない?」とドクターに尋ねられ
「はいっ、やってます!」と答えました。

2年ほど前から、目のトラブルが頻発しています。
その原因として考えられる、涙の量が少なくなるということも
加齢現象のひとつなのかもしれません。

20170223-karin_17_025.jpg

処方されたのは、角膜・結膜の炎症を抑える作用のある点眼薬と
角膜を保護するヒアルロン酸の点眼薬。
再びの点眼開始!となってしまいました。

しか~し、かりんは以前の「点眼 のち オヤツ」を記憶していたのか
こちらが拍子抜けするくらい…かなり協力的です。
Posted by: hako
||

ウリ坊

02月15日
長くダラダラと続いた換毛が、やっとこさ~落ち着きました。

20170215-karin_17_023.jpg

すると、かりんがウリ坊になっていました。
ブラッシングしてもブラッシングしても…やっぱりウリ坊。
ここは、シャンプーしてリセットするしかないのかも~。
Posted by: hako
||
先月下旬にやってきた、今季一番と言われた強い寒気。
その時の積雪もすっかり融け、「どうかこのまま、春になってくれたらなぁ~」
…と淡い期待を抱いていましたが、そう簡単にはいきませんでした。

20170212-karin_17_020.jpg

先週の金曜日から、前回と同じか上回るかもしれない寒気がやってきて
はいっ、この通り…またまたまた積もりました。
かりん地方の積雪は25センチほどだったのですが
隣県の県庁所在地では一時、91センチに達したそうです。

20170212-karin_17_021.jpg

ただ、ピークが土曜日だったため、通勤の心配をしなくても済んだので
前回とは違って、母さんの気持ちには余裕がありました。
ですから、再びの雪に大はしゃぎのかりんと、ほぼ同じくらいの気持ちで
足元でキュッキュと音を立てる雪を楽しむことができたかも。

20170212-karin_17_022.jpg

白い雪の上ではかりんの赤毛が際立ちます。
突然降ってきた大粒の霰が、パラパラッと背中に降りかかりましたが
ふかふかの毛先に留まったまんま、一緒に家まで帰りました。
Posted by: hako
||

公園のはしご

02月06日
先週末は、月に一度かりんを連れて母さんの実家へ帰る日でした。
先日、積雪であたふたしたのが、ひと月も前のことのように思えるくらい
季節を間違えたかのような暖かさの土曜日でした。

20170206-other_17_01.jpg

実家へ帰る途中、まず、日本海を見下ろす公園へ。
まるで春の海を思わせるような、清々しい色合いでした。

20170206-karin_17_017.jpg

そしてお次は、実家から車で20分程のところにある海水浴場に行きました。
海端にも関わらず、この日は暖かくて風もなかったこともあって
何組かの犬連れの方に出会いました。
砂浜のあちこちに、靴の跡と肉球スタンプがいっぱい。

20170206-karin_17_018.jpg

「ここは初めて来たわ~」と、一緒に出掛けたばぁばが、しみじみと。
かりんも一緒に何度か出掛けているけれど、すっかり忘れている様子。
しかし、こんな会話もサラリと交わせるようになりました。

20170206-karin_17_019.jpg

この日は、実家へ帰る途中に公園に寄り、更にはばぁばと一緒に海辺へ。
かりんにとっては、「公園のはしご」…の一日となりました。
Posted by: hako
||
先週の月曜日から降り積もり、交通に支障をきたしていた雪ですが
この週末は、乾いた路面がしっかりと顔を出すまでになりました。

20170129-karin_17_013.jpg

かりんの休日スペシャル散歩を兼ねて、隣県の港近くの公園へ。
想像どおり、広い公園内の雪は融けることなく残っていてくれました。

20170129-karin_17_014.jpg

南東には、BigなMountainが遠く霞んで見えています。
おそらく午後からは、その雄姿がくっきりと眺められたことでしょう。

20170129-karin_17_015.jpg

まだ誰の足跡もつけられていない雪の上を、軽やかに走るかりん
小さな肉球スタンプを、あちこちに押しまくって帰りました。

20170129-karin_17_016.jpg

「足の裏が冷たいだろうに…」と、ついつい心配になる母さんですが
その冷たささえも、また、ザクザク踏みしめる足元の感触も
かりんにとってはワクワク感でしかないようです。

十分に雪を楽しんだ(?)ので、しばらく遠慮したいと思う母さんですが
はてさて、かりんはどう思っているでしょう。
Posted by: hako
||
先週積もった雪が融けて、ホッとしたのも束の間。
今週の月曜日から火曜日にかけて、更に沢山の雪が積もりました。

いつもは車で通勤している母さんですが、急遽、慣れない電車での通勤。
しかし、その電車も運転取り止めや大幅な遅れが出ていたりして
運転再開の見通しが立たない状況。
職場までの約10キロを歩いていくわけにもいかず…1日お休みしたのでした。



そんな母さんを横目に、積雪を存分に楽しんでいるお方が~。
かりんの楽しそうな姿を見ると、一瞬、大雪の大変さも忘れちゃいます。
Posted by: hako
||

怪しいぞ

01月19日
先日の雪道散歩でのひとコマ。
雪の中に怪しげな物体を見つけてしまったようで
少し距離を置いたまま回り込み、警戒しながら吠えています。



ご同類へのガゥガゥ以外、普段は吠えることのないかりん
ですから、傍目にはごく当たり前のことに思えるかもしれませんが
かりんの吠える声を滅多に聞くことのできない母さんにとっては
「おやまぁ!」な光景なのでした。

この後も、怪しげな物体には決して近づこうとはせず…。
好奇心よりも、警戒心が勝ったかりんでした。
Posted by: hako
||