微妙な関係

かりんを連れて2泊3日で実家へ帰りました。
遠方から帰省していた3歳児の甥っ子は、ブログの画像を見ては
かりんちゃ~ん!会いたいの~♪」と、熱いラブコールを送ってくれていましたが
それが…今回実現することとなりました。
彼は生まれた時から猫がそばにいたということもあってか、猫や犬が大好き。
ギュッと抱き締めて顔を近づけ、「好き好き」したくってたまりません。
しかし、遠慮なくズンズン顔を近づけてくる小さい子供が苦手なかりん
そんな彼に対して、かりんは2度ほどガゥガゥしてしまいました。
好きってことを身体いっぱいで表現したかっただけなのに
かりんの仕打ちがあんまり哀しくて、涙が出てしまった彼でした。
karin_08_08.jpg
が、そんな仕打ちを受けても、まだまだメゲない3歳児。
ふと見ると、かりんのキャリーにちゃっかりと入っておりました。
すると、場所を取られてしまうと思ったのか、かりんも慌てて入ってしまいました。
こんな状態でパニックになってガゥガゥしたらどうしよう?
この光景を見て、母さんは冷や汗が出るくらい焦ってしまいました。
でも、あまりの至近距離と狭さのためか、今の自分の状況を理解できない様子で
目を大きく見開いたままかりんは固まっておりました。
かりんを無理矢理引っ張り出すと刺激してしまいそうな気がしたので
平静を装いながら、彼に外に出るよう説得して事なきを得ました。
karin_08_09.jpg
不思議なことに、この後からかりんの彼に対する態度が少し変化しました。
彼の存在をより意識し、後を追ったり遊びに誘うような態度を示すようになりました。
まだ、顔を近づけたり抱き締めたりされるのは嫌がるのですが
少しずつ受け容れている様子が手に取るようにわかってきました。
彼との関係…「どっちが上か?」かりんの中では非常に微妙なところなのでしょう。
彼がもう少し大きくなり、そしてかりんももう少しオトナになったら
きっとステキな仲良しさんになれるような気がします。

微妙な関係」への18件のフィードバック

  • 2008年1月6日 12:29 AM
    パーマリンク

    まるで・・・私の妹の子=ジョーイを見ているようでした。ほんと、、そう~思いました。この事件からきっと2人の間が近ずいたんでしょうね。今日も色々ありましたが・・はこさんの記事が参考になりそうです(持ち込みのコーギー)=(冷や汗)

    返信
  • 2008年1月6日 3:11 AM
    パーマリンク

    小さい子ってワンコは苦手って
    結構いますね。
    私の甥っ子も小さい時、めちゃくちゃに可愛がるのでサスケが足音聞くだけで吠えたことがあります。
    きっと、甥っ子さんが動物が好きだって
    かりんちゃんにも分かったのでしょうね。
    犬好きの人がワンコにも通じるって
    いいますものね。

    返信
  • 2008年1月6日 7:50 AM
    パーマリンク

    「ぼくちゃんとわんこ」って1本の童話本を読んでるようでした。ほのぼの~。可愛いぼくちゃんとかりんちゃんの様子にはなぜか目頭が熱くなったりして(年取ると涙腺が・・・)
    しかし、キャリーの中のかりんちゃんの固まった顔がっ(笑)

    返信
  • 2008年1月6日 8:46 AM
    パーマリンク

    ウチにも姪っ子が(3歳)2日に来た時、逆にラッキーを怖がっていましたが、ラッキーは、特に意識していませんでした。
    以前はその子が来た時、必死になって匂いを嗅ごうとしたり、イジケて家の外にいたものです。(笑)
    その子はアトピーなので、触らせないようにしていますが、怖がっているワリには、ラッキーの写真を見て喜んだりしています。
    まあ、自分と同じくらいの体重の犬って怖いでしょうね(笑)

    返信
  • 2008年1月6日 10:32 AM
    パーマリンク

    かりんちゃん、今年のお正月はお母さんとお里帰りできて本当によかったね。
    ちょっと苦手な小さいお子さんが一緒で、頭の中がちょっとパニクッていた様子がまた可愛い!

    返信
  • 2008年1月6日 11:55 AM
    パーマリンク

    これはスゴイ~!!
    イ~ィ~写真が撮れましたね~
    これで小さなおコチャマとの距離が縮みましたね。
    この写真は甥っ子ちゃんにとっても
    hakoさんにとっても数年後に見ても
    微笑ましくなる記念ですね(*^_^*)

    返信
  • 2008年1月6日 2:31 PM
    パーマリンク

    凄い写真ですね!
    一緒に入るなんてびっくり!!
    我が家の陽芽は大人でも子どもでも、
    あまり気にしないみたいです。
    でも子どもとふれあわせる時は注意をしてます!!

    返信
  • 2008年1月6日 3:45 PM
    パーマリンク

    子供って….大人とは違う何かを持ってるんですね〜!甥っ子ちゃん,なかなか!やるなぁ〜(^^)
    最初のかりんさんの反応は,当然ですが..(万さんも
    同じ)それを..克服してしまった?彼は凄い!!
    子供に関しては怪我させちゃいけないとか..
    ハラハラしてしまいますよね!!
    かりんさんもかなり我慢?してると思いますが…
    なんだか..2人の不思議〜な関係が出来てる様で
    微笑ましいです♡近くだったら…もっとお互いになれる事が出来るのにね!!
    しかし.hakoさんが一番..お疲れだと思います(苦笑
    お疲れさまでした(^^)

    返信
  • 2008年1月6日 10:15 PM
    パーマリンク

    hakoさん、かりんちゃん、おかえりなさい。
    キャリーの中で戸惑いを隠せない かりんちゃんの
    当惑げな表情が なんとも言えないですね。。。
    イヌの知能って、三歳の幼児と同じくらいって
    何かの本で読んだことがあります。甥っ子クンを
    見て、そんなことを ふっと思いだしましたが・・
    動物が好き!っていう彼の思いを育んであげたいですね。
    きっと この先、かりんちゃんと いい関係が
    築けるだろうって思っています(*^^*)

    返信
  • 2008年1月7日 1:31 AM
    パーマリンク

    エメラルドさん へ
    大人であれば人間だと認識できるのでしょうが
    小さい子は身体も小さいから、別の生き物に見えるのかも?
    それに、動くぬいぐるみと勘違いしてしまうのか
    好き放題に触りまくるので、それも嫌みたいです。(苦笑)
    でも、そっと撫で撫でされるのは問題ないようでした。
    もう少し一緒にいることができたら
    もっと仲良しになれたかもしれません。

    返信
  • 2008年1月7日 1:37 AM
    パーマリンク

    pankoさん へ
    そんな風に読んでくださって、本当にありがとう!
    甥は、かりんをギュっとしたくてたまらないのですが
    かりんはどうも気に入らないようです。(苦笑)
    身体が小さいからか、私たちと同じ人間だということを
    ちゃんとわかっていないのかもしれません。
    「小さいクセに生意気☆」って思ったのかも?
    一緒にキャリーに入った時は「ヤバイ」と思いました。
    甥は全く気にしてない様子でしたが。(笑)

    返信
  • 2008年1月7日 1:44 AM
    パーマリンク

    pentallicaさん へ
    身体の大きさが自分とあまり変わらないので
    自分の方が上だと思ってしまうのかもしれません。(苦笑)
    もしも一緒に暮らすのであれば
    ちゃんと順位付けをしなくてはならないのでしょうね。
    姪御さんはラッキーちゃんを怖がっていたそうですが
    うちは、怖いとは全く思わないらしく
    こちらがヒヤヒヤするくらい可愛がろうとします。
    ちょっと怖がってくれるくらいが、こちらとしては安心ですが。(笑)

    返信
  • 2008年1月7日 1:49 AM
    パーマリンク

    miiba-baさん へ
    甥っ子へのガゥガゥ以外は、とても良い子にしていましたので
    これで安心して外泊もできそうです。
    実家にも少しずつ慣れてくれたみたいですし
    人間も犬もお互いに良い刺激になったと思います。
    大人たちに大しては、全くもって友好的でしたが
    小さい子供は、自分の立場が微妙に感じられるのでしょうね。(笑)

    返信
  • 2008年1月7日 1:54 AM
    パーマリンク

    みな象さん へ
    正直言って、この1枚を撮るので精一杯でした。(苦笑)
    噛み付きはしないだろうという確信はありましたが
    パニックになってしまうとわかりませんから
    本当に冷や汗タラタラものでした。
    きっと、妹夫婦も…だったと思います。
    一番冷静だったのが、甥っ子本人だったというのが
    何とも可笑しいやら~。(笑)
    かりんにとって、ちょっとした荒療治だったかも?

    返信
  • 2008年1月7日 2:02 AM
    パーマリンク

    momomamaさん へ
    そうそう、ジョーイくんもハウスに入っていましたよね。
    「ワタシのお家を占領されちゃう」と思ったのか
    かりんが慌てて後から入っていく様子が何とも滑稽でした。
    この事件の後も、甥が顔を近づけ過ぎたりすると
    小さく唸って「近すぎるってば」と警告しておりました。(苦笑)
    でも、適度な距離を保っていれば問題なさそうでしたので
    長く一緒にいれば、そのうち仲良くなれたと思います。

    返信
  • 2008年1月7日 2:08 AM
    パーマリンク

    陽芽ままさん へ
    入っただけならまだしも、甥が自分でドアを閉めたりしたので
    周囲の大人たちはかなり焦ってしまいました。
    犬の顔と子供の顔が同じような高さになってしまうので
    小さい子と相対する時は…かなり緊張します。
    陽芽ちゃんは小さい子でも大丈夫なのですね~。
    子供に何をされても怒らないような犬が理想ですが
    普段そういう機会もありませんし、なかなか難しいです。(苦笑)

    返信
  • 2008年1月7日 2:15 AM
    パーマリンク

    万母さん へ
    いやはや、甥の怖いもの知らずには脱帽です。
    一度、犬に噛まれているそうなのですが
    それがトラウマになることもなく…コレですから~。(笑)
    かりんにガゥガゥされても懲りないところは凄いと思いました。
    本当に犬や猫が大好きなのでしょうねっ。
    「この得体の知れない生き物は?」
    かりんにしてみれば、そんな感じなのかもしれませんし
    身体が小さいから、自分の方が上位だと思っているのかも?(苦笑)
    可愛い甥っ子に怪我をさせてはいけませんから
    私は、いつも目を光らせておりました。
    今回のことは、みんなにとって貴重な経験になったと思います。

    返信
  • 2008年1月7日 2:23 AM
    パーマリンク

    れんママさん へ
    無事にかえりましたっ。
    おっしゃるように、犬の知能は人間の3歳児くらいだそうです。
    ですから、甥とかりんは同レベル。(笑)
    かりんにしてみれば、どっちが上か微妙だったからこそ
    嫌なことをされるとガゥガゥしたのかもしれません。
    彼は生まれた時から猫と暮らしており、猫がお兄ちゃん役でした。
    彼が無理に遊ぼうとしたりすると
    「ダメだよ」って、そっと叱ったりしていました。
    そのお兄ちゃん猫は昨年虹の橋へと旅立ちましたが
    彼の犬猫好きは、この猫が原点となっているようです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。