高齢健診 -2020年-

毎年、春頃に受けることにしていたかりんの高齢健診。
ここ数か月、体調の変化に一喜一憂していたら、受診するのをすっかり忘れていました。

というわけで、昨日、今年の高齢健診をしてもらいました。
今回は、いつもの項目(体重・体脂肪・血圧測定、血液検査、レントゲン検査、超音波検査)に
尿検査と腎機能の検査が追加されました。

さて、「良いニュースと良くないニュースがあるけれど、どっちから話そうか?」
と尋ねられたなら、母さんは迷うことなく後者からにします。
でもね、今日は前者からお話しすることにします。

かりんの腎臓は萎縮が見られるものの、尿検査では尿中蛋白量はさほど多くなかったようで
このことが現在の体調維持に関わっているとのことでした。
腎臓の機能は、これまでと大きな変化はなく『ステージⅢ』のままです。
そして…ドキドキの後者です。
血液検査と超音波検査から、「クッシング症候群の可能性が高い」と言われました。
これは、副腎から出てくる副腎皮質ホルモンが出すぎてしまう病気で
確定診断には特殊な血液検査が必要なため、今週末、改めて検査することにしました。

慢性腎臓病とは、それなりに上手くつき合えていると胸を撫で下ろしたのですが
あろうことか、新たなる病気が見つかってしまいそうです。
でも、かりんも母さんも決してメゲませんよ。

高齢健診 -2020年-」への10件のフィードバック

  • 2020年5月26日 11:30 午後
    パーマリンク

    腎臓のほうは変わりなしで良かったですね。
    ホっとしますね。
    ゴンタは副腎皮質ホルモンが不足してしまうほうのアジソン病でした。
    薬をずっと飲み続けてました。
    クッシング症候群心配ですね。
    かりんちゃん、詳しい検査で大丈夫であって欲しいです。
    でもまずは腎臓病のほうが悪くなってなくて
    ほんと良かったですね。

    返信
    • 2020年5月29日 6:24 午前
      パーマリンク

      ふくねえさん へ

      ドクターから副腎皮質ホルモンの異常があると聞いて
      そう言えば…と、ゴンタくんのことを思い出しました。
      ゴンタくんは「不足する」ほうの病気でしたね。

      すぐに悪化するというような病態ではないそうですが
      確実に進行していくそうで、これからのことを考えるにも
      血液検査で確定診断をしておいたほうが良さそうです。

      一方、腎臓病のほうは大きな変化がなく現状を維持しているようで
      ホッと胸を撫で下ろしました。
      かりんの腎臓は頑張ってくれているようです。

      返信
  • 2020年5月27日 9:17 午後
    パーマリンク

    こんばんは。
    腎臓は変わり無く現状維持との事。
    ひとまず安心ですね。

    クッシング症候群の可能性ですか。
    詳しい検査、よい結果でありますように。

    でももし
    残念ながらそうだったとしても…
    かりんちゃんとhakoさんなら
    病気とうまく折り合いをつけて
    これまで通りやっていけると信じています。
    まずは検査ですね。
    がんばれー!かりんちゃん。

    返信
    • 2020年5月29日 6:47 午前
      パーマリンク

      黒豆健太ママさん へ

      多少なりとも進行していておかしくない慢性腎臓病が
      状態を維持しているというだけでも、ありがたいことです。
      かりんの身体が頑張ってくれているということですね。

      そんなことこれっぽっちも考えていなかったので
      クッシング症候群の可能性と聞いて、本当に驚きました。
      血液検査をしてみないと確定はできないものの
      超音波検査ではそれらしい所見があったようですし
      かなりの確率で間違いなさそうな感じではあります。

      でも、幸いにもすぐにどうこうというものでもないそうで
      症状を悪化させないように、つき合っていくしかないようです。
      『一病息災』が『二病息災』になりそうな予感…です。

      返信
  • 2020年5月28日 9:03 午前
    パーマリンク

    私たち人間と一緒で年齢を重ねていけば
    あちらこちらに…

    病気や体調とうまく付き合っていくことが
    長生きできる手段かもしれないですね。

    頑張ってほしいです~かりんちゃん♪

    返信
    • 2020年5月29日 6:52 午前
      パーマリンク

      adさん へ

      そうですね、あれこれと出てきますね~。
      腎臓病とは上手くやっていけているようですが
      新たな心配が増えるとは、寝耳に水という感じです。

      詳しい検査をしてもらって確定診断されれば
      新たな病気ともつき合っていくことになります。
      くよくよ考えても仕方のないことなので
      かりんと一緒に頑張ります。

      返信
  • 2020年5月28日 2:15 午後
    パーマリンク

    hakoさん、かりんちゃん、こんにちは!

    検査結果を待つ間は本当にドキドキですよね。
    特にシニアになってからは。
    まるこもかりんちゃんも、人間の年齢だと70歳を超えたくらい。
    何もない方が不思議なのかもしれませんが、病名を告げられるとやはり辛い。。。

    かりんちゃんは本当によく頑張っています。
    この一年間のことを思えば、きっと何てことないさー!
    クッシング症候群になんて、ならないさー!

    返信
    • 2020年5月29日 6:59 午前
      パーマリンク

      まるこ母さん へ

      健診の結果を聞く時は、本当にドキドキします。
      年齢が年齢なので、何かあってもおかしくないとは思いつつも
      予想外の病気が発覚すると動揺しちゃいますね。

      昨年からの1年間は、あれこれあったけれど
      昨年冬以降のかりんの頑張りには、勇気づけられました。
      たとえクッシング症候群だと診断されたとしても
      「何とかなるさ」という良い意味でのお気楽さで立ち向かいますよ~。

      返信
  • 2020年5月28日 9:03 午後
    パーマリンク

    かりんちゃん、頑張ってますね。hakoさんも!
    人間も、ワンコも、年齢?なのか、体質?なのか…なにかしらいろいろ出てくるものだとは思っても心配なことと思います。
    血液検査、よい結果であることを願ってますよ。

    返信
    • 2020年5月29日 7:04 午前
      パーマリンク

      さりままさん へ

      現在は、腎臓病のことで頭がいっぱいだったこともあって
      他の病気なんて全く考えていませんでした。
      なので、本当にビックリしてしまいました。

      ドキドキではありますが、ハッキリさせておいたほうが良いので
      血液検査を受けることにしました。
      かりんも頑張ってくれると思います。

      返信

ふくねえ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。