豪雨の記憶

この度の豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

梅雨の時期、豪雨災害のニュースを目にする度に思い出すことがあります。

私の生家は裏手に山を背負っており、梅雨末期の豪雨で三度の山崩れに遭いました。
一度目は私が小学生の頃で、家の横が崩れただけで家屋に被害はありませんでした。
しかし、その11年後、山側の部屋と座の下に大量の土砂が流れ込む被害に遭い
さらに5年後の豪雨で、家屋が土砂に押し潰されて全壊となりました。

三度目の罹災時には両親だけが住んでいましたが、それまでの経験から早めに避難しており
危うく難を逃れることができました。
それでも、避難してから2時間後に山崩れが起きたそうです。

さて、その頃、私の生家には柴犬が2匹おりました。
外飼いだったので鎖で係留していましたが、両親は鎖を外して2匹を自由にさせてから
道路を挟んだ自宅とは反対側の場所へ避難したそうです。

雨が止み、山崩れの心配がなくなった数日後、私も一緒に現場へと向かいました。
壊れてしまった生家に愕然としましたが、私にはそれをも上回る心配なことがありました。
それは、愛犬たちのことでした。

現場に着いたら真っ先に、大きな声で2匹の名前を呼び続けました。
鎖を外し自由になっているので、本能的に逃げ伸びてくれているだろうとは思いつつも
心のどこかでは「もしや…」という不安もよぎりました。

でも、少しすると、2匹が尻尾を振りながらこちらへ駆けてくるではないですか!
泥だらけの2匹が、この数日をどうやって過ごしていたのか知るすべもありませんが
自分たちの家があった場所を離れてしまうことなく、迎えを待っていたのでしょう。

今でこそ、愛犬を連れての避難は当然のようになっていますが、30年以上も前のことなので
置き去りにしてしまったのは、仕方のないことだったのかもしれません。

その後、両親は隣市に家を建て、愛犬たちも共に暮らし長生きしてくれました。
かりんと出逢う、ずっと前の出来事です。

豪雨の記憶」への18件のフィードバック

  • 2020年7月14日 5:07 午後
    パーマリンク

    hakoさん、かりんちゃん、こんにちは~!
    今朝の豪雨のニュースを見て、hakoさんのお母様のことを案じていたところでした。

    今、hakoさんのこのブログの内容を知りびっくり!
    結構長くお付き合いをさせてもらっていますが、こんな大変なご経験をしておられるとは全く知りませんでした。
    皆さんご無事で何より。そしてご両親の素早い機転によって助けられたわんこ達の命・・・思い入れのある生家が被災してしまったのはとてもとても残念なことでしたが、命の被害がなくて本当に良かったです。
    わんこ達もよく生き延びてくれていましたね。賢い子たちですね。
    この子たちの存在が、かりんちゃんとの出会いへと結びついたのだと思います。
    今回の雨で全国のあちこちで大きな被害が出ています。被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げますと共に、どうか動物たちの命も助かっていますようにと願わずにいられません。

    返信
    • 2020年7月16日 9:17 午後
      パーマリンク

      まるこ母さん へ

      心配してくださって、ありがとうございました。
      現在の実家は生家のような山崩れや、浸水の心配はないので
      この度の豪雨の被害はありませんでした。
      でも、母は豪雨のニュースを見ると、過去を思い出すようです。

      両親は勿論ですが、愛犬たちも大変な思いをしたでしょうから
      どうしていたのか尋ねてみたいくらいでした。
      また、係留したままだと、いざという時に逃げることができないので
      放してやったほうが良いと、知人から聞いていたようです。

      愛犬も一緒に助け出されたというような話を耳にすると
      「あぁ、良かった」と心から思います。
      一緒に暮らしている者からすれば、本当に家族同然ですから。

      返信
  • 2020年7月14日 8:55 午後
    パーマリンク

    ニュースを見て、気になっていたのですが、
    ご無事そうで何よりです。
    hakoさんの生家、大変な歴史を辿ったのですね。
    それにしても、その2ワン、すごいですね。やはり外飼いだと、本能ビシビシだったのかな。
    無事帰って来た時は嬉しかったでしょうね。
    そのころのお写真、凛々しい姿です。
    今回の災害でも、同じような出来事が各地で起こってるかもしれませんね。
    皆が無事である事を願うばかりです。

    返信
    • 2020年7月15日 8:39 午後
      パーマリンク

      こんばんは。
      ご実家、そんな大変な経験がおありだったのですね。
      離れていらしたhakoさんは、さぞご心配だった事と思います。

      お写真の柴犬二匹がとても凛々しく賢そうなので
      そちらにまず目がいってしまい…
      それから文章を読み始めましたので驚くと共に
      避難する前に鎖をはずされたご両親様の
      愛犬に対する深い愛情と強い絆を感じました。

      これ以上、雨の被害が広がりませんように。

      返信
      • 2020年7月16日 9:49 午後
        パーマリンク

        黒豆健太ママさん へ

        二度・三度目の被害があった時、私は家から出て暮らしていましたが
        現在のように、リアルタイムでの情報を得るのは難しかったですし
        実家が被害に遭っているのも知らず、呑気に過ごしていた気がします。

        手前の母犬のほうは、なかなか気の強いところがありましたが
        奥の子どもは、とっても穏やかで優しい性格でした。
        ちょっぴり…かりんに似たところもありました。

        両親は無類の犬好きというわけではなかったのですが
        私が大切に思っていた犬たちなので、気にかけてくれていました。
        避難時に鎖を外すのは、知人から聞いていたことだったようで
        無事に逃げられるようにと、そうしてくれました。

        返信
    • 2020年7月16日 9:31 午後
      パーマリンク

      yushipapaさん へ

      ご心配いただき、ありがとうございます。
      我が家も私の実家も、幸いにも被害はありませんでした。

      被害の大きかった二度・三度目の豪雨の時には
      既に家を出て暮らしていたこともあって、私自身の記憶としては
      あまり実感を伴わない感じもあります。
      しかし、両親は本当に大変だったろうと今になって思います。

      おっしゃるように、外飼いで逞しく(?)育っていましたから
      無事に生き延びてくれたのかもしれませんね。
      普段は、リードが放れたりしたら捕まえるのが大変なくらいでしたが
      この時ばかりは、駆け寄ってきてくれました。

      犬と暮らしていると、災害時の犬たちのことが心配になりますね。
      ご家族と、無事に避難できていることを願います。

      返信
  • 2020年7月14日 9:08 午後
    パーマリンク

    まるでドラマ上の話みたいですね。
    その2匹のわんちゃんは無事にみんなと会えて嬉しかったでしょうね。
    1匹なら心細くてどこへ行ったか分からなくなってたかも
    知れないですしね。

    早く雨が治まって、みんなご無事で再会できますように。

    返信
    • 2020年7月16日 10:00 午後
      パーマリンク

      miiba-baさん へ

      ホント、こうして改めて文章にしてみると、ちょっとしたドラマですね。
      事実は小説より…ですね。

      確かに、2匹一緒だったから良かったのかもしれませんね。
      無事でいてくれていると思いつつも、その姿を見るまでは不安でしたが
      駆け寄ってくる姿に心から安堵しました。

      ここ近年の雨の降り方は尋常ではないので、思いもよらない被害が出たり
      また、再び被害に見舞われる方々も少なくないですよね。
      この時期になると特に、「どうか、雨がたくさん降りませんように」と
      空を見上げ、天気図を眺めながら願うばかりです。

      返信
  • 2020年7月15日 10:30 午前
    パーマリンク

    そんなことがあったのですね!
    2匹のワンちゃんが無事で良かったです。
    行方不明になってたらトラウマになりそうです。
    hakoさんのご生家を守っていたワンちゃんたち、厳しく凛々しい目をしていますね。
    貴重なお話、ありがとうございました。

    返信
    • 2020年7月16日 10:12 午後
      パーマリンク

      pentallicaさん へ

      もう昔の話なのですが、今の時期になると思い出します。
      特に母は、大変だった記憶が鮮明に蘇るようです。

      正直なところ、一緒に避難してくれたら…という思いもあったので
      愛犬たちが無事で良かったとつくづく思います。
      母子一緒の写真が、私の手元にはこれしかなくて
      実物はもうちょっと可愛いのですが~。(笑)

      返信
  • 2020年7月15日 2:43 午後
    パーマリンク

    島根でも大きな川が氾濫したという報道に
    hakoさんのところは大丈夫かしら?と
    案じております。もうこれ以上の被害などが
    広がらないことを願ってやみません。

    hakoさんの幼少の頃に生家で飼われていた
    わんちゃん達、とっても立派なわんちゃんですね。
    たくましいですね。昔は、こんなふうに外飼いで
    鎖に繋いで・・というのが当たり前でしたよね。

    三度の山崩れに遭われたということ、息をのむ思いで
    読み進めました。避難されてご無事だったこと、
    わんちゃん達を放して、そして再会できたこと
    ほっとしました。本当に良かったでしたね。

    想定を超える大雨による天災が毎年のように
    日本のあちこちで起きるようになってこの先
    果たして日本はどうなるんだろう?という
    不安が募ります。漠然とですが温暖化に
    よるもの?なのでしょうか。

    どうかどうか、もうこれ以上の被害が
    出ないことを・・祈っていたいです。

    返信
    • 2020年7月16日 10:32 午後
      パーマリンク

      れんママさん へ

      心配してくださって、ありがとうございます。
      我が家と実家共に、今回の豪雨の影響はありませんでした。
      しかし、2年前にも被害のあった場所が再び浸水したとの話を聞き
      被害に遭われた方の心中を思うと、言葉もありません。

      そうそう、昔は外飼いが主流でしたものね。
      本当は室内で一緒にいたかったのですが…無理でした。(苦笑)
      この写真では、キリリとした顔で写っている母子ですが
      特に、奥の子どものほうは穏やかで優しい性格でした。

      山崩れが起きた時、2匹はどうしていたのだろう?って思います。
      きっと不安だったでしょうが、私たちが迎えに来てくれると信じて
      待ってくれていたと思うと、胸がキュンとなります。

      近年、大きな自然災害が後を絶ちませんね。
      自然を前にして、私たちは嫌というほど無力さを感じてしまいます。
      どうか災害が起きませんように…と願うばかりです。

      返信
  • 2020年7月15日 3:46 午後
    パーマリンク

    そんな恐ろしい体験されてたんですね。
    ご両親の咄嗟の判断で
    ワンちゃんたちも無事で
    また再会することが出来て良かったです。

    雨は怖いです。
    降り方がもう尋常じゃないですもんね。
    どうかもうこれ以上被害が大きくならないように
    願うばかりです。

    返信
    • 2020年7月16日 10:40 午後
      パーマリンク

      ふくねえさん へ

      一度目の時は小学生でしたし、二度・三度目の時は家を出て暮らしていたので
      私の実感としては、それほど色濃くはありません。
      でも、三度目の時は…流石に衝撃的でした。

      愛犬たちが無事でいてくれたことが、不幸中の幸いでもありました。
      放したほうが良いと、両親が知人から聞いていたようで
      そうしてくれたことで2匹は逃げのびることができました。

      本当に自然災害は怖いです。
      人間の力ではどうしようもないことばかりではあるけれど
      どうか被害が出ませんようにと願うばかりです。

      返信
  • 2020年7月16日 10:34 午前
    パーマリンク

    胸が詰まるようなお話。
    結末がハッピーエンドで
    ホッとしたのと同時に涙が止まりません。
    大きな災害のニュースをテレビで見るたびに
    犬や猫、野生の動物たちが怪我しませんように。
    命の危険にあいませんように。
    っと願ってます。
    とても貴重な実話を読ませてもらい
    うれしかったです。
    ありがとうございました。
    かりんちゃんとhakoさん
    どうぞお元気で過ごしてくださいね。

    返信
    • 2020年7月16日 10:48 午後
      パーマリンク

      こめ母さん へ

      私自身、ハッピーエンドだったからこそ書けたのかもしれません。
      逞しく育っていた2匹ですから、頑張ってくれたのでしょう。
      「絶対、生きている!」という自信のようなものがありましたが
      実際に元気な姿を見るまでは不安でいっぱいでした。

      こめ母さん、優しいお言葉をありがとうございます。
      全ての動物たちが、穏やかな日々を過ごせますように。

      返信
  • 2020年7月16日 6:10 午後
    パーマリンク

    災害の時に愛犬を連れていくことの難しさ色々考えますが
    30年位前には鎖を外すしかないですよね。
    ご両親は勇気のいる結論でしたね。

    2匹を見た時の色んな思いが頭を駆け巡ります。
    本当に無事に災害から逃れ待っていてくれたと
    両手をあげて大喜びした様子が目に浮かびました。

    返信
    • 2020年7月16日 10:55 午後
      パーマリンク

      adさん へ

      最近は、愛犬や愛猫を連れて避難される方も多いですが
      昔は人間の避難所でさえ、今のようではなかったと思います。
      鎖を外すと、遠くへ行ってしまいそうで怖い気もするけれど
      こういう時は、近くにいてくれるものなのかもしれません。

      山からの土砂が積みあがった向こう側から駆けてくる2匹。
      その時の様子、忘れることはないと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。