閉め切らないドア

子供の頃、襖や障子などをキチンと閉めないで部屋に入ってくると
「ちゃんと閉めなさい」と厳しく叱られました。
なので、ちゃんとドアなどは閉めるようにしていたはず…でした。

でも、かりんと暮らすようになってからはドアをパタンと閉めてしまわず
ドアノブを回さなくても開けられるようにしていました。
どうしてかと言うと、かりんが鼻先でドアを押して入ってくるからです。

<本日のかりん:4歳>

ほら、こんなふうにね。

うっかり閉め切ってしまおうものなら、入りたくても入ることができず
かと言って、ドアをガリガリしたり吠えたりすることなく
ドアの外でじーっと開くのを待っていたっけ。

<クリスマスローズ、マトリカリア>

今でも、私は部屋のドアをパタンとは閉めていません。
それがクセになってしまっているというのもありますが
無意識のうちに、鼻先でドアを押して部屋に入ってくるかりんの姿を
思い浮かべているのかもしれません。

閉め切らないドア」への14件のフィードバック

  • 2022年3月22日 4:31 PM
    パーマリンク

    hakoさん、かりんちゃん、こんにちは!
    そうですよね、犬は鼻先でドアを押して入ってきますよね。
    うまく開かなかった時には、まるこは手で突いて開けていましたが。
    ぽちこは内側に引いて開けるドアを 少し開いていた隙間からニュッと手を出して、手前に引いて上手に開けていましたよ。
    まるで「家政婦は見た」の如く、少し開いたドアからこちらをじっと見ているかりんちゃんの姿が可愛いですね。
    もう一度、そのドアから、「ただいま!」って、戻って来てくれるといいのにね。

    返信
    • 2022年3月29日 6:56 AM
      パーマリンク

      まるこ母さん へ

      ドアが上手く開かない時、まるこちゃんは前足で突いて開けることもあったのですね。
      そして、ぽちこちゃんは…上級者だったのですね。(笑)
      手前に引いて開けるドアは、上手に鼻先を突っ込まないと閉まることもあるけれど
      前足を隙間に入れて引いていたとは、猫さん並みの器用さです。

      かりんは、こうやってドアの隙間から覗いてジッと見ていることも多くて
      まるで私を誘い出そうとしているかのようでもありました。
      また、こうやって誘ってくれないかなぁ~と思いながら、ドアを開けています。

      返信
  • 2022年3月23日 9:08 AM
    パーマリンク

    おはようございます。

    そうですよね・・・ 
    最初の頃は出かけて帰ってきたら必ず
    「帰りましたよ~」って言っていました。
    ああそうだいないんだ~って(笑)

    ここ1~2年過ごしていた台所続きの物置に出る時に
    戸を開けると虹輝が反応して動いていたので
    静かに開けていましたが動く人(犬)はいなくって
    我にかえることもしばし

    いつまでも身についている一緒にいた頃の習慣ですね。

    返信
    • 2022年3月29日 7:02 AM
      パーマリンク

      adさん へ

      そうそう、身に着いた習慣というのはなかなか消えないものですね。
      無意識のうちにそうしていますから。
      でも、「もういないんだった」と思った瞬間、せつなくなっちゃいます。
      そんなこんな気持ちを味わいながらも、懐かしく思い出している毎日です。

      この習慣がきれいさっぱり消えてしまうのも何だか寂しい気もして
      これから先も、続けていくのかもしれません。

      返信
  • 2022年3月23日 3:45 PM
    パーマリンク

    一緒だ~(笑)
    ウチもふくの時から
    扉は鼻先で押すと開くように
    ピタって閉めないです。
    たまにそこで覗いてるのに気づかず
    パッと見た時に覗いてて
    ドキっとした事もあったな~
    開いてないとかりんちゃんはじ~っと待つタイプなんだね。
    ふくたもそう!
    でもふくとゴンタは開けろ~って吠えてたな~
    いろいろ性格が違って面白い。

    返信
    • 2022年3月29日 7:06 AM
      パーマリンク

      ふくねえさん へ

      あら~、ふくねえさんちも同じだったのですね。
      ちょこっと開いている扉から覗いている姿は、可愛いものですよね。
      何かの拍子に閉まってしまうこともあって、それでもジッと待っていました。
      ふくたくんもジッと待つタイプなのね~。

      でも、うんともすんとも言わずに待っているのを知ってしまうと
      「開けて!」って教えてくれたら良いのに…と思ったものでした。
      ホント、みんなそれぞれですね。(笑)

      返信
  • 2022年3月23日 7:06 PM
    パーマリンク

    みんな同じことしてたのねー。
    舞も鼻先で開けてました。
    気付くと、丁度その場所に汚れが溜まってしまって
    こ削げて取ってました。
    視線を感じたようで、ビクッってなりませんか?

    返信
    • 2022年3月29日 8:10 AM
      パーマリンク

      miiba-baさん へ

      まぁ、舞ちゃんも鼻先でドアを開けていたのですね。
      開かなくてジッと待つタイプ、開けてほしいと訴えるタイプなどいろいろですが
      鼻先で開けて入ってくるのは同じみたいですね。(笑)

      舞ちゃんの鼻先が当たる場所は、汚れが溜まっていたとのこと。
      でも、愛しくて懐かしい汚れですね。

      ドアの隙間から視線を感じることはないのですが
      ドライヤーで髪を乾かしている時、ふと後ろにいるような気がして
      「ん?」と振り向いちゃうことがあります。
      前足で背中をチャイチャイされそうな、そんな空気を感じて。

      返信
  • 2022年3月23日 7:26 PM
    パーマリンク

    こちらへ書くコメントを自分のブログで挙げてしまって
    すみませんでした

    クリスマスローズ、このまま1枚の絵として描きたいなあ。
    先週挑戦失敗したので躊躇してます。
    他の画家さんが描いてるのを何枚か見たのですが、出るはため息だけでした。

    返信
    • 2022年3月29日 8:14 AM
      パーマリンク

      miiba-baさん へ

      わざわざ、再びのコメントありがとうございます。
      最近、行きつけになった花屋さんに切り花のクリスマスローズが入荷したと知り
      思わず買いに行きました。
      控えめでスモーキーな色合いの花が、本当に魅力的だと思いました。
      そして、鉢植えも欲しくなっちゃいました。

      是非、クリスマスローズの絵に再挑戦されてくださいっ。
      そして、見せていただけると嬉しいです。

      返信
  • 2022年3月28日 6:03 PM
    パーマリンク

    かりんちゃん、じーっと待ってる派だったのですね!
    開けゴマ、て念じてたんですよ、きっと笑

    しばらくは、また開けて入ってきてくれるような気がするものですね。でも、いまはどこでも自由自在なのかも🎶

    返信
    • 2022年3月29日 8:19 AM
      パーマリンク

      さりままさん へ

      そうなのです、「ワン」って言ってくれてもいいのに~と思っていましたが
      ずーっとこの感じでした。
      やはり、「開けゴマ!」と念じていたのでしょうね。
      念じていれば、誰かが開けてくれましたから~。

      確かに、今は変幻自在なのでドアが閉まっていても大丈夫ですね。
      それでも、鼻先でドアを押しながら登場して欲しいと思っちゃいます。(笑)

      返信
  • 2022年3月28日 9:11 PM
    パーマリンク

    かりんちゃんはそうやって隙間から入れるのですね。
    さくらは、かなり大きく開いてないと通れないので、
    基本は一緒に移動。リビングの主です。
    こうして扉を開けておく癖、その扉を見るとかりんちゃんが見えそうですね。

    返信
    • 2022年3月29日 8:26 AM
      パーマリンク

      yushipapaさん へ

      さくらちゃんは、隙間に鼻先を突っ込んで開けたりはしないのですね。
      もしかすると、大きく開いていないと通ってはいけないのだと思っていたりして。
      みんなそれぞれ違っていて、興味深いですね。(笑)

      ドアの隙間から、前を通るかりんが見えそうな気がすることもあります。
      目には見えないけれど、ウロウロしているかもしれませんね。

      返信

ふくねえ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。