審判

先日、散歩に出掛けた公園で沢山のカマキリに遭遇しました。
カマキリをこんなにも間近で見るのは初めてのかりん
バッタを見た時のように、いきなり跳びかかるのではないかと心配しましたが
何となくピリピリとした空気を感じたのか、恐る恐る眺めておりました。
karin_09_200.jpg
カマキリ同士の、勇ましい戦いが始まるかと思って見ていたのですが
カマキリのほうも、いきなり出現した得体の知れない物体に警戒気味。
すっかり戦意を喪失したようで、この後すぐに「解散!」となりました。
karin_09_201.jpg
カマキリの戦いを厳正に見守る審判には…なれなかったかりんですが
カマキリさんが無事で、そして、逆襲に遭うこともなくて良かった~。

審判」への22件のフィードバック

  • 2009年10月6日 2:26 PM
    パーマリンク

    かりんちゃんすごい近くで見てますね~(笑)
    このカマキリさん達も戦う気満々だったのに
    それよりかりんちゃんの存在の方が気になって
    それどころじゃなかったみたいですね。
    カマキリさん達、後で仲良くなってるかもしれないですね~(笑)
    お互い無事で良かったな~って(爆)

    返信
  • 2009年10月6日 2:31 PM
    パーマリンク

    でっかいカマキリさん!!
    かりんちゃん、手を出さなくてえらい。
    ウチだったら・・・ おー、怖っ(笑)
    カマキリ、最近見てないなぁ。。。
    こないだ枯れた土みたいな色のカマキリが
    いたんですけど、あれも緑色のと同じ種類なんですかね?

    返信
  • 2009年10月7日 12:43 AM
    パーマリンク

    かりんちゃんはじっと観察なのですね
    ご存じのとおり我が家の性格の違う2匹
    虹輝なら 食べちゃうかもしれません(涙)
    かりんちゃんのようにじっくり観察してくれればいいのですが…

    返信
  • 2009年10月7日 3:21 AM
    パーマリンク

    うちもバッタはこのあいだ秒殺してました。。。
    カマキリは斧(?)持ってるから犬にとっては要注意物体なのかも??
    って、子どもの頃そうでしたよね!

    返信
  • 2009年10月7日 3:38 AM
    パーマリンク

    かりんさんは、蟷螂さんをユックリ見守りかつ観察して、開放してあげたのですね。
     私は以前、お父さんが「止めろ」と言う前に口の中に入れておりました。
     「バッタ」に比べると、不味くてすぐ口から吐き出してしまいました。
    矢張り、野生の肉は「バッタ」・「イナゴ」さんでしょうかね?
     祖父・母・姉・義妹と一緒に今生活しており、野生味溢れる毎日を過ごしており、週末に迎えが来るとのことですので、今のうちに開放感を味わっておきたいと思います。
     
    でも、かりんさんは、よくぞ我慢できましたね。
     余禄:農薬の使用が激減した影響かどうか判りませんが、畑などに色々な小動物類が復活してきましたね。しかし、大型爬虫類の姿が・・・。
     

    返信
  • 2009年10月7日 4:20 AM
    パーマリンク

    カマキリさんを こんなふうにマジマジと眺めたのって
    もしかしたら初めてかも・・。虫さん、とっても怖くて
    苦手だったから・・。かりんちゃんの おかげで、かりんちゃんと
    一緒に審判もどきをさせてもらいました、アリガト(^^)
    でもでも、カマキリさんの、こんなシーン、珍しい?よね。

    返信
  • 2009年10月7日 7:36 AM
    パーマリンク

    こんな風にカマキリ遭遇するんですね。
    かりんちゃんがじっと見つめてるので可愛い♪
    モコなら即カマキリに攻撃してると思います。
    まだまだ、お子様なモコなんです(笑)

    返信
  • 2009年10月7日 1:47 PM
    パーマリンク

    あああ~!
    ちょっとびっくりしてます(苦笑)
    いやぁ、立派なカマキリではありませんか。。。
    沢山のカマキリ、と言うのも~(汗)
    かりんちゃん。大人しく対戦を見ていたのですねぇ。。。(感心)
    ”三人”とも、何か違和感を感じたのでしょうか~。
    カマキリは、顔だけを動かして、表情を出しますよね。
    それが怖い私なのですが(笑)
    かりんちゃんの出現で、仲良く草むらに戻ってくれたかしら~。

    返信
  • 2009年10月8日 5:26 AM
    パーマリンク

    かりんちゃん、怖くないのね~。
    ガリバーが、小人さん達の小競り合いを見てる感じ?(^_^;
    で、小人さんは、巨人に恐れをなして、退散しちゃったのね。
    カマキリ、見るからにエイリアンっぽいですよね。
    我が家、10階だけど、たまに廊下やベランダに居て、
    口から心臓が飛び出そうになってるあずままです。
    ベランダにいる時は、カマさんには申し訳ないけど、
    ぱぱにお願いして、強制退去していただいてます。(^_^;;;;;;

    返信
  • 2009年10月9日 12:14 AM
    パーマリンク

    かりんさん..興味津々ですね(^^)
    カマキリさんたちはビックリしたでしょうが
    戦意喪失したとゆう事は….
    かりんさん..仲裁してたのかしら??
    かりんさん..でもカマキリの攻撃!!
    意外に怖いですよ〜
    昨日の台風が去った後お散歩で亀を発見した
    万さん…何故か吠えておりました(ーー)ショボッ
    しかし…亀って意外に足が速いなぁ〜
    と思った万母です(苦笑)

    返信
  • 2009年10月9日 5:07 AM
    パーマリンク

    珍しい画像ですね~。
    かりんちゃんがパクってしてしまうかと
    ハラハラして見てましたが、審判だけだったようですね。サラなら絶対食べてるわ。

    返信
  • 2009年10月9日 10:02 AM
    パーマリンク

    ふくねえさん へ
    食いついたら困るのでリードを引きながらでしたが
    不思議そうにクンクンするだけでした。
    バッタとは違うってことが、わかったのかしら?(笑)
    カマキリさんも大きな物体が覆いかぶさってきたので
    バトルどころではなくなったのでしょうね。
    不安な状態などを共有すると連帯感が生まれますから
    おっしゃるように…仲良くなっているかもねっ。

    返信
  • 2009年10月9日 8:57 PM
    パーマリンク

    ちびろみさん へ
    秋は産卵期だし、お腹が丸々としていたので
    このカマキリたちは身重だったのかも。
    かりんが手を出さなくて良かった~。(苦笑)
    さて、緑色と枯れ草色のカマキリは同種だそうで
    住む環境によって身体の色が違うらしいですよ。
    今回のカマキリたちは、み~んな緑色でした。

    返信
  • 2009年10月9日 9:02 PM
    パーマリンク

    もじ子さん へ
    そうそう、よく見るバッタとは違う雰囲気が漂っており
    かりんも警戒していたのでしょうね~。
    私も、久々にカマキリを掴みましたが
    カマで挟まれないようにするのが、結構大変です。(笑)

    返信
  • 2009年10月9日 9:11 PM
    パーマリンク

    ミミさん へ
    見慣れないカマを振りかざしている姿に
    ちょっと怖気づいたのかもしれません。
    私としては…ホッとしましたけど。(笑)
    あらら、ミミさんはカマキリさんのお味をご存知で?
    お話を聞いて、食べなくて良かったと思いました。
    さて、畑などに出現する大型爬虫類とは…何でしょう?
    ドキドキドキドキ…。

    返信
  • 2009年10月9日 9:16 PM
    パーマリンク

    れんママさん へ
    女性は特に、虫が苦手な方が多いですよね。
    私は、小さい頃から虫に慣れ親しんでいたこともあり
    大抵の虫は平気です~。(笑)
    そして、かりんのお陰で再び身近に感じております。
    カマキリも産卵期にあるようで
    このカマキリたちも身重だったのかもしれません。

    返信
  • 2009年10月9日 9:18 PM
    パーマリンク

    も子さん へ
    何気なく歩いていたらカマキリ発見☆
    そしてあたりを見渡すと、あっちにもこっちにも。
    陽気に誘われちゃったのかしら~。(笑)
    カマキリはバッタみたいに跳ねたりしないので
    狩猟本能をくすぐられなかったのかも?
    それとも…ちょっと怖かったのかしら。

    返信
  • 2009年10月9日 9:20 PM
    パーマリンク

    adさん へ
    うふふ、カマキリはバッタとは違う感じがしたのか
    ちょっと様子を探るように見ておりました。
    バッタのように跳ねたりすれば反応したかもしれませんが
    カマキリも動かずにじっとしていたので
    狩猟本能のスイッチ☆が入らなかったのかもしれません。(笑)

    返信
  • 2009年10月9日 9:26 PM
    パーマリンク

    ryokoさん へ
    もしかるすと、産卵期に入ったカマキリたちだったのかも。
    よく見なかったので、性別が定かではありませんが
    お腹が丸々としていましたし~。
    ryokoさんは、カマキリが顔だけ動かすところが
    怖い感じがされるのですね。
    私は逆に…それが魅力的に思えちゃいます。(笑)

    返信
  • 2009年10月9日 9:40 PM
    パーマリンク

    あずままさん へ
    カマキリさんも、最初は自分たちだけの世界にいたけれど
    かりんや私の出現で、それどころではなくなったみたい。(笑)
    不思議そうに、こちらを見上げているようでした。
    あっちこっちと頭を動かして見ている様に
    こちらの様子を観察されているような気になります。
    さて、10階のベランダにカマキリがいたりするなんて
    かなりの驚き☆です。

    返信
  • 2009年10月9日 9:53 PM
    パーマリンク

    万母さん へ
    カマキリが機敏な動きをしていれば
    かりんの一撃☆に遭ったのではないかと思いますが
    じっと動かなかったので、それが幸いしたのでしょうね。
    迂闊に鼻先を近づけると、ガシッ☆とやられちゃいそう。
    さて、万さんは亀さんに遭遇ですか~。
    見慣れない動く物体ですから、万さんも驚いちゃったのね
    うちだったら、どんな反応しているかしら?
    通勤途中の小さな川で、甲羅干しをしている亀を見かけますが
    そのほとんどがアカミミガメ(ミドリガメ)です。
    ペットとして飼われていたものが棄てられて増えたのでしょうね。
    昔からいるイシガメは、見なくなってしまいました。

    返信
  • 2009年10月9日 9:55 PM
    パーマリンク

    エメラルドさん へ
    かりんが何故パクッ☆としなかったかと言うと
    たぶん、カマキリがじっとしていたからでしょう。
    バッタみたいに跳ねたりしたら
    狩猟本能にスイッチが入っていたと思います。(笑)
    カマキリさん…命拾いしました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。