月に一度の実家

ここのところ、毎月恒例となったかりんを連れての帰省。
思いがけず、前々日の怖い怖いの原因が…ココにも!
出窓にへばりついている虫を、厳重警戒中☆です。
karin_10_45.jpg
1匹は自力で捕獲したのですが、それで終わりにはならず
散々あちこち追いかけた後、落ち着けるバリケンに避難し
力尽きて爆睡してしまったのでした。
karin_10_46.jpg
さて、帰省する時に必ずお土産として買って帰るものが、生和菓子です。
母さん地方は、全国でも有数の『茶どころ・菓子どころ』ということもあって
じぃじ&ばぁばは、季節の生和菓子を楽しみにしてくれています。
かりんに向かって、「饅頭、食べるか?」と訊くじぃじの言葉に
「ダメ・ダメ~!」と、慌てて厳しくダメ出しをする母さん。
誰の側がナイス・ポジションなのかを、しっかり把握しているかりんです。

月に一度の実家」への14件のフィードバック

  • 2010年2月28日 12:32 AM
    パーマリンク

    私は、鈍感なのでしょうか?虫がいても全くと言っていい程気付かないようです。
     以前「ヤモリ」さんがいても、どちらさんで?といったように反応を示さなかったことで、お父さんに叱られています。大体お父さんは私を叱りつけるのが好きなようです(愛護・愛犬精神の欠慮!)
     私は、未だ生和菓子を食べたことがありませんので、一度食べてみたいと思いますが、お父さん・お母さんが呉れるだろうか?
     かの城下町の砂糖菓子は美味しかったけど!

    返信
  • 2010年2月28日 2:14 PM
    パーマリンク

    かりんちゃん小さい虫もすぐに見つけるなんて
    すごく目良さそうですよね♪
    力尽きて爆睡なんて(笑)可愛い~♪
    捕獲されなかった虫はホっとしてたかも。
    ウチの母もケーキ食べてる時に
    ふくに「食べる~♪」って訊くからそれはやめてよ~って言うんだけどふくも
    もしかしたら貰えるかもしれないと思ってるのか
    母の膝に顎乗せてじ~っと見てます(笑)

    返信
  • 2010年2月28日 2:52 PM
    パーマリンク

    かりんちゃんも、オヤツくれる人が
    誰なのかよく分かっていますね~。
    なんでもあげたくなっちゃうお父様。
    かりんちゃん、ちゃっかり傍に(笑)
    生菓子にお茶、落着く時間ですね。

    返信
  • 2010年3月1日 9:24 AM
    パーマリンク

    じぃじさんのおウチでも爆睡するほどに厳重警戒体制….。
    ご苦労様でした~。(^_^;
    ふふふ….。
    かりんちゃん、美味しそうなお饅頭にロックオン♪ですね。
    オメメがあまりに真剣で、思わず笑ってしまいました。
    一番貰えそうな人、ワンコってわかるのよね~。
    あずも、一番根負けしそうな人に、平すら視線を送り
    続けます。
    大抵……、根負けするのは私です…。(-_-;;;;

    返信
  • 2010年3月1日 9:34 AM
    パーマリンク

    生和菓子とお茶で一服・・・最高ですね!
    昔お茶を習ってた事があって。お茶の世界は全くダメでしたが、お茶菓子が食べたいからなんとか通ってたというね…^_^;
    かりんたんはご実家では「ねぇ帰ろうよ」の前足でカリカリはしないのですか?やさしいおじい様のそばから離れないのかな?

    返信
  • 2010年3月1日 1:14 PM
    パーマリンク

    かりんちゃんの敵が実家にもいたのですね
    気になり始めるといつまでもジッと見つている虹輝
    かりんちゃんはどうなのでしょう?
    かりんちゃんもじぃじさんも安らげる関係なのかも
    かりんちゃんに目いっぱい癒されて欲しいですね。

    返信
  • 2010年3月3日 5:41 AM
    パーマリンク

    季節の和菓子、食べなくても見るだけでも楽しいですよね。
    日本茶に和菓子、大好きな組み合わせです、洋菓子もいいけど
    和菓子って落ち着きますよね、ほっとする味わいです。
    月に一度のご実家へ・・。ご両親さま、きっときっと
    その日を楽しみにしておられることでしょうね。
    かりんちゃんの存在って大きいですよね(*^_^*)

    返信
  • 2010年3月3日 10:51 AM
    パーマリンク

    ミミさん へ
    ミミさんは虫の存在に気づいても、平気なのでは?
    うちは、妙に神経質なところがあって困ります。
    もっとどっしり構えて欲しいと思うのですが
    怖いものは…仕方ないかもしれませんね。(苦笑)
    さて、ミミパパさんがミミさんを叱りつけてしまうのは
    愛情の裏返の表現なのかもしれません。
    でも…素直に「イイ子♪」って撫でて欲しいですよね。(笑)
    じぃじに饅頭をもらいそうになったかりんですが
    結局、もらうことはできませんでした。
    ミミパパさんが点てられたお抹茶でいただくと
    生和菓子もさらに美味しいでしょうね~。

    返信
  • 2010年3月3日 10:53 AM
    パーマリンク

    ふくねえさん へ
    そうなので、あんなに小さいのによく見つけるものだと
    いつも感心してしまいます。
    たぶん、羽音にも反応しているのかもしれません。
    さて、おねだりする相手の選択…凄いですよね。(笑)
    お母さまの膝に顎をのせておねだりするなんて
    ふくちゃん、なかなかのテクニックですよ。

    返信
  • 2010年3月3日 10:57 AM
    パーマリンク

    エメラルドさん へ
    結局、何ももらえないのですが
    もらえる可能性が一番ある人をマークしますよね~。(笑)
    こうしてお茶の時間になると、父のそばにピッタリ。
    もらえなくても、何か落とさないかと見張っています。
    『月に一度の実家 = 月に一度の生和菓子』でもあるので
    私も楽しみにしています。

    返信
  • 2010年3月3日 11:04 AM
    パーマリンク

    あずままさん へ
    私の実家は、よく出窓を開けているせいなのか
    虫がしょっちゅう入っているのですよ~。
    ですから、虫が気になるかりんは…ちょっと大変。(苦笑)
    さて、誰におねだりすればもらえそうかってことを
    ちゃ~んとわかっているのですよねっ。
    しかし、うちは大抵が不発に終わってしまうので
    「ダメもと」でやっているようです。(笑)

    返信
  • 2010年3月3日 11:10 AM
    パーマリンク

    pankoさん へ
    私がいつも生和菓子を買うお店では
    求肥、練り切りなど、月に3回デザインが変わります。
    ですから、私も楽しみなのです~。
    pankoさんは、お茶を習っていらしたのですね。
    こちらは、煎茶を飲む習慣があるので
    普段は煎茶と一緒にお菓子をいただくことが多いです。
    さて、ご想像通り…「帰ろうよ~」って必ずカリカリします。
    「今日はお泊りだよ」と言い聞かせると諦めます。(笑)

    返信
  • 2010年3月3日 11:16 AM
    パーマリンク

    adさん へ
    私の実家は、窓を開けていることが多いせいか
    家の中に虫がいることが多いのです。(汗)
    うちも虹輝くんのように、最初は虫を凝視していますが
    捕まえられないとストレスになってしまうようです。
    なるべく捕まえて、安心させるようにしています。
    父とかりんの関係は、ベタベタしないドライなものですが
    こういう関係が、かりんは結構好きみたいです。(笑)

    返信
  • 2010年3月3日 11:27 AM
    パーマリンク

    れんママさん へ
    そうそう、生和菓子は季節季節でデザインが変わるので
    目にも美味しいですよね~。
    若い頃は、そんなには魅力を感じなかった和菓子ですが
    今は、その素朴な甘さが優しく感じられます。
    月に一度の帰省を、心待ちにしてくれている両親に
    かりんという和みが加わり…楽しみにしてくれています。

    返信

ふくねえ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。