高齢検診

今年の11月で7歳になるかりん、犬のライフステージではシニアの仲間入りです。
掛かりつけの病院では『高齢検診』があるので
かりんがシニアになったら、お願いしようと思っていました。
そこへ、今年に入り体重が少し減ったこと、少し前に食後の吐き戻しがあったため
7歳を待たずに、『高齢検診』をお願いすることにしました。
昨日の昼前にかりんを預け、夕方迎えに行き、検診の結果説明を聞きました。
検診の内容は、血液検査、レントゲン、そして超音波検査などです。
結果は、ある臓器を除いて状態は良好!
その、ある臓器とは…胆嚢でした。
昨年、超音波検査をしてもらった時、いずれ悪くなるであろうと聞いていたため
「やっぱり」という感じで、それ程ショックはありませんでした。
胆泥(胆汁が濃縮して泥状になったもの)が貯留して胆嚢が大きくなっており
胆嚢炎の初期段階とのことでした。
投薬による内科的治療という方法もあるものの、根本的治療ではないので
再発を繰り返す可能性は高く、最終的には摘出となるケースがほとんどとのこと。
いずれ摘出するのであれば、深刻な状態になる前に摘出したほうが安心です。
というわけで、自ずと方向性が見えてきた次第です。
20120425-karin_12_68.jpg
さて、当のかりんは…というと。
病院へ迎えに行った母さんを見ても、嬉しそうな素振りは全くなし。
それどころか、帰りの車中では、何か文句でもあるかのような表情。
かりん~♪」と呼んでも、わざとソッポを向くような仕草すら見せて
いつものかりんとは大違いです。
20120425-karin_12_69.jpg
どうやら、超音波検査のためにバリカンで刈られ剥き出しになったお腹が
気になって気になって仕方ないようです。
我が家に帰ってからも、くつろいだかと思うと、急にお腹を気にし始めたり~。
「検査のために必要なことだったんだよ」と話しても、何のことやらわかりません。
でも、そのうち、いつものかりんに戻ることでしょう。
かりんにとっては、「何するの?!」って感じの『高齢検診』だったでしょうが
母さんは、いろいろな意味でスッキリしました。
いやいや、本当にお疲れさまでした!かりん

高齢検診」への22件のフィードバック

  • 2012年4月25日 1:08 PM
    パーマリンク

    高齢検診は、いずれ通らなければならない行程だと覚悟しておりますが、直近は5月上旬に受ける八種混合ワクチン接種とフィラリア予防注射が待ち受けている私です。 その直前に血液検査を受ける予定になっているそうです!
     それ以外に、定期的な健康診断を年一回は受けようかといわれております。
     私は超音波検査を二回受診しておりますので、剥き出し状態は経験済みです。

    返信
  • 2012年4月25日 2:53 PM
    パーマリンク

    かりんちゃんお疲れさま。
    高齢になってくるとなんかやっぱり
    いろいろ出てきたりして心配だけど
    前もって検診受けてると少し安心できますね。
    ゴンタも若い頃は病気知らずだったんやけど
    今では月1病院通いだし(汗)
    超音波検査する時って
    お腹の毛剃るんですね。
    知らなかった。
    毛がないの気になるね。
    でもまた生えてくるからね。

    返信
  • 2012年4月25日 11:26 PM
    パーマリンク

    かりんちゃん、hakoさん、病院 お疲れさまでした。
    検査の結果に方向性を見い出し見極めて結論を出し
    対処・・。飼い主としての重大な責務なんですよね。
    どう対処するか?が私達にかかっていると思うと
    責任重大な思いですが。どうすることが、どうして
    あげることが愛犬にとって一番いいのか・・ということを
    最優先に考えてあげられたら・・と、そう思うのですが
    でも、なかなか結論を出すのは気持ち的にも大変ですよね。
    「いずれ摘出」ということ。 hakoさんの心中をお察しいたします。
    毛を剃られちゃって「なんか変」ときになるのでしょうね。
    かりんちゃん、ちょっとずつまた艶やかな毛が生えてくるからね。
    それまで、あと もうちょっとの辛抱だよ(*^_^*)

    返信
  • 2012年4月26日 12:28 AM
    パーマリンク

    かりんちゃ~ん!
    お腹の毛剃られてビックしたのねぇ。
    大丈夫よ。yokobabaんちのおじちゃんも、胆嚢が無いけど
    元気にしていますよ。
    平成9年9月9日(重陽の節句)というおめでたい日に、
    内視鏡での手術だったのだけどね、先生が、ぼくが間違え
    ちゃったんでお腹開けましたって・・・
    でも翌日から歩かせられて、すぐに元気になりましたよ。
    かりんちゃんも安心して手術受けてください。

    返信
  • 2012年4月26日 8:04 AM
    パーマリンク

    hakoさん、かりんちゃん、こんにちは!
    まるこはかりんちゃんより半年後に生まれていますので、あと一年で7歳です。たった7年生きただけで「高齢」の仲間入りをしてしまうだなんて、何とも切ない気がします。
    偶然ですが、定期健診とは別の事でまるこは20日にエコーの検査を受けました。毛を剃られてしまいましたが、もともと短毛・薄毛ですので、よ~く見ないと分かりません。かりんちゃんはピンク色のお腹がまる見えになってしまいましたが、お腹を冷やさないように気を付けて下さいね!
    胆嚢の事は本当にご心配だと思いますが、他のところは「異常なし」で本当に良かったです。
    かりんちゃん、大変お疲れ様でした。早く元のきれいなふわふわの毛が生えてくるといいですね!

    返信
  • 2012年4月26日 9:10 AM
    パーマリンク

    若いと思っていても7歳はシニア。
    我が家は毎年、健康診断を受けていますが、
    今年はもう少し細かい検査もお願いしようかと思っています。
    かりんちゃん、胆嚢が引っかかってしまったんですね。
    年齢とともに何かしら出てくるのは人間も同じ。
    早め早めに発見し、対処し、
    いざという時のために心構えをしておく事が大切ですね。
    かりんちゃん
    とっても頼りになるお母さんがそばにいるから、
    安心だね。
    ちょっとお腹がつるつるになっちゃったけど、
    すぐにも戻るから大丈夫よー!!
    お疲れ様でした。

    返信
  • 2012年4月26日 1:05 PM
    パーマリンク

    おお、もう高齢検診なんですね~。
    そんな感じは微塵もないんですが・・・。^_^;
    ラッキーはたぶんこういう検診を受けてなかったです。
    受けてれば・・・、というのはありますが、元気!元気!だったもので。
    毛が無い・・・気になるよね~、かりんちゃん。(笑)
    そういえばラッキーも、予防接種などでお医者さんに行った日は、なにかと気疲れして元気が無かったなぁ・・・。

    返信
  • 2012年4月26日 3:50 PM
    パーマリンク

    シニア…かりんちゃんに似つかわしくない響きだけど、そうなんですねぇ。病院って所は検査とかで1日行くだけで、ぐったりと精神的に疲れてしまう所ですよね。かりんちゃんもさぞ疲れたでしょう。でもかりんちゃんに元気で長生きしてもらうためだもんね。

    返信
  • 2012年4月27日 12:53 AM
    パーマリンク

    「どんより・・・」と「毛がないっ」に笑っちゃった。
    びっくりのかりんちゃんの表情そのものですね。
    年をとると、あちこち気になることも増えますよね。
    昔のワンコはさほど検診なんて受けてなくても、長生きのワンコもいたし、かといって知ればほっとけないしね~
    友人のワンコで13歳のミックス犬は、ドッグフードを食べなくて、いまだ人間の残飯が大好きで元気だという犬もいるのよ。
    考えちゃいます。

    返信
  • 2012年4月28日 5:47 AM
    パーマリンク

    早めの検診、年齢を重ねるほど重要になりますね。分らなくて飼い主が不安だと、ワンコも不安になってしまうこともありますね。
    さすがに7歳を前にすると、そもそも病院にあずけられるのも飼い主の判断だと分ってしまうのでしょうね。これもコミュニケーションの深化なのだと思います。

    返信
  • 2012年4月28日 11:30 PM
    パーマリンク

    ミミさん へ
    高齢検診を受けるまでには、まだ数年あるミミさんですが
    それまでにも、定期的な健康診断を受けておくと更に安心ですね。
    健康診断には多少のストレスがかかるとは思いますが
    ちょっぴりガマンしてくださいね。
    さて、ミミさんは、おめでたい理由での超音波検査でしたね。
    バリカンで毛を刈られて、お腹がスースーしませんでしたか?

    返信
  • 2012年4月28日 11:49 PM
    パーマリンク

    ふくねえさん へ
    そうですね、年齢を重ねると…いろいろ出てきますよね。
    定期的に検診を受けていると早期発見につながりますし
    早期治療・予防をすることもできますものね。
    ゴンタくんは病院通いと投薬で大変だと思いますが
    状態は安定しているようで、本当によかったです。
    さて、超音波検査の時は検査部位により
    毛を刈ることがあるようです。
    我が家の場合、今回は健康診断ということもあって
    胸部から下腹部まで広範囲に刈られておりました。
    未だに気にしていますが、少しずつ慣れてはきたみたい。

    返信
  • 2012年4月29日 12:07 AM
    パーマリンク

    れんママさん へ
    検査の結果から今の状態を説明していただき
    また、これからについてドクターの意見を伺った上で
    最終的に判断するのは、私たち飼い主なのですよね。
    どういう判断をするか難しい症例もあると思いますが
    その時その時で、最良の判断をしていくしかないのでしょうね。
    幸いにも、異常が見つかった胆嚢については
    ドクターは100例以上の手術をしてこられていますし
    迷わずお願いすることになると思います。
    さて、剥き出しになったお腹には、だいぶん慣れてきたようで
    執拗に気にすることも少なくなってきました。
    夏に向けては、このほうが涼しいかも~。(笑)

    返信
  • 2012年4月29日 12:17 AM
    パーマリンク

    まるこ母さん へ
    そうですよね、人間と同じ速度で…とまではいかないまでも
    もう少しゆっくりと年齢を重ねてくれたらなぁ~と思うこともあります。
    人間の4倍の速度は、あまりにも速すぎますが
    それだからこそ、1日1日を大切に過ごさなくては…と思います。
    かりんはお腹もモシャモシャの毛が生えているので
    バリカンで刈ると、凄く違和感があります。
    早くモシャモシャに戻ると良いのですが
    これから暑くなりますから、このままが涼しいかもしれません。(笑)

    返信
  • 2012年4月29日 7:53 AM
    パーマリンク

    黒豆健太ママさん へ
    そうそう、まだ7歳なのに…と思うのですが
    私たち人間とは違って、シニアの域に入るのですよね。
    健太くんは毎年、健康診断を受けているそうなので
    これに細かな検査が加わると、更に安心ですね。
    人間でもそうですが、健康診断をすることによって
    早期発見・早期治療・予防につながります。
    「もっと早く検査していれば」と後悔しないためにも
    我が家は、これから高齢検診を続けていこうと思います。
    …とは言っても、かりんは、お腹ツルツルにされちゃうし
    かなり迷惑なことかもしれません。
    でも、元気で長生きして欲しいですから
    きっとわかってくれると信じています。

    返信
  • 2012年4月29日 7:57 AM
    パーマリンク

    yokobabaさん へ
    私たちも、毛を剃った後は何だか痒くなっちゃいますし
    かりんもそんな感じだったのかもしれません。
    おやまぁ、yokobabaさんちのおじさまも
    胆嚢を摘出してらっしゃるのですね。
    すぐに元気になられたとのこと…心強く思いながら
    お話を聞かせていただきました。
    酷くなると破裂しかねないそうですから
    早め早めに対処しておこうと思っています。
    ありがとうございました!

    返信
  • 2012年4月29日 8:06 AM
    パーマリンク

    pentallicaさん へ
    そうなのです、もうシニアの域に入るのですよ~。
    …とは言っても、まだまだ元気があるので
    実感としてはほとんどありませんが。(笑)
    何か症状が出ていればともかくも、元気であれば
    なかなか検診を受ける気持ちになりませんよね。
    でも、病気によっては症状が出てからだと遅い場合もあるため
    早めの検診が早期治療にもつながるようです。
    さて、ラッキーちゃんも病院は苦手だったようですね。
    うちもですが、どーっと疲れて帰ってきます。

    返信
  • 2012年4月29日 8:10 AM
    パーマリンク

    pankoさん へ
    私もまだ、シニアという言葉にはピンときませんが
    心のどこかで…認めたくないという気持ちもあるのかも。
    病院は元気な状態で行っても、疲労しちゃいますよね。
    おまけに、あれこれと訳のわからないことをされるので
    かりんにしてみれば、ストレスだったと思います。
    でも、元気で長生きしてもらうためには
    できるだけのことはしたいと思っていますから
    かりんもわかってくれると思いたいです。

    返信
  • 2012年4月29日 8:21 AM
    パーマリンク

    miiba-baさん へ
    何故、毛を刈られたのか、かりんには理由がわからないし
    おまけに、刈られたお腹は何となく痒いし…で
    かりんの神経は、しばらくお腹に集中しておりました。
    おっしゃるように、健康に気をつけていたわけでもないのに
    長生きする子もいますし、その逆も…ありますよね。
    それぞれの、持って生まれた体質的なものもあるのでしょうね。
    ただ、長生きできた・できなかったは結果論なので
    結果を見て選択することはできないわけで…。(苦笑)
    その時その時で最善と思う選択をしていくことしか
    私たちにはできないのですよね~。
    これは、私たち自身にも言えることで…難しいですよね。

    返信
  • 2012年4月29日 8:26 AM
    パーマリンク

    アルルスさん へ
    そうですね、年齢を重ねるとあちこちに異常も出てきますよね。
    複数の疾患が見つかると、治療も難しくなりますし
    できるだけ早く、対処しておきたいと思っています。
    おっしゃるように、病院に預けられてしまったのは
    私の判断だとわかっているようで
    しばらく…余所余所しい感じでした。(笑)
    アルルスさんが書いてくださったように
    「コミュニケーションの深化」のひとつなのだと思うと
    あの時の余所余所しささえも、愛しく感じられます。

    返信
  • 2012年5月10日 12:35 AM
    パーマリンク

    かりんちゃん剃られたお腹気になりますよね。
    我が家の颯斗君も来年は7歳~高齢者になるんですね。
    病院通いせずに元気で長生きしてほしいと願う私たちですね。

    返信
  • 2012年5月10日 10:41 AM
    パーマリンク

    adさん へ
    いつもと様子が違うお腹が気になるようで
    しばらくの間、気にしてばかりでした。
    今は少しモシャモシャの毛が生えてきましたので
    ほとんど気にしなくなりました。(笑)
    7歳で高齢?…と思ってしまいますが
    人間の4倍もの速度で成長しますものね。
    歳を取ってくると、どこかしら疾患が出てくるので
    症状が出る前に発見し、治療できたらと思っています。

    返信

れんママ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。