胆嚢摘出

今日は、かりんの胆嚢摘出手術の日。
予定通り、手術に立ち会わせていただきました。
まず、体重測定をしてから鎮静剤と鎮痛剤が注射され
薬が効き始めるまで、しばらくロビーで待機。
最初は落ち着きなくウロウロしていましたが
だんだんと動きが鈍くなってきました。
20130417-karin_13_60.jpg
15分くらい経過したでしょうか。
目がショボショボとして眠そうな顔になってきて
玄関マットの上に伏せてしまいました。
この後、再び診察台の上で数種類の注射を打った後
婦長さんにもたれかかりつつ、横になりました。
そして、いくつかの過程を経て…手術開始です。
避妊手術に比べると出血は若干多かったものの
気持ち悪いという感覚は、全くありませんでした。
ドクターと婦長さんからの説明を受けながら
手術の一部始終を、目の前で見せていただきました。
摘出されたかりんの胆嚢ですが
本来なら黄色っぽい胆汁が、ほぼまっ黒な状態。
中には胆泥が貯まっており、2月下旬の検査時より
思った以上に悪化していたことがわかりました。
今回、早めに手術をしてもらって本当に良かったと
心の底からつくづく思いました。
今夜は一晩入院で、明日の夕方迎えに行きます。
 - トホホ…の、おまけ -
手術が終わり、入院犬舎で横たわるかりんの口元を
柵越しに、左の人差し指で撫でていた母さん。
意識が朦朧としているかりんに、指先をガブリ☆
指を外そうとすると、更に強い力が加わってきて…。
ドクターに助けてもらい、やっとのことで逃れましたが
かなり深く噛まれてしまいました。
その場で、ドクターに応急処置の消毒をしていただき
しばらく休ませてもらった後、帰宅しました。
ドクター曰く、半覚醒状態や発作を起こしている時は
口元に触れてはいけない!とのことでした。
今はもう、痛みもなくなり大丈夫ですが
あろうことか、母さんまでお世話をかけてしまうとは
情けないを通り越して滑稽でありました。
決して忘れられない思い出になることは、明らかです。

胆嚢摘出」への34件のフィードバック

  • 2013年4月17日 12:37 AM
    パーマリンク

    かりんさん hakoさん
    お疲れさまでした。
    hakoさん..立ち会いのもと手術できたかりんさん 
    さぞ安心だった事でしょう。hakoさんは 手術立ち会いも含め手も大丈夫ですか?
    かりんさん hakoさんは自分の事も差し置いてかりんさんのことが心配でしょうが無い一日だったと思いますよ。hakoさんのところに来て本当に幸せだね♡
    良くなって 早くお家に帰ろうね
    回復 心から願ってます。♡

    返信
  • 2013年4月17日 12:48 AM
    パーマリンク

    かりんさん。
     大変な手術ご苦労さんでした!
      結果論ですけど、早目の手術で良かったですね!
     私がこの家に来る前に、「メル」と云う猫さんがいて、注射されるとき、お父さんの右手中指を噛んでしまったということが有ったそうです。
     無意識だったと思いますが・・・
    かりんさんの場合は、一晩家に帰れない寂しさから、ママと一緒に泊まりたいと思って、指を噛んで離さなかったのではないでしょうか!!
     ~回復祈っております~
       

    返信
  • 2013年4月17日 1:13 PM
    パーマリンク

    手術お疲れさまでした。
    早くに手術踏み切って良かったですね。
    手術も無事済んでほんと良かったですね。
    一晩入院で今はちょっと寂しいですね。
    私も同じ状態ならきっと撫で撫でしちゃうな~
    hakoさんもビックリでしたね。
    明日の夕方お迎えに行くんですね
    早くかりんちゃんに会いたいですね♪

    返信
  • 2013年4月17日 1:32 PM
    パーマリンク

    一安心ですが、かりんちゃんのいない夜は寂しいですね。でも明日は元気に帰ってきますね。かまれたのもいい思い出になるのかもしれません。またドッグランや土手で元気に走り回るかりんちゃんの姿楽しみにしています。

    返信
  • 2013年4月18日 12:11 AM
    パーマリンク

    かりんちゃん、hakoさんお疲れさまです。
    手術を決めるのは大変な決断でしたね。
    でも無事終わってホットしました。
    かりんちゃんが帰ってきたら、沢山誉めて撫でってくださいね。

    返信
  • 2013年4月18日 12:25 AM
    パーマリンク

    かりんちゃん、早めの手術で命拾いしたかもね。
    それにお母さんに見守られての手術だなんて、幸せね!!
    おなた、お母さんの指をかんだんですって!
    離れたくなかったのかなぁ。
    元気になったかりんちゃんのお写真、楽しみにしていますよ~~~

    返信
  • 2013年4月18日 12:26 AM
    パーマリンク

    手術、無事に終えられたんですね。よかった。
    hakoさん、ほんとうに お疲れさまでした。
    きょう、お迎えに行って、かりんちゃんに対面して
    様子を見るまでは気が気じゃないことでしょう。
    かりんちゃん、きっとhakoさんがくるのを待って
    いることでしょうね。
    術後の経過が順調でありますようお祈りいたして
    おります。hakosんの指、傷は大丈夫ですか?
    暫くは不自由だと思いますが、お大事にしてね。

    返信
  • 2013年4月18日 12:36 AM
    パーマリンク

    無事オペが終わり一安心ですね
     
    早めにオペを決断されホントに心の底から良かったと私も思いますよ
    術後の経過が順調であるといいですね
    指咬まれちゃいましたかぁ~ かりんちゃんも環境もちがい混乱してたんでしょうね 
    指の傷が治る頃 かりんちゃんもまた元気に走りまわってるんでしょうね お大事にね

    返信
  • 2013年4月18日 7:54 AM
    パーマリンク

    かりんちゃん、今頃はおうちへ帰って来ている頃かな?
    本当にお疲れ様。
    今夜はゆっくりやすんで下さい。

    返信
  • 2013年4月18日 1:10 PM
    パーマリンク

    手術が無事終わり何よりです。
    悪い物を取って一安心ですね。
    かりんちゃんの更なる元気な姿をお待ちしています。
    お大事に!

    返信
  • 2013年4月18日 1:59 PM
    パーマリンク

    かりんちゃん、無事に手術終わったんですね。
    本当によかったです。
    立ち会ったhakoさんもお疲れの事と思います。
    無事に退院してきて、元気いっぱいとのこと。
    何よりです。
    そういえば、意識がもうろうとしている時に口元を触っていけないと、てんかん持ちのママさんが言われていました。
    かりんちゃん、わざとじゃないから仕方ないよね。

    返信
  • 2013年4月18日 2:42 PM
    パーマリンク

    かりんちゃん、手術が無事に終わり良かったですね。
    頑張ったかりんちゃん、偉かったですね。
    これで安心ですね。
    ゆっくり休んでまた元気にお散歩してくださいね。

    返信
  • 2013年4月18日 5:24 PM
    パーマリンク

    無事に退院との事。
    かりんちゃんもhakoさんもお疲れ様でした。
    我が家は昨年、父もぱぱも胆石とは言いつつ、実際には胆泥症に近い状態で胆嚢摘出に至りました。
    父もぱぱも、胆石と判る症状は殆ど無かったものの、父は病院に行った時には既に胆嚢壊死で破裂寸前状態。
    ぱぱも早目に摘出。
    かりんちゃんも、何れは摘出になるのかも…と、ひそかに気になっておりました。
    それにしても、避妊手術もそうですが、小動物の回復力には驚かされますね。
    かりんちゃん、早く傷が治りますように。
    きっと、体調がもっと良くなるから、治ったらまた母さんとたくさん楽しい時間を過ごそうね。

    返信
  • 2013年4月18日 5:36 PM
    パーマリンク

    かりんちゃん、hakoさん。
    事細かに伝えて下さって、そして、
    何より何より無事の退院とのこと。
    良かったですねぇ。。。良かったです。
    かりんちゃん。本当に頑張りましたね。お疲れさまでした。
    hakoさんの、かりんちゃんへの愛情には敬服してしまいます。
    お疲れさまでした。
    トホホの手、大丈夫ですか。そうですね。。。思い出になりますね、hakoさん。
    いつものソファーで寛ぐかりんちゃんを拝見できて嬉しいです。
    安心もあるでしょうか、いつもより、hakoさんに甘えていますか?
    かりんちゃん。hakoさん。退院、おめでとうございました!

    返信
  • 2013年4月19日 10:22 PM
    パーマリンク

    無事に手術が終了して おめでとうございます。
    本当によかったですね。
    色々な病気があるのですね。
    この日を迎えるまでにずっとご心配だったことと思いますが、無事に乗り越える事が出来て本当に一安心ですね。
    あとは抜糸してしまえば元通りですね!

    返信
  • 2013年4月20日 12:15 AM
    パーマリンク

    万母さん へ
    ご心配いただいて、本当にありがとうございます!
    手術が無事に終わり、心の中に引っかかっていたものが
    やっとのことで取り払われた気がします。
    手術の立ち会いは、個人差がかなりあると思いますが
    私は全くもって大丈夫でした。
    …が、手を噛まれてしまうというアクシデントのほうで
    ちょっぴり血の気が引いてしまいました。(笑)
    かりんは、いつもと変わることなく食欲旺盛で
    後はもう、回復を待つばかりですっ。

    返信
  • 2013年4月20日 12:30 AM
    パーマリンク

    ミミさん へ
    心配してくださって、本当にありがとうございました!
    そう遠くはない将来、やらざるを得なかったと思うので
    ホント…早めに手術に踏み切って良かったです。
    今は、しっかりと静養して回復に努めております。
    離れたくない一心で噛んだのだとしたら胸がキュンとしますが
    どうやら、そうではなさそうです。(笑)
    でも、そういうことにしておこうかしら。

    返信
  • 2013年4月20日 12:47 AM
    パーマリンク

    ふくねえさん へ
    ご心配いただいて、本当にありがとうございました!
    ドクターには全幅の信頼を置いているので不安はなかったのですが
    やはり…終わってホッとしました。
    ふくねえさんも、ふくちゃんの脚の手術時には
    きっと同じようなお気持ちだったのだろうと思いました。
    元気に帰ってきましたので、後は回復を待つだけです。
    抜糸までは排泄のために戸外に出るだけなので
    しっかり食べて、ひたすら眠って、回復力を高めています。

    返信
  • 2013年4月20日 12:52 AM
    パーマリンク

    アルルスさん へ
    かりんがいない夜は2回目なのですが
    ふと、足音がしたような気がしたりして…。(笑)
    いるべき存在がいないのは、本当に落ち着きませんね。
    思わぬアクシデントがあったものの
    これもまた、大切な思い出になると思います。
    ご心配いただいて、本当にありがとうございました!
    元気に走り回る姿を早く見ていただけるように
    今はしっかりと静養しております。

    返信
  • 2013年4月20日 4:22 AM
    パーマリンク

    れんママさん へ
    心配してくださり、励ましのメッセージまでいただいて
    本当にありがとうございました!
    それ程、不安は感じていないと自分では思っていたのですが
    無事に終わって肩の荷が下りたような気がします。
    退院した日は、帰宅できたのが嬉しかったのか
    少しばかりテンションが高かったようです。
    しかし、翌日からは疲れも出たのか、ほとんど寝ています。
    今は体が回復しようと頑張っているのでしょうね。
    さて、私の指…お恥ずかしい次第です。(苦笑)
    傷はまだ塞がりませんが、痛みもありませんし
    こちらのほうも徐々に治ってきています。

    返信
  • 2013年4月20日 4:28 AM
    パーマリンク

    まるこ家のみなさん へ
    手術の前から、飼い主以上にいろいろと心配してくださり
    本当にありがとうございました!
    お陰さまで無事に終わり、安堵しているところです。
    初日の元気っぷりは、若干の興奮状態でもあったようで
    今は、ほぼ一日、大人しく眠っています。
    また、元気な姿を見てやってくださいねっ。

    返信
  • 2013年4月20日 4:42 AM
    パーマリンク

    モコさん へ
    心配してくださって、本当にありがとうございました!
    悪くなってからでは手術も大変になりますし
    かりん自身の体も辛いと思うので、早めに決めました。
    ずっと気になっていた手術が無事に終わったので
    私もホッと一息…といったところです。
    抜糸が終わって、今まで通りに散歩できるのを
    今から楽しみにしているところです。

    返信
  • 2013年4月20日 4:53 AM
    パーマリンク

    yokobabaさん へ
    ご心配いただき、本当にありがとうございました!
    手術を決断するまでは、うだうだと悩んだのですが
    開腹してみて…早めに踏み切って良かったと思いました。
    希望すれば、手術の立ち会いをさせてもらえるので
    避妊手術に続き、立ち会わせてもらいました。
    さて、私と離れたくて指を噛んだのなら
    それはそれで、嬉しかったりもするのですが
    どうやら、そうでもなさそうです~。(笑)
    早く元気な姿を見ていただけるように
    現在、しっかり食べて・眠って、回復中でございます。

    返信
  • 2013年4月20日 5:05 AM
    パーマリンク

    リアルさん へ
    本当にありがとうございます!
    ずっと気になっていただけに、ホッと一息つけました。
    胆嚢炎は、症状があまり出ないケースも少なくなく
    なかなか診断が難しい病気でもあるようです。
    かりんの場合も、たま~に食べなかったり
    嘔吐があったりするくらいでしたが
    超音波検査で異常が見つかり、手術に踏み切りました。
    いやぁ、いつもの感覚で指を出したのが間違いでした。
    麻酔から覚醒したばかりで朦朧としていたので
    訳もわからず、反射的に噛んだのでしょうね。
    私の傷が治るのと、かりんが元気に走り回るのと
    どっちが早いか競争ですね~。(笑)

    返信
  • 2013年4月20日 5:08 AM
    パーマリンク

    まろ父さん へ
    ありがとうございます!
    心配の種がひとつなくなりましたので
    お互いに、寿命が何年も延びたことと思います。
    抜糸が終わるまでは、安静に過ごさなくてはなりませんが
    その後は、きっと弾けちゃうと思います。(笑)
    また、元気な姿を見てやってくださいね。

    返信
  • 2013年4月20日 5:35 AM
    パーマリンク

    黒豆健太ママさん へ
    心配してくださって、本当にありがとうございました!
    お陰さまで手術も無事に終わり、安堵しているところです。
    緊張して立ち会っていたという自覚はなかったのですが
    帰宅してから、肩がガチガチになっていたことに気づきました。
    それなりに力が入っていたようです。(笑)
    退院した日は、軽い興奮状態だったのか
    驚くくらい元気だったかりんなのですが
    翌日からは、ほとんど眠ってばかりの状態です。
    でも、食欲は旺盛ですし、懸命に回復中のようです。
    さて、意識が朦朧としている時は、いつもと違う状態ですが
    そのことが全くもって頭から抜け落ちておりました。(苦笑)
    ひとつ、学習しました。

    返信
  • 2013年4月20日 5:39 AM
    パーマリンク

    マッチャンさん へ
    ご心配いただき、ありがとうございました!
    最初、何をされるのかと診察台の上で不安そうでしたが
    無事に手術が終わって、私も安心しました。
    しばらくは安静なので、しっかり体を休めてパワーを蓄え
    そのうち、今まで以上の元気っぷりを見せてくれると思います。

    返信
  • 2013年4月20日 6:14 AM
    パーマリンク

    あずままさん へ
    ご心配いただき、本当にありがとうございました!
    あずぱぱさんも、お父さまも胆嚢を摘出されたのでしたね。
    人間の場合はどうなのか、私はよく知らないのですが
    犬の胆嚢炎は、症状がほとんどないまま推移することも少なくなく
    症状が出た時には、かなり悪化…ということもあるとのこと。
    内科的治療もあるのですが、根本的治療ではないので
    酷くなる前に、摘出を決断しました。
    ホント、私たち人間とは比べ物にならないくらいの
    驚くべき回復力ですよね~。
    帰宅した日は、軽い興奮状態だったようですが
    その後は、一日のほとんどを眠って過ごしています。
    早くいつもの生活に戻って、散歩に出掛けられるのを
    きっと心待ちにしているのでしょう。

    返信
  • 2013年4月20日 6:30 AM
    パーマリンク

    ryokoさん へ
    心配してくださって、本当にありがとうね!
    手術をすることに対しての不安はそれ程なかったのですが
    やはり、無事に終わってホッとしたというのが正直なところです。
    後はもう、早い回復を願うばかりです。
    手術に立ち会って、その一部始終を見届けることが
    私の中では、ひとつの使命のようなものでもあります。
    動物の医療も、人間に劣らず格段に進歩していることを
    自分の目を通して改めて感じました。
    トホホ…の手、創口は塞がってはいないものの痛みはなく
    この指先を見る度に、この日を思い出しそうです。(笑)
    帰宅当日は、帰られた嬉しさでテンション高めでしたが
    翌日からはドッと疲れが出たのか、寝てばかりです。
    でも、食欲はあるので、懸命に回復しようとしているのでしょう。
    まだ、いつものようには甘えてくれませんが
    そのうちだんだんと、普段通りになると思います。

    返信
  • 2013年4月20日 6:43 AM
    パーマリンク

    まり2号さん へ
    ご心配いただき、本当にありがとうございました!
    お陰さまで無事に終わり、ホッと一息ついているところです。
    かりんと暮らし始め、改めて知ることとなったのですが
    犬にも、人間とほぼ同じような病気がありますね。
    動物の医療も日々進歩しており、驚くことも多いです。
    10日後に抜糸ですので、あと1週間の辛抱です。
    今は、スースーと眠っていることが多いですが
    それまでには、もっと元気になっていると思います。

    返信
  • 2013年4月20日 8:23 AM
    パーマリンク

    hakoさん、かりんちゃん、お疲れ様!
    立ち合ったなんてすごい!
    立ち合わせてくれる病院、この辺にはないかも・・・
    それともhakoさんは医療系のお仕事されていたとか?
    術後も回復が早いようで良かったです^^
    心配の種がなくなりましたね♫
    hakoさんの指も大丈夫かな??

    返信
  • 2013年4月21日 2:03 AM
    パーマリンク

    かりんちゃんの手術無事終わって良かったですね
    心配でつい触れてしまったのでしょうが…
    やはり手術後は。いつもの母さんの手もメスに見えたのかも
    指の方は大丈夫ですか(ズキズキしたのでは)
    かりんちゃん共々お大事に(#^.^#)

    返信
  • 2013年4月23日 12:59 AM
    パーマリンク

    ちびろみさん へ
    心配してくださって、本当にありがとう!
    おそらく、一般的には手術の立ち会いはできないと思うけど
    うちのドクターは、希望すれば見せてくださいます。
    因みに、医療系の仕事とは全く無縁な私です。
    かりんの手術を見ても平気だったのに
    指を噛まれた後、サーっと血の気が引いちゃいました。
    でも、血が出た者同士(?)着実に回復しています~。

    返信
  • 2013年4月23日 1:07 AM
    パーマリンク

    adさん へ
    ご心配いただき、本当にありがとうございました!
    気に掛かっていた心配の種がなくなり、ホッとしています。
    いつもの感覚、何気なく口元に触れてしまったのですが
    思わぬ事態になってしまい、反省…でした。
    最初のズキズキも比較的すぐに治まり、傷はもう大丈夫です。
    かりんのほうも着実に回復しています~。

    返信

yokobaba へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。