右と左

「左を下にしないと眠れない」など、私たち人間も落ち着く方向があったりします。
今のかりんは、それが非常に顕著です。

これは今に始まったことではなく、全く歩くことができなくなってからなのですが
右側を下にすると前脚が不自然な格好になり、「こっちはやだーっ!」と大騒ぎ。

昨年の終わり頃までは、左を下にして横になった状態からは何とか上体を起こすことができ
まがりなりにも伏せのポーズをとり、そのままご飯を食べさせることができました。

しかし、今は一日のほとんどを左側を下にして横になっているため
いつも下側になっている左目は、圧迫されてなのか常に涙目になっている感じで
その涙が渇く暇もないので、左目の周りは涙やけでえらく汚れてしまいました。

かりんの顔の右側はこれまでと変わりなくキレイなまんまですが
左側から見ると別犬のように見えてしまいます。

そんなこんなで、日常的にかりんの正面顔を見ることが少なくなってしまったけれど
今日は久々に、正面顔が撮れました。
右側を下にした苦手な体勢にされ、暴れている最中に…カシャ☆

もふもふ健在

ウンチの処理をした後、オムツを外したまましばらく「I’m Free~♪」になったかりん

何だか、捨て置かれた犬…みたいに見えてしまってはいますが
これでも機嫌よくリラックスしています。

例年のごとく、昨年の秋頃からアンダーコートがどんどん抜け始め
只でさえ細い身体が、余計に薄っぺらくなってしまいました。
痩せっぽちになってしまい、栄養状態も決して良くはないだろうし
もしかすると、もうこのまま毛が生えないのでは…と心配しましたが
気がついたら、再びアンダーコートが生えてきていました。

一日中オムツなので、真っ白だった毛は尿やけしてしまいましたが
ほらっ、かりん自慢のもふもふな【ぷりケツ】は健在です。

5キロほどの身体になってしまい、身体にそーっと手を置くと
一瞬ドキッとするくらい、肋骨や腰骨が真っ先に手に触れてきます。

でも、もふもふな毛のお陰で、そんなふうには見えません。
そんなかりんのもふもふに、母さんは本当に助けられています。

変化するお食事サービス

以前、熱烈☆お食事サービス -動画編-で紹介したように
ここ1年、かりんの食事のほとんどは、缶詰を口の中に塗るようにして食べさせていました。

しかし、昨年の12月頃からか、最初の3口くらいはモグモグして何とか食べてくれるけれど
その後は、さっぱり食べてくれないという状態になってしまいました。

「このままだとマズイ!」と思った母さん。

そのうち使うことになるだろうと、前々から準備していた注入器を使い
缶詰と高栄養リキッドを混ぜてドロドロ状態にした流動食を
食べさせてみることにしました。
すると、これが思った以上に良かったのです。

常に脱水状態で、口の中がカラカラに乾燥しているかりんにとっては
水分の多い缶詰でさえも飲み込みにくかったのでしょう。
缶詰を食べさせるのは、10分以上も時間がかかっていたのに
流動食はスルスル喉を通り、食事はあっという間に終わります。
かりんと母さんたちにとってのあらゆる負担が、かなり軽減されました。

現在は、この食事を1日に3回食べてもらうことにしています。
また、自分の意思で口に入れ、飲み込むことも大切だろうと思うので
大好きなサーモンは母さんの手から食べさせています。

今まで、かりんの食欲や状態によって変化してきたお食事サービス。
これが、口から食べる最終形なのだろうと思っていますが
頑張り屋のかりんは、ここからも踏ん張ってくれると信じています。

一緒にねんね

しつけのため…ということもあって、小さい頃からひとりで寝させていたせいか
元気な頃のかりんは、決して母さんと一緒の布団で寝てはくれませんでした。

そのことがちょっぴり寂しくなってきて、冗談半分で言い続けていたことがあります。
「もしも寝たきりになっちゃったら、母さんはかりんと一緒に寝ちゃうぞ~
一緒に寝るのがイヤだったら、寝たきりにならないでよね」って。

それが、今は母さんの布団の横にマットを敷いて寝させても、上半身がズズズ…とこちらへ。
朝起きると、母さんの顔の横にかりんの頭があります。

一緒に寝たがっていた母さんの願いを叶えてくれたの?
それとも、かりんが母さんと一緒に寝たくなっちゃったの?

☆ 謹賀新年 2021 ☆

あけましておめでとうございます!

今年もかりんと共に、無事に新しい年を迎えることができました。
もう最高に嬉しくって嬉しくって、母さんは小躍りしたいくらいです。

眠る一歩手前のかりんに撮影協力をお願いしたので、目を開けているのが精一杯。
名前を呼びながらカメラを向けていましたが、ついにウトウトし始めました。

今年は、かりんのペースも更にゆるりになると思いますが、母さんもその歩みに合わせながら
共に過ごす時間を愛しみたいと思います。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。