☆13歳の誕生日☆

今年も、11月1日を無事に迎えることができました。
今回のケーキは、土台がフードの缶詰なのは変わりませんが
デコレーションが今までとはちょっと違います。
null
裏ごしした焼き芋にヨーグルトを混ぜてペースト状にし
ナイロン袋を使って、チョンチョンと絞り出してあります。
白く薄っすらとかかっているのは、粉状のサプリメントです。
null
先日、ドクターからお許しの出た『さつまいも』と『ヨーグルト』
それらを使って母さんが腕をふるい(?)ました。
null
いつもと違う美味しいモノを食べさせてもらえるけれど
変なカタチになっていて、とっても食べにくい…。
「それが、ワタシのタンジョウビ!」な~んて思っているかしら。
結局は、毎度のようにスプーンで食べやすく崩し始めると
やっとのことでガツガツと食べ出しました。
null
かりんの下唇には、さつまいものペーストがついたまんま。
夢中になって食べていたので、それなりに喜んでくれたようです。
null
13回目ともなると、この日は、重みと深みを更に増してきます。
あとどれくらい、かりんと一緒にいられるのかわからないけれど
こうして共に過ごす月日は、神さまからの贈り物。
そう思いながら、愛しい愛しい時間を過ごしていきましょう!

☆12歳の誕生日☆

10歳を過ぎてから、2回目の誕生日がやってきました。
かりんと過ごした時間を振り返ると、長いようで…あっという間。
null
何を模したのか、自分でもさっぱりわからなくなっちゃった
恒例の缶詰ケーキが完成。
null
かりんの目の前に、ドーンと置いてみたけれど
関心なさそうに、あっちを向いてみたり。
null
はたまた、上を見上げたりして食いつく気配なし。
まぁ、それもそのはず。
カメラを構えた母さんが「こっちこっち!」と言うものだから
天邪鬼かりんの出現です。
null
それでも、やっとのことで向いてくれました。
…が、ちょっと不満げな雰囲気が漂っていなくもありません。
null
完成したケーキと一緒に記念撮影をする前。
缶詰ケーキを作るために、キッチンで何やらごそごそやっている
母さんが気になって仕方がないかりん
ケーキを前にお澄まししている姿よりも、いつものかりんらしい
12歳の記念写真かもしれません。
生きているという奇跡を積み重ねての12年。
その奇跡を、これからも一緒に積み重ねていけますように!

5日遅れのバースデーケーキ☆

母さんがグズグズしているうちに、11月1日のかりんの誕生日から
5日が経ってしまいました。
さて、かりん11歳のバースデーケーキは…。
20161106-other_16_16.jpg
どど~ん!!
20161106-karin_16_144.jpg
「これって、ワタシ? 思いっきり食べにくいですけど」な、かりん
20161106-karin_16_146.jpg
でも、今までになくガッツリ食らいついておりました。
この後、大きな塊をパックンチョ!と口に入れてアグアグしていたので
母さんが慌てて制止したり~という、ひとコマもありました。
20161106-karin_16_145.jpg
1歳のかりんより、11歳のかりんを愛しく思える幸せ。
共に過ごした時間は、何よりの宝物です。

☆11歳の誕生日☆

ええ~っ、マジですか?!
20161031-karin_16_141.jpg
ワタシの「うまれたひ」にケーキがないなんて、しんじられない…。
いつもジュンビしてくれたのに~。
20161031-karin_16_142.jpg
でもね、キョウはダメだったけど、きっとつくってくれるって。
だから、ゆるしてあげることにしました。
20161031-karin_16_143.jpg
キョウでワタシは11さい!!
かあさんたちニンゲンのトシにケイサンすると、60さいだって。
かあさんより、う~んと(ちょっと?)トシウエになっちゃったけど
もっともっとイッショにいて、のんびり・まったり~♪しようねっ。