元旦の風景

今年も実家で迎えた元旦。
外は寒かったものの、比較的穏やかな天気でした。
暮れに、ばぁば一人ではできなかった場所を掃除して
ホッと一息ついたところで、散歩に出掛けました。
20130109-karin_13_7.jpg
近くにありながら、今まで一度も行ったことがなかった
万葉の歌人が祀られた山の上の小さな祠です。
「座って!」という母さんの声など聴こえていないかりん
それもそのはず、祠の裏手の道には雪が薄っすら。
そっちへ行きたくて、いてもたってもいられません。
20130109-karin_13_8.jpg
祠の裏手を歩き、見晴らしの良い場所に着いた途端
突如として雪の上にへばりつきました。
20130109-karin_13_9.jpg
お腹が冷たいだろうに、まるで雪の感触をじっくりと味わうかのように
しばらくこうやって伏せていたかりんなのでした。
向こうに見えるのは、この時期としては珍しい、穏やかな日本海。
この一年、こうあって欲しいという願いを象徴するかのような景色でした。

6回目のお正月

かりんが母さんの実家で迎えるお正月も、気がつけばもう6回目。
このうち直近2回は、じぃじが自宅にいないお正月ですが
ばぁば、そして、妹家族はいつも一緒です。
20130106-karin_13_3.jpg
今春、小学3年生になる甥っ子とかりんの関係は、概ね平和的なのですが
私たちの食事の時だけは、かりんを別室に隔離することで
余計な心配をすることなく穏便に過ごすことができています。
20130106-karin_13_4.jpg
今回も、妹夫婦にマッサージをたんまりしてもらって
あまりの心地良さに、始終放心状態。
甥っ子は、まだ上手くできませんが
そのうちきっと…せがまれるようになるでしょう。
そして、上手にマッサージができるようになった時
かりんは、彼を一人前と認めるのかもしれません。
20130106-karin_13_5.jpg
『丸まりんこ♪』にピッタリの場所を見つけたかりん
20130106-karin_13_6.jpg
その背後から、可愛いふたつの瞳が覗いておりました。

ゴロゴロ夏休み

お盆前の土日にかけて、2泊3日で母さんの実家へ帰りました。
予報では傘マークが並んでいたものの、それほどの雨にも見舞われず
相変わらずの蒸し暑い毎日でした。
20120819-other_12_18.jpg
夕方の散歩時も、気温があまり下がりません。
土手からの景色が、少し涼しそうに目に映るのとは裏腹に
汗びっしょりになりながら足を休めました。
結局、いつもより早めに散歩を切り上げたのでした。
義弟と甥っ子は、元気良く海水浴に出掛けたりしていましたが
日中、母さんたちは外に出掛ける勇気が出ず
家で昼寝をしたりしてゴロゴロと過ごしたのでした。
20120819-karin_12_127.jpg
今回、かりんにとっての「初めて!」は
甥っ子が連れて帰ってきたカブトムシとのご対面。
普段見かける虫とは、大きさに格段の差があるせいか
恐る恐る…という感じで、完全に腰が引けておりました。
ブーンと大きな羽音を立てて、目の前で飛び立ったりしたら
そして、その後でかりんの背中にとまりでもしたら
虫恐怖症に拍車が掛かりそうでしたが
幸い、何のアクシデントもありませんでした。
20120819-karin_12_128.jpg
さて、甥っ子とかりんは、その時々で少し離れてみたり、くっついてみたりと
適度な距離を保ちながら、概ね仲良く過ごすことができました。
しかし、会う回数を重ねても、妹夫婦に対する態度と甥っ子に対する態度は
明らかに一線を画しています。
その一線が消えるのはいつなのかしら?…などと思いつつ、見守る母さんです。

落ち着ける場所

この週末は、TVでのスポーツ観戦が大好きなばぁばと
実家で女子バレーの試合を観ました。
かりんも同じ部屋にいて、床にゴロンしていたのですが
大興奮しながら観ている母さんたちの声がうるさかったのか
いつの間にか、部屋からいなくなっておりました。
しばらくして、どこにいるのかとあちこちを捜してみたものの
いつもいそうな場所に、かりんの姿がありません。
外へ出られるはずもないし、狐につままれた気分でしたが
もう一度、家中の電気をつけて念入りに捜してみたら…。
20120527-karin_12_85.jpg
いました!こんなところに。
20120527-karin_12_86.jpg
立てかけてあった、ばぁばの敷きマットレスと壁との間の
ちょっとした隙間に入り込んでいました。
実は今回、いつもは持って帰るかりんのキャリー(バリケン)を
荷物になるからと、わざと持って帰らなかったのです。
すっかり慣れた実家とは言え、暗くて狭い落ち着ける場所は
どうやら必要だったみたいです。

勝ち負け

気がつくと、階段を上りきっている甥っ子の姿を見て
大慌てで後を追いかけるかりん
20120509-karin_12_76.jpg
アセアセ…。
20120509-karin_12_77.jpg
もう一息!
いつもなら、かりんがとっとと先に上ってしまう階段ですが
甥っ子が一緒だと、勝手が違ってきます。
そう…負けちゃうことだってあるのです。
それでも、何だか楽しそうに見えるかりんの後姿です。