要求

今月は仕事がお休みだったので、かりんとの時間をゆっくり過ごしたのですが
今週から再び仕事が始まった母さん。
つまり…かりんにとっては日中のお留守番という退屈な日々が始まったのです。
karin_07_78.jpg
帰宅してハウスから出した後は、喜びを身体いっぱいで表現してくれます。
そして、しばらくの間は身体をくっつけてきて、「撫でて!」としつこく要求します。
「もう…いいかな?」と思って手を引っ込めると、「まだダメ!」と再び要求。
「いい子で留守番できて偉かったねぇ~」と、声を掛けながらひとしきり撫でるうちに
やっとのことで気持ちが落ち着いてくるようです。
この大歓迎と撫で撫での要求を目の当たりにすると
一時離れているのも悪くないと、そんな風に思えてくるから不思議なものです。
日常にも、ちょっとしたふり幅は必要なのかもしれません。

プリプリを愛でる

犬のお尻が大好きな方…知っている限り・思いつく限りでも
両手では到底足りません。
桃尻カットを知ってからというもの、母さんのお尻を愛でる目は
更にエスカレートしてしまいました。
karin_07_77.jpg
人間もカットしたてよりも、数日経ったほうが馴染んでくるように
カットしたての桃尻は硬い感じがしますが
数日経つと、ふっくらと柔らかい桃へと変化していきます。
22日にカットしたかりんのお尻は、今が見頃です。

ダイアナを聴きながら

柴犬(系)にジャズ…意外な取り合わせかもしれませんが
かりんには、気だる~い感じがたまらないようです。
karin_07_75.jpg
ランダムに流す曲の中でも、ダイアナ・クラールがお気に入り。
彼女の歌声が流れ始めると、「ふぅぅ~っ」と溜息をつきながら
まったりな態勢に入ります。
karin_07_76.jpg
きっと、心地良い子守唄に聞こえているのでしょう。
ほらっ、眠たくなってきた~。

紅葉

やっとのことで、平野部でも紅葉が見られるようになりました。
色づいた木の葉が、ダンスをするかのように風に舞う様を
かりんは追いかけて楽しんでいるようです。
other_07_06.jpg"
かりんと迎える2度目の紅葉となり
確実に、季節は巡っているということを改めて感じています。
karin_07_74.jpg
季節は違いますが、生まれて初めての散歩の時
風に舞う木の葉を見て、必死に捕まえようとしていたかりん
ふと…その姿を思い出しました。
今でも変わらないその姿が、何だか嬉しい母さんです。

ガム事件

この季節になると、しばらく車中で待たせておくことができるので
犬を連れて気楽に出掛けられるようになります。
ですから、最近はちょっとした買い物には連れて出掛けて
その帰りに、スペシャルな散歩をすることが多くなっています。
さて、昨日は買い物をしている間、かりんを車中で待たせておりました。
時間としては30分くらいだったでしょうか。
車へ戻ると運転席にチョコンと座っているではありませんか。
「あらっ、どうして?」
いつもは後部座席のヘッドレストに、伏せが可能な長さに繋いでいるのですが
リードを繋ぐことをすっかり忘れていたのです。
と同時に、何だか嫌~な予感がした母さん。
噛んだ後のガムを置いていた場所を見ると…ありません。
慌ててかりんの口を見ようとしたら、ポロリと欠片が落ちました。
噛んではみたものの、どうやら持て余してしまっていたようで
よく見ると、前脚の爪のあたりにもガムがしっかりくっついておりました。
karin_07_73.jpg
とりあえず、ガムの欠片を鼻先に持っていき、「いけないよ!」と叱りはしたものの
これは、母さんのせいとしか言いようがありません。
リードで繋いでおけば、そしてガムをしまっておけば起こり得なかったことです。
近頃は、おとなしくしていることが多かったので、すっかり油断しておりました。
かりんを叱ってしまったけど、母さんが叱られなくっちゃいけないよね。

じぃじ&ばぁば

先日、母さんの実家に帰った時、かりんと初めてのご対面となったのは
犬のクマだけではなく、母さんの両親とも初めての顔合わせとなりました。
実は、母さんの実家では25年にも渡って犬を飼い続けてはいるものの
両親は、無類の犬好きというわけではないという、不可思議な環境なのです。
父は、子供の頃犬に噛まれた経験があるせいか、ちょっぴり恐いようです。
それに、父にとって、「犬は外で飼うもの」という考えは曲げられないもので
玄関先へちょっと上げただけで、きつく叱られておりました。
こういった理由もあって、今までかりんを連れては帰りませんでしたが
今回はかなり思い切って、出たとこ勝負で一緒に連れて帰りました。
玄関に入った時、出迎えてくれたのは母でしたが
かりんの姿を見るや否や、顔が大きくほころびました。
「そのまま上がって」という母の言葉に甘え、恐る恐るでしたが
家の中へ一緒にズンズン上がりました。
karin_07_72.jpg
応接間を歩き回るかりんの姿を見て、父がどんな反応をするのかドキドキでしたが
「優しい顔のキレイな犬だなぁ!」…これが第一声でした。
室内飼いをしている犬はこんなにもキレイなのかと、かなり驚いた様子でした。
何故か、決して犬好きではない父の近くばかりをウロウロしていたかりん
父の脚に前脚を乗せて、一生懸命に顔をクンクンしようとします。
犬を積極的に触ることは滅多にない父ですが
プリップリの桃尻に、そろ~っと手を出して触れたりしておりました。
初対面なのに全く吠えず、おとなしいことにも非常にビックリし
「こんな犬ならいいなぁ」と、父にしては信じられないような言葉が飛び出しました。
この愛らしい毛むくじゃらが足元でチョロチョロしたり、甘えてきたりする様子は
頑固な心さえも、柔らかくそっと溶かしてくれたようです。
帰り際…「かりんちゃん♪今度は泊まりにおいで!」
まるで孫にでもかけるような、そんな優しい響きの言葉でした。

ご対面

昨日、日帰りで母さんの実家へ出掛けました。
実は…かりんを連れての初めての帰省だったのです。
母さんの実家には、推定年齢14歳の柴犬MIXのクマがいます。
その、おじいちゃん犬とも初めての対面となりました。
karin_07_70.jpg
より興味を示したのが、クマのほうでした。
ズンズンと近づい、てお尻をクンクンしようとします。
普段、他の犬との接触がほとんどないせいか
久々の他犬のニオイを、必死に嗅ごうとしていました。
karin_07_71.jpg
しつこくお尻を追い掛け回すクマじいちゃんに
ちょっとばかり迷惑そうな素振りを見せていたかりんですが
決して敵意を見せることはありませんでした。
kuma_07_01.jpg
約3ヶ月ぶりに会ったクマ
少し痩せたように思いましたが、まだまだ元気いっぱいで
散歩する足取りも確かでした。
これからは、なるべくかりんと遊びに行くことにしましょう。
一緒にいることで刺激を受け、もっと元気になるかもしれません。

恐ろしや

昨日も犬歯丸出しの顔をみなさまにお見せしてしまったのに
今日もまた、激しい顔のお披露目となってしまいました。
karin_07_69.jpg
しかし、こうは見えても、大好きなテニスボールをくわえての
凄~くご満悦な表情なのです。
楽しければ楽しいほど、ガゥガゥ顔になるかりんでした。

いない・いない?

今日も今日とて、ゴロ~ンと寝転がって、口の辺りで何やらモニョモニョやっております。
karin_07_68.jpg
すると、いきなりの強烈な爆発~☆
karin_07_67.jpg
この、「いない・いない・ばぁ~」は、ちょっと過激じゃありませんか?
…と思いきや、靴下のゴム繊維が犬歯に引っ掛かってしまったようで
それを取ろうと必死になって暴れていたのでした~。
母さんは、お腹の皮がよじれてしまいそうなくらい笑わせていただきました。
どうも、ありがとう!

夢の中

あご枕をして、気持ち良さそうに寝ていることはよくありますが
人間のように頭の下に枕をしていることは滅多にないかりん
今日は、珍しく人間っぽい寝方をしています。
karin_07_66.jpg
時々、口をムニャムニャして美味しいオヤツを食べていたり
脚をピクピク動かして原っぱを思いっ切り駆け回っていたり
うんと楽しい夢でも見ているようです。
かりんの夢の中に入って、母さんも一緒に遊びたいなぁ~。