何を思う

突如としてオモチャを引っ張り出し、独りでモゴモゴ遊んでいたかと思うと
パタンと寝転がって、ふぅぅ~っと大きな溜息をつくかりん
その瞳の先に何を見て、そして何を思っているのでしょう?
ドッグランで楽しく走り回ったこと?、ガゥガゥしちゃったこと?、それとも…。
karin_08_220.jpg
楽しく刺激的だった夏も、虫たちの合奏が響く秋へと移行しつつあります。
夏の終わりは、ちょっぴり寂しさを感じてしまうのですが
かりんと一緒だと、どんな季節も楽しめそうな…そんな予感がします。

夏休み最後

傘マークが出ている天気予報を横目に、空模様を窺いながら
先日、かりんがガゥガゥ犬となったドッグランへ再び出掛けました。
前回ご一緒した仲間2人とお子さん2人+新しい仲間1人+母さんの合計6人。
そして、犬は1匹、2匹、3匹……全部で12匹でした。
今にも泣き出しそうなお天気ではありましたが、快適に過ごすことができました。
前回のランでは、あまりの暑さに休憩ばかりだった犬たちも
追いかけっこをしたりしながら、思い思いにゆったりと走り回っておりました。
karin_08_219.jpg
今回もガゥガゥ覚悟で出掛けた母さんでしたが
お友だちが上手く接してくれたお陰もあって
全くガゥガゥすることなく、平和に過ごすことができました。
karin_08_218.jpg
かりんと母さんの夏休みイベントはこれでお終いです。
ドキドキあり、ワクワクあり、そしてガゥガゥありの
とっても刺激的な夏休みとなりました。
沢山の思い出と共に、今年の夏が終わろうとしています。

ウンチ袋

昨年の夏、100枚入り×7袋=700枚のウンチ袋を購入。
約1年過ぎたところで在庫薄になってきたことに気づき
母さんが慌てて注文したウンチ袋が、どど~んと届きました。
karin_08_217.jpg
散歩時に、ウンチを2回することの多いかりん
ですから、ウンチ袋の消費量もかなりのものですが
ポリ袋と水溶性の紙が重ねてセットされてお手軽なので
このタイプを愛用し続けています。
しっかり食べて、しっかり出す!
在庫もたっぷりですから、モリモリやっちゃってくださいな。

私の願い

先日、夕方の散歩から帰って来たところ
「すいません、ワンちゃんを見せていただいていいですか?」と
自転車に乗った近所のご婦人に声を掛けられました。
「ええ、どうぞ」と、かりんを連れてそばに行くと
「亡くなったうちの子によく似ているんですよ~」と
懐かしさと愛しさの漂う、優しい眼差しで撫でてくださいました。
かりんが家の中から外を眺めている姿を
通りすがりに、よく目にしておられたようです。
そのワンちゃんは柴犬で、16歳まで生きたそうですが
晩年は痴呆が出て、介護生活となったとのことでした。
「よく、看てあげられましたね」との言葉に
「いえ…看てやれるのは私たちだけですから」と
当然のことのようにおっしゃっていたのが印象的でした。
karin_08_216.jpg
世間には、病気になったから、歳をとってしまったからといって
一緒に暮らしてきた愛犬を手放してしまう方もおられます。
でも、このワンちゃんはご家族に最期を看取ってもらえて
心からの幸せを感じていたに違いありません。
そして…この飼い主さんも、何ものにも代え難い幸せな時間を
愛犬と共に過ごされたのだと思いました。
みんなが、愛する家族と最期まで一緒に暮らせますように!
これは母さんの切なる願いでもあり、かりんの願いでもあります。

ちょっと失礼!

用を足している時の犬って、どうしてこんな表情をするのでしょう。
情けなさそうな、バツの悪そうな、そして、ちょっとばかり恥ずかしそうな…。
非常に無防備な状態となりますから、少々不安もあるのかもしれません。
karin_08_214.jpg
その表情が可笑しくて、じ~っと見つめていると
視線をあちこちへと逸らします。
karin_08_215.jpg
いつもは後から見ることの多い用足しのポーズですが
正面に回ってその様子を見たら、思った以上に凄いっ。
そんなことを思いながらカメラを向ける母さんに
「写真…撮らないでよっ」と、少々ご立腹のかりんです。

かりん改め…

ここのところ、立て続けにあったイベント
初めまして -1- -2-、そしてガゥガゥ・ドッグラン
いろいろな刺激を受けたことによって
元々持っていた性格の一部分が助長されてしまったのか
はたまた、そういう時期なのか
最近…ちょっと過敏になっているかりんです。
karin_08_213.jpg
甥っ子が元気に動き回っていた実家でも
事あるごとに、座卓の下に潜り込んで様子を窺っていました。
これは、初めて甥っ子に会った時には見られなかったこと。
今までは好奇心の方が勝っていたような場面であっても
今は、恐怖心や警戒心の方が勝ってしまっているようです。
どうすれば、かりんの不安な気持ちを和らげることができるだろうか?
母さんは、う~んう~んと頭を悩ませております。
ピリピリと神経質になっているその姿を見て、思わずこう呼んでしまいます。
かびんちゃ~ん!」
― おまけ ―
karin_08_212.jpg
 ↑ 「カメラ貸して~」と言った甥っ子が撮ってくれました。

戸惑い

今回の実家への帰省にあたって母さんが一番心配したのが
前回、かなり微妙な関係であった4歳の甥っ子とかりんのことでした。
ちょっぴりお兄ちゃんになり、聞き分けが良くなったとは言うものの
そこはやはり…やんちゃ盛りの4歳児。
元気いっぱいの笑い声や奇声、予測不能のちょこまかした動き。
普段見慣れない存在に、かりんが戸惑っているのが伝わってきました。
karin_08_209.jpg
尻尾を振って興味ありそうに近寄ってはみるのですが
彼の突然の動きに、驚いたり怯えたりした様子を見せていたかりん
前回のガゥガゥとは少し違ってはいたのですが、何度か「ワゥッ☆」と吠えて
「怖いから、あんまり近づかないで!」と訴えているようでした。
それでも、彼の存在が気になって仕方ないらしく
彼の後をストーカーのように、チョコチョコつけ回していました。
karin_08_211.jpg
また、ハウスが置いてある辺りへ彼が近づいて行くと
ハウスに入られた前回の記憶が蘇るのか
まるで阻止するかのように立ちはだかっておりました。
かりんにとっての彼は、『犬以上、人間未満』らしく
彼の一挙手一投足に、常に全神経をピリピリと集中して
今回は始終落ち着かない様子のかりんでした。
お互いが、もっと安心してつき合えるようになるには
まだまだ時間が掛かりそうです。

実家へ

少々慌ただしい帰省となるのですが、この週末は母さんの実家で過ごします。
お正月、かりん撫で撫で三昧を体験させてくれた妹一家も一緒で
また、前回微妙な関係となっていた4歳の甥っ子とかりんとのやり取りにも
母さんは、いろいろな意味で目が離せそうにありません。
karin_08_208.jpg
「さぁ!母さんの実家へ帰るよ!」と話し掛けると
不思議そうに首を傾げるかりん
さて、今回はどんな楽しいハプニングが起こるのでしょう?
母さんもドキドキ☆、かりんもドキドキ☆です。

残暑

ハァハァしたベロがダラ~ンとなるくらいアッチッチな毎日なのに
ワタシは空っぽのご飯入れをしつこくペロペロ舐めて
ご飯のオカワリをおねだりするくらい、とっても元気です。
お留守番の時は、母さんが部屋を涼しくしておいてくれるので
外はすごく暑くて、母さんがヘロヘロ~になっている時でも
「ごくらく☆ごくらく~☆」と思いながら、ねんねしています。
karin_08_207.jpg
母さんの夏休みまで…もうちょっと。
もうちょっとしたら、いっぱい一緒に「ごくらく☆ごくらく~☆」
それまで、アッチッチに負けないように頑張らなくっちゃ。

ガゥガゥ・ドッグラン

先日の日曜日、ボランティア仲間とその家族・友達合わせて14名&犬10頭が
アジリティのあるドッグランに、わらわらと集合しました。
犬たちは柴犬率が非常に高く、柴犬 or 柴犬MIXが90%を占めるという
「柴まみれ」の状態となりました。
karin_08_204jpg
あまりの暑さのせいか全速力で走ったり遊んだりすることもなく
我先に日陰を探して休んだり、そこらを歩いて散策する犬たちでした。
ドッグランは開放的ということもあってか、今まで滅多にガゥガゥしなかったかりん
それなのに、今回はガゥガゥ・スイッチがMAX☆になってしまいました。
こんな滅多にないイベントなのに、柴まみれの写真を沢山撮るはずだったのに…。
そんな気持ちの余裕がなかった母さんでした。
karin_08_206jpg
先月初め、カフェでガゥガゥ後…に遊んだはずのメロディちゃんとも
一時、派手な取っ組み合いになってしまいました。
しかし、現在しつけの勉強中であるメロディちゃんのお母さんに
緊張を解し、落ち着かせる方法をアドバイスしていただきました。
karin_08_205jpg
いろいろ教えていただいたり、みなさんとお話をしたりして
とっても楽しい時間を過ごした母さんでしたが
かりんのガゥガゥ三昧には、かなり疲れてしまいました。
でもでも、出来の悪い子ほど可愛いって言うし
こんなかりんを見守りつつ、これからも一緒に育っていくのは
やっぱり母さんしかいないよねっ…かりん