ねだり方

ローテーブルの上に置いてあるグラス。
かりんは、その中に入っている氷が欲しくてたまりません。
最初は、テーブルの上に顎をのせて凝視していましたが
母さんは全くわかってくれないので、次の手段へと出ました。
karin_08_246.jpg
「これならわかるでしょ?母さん」
「いえ、よくわかりませんねぇ」
「母さんの意地悪~!」
ねだり方も少しずつ進化し、その時々で変化しています。
もしやそのうち…「こおり!」って言うのではないかと
母さんは密かに期待しています。

サファリパーク?

久々の公園に、テンション高めのかりん
大人しくてお行儀の良い動物さんとの休日を楽しみました。
karin_08_242.jpg
まずは、大好きなライオンさん。
流石!百獣の王☆どっしりとしていて威厳があります。
karin_08_243.jpg
初めてお目にかかります。
シマシマが魅力的なシマウマさん。
karin_08_244.jpg
他の公園でも顔馴染みの、愛嬌たっぷりカバさん。
karin_08_245.jpg
そして、完璧な「お座り」の…豹でしょうか?
残念ながらイヌ科のお友だちはいませんでしたが
母さんも、安心してお相手をお願いすることができました。
さて、かりんのお気に入りは、どなただったのかしら?

母さんは見た

先日、ハウスからの初めての脱出に成功してしまったかりん
大した悪戯もしていなかったので、特に問題はないように思われましたが
翌日のウンチに、ガムの包装紙の一部が混じっておりました。
家の中のどこかに落ちていたのを、食べてしまったに違いありません。
ゴミを落としていた母さんが悪いのですが
こういうこともあるので、独りで自由にはさせられません。
次の日、バリケンの後ろに重たいローテーブルを置いて動かないようにしてから
母さんは仕事に出掛けました。
そして夕方、部屋に入った母さんは再び…唖然☆
部屋のソファーで優雅に過ごすかりんがいるではありませんか。
どうやら、ローテーブルを置く位置がまずかったようです。
karin_08_240.jpg
試しに、かりんをハウスに入れて観察することにしました。
すると、ケージとバリケンの連結部の少しの隙間から
鼻先を出そうとしています。
「はは~ん、ココから鼻先を出して隙間を広げたのねぇ」
karin_08_241.jpg
冷ややかな目で見つめる母さんに、はたと気づいたかりん
ちょっとばかり気まずそうな様子。
その翌日、ローテーブルを置く位置を変えたところ
残念ながら、かりんは脱出することができませんでした。
かりんとの知恵くらべは、母さんに軍配が上がりましたが
思わぬ出来事に、実は…結構楽しませてもらいました。

脱出

日中、かりんが独りでお留守番する時は、必ずハウスに入れています。
最初はケージだけを使っていたのですが
途中からは、ケージとバリケンの入り口を連結した状態にして使っています。
大抵、かりんはバリケンの中で寝ているようです。
母さんが外から帰り、ハウスを置いている2階へと上がっていくと
その中で嬉しそうに足踏みしながら、出してもらうのを待っています。
karin_08_239jpg
しかし、昨日は2階へ上がってみてビックリ☆
かりんがハウスの外に出ているではありませんか。
見ると、ケージとバリケンの間に隙間ができています。
「はぁぁ…ココから出たのねぇ」
何か悪戯をしていないか、慌ててあちこちをチェックしましたが
どうやら何もしていなかったようです。
karin_08_238.jpg
ケージとバリケンは、ただ置いただけの連結でしたから
思えば、今まで外に出なかったのが不思議なくらいです。
今日からは、何か策を考えなくては!
「え~っ、どうして外に出ているの~?」
母さんの大きな声に、かりんは叱られたと思ったらしく
母さんの顔を舐めたり、お腹を見せてゴロ~ンしたりして
ご機嫌をとっておりました。

香りアップ

今までも、かりんから漂う香りを楽しんでいた母さんですが
ここのところ、何だか香りが強くなったように思っていました。
いつもの間隔で洗ってもらいに行っているし
雨に濡れた回数も取り立てて多かったわけでもないし。
特に変わったことはないのに…と不思議だったのですが
ひとつだけ思い当たることがありました。
それは、今月初めから食べているサプリメントです。
karin_08_237.jpg
食べ物と体臭には関係があると言いますし
このサプリメントは被毛や皮膚に良い脂肪を含んでいるので
もしかすると、この影響かもしれません。
でも、母さんの大好きな芳ばしいニオイが強くなっただけだから
まぁ~いいか!

雨こんこん

今日は、朝からずっと雨。
雨の日は、最初っからお出掛けできることを期待していないようで
諦めたように文句も言わず、あっちでゴロゴロこっちでゴロゴロしています。
あんまりヒマなので、ここらでちょいと一句!
karin_08_235.jpg
母さんも、雨の日は家でゆっくりするのが大好きなので
一緒になってゴロゴロゴロゴロ~。
karin_08_236.jpg
それにしても、何て気持ち良さそうな寝顔なのでしょう。
外は雨でも、きっと…夢の中は晴れなのね~♪

レベル

右手にカメラ、左手に一粒のフードを手にした母さん。
勿論、かりんの視線は左手に熱~く注がれています。
まず、「ください」レベルは、5段階のレベル2…くらいでしょうか。
ちょっぴりおすましで、気持ちに少し余裕があります。
karin_08_233.jpg
そして更には、レベル4へ。
レベル2から、身の乗り出し方と瞳の輝きが数段アップです。
母さんの一挙手一投足を見逃すまいとしています。
karin_08_234.jpg
この後、もっと身を乗り出してしまったかりん
ソファーから落っこちそうになり、焦りまくっておりましたとさ。

大あくび

「これでもか!」というくらい、目いっぱい口を開けての大あくび。
舌の先がちょこっと丸まっているあたりは
母さんにとって、かなりお気に入りな『あくびの図』です。
karin_08_232.jpg
この姿を見ていると、こちらまであくびが出ちゃいます。
母さんがあくびをしたら、かりんにうつっちゃうこともあるし
一緒に大あくび~♪は、しょっちゅうです。

庭遊び

しばらく放置していたら、またまた草に占領されそうになってしまった庭。
今日は天気も良くないため、お出掛けはなし…ということで
ロングリードでかりんを係留しての、草取り開始となりました。
karin_08_230.jpg
最初は、興味深そうに草取りをする様子を見ていたかりん
「しっかり、やってくれたまえ!」と言わんばかりに
地面にどっしりと腰を落ち着けての現場監督ぶりです。
しかし案の定、すぐに飽きてしまったらしく
今度は、あちこちキョロキョロしながら虫を探し始めました。
karin_08_231.jpg
小さな虫を見つけては鼻をフガフガさせてみたり
前脚でツンツンしてみたり、はたまたガジガジしたり…。
庭には、かりんの興味の対象が際限なくいるようです。
本日の犠牲者第1号は、大きなエンマコオロギでした。
「ごめんね」と、母さんが代わりに謝っておきました。

頭が痛い

散歩の途中、至近距離ですれ違うわけでもなく、少し離れた距離なのに
出会うと、必ずと言ってよいくらいかりんが吠えてしまう犬がいます。
厳密に言えば「吠える」と言うより、「喚く」と言った方が正しいかもしれません。
その犬は、かりんに興味を示すような素振りを見せながらも
決して声を出すことなく通り過ぎて行きます。
それなのに、こちらが一方的にギャンギャン☆とけたたましく鳴くものですから
母さんは挨拶する余裕もなく、かりんを制止することに気を取られます。
その飼い主さんも、これ以上刺激しないようにと思われるのか
足早に通り過ぎてしまわれるため、つい…いつも謝りそびれてしまいます。
karin_08_229.jpg
こんな風に、かりんが一方的に喚いてしまう犬が3頭ほどいます。
中にはフレンドリーな感じで近寄って来てくれるのに吠えてしまうケースもあり
最近の母さんは、少しばかり頭が痛いです。
たぶん、恐怖感からくる防衛本能が過剰に働いているのだと思いますが
本当のところは、何を感じ、何を思っているのでしょう?
かりんの恐怖感を少しずつでも拭い去ってやりたいと、心から思う母さんです。