二段重ね

朝、母さんが仕事に出掛けようとするのを
ハウスの中から、ちょっぴり恨めしそうに見ているかりん
今日は、何だかいつもと違う格好になっています。
karin_08_269.jpg
あらまっ、前脚がキチンと重なっているではないですか。
正面から見ると、クンクンしたくなるような肉球がズラリと並んでいます。
karin_08_270.jpg
横に回りこんでみたら、何とな~く気を送っているように見えなくもありません。
「はぁぁぁ~っ☆☆ 母さん、行ってらっしゃい!」
もしや、毎日そうやってくれていたの?
母さんが元気で仕事に行くことができたのも、かりんのお陰だったかも。
しかし、ちょっと気だるそうな感じが…無きにしも非ず~。

あるがまま

夏に帰省して以降も、元気にしているとは聞いていたものの
クマの様子を、この目で確かめなければ落ち着かない母さん。
散歩に連れ出した時、力強く引っ張ろうとする姿を見て
「ああ…まだまだ元気でいてくれた」と、心の中で安堵しました。
karin_08_268.jpg
今回は、玄関先でかりんと対面させたのですが
ちょっぴりボケているクマは、その場の空気を読むことができず
正面切って、じわじわと近づいて行きます。
かりんは、しばらく様子を見ながらも低く小さく唸った後
ちょっぴりガゥガゥ☆ギャンギャン☆しちゃいました。
その姿と声にビックリしたのか、「何で?」と言うような表情をしていたクマでした。
kuma_08_04.jpg
前回、夏に会った時と変わらぬ元気な姿を見せてくれたクマでしたが
散歩をしながら後脚を見ていると、その動きは以前よりぎこちなくなっており
静かに…そして確実に、歳を重ねていっていることを改めて感じました。
しかしクマは、穏やかな表情で母さんにこう話しかけているように見えました。
「あるがままを、受け容れるのですよ」

おざぶ犬

かりんを連れて実家へ到着した時、じぃじはお昼寝中。
ばぁばは、近所へお出掛け中。
勝手知ったる母さんの実家へズンズン上がるかりん
しばらく寛いでいたら、ばぁばが帰ってきました。
「お帰り~♪」と玄関でばぁばを迎えるかりんの姿は
仕事から帰った母さんを迎える感じとほぼ同レベル。
尻尾フリフリ~&お耳ペッタン~で、その嬉しさを表現。
そのうち、じぃじが目を覚ましました。
久しぶりのじぃじを見るかりん
まるで憧れの人を見るような、うっとりとした表情でした。
じぃじをペロペロしたくてたまらないかりん
あんまりペロペロされたくはないじぃじとの微妙な攻防。
傍から見ていると、可笑しいような微笑ましい光景でした。
karin_08_266.jpg
今回、かりんのお気に入りの場所となったのが座布団の上。
サッサと見つけて、サッサとその上に納まっておりました。
おざぶの色・洋服の色・かりんの色が偶然にも合わさって
まるで『抹茶あずきモナカ』のようです。
karin_08_267.jpg
母さんの実家へは今回で5回目の訪問となりましたが
スグに居心地の良い場所を見つけてリラックス~。
そして、かりんの『好き好きリスト』に
しっかりとその名を連ねている、じぃじ&ばぁばでした。

実家へお出掛け

今週末、約2ヶ月ぶりに母さんの実家へ帰ることとなりました。
電話の度に、「かりんちゃん元気?」って訊くばぁばと
かりんの大好きなニオイのする、じぃじに会えます。
karin_08_265.jpg
クマじいちゃんとも一緒に散歩することにしましょう。
またまた、ドキドキ・ワクワクの週末になりそうです♪

憂鬱ポーズ

朝…母さんがバタバタと仕事に出掛ける準備をしているのを見ながら
思いっきり憂鬱そうな格好と表情で、じぃ~っと観察しているかりん
母さんの口から、「ハウス!」という言葉が発せられれば諦めもつくけれど
それまでは、淡い期待を抱いているのかもしれません。
karin_08_264.jpg
それにしても、このポーズはかなりの憂鬱を表現しているように見えます。
遠くを見ているようなその瞳…心は別次元へ飛んでいるのかしら?

コスモス

車を走らせながら、或いは、歩きながら…。
何気なく辺りを見ると、あちこちでコスモスを見かけます。
かりんと迎える秋は3回目ですが
コスモスと一緒に写真に納まったことはありませんでした。
karin_08_263.jpg
先日出掛けた公園の花壇にコスモスが植えてありました。
どうしても、コスモスに向かって座ろうとするかりん
何とかかんとかこちらに向かせて、パチリ☆
かりんの長い長~い舌が
コスモスに負けないくらい、キレイなピンク色でした。

神社参り

休日の定番となっている港近くの公園から車で20分。
その存在を、つい最近知ることとなった神社があります。
187段の長い石段を上がったところにあるのですが
一気に上がろうとすると、かなりきつい石段です。
karin_08_262.jpg
しかし、母さんとは違って、まだまだ疲れ知らずのかりん
息つく暇なく、どんどんと軽やかに駆け上って行くので
「待って!」と、母さんは息の上がった声で呼び止めます。
karin_08_260.jpg
今日は日差しが暑く感じられましたが
木々に囲まれた神社の境内は、適度に太陽が遮られ
少しひんやりとして、清々しい空気に包まれていました。
karin_08_261.jpg
賽銭箱の前にチョコンと座り、社を見上げながら
はてさて…かりんは何をお願いしているのでしょう?

独り

毎晩、母さんとかりんは同じ部屋で寝ています。
でも、最近はハウスが置いてある隣の部屋にトコトコと行き
「今夜はココで寝ます」…と、動かないことがあります。
「本当にココで寝るの?夜中、寂しくなっちゃうよ~」
karin_08_259.jpg
母さんが寝ている部屋に、いつでも入って来られるように
寝室のドアは少しだけ開けたままで寝ていますが
夜中にやってくる気配は、一向にありません。
「独りの時間に浸りたい時もあるよねぇ」と思いながらも
実は、ちょっぴり寂しさを感じてしまう母さんでした。

ブログ2周年

今年も10月14日がやって来て、そして…ブログ2周年を迎えることができました。
「えっ、もう2年になるのか~」と、自分自身でも驚くやら感心するやら。
karin_08_257.jpg
最初の1年に比べると、かりんの成長も緩やかになり
アッと驚くような出来事も、そうそう起きなくなりました。
でも、かりんと一緒に過ごす何気ない毎日は
着実に、その深みを増しているように思います。
karin_08_258.jpg
以前の記事と、いただいたコメントを読み返す時
その時に逆戻りし、まるでそこに身を置いているかのような
胸にじんわりと湧いてくる懐かしさに浸っています。
かりんと暮らすようになってからの沢山の出逢いは
母さんにとって、かけがえのない宝物となりました。
きっとこれからも、宝物はどんどん増えていくことでしょう。

遊びましょ

昨日、青空と心地良い空気に誘われて
母さんの職場近くにある公園に出掛けました。
休日ともなると、沢山の家族連れで賑わう場所なのですが
かりんを連れて来るのは初めてでした。
other_08_19.jpg
大きな時計台のある広場では
十数羽ほどの鳩が、エサをねだるかのように
休憩している人のそばをチョコチョコ歩いておりました。
karin_08_256.jpg
そんな鳩を見つけたかりんは興味津々。
鳩を驚かせないように、少し離れた場所からの見学ですが
そばに行きたくて行きたくてたまらない様子でした。
鳩さんと一緒に遊ぶのは無理だけど
こうして見ているだけで、ワクワクしちゃうね~♪