賀春

あけましておめでとうございます!
昨年も、『親バカ街道まっしぐら~』の母さんでしたが、今年は更に磨きをかけ
かりんとの日々を楽しむ達人の域へと、足を踏み入れたいと思っております。
karin_09_01.jpg
さて、今回のお正月用の撮影会は、年明けギリギリのところで行われました。
ベッドの上でくつろいでいるところに、昨年の『迎春』にも登場した獅子頭が…。
新しいオモチャだと思ったらしく、思わず食いつきそうになりました。
karin_09_02.jpg
そんな、『オトナ・時々・お子ちゃま』なかりんでございますが
本年もどうぞよろしく、おつき合いくださいませ~♪

良いお年を

かりんを撫で撫でしながら悠長に過ごしているうちに
ついに大晦日を迎えてしまいました。
今年1年を振り返り、かりんにとっての三大ニュースは
 1 初めての一泊旅行
 2 初めての入院
 3 初めてのブログ友だちとの対面
   (颯斗くん&虹輝くんモコちゃん舞ちゃん
これらは同時に、母さんにとってのニュースでもあり
ドキドキ&ワクワク&ハラハラがあちこちに散りばめられた
今年1年の忘れられない思い出となることでしょう。
また、今年も元気で、こうしてブログを続けてこられたことに
感慨深い思いと、感謝の気持ちでいっぱいです。
karin_08_322.jpg
寄り添う小さな命の無垢な瞳を見つめながら
優しく穏やかな幸せに包まれて、年越しができそうです。
今年も、本当にありがとうございました♪

走る・走る

いい加減、大掃除に身を入れなくてはと思いつつも
青空を見ると、どうしてもかりんの散歩を口実に現実逃避してしまう母さん。
買い出しついでに、今年最後になるであろう港の近くの公園へ出掛けてきました。
karin_08_320.jpg
12月に入ってからは、毎日の定期的な散歩だけで
休日にゆっくりと公園に出掛けることもなかったためか
かりんは大はしゃぎで、芝生の上を走り回りました。
karin_08_321.jpg
家の中では、あっちでゴロゴロ、こっちでゴロゴロしているのに
外に出た途端…この変わりようです。
その勢いで、お掃除を手伝って欲しかったのになぁ~。

気づいた?

昨日、今年最後となるかりんのキレイキレイに行ってきました。
今回は、バンダナと可愛い飾りを頭につけてもらって、更に可愛さアップです。
さて、このかりんを見て「いつもと違うわね~」と、違いに気づかれた方!
そんなあなたは、素晴らしい観察眼をお持ちです。
karin_08_318.jpg
もう、おわかりでしょうか?
そうなのですっ、ヒゲをカットしてあるのです。
いつもは、オプションで桃尻カットだけをお願いしていますが
今回はトリミングにしたため、フルコースだったのです。
karin_08_319.jpg
実は、家に帰ってから、フワフワの触り心地になったかりん
「綺麗になったねぇ!スッキリしたねぇ~」と撫でながら
やっとのことで気づいた母さんだったのです。
は・は・は…ちょっとばかり情けない気がしました。

☆MERRY CHRISTMAS☆

今年で3回目となった、かりんと一緒のクリスマス。
今回初めて、クリスマス・ツリーを出してみることにしました。
karin_08_317.jpg
最初の年は、明らかに悪戯しそうな予感がしたので断念。
次の年も、何となく出しそびれてしまいました。
そして今年、ツリーに大した興味を示すこともなく平然としています。
これも…オトナになったってことかしら?
karin_08_316.jpg
かりんと母さんより、みなさまへ♪
「God bless you!」

横取り

かりんのオモチャに、ぬいぐるみの新しい仲間が加わりました。
ウサギさんとニンジンが紐で繋がっており、ニンジンには小さなポケットがあり
ここにオヤツなどを忍ばせておくことができます。
それを取り出そうと一生懸命に知恵を絞る…知育玩具です。
karin_08_314.jpg
お友達にいただいたのですが、袋から取り出した瞬間
「それ!ワタシのでしょ?」と、凄い食いつきっぷりでした。
karin_08_315.jpg
最初、ニンジンのポケットにフードを入れてみたせいか
かりんの興味はウサギさんよりもニンジンにあるようです。
ウサギさんのニンジンが、かりんに横取りされる日は
そう遠くはないかもしれません。

質問

ゴロ~ンしているかりんを撫で撫でしながら、訊いてみました。
「ねぇねぇ、かりんは誰が大好きなの?」
karin_08_310.jpg
心当たりのある…そこのあ・な・た!
かりんからの熱烈なペロペロが待っていますよ~。

椅子とり

かりんの椅子もちゃんと用意してあるのに
母さんがちょっと席を外した隙に、ちゃっかり座っています。
karin_08_309.jpg
でも、「あっち行って!」と言うと、ヒョイと自分の席に戻るので
そのやり取りを楽しんでいる母さんでした。
椅子とりは、毎日繰り広げられるゲームのひとつです。