さぁ~どうする?

時々、かりんにオヤツ(…と言ってもドライフード)を数粒あげるのですが
いつもは、「座れ」・「伏せ」・「待て」などのコマンドの復習を兼ねています。
今日は、母さんの気紛れで、ちょっとばかり趣向を変えてみました。
オヤツに小さな透明の容器を被せ、「待て」から「よし!」。
「へっ?」というような表情で、母さんの顔と目の前のオヤツを見比べてから
穴が開きそうなくらい、オヤツをじぃぃ~っと見つめています。
karin_09_76.jpg
再度、「よし!」と言ってみても、まだそのままで待っています。
挙句の果てには、小さく「アウゥ~」と声を発し、「どうすりゃいいのさ?」状態。
karin_09_77.jpg
しかし、イイ子で待っていてもダメだということが、やっとのことでわかったようで
次なる手段…前脚の一撃☆が、容器へと落とされました。
すると、ひっくり返ろうとする容器の下から、オヤツが転がり出てきました。
「お見事~!」
このまま延々と待っているかもしれない…と、思ってもいたのですが
何とかオヤツを手に入れることができました。
そして次からは、じっと待つことなく早い段階で一撃☆していました。
でも、またしばらくしたら…忘れちゃうかもね~かりん

弱っちぃ

夕方の散歩時によく出会う、かりんよりも年上のビーグルの女の子がいます。
とてもおっとりして大人しくて、あちらから積極的に近寄ってくることもないので
かりんも警戒することなく平然としています。
しかし、昨日は狭い道を歩いていたら、飼い主さんが珍しく話し掛けてこられ
そばに近づいて来られた瞬間…ビーグルに向かってかりんのガゥガゥ☆の一声。
すると、その子は「キャン!」と鳴いて飼い主さんの後ろへ隠れました。
karin_09_75.jpg
「すみませんっ」と謝りながら飼い主さんを見ると
「おまえは弱っちぃなぁ~」と、苦笑いしながら我が子に話し掛けておられました。
その子は元・猟犬だったそうで、相手に向かって行くくらいの気迫が欲しいと
そう思っておられるようでした。
かりんのほうが叱られて当然なのに、何だか逆になってしまったようで
ちょっと申し訳ない気がした、ガゥガゥ☆でした。
ガゥガゥ☆しかける方が、弱っちぃのにね。

マズルの皺

かりん♪只今、おみ足のメンテナンス中。
時々、お友だちにガゥガゥしちゃう時と、よく似た顔です。
karin_09_74.jpg
「どうか、この皺が刻み込まれませんように!」と願いながら
皺の寄ったマズルを、そっと指でなぞる母さんでした。
あっ…母さんも眉間に皺を寄せないよう気をつけなくちゃね。

母さんと一緒

往復で1時間かかる、土手のスペシャル散歩♪
今日は風もあり、最初は肌寒く感じるくらいでしたが
折り返し地点あたりからは、身体がポカポカしてきました。
karin_09_73.jpg
水辺のカモさんに気を取られているかりんと一緒にパチリ☆
雲間からお日さまの覗く、穏やかな夕方でした。

快適空間

かりんの寝場所は、ソファーの上やローテーブルの下など数ヶ所あります。
そのひとつが…バリケンの中。
ここに入る時は、誰にも邪魔されずにゆっくり眠りたいというサインでもあります。
身体をクキッと曲げて、かなり窮屈そうにも見えるのですが
この狭さと暗さが、落ち着くことのできる重要な要素なのでしょう。
karin_09_72.jpg
邪魔をしてはいけないと思いつつも、バリケンに頭を突っ込んでみる母さん。
肉球のニオイが充満していて、夢のような空間です♪

愛しい笑顔

母さんが無性に嬉しくなっちゃう時…のひとつが
散歩の時、かりんが母さんの顔を見上げてくれた瞬間。
「楽しいね~♪」
「ちょっと、疲れちゃった…」
「お腹すいたから、早く帰ろ!」
その表情から、その時々で思っていることが伝わってきます。
karin_09_71.jpg
あらま!本日は、「にんっ♪」って感じの笑顔です。
もうちょっと回り道して、お家に帰ることにしましょう。

年から年中

就寝までの夜のひととき…かりんには楽しみがあります。
寝床は2階なのですが、「そろそろ、ねんねかな?」と思いつつ
母さんが階下で用事を済ませ戻ってみると
シャキーン☆とした伏せをして何やら期待の眼差し~♪
karin_09_70.jpg
そう…かりんが待っているものは、こ・お・り!
専用の器に入れて持って来るのを、心待ちにしています。
これから、冷たいものが、より欲しくなる季節になりますが
かりんには季節は全く関係ないようです。

スペシャル・マッサージ

暇さえあれば…と言うよりも
ふと気がつくと、ついついかりんを撫でている母さん。
撫で撫では、いつしかマッサージへと変わっています。
あらゆる部分のマッサージを試みているのですが
「そこ・そこ!」というような、心地良い場所があるようです。
karin_09_68.jpg
人間で言うと『こめかみ』あたりになるのでしょうか。
耳の前あたりを、指先でちょっぴり圧をかけるように揉むと
かなり気持ち良さそうな表情をします。
karin_09_69.jpg
そして、かりんの一番のお気に入りは
上腕の筋肉を、優しく揉み解す感じのマッサージ。
ここをマッサージし始めると、目がショボショボし始めます。
本当は、母さんがマッサージして欲しいくらいなのですが
この心地良さそうな・幸せそうな表情を見ていると
自分のコリなど忘れてしまうので…不思議です。

ツレナイお方

かりんは布団の上で寝ていることはあっても、布団の中には潜り込みませんが
時々、こんなふうに母さんに悪戯をされてしまいます。
karin_09_67.jpg
でもこれは、母さんが布団の中にいないことが前提。
「チャンス!」とばかりに母さんが布団に入ると、とっとと撤収☆
たまには…ちょっとぐらいつき合ってくれてもイイじゃない?

花より…

本日の日中の最高気温26度~☆
ちょっぴり肌寒さを感じながら鑑賞するイメージのある桜ですが
それとはかなりミスマッチな暑さの中、今シーズン最後のお花見に出掛けました。
karin_09_65.jpg
あまりの暑さに、公園内の東屋でちょっと休憩。
ここ数日の暖かさで、大半の桜が満開を過ぎていましたが
風に乗ってハラハラと舞い落ちる花びらの歓迎を受けました。
karin_09_66.jpg
桜を見上げ、「わぁぁ~♪」と愛でている母さんを尻目に
かりんは、ニッコニコ顔でオヤツを愛でておりました。
やはり、食い気…ですか。