夕方の顔

今年は、母さんの好きな夕顔を植えてみました。
数日前から、毎日のように花を咲かせてくれており
夜になると、暗闇で白い花がぼぉ~っと浮かび上がります。
other_09_08.jpg
行灯仕立てにした鉢を、玄関そばに置いていますが
夕方の帰宅時には上品な芳しい香りと共に
「おかえりなさ~い!」と、涼やかな顔で出迎えてくれます。
karin_09_147.jpg
さて、かりんは…と言うと、夕顔の花をチラッと嗅いだだけで
目の前の電線でチュンチュン♪鳴いているスズメさんのほうが
気になって気になって仕方ないようです。
かりんの目を引くためには、動いてなくっちゃダメみたいです。

おっと!

散歩の時、側溝蓋の上をテケテケと軽快に歩くかりんの姿を見ながら
「上手く、側溝蓋の手掛け穴を避けて歩くなぁ~」と感心してしまう母さん。
母さんは時々、靴の踵を引っ掛けてしまうことがあるのに…。
karin_09_146.jpg
な~んて思っていたら、見ましたぞ・見ましたぞ~っ!
後足が、手掛け穴にハマリそうになった瞬間☆でした。

ニオイ吸着

焼肉をした日、カレーを作った日、揚げ物をした日。
そのニオイの影響を一番受けるのは…かりんの頭頂部の毛。
全くニオイのしない別の場所へと移動しても
頭の毛にはニオイがしっかりと・しつこく吸着しています。
karin_09_145.jpg
人間の毛髪は、ニオイを吸収しやすい性質を持っていますが
犬の毛も、思いっきりニオイを吸ってしまうようです。
かりんのモッサモサな毛&母さんの長い髪♪
我が家では、ダブルでニオイを吸着しております~。

続・変わる風景

以前は、一方が田んぼだったかりんの散歩コースも
昨年の春から住宅造成が始まると同時に変わる風景となり
あれから1年少し経ち、すっかり様子が変わりました。
karin_09_143.jpg
2年前の今頃は、青々とした稲が風になびく様が見られましたが
今では、あたり一面ゴロ土で覆われています。
そして、かりんが食べそうになる道端の草も、姿を消そうとしています。
karin_09_144.jpg
変わり行く風景も、ひとつの時の流れとして受け容れなくてはならないのでしょうが
人工物に覆われてしまうのも、やはり…ちょっぴり寂しい気がします。
慣れ親しんだこの場所が、これからどんな風景に変化していくのか
毎日の散歩がてら、かりんと見守っていきたいと思います。

爪カリカリ

いつものように、母さんがパソコンに向かっていたら
背後で、カリッ・カリカリッ★と、音がするではありませんか。
「ん~?」と思って振り返って見ると
かりんが前足の親指の爪を齧っている音と判明しました。
karin_09_141.jpg
かりんには爪を齧るクセ(?)があるのですが
特にこの爪は、位置的にとっても気になるようで
時折…「もうやめなさい!」と言いたくなるくらい引っ張っています。
karin_09_142.jpg
以前は鋭く尖っていたこの爪も、ヒマさえあれば熱心にカリカリしているせいか
適度にヤスリを入れたみたいに、先が丸みを帯びています。
「コレは、取れないのよ」と指差す先を、キョトンとした顔で見つめるかりんでした。

待つ犬

前日の大雨も一段落したようなので
昨日は、お休みになるとよく出掛ける港の近くの公園へ。
人けもないので、ロングリードにして遊ばせていたら
少し離れたところに犬の姿が見えました。
しかし、飼い主さんの姿は見えず、首輪もリードもありません。
karin_09_138.jpg
母さんが頭を捻っているうちに、かりんとその犬が接近☆
「げげっ!ガゥガゥしちゃう~」と焦る母さんを尻目に
追いかけごっこをして楽しそうに遊び始めました。
karin_09_139.jpg
接近しても、かりんがガゥガゥすることなく遊べる相手は滅多にいません。
しばらくの間、2匹は目が回るくらいあっちこっちへと走り回っておりました。
karin_09_140.jpg
そんな2匹の姿を見ながら、ふと、そばに置かれていた器に目が留まった母さん。
その器の下には紙が挟んであり
『迎えに来るので、連れて行かないで。』…そんな内容が書かれていました。
「どうして首輪をしていないのかな?」
「係留しておかなくても、ちゃんとココで待っていられるのかな?」
「本当に…迎えに来てくれるのかな?」
母さんの頭の中は、疑問符のオンパレードになったのですが
「迎えに来る」と書いてあるからには、勝手に連れ帰ることもできません。
かりんと、まだ遊びたそうにしている無邪気な姿に後ろ髪を引かれつつ
早く迎えに来てくださることを祈りながら、公園を後にしました。

雨の一日

今日は、朝一番でかりんを美容院へ連れて行ってキレイ・キレイしてもらい
家へと向かう頃から、ポツポツと雨が降り始めました。
そして、雨足が酷くなり…午後からはザーザー降りの大雨となってしまいました。
土砂降りの雨の音を聞きながら、何だか急に眠気が襲ってきた母さんは
ベッドに入り、思いっきり熟睡してしまいました。
karin_09_137.jpg
「ふわぁ~、よく寝た!」と起き上がると、まるで母さんの真似をするかのように
かりんも大きく大きく伸びをして、ゆっくりと起きてきました。
どうやら、かりんも母さんと同じくしっかりと眠っていたみたいです。
私たち…『シンクロナイズド睡眠グ♪』…してたのねっ。

じぃじ&かりん

今回、母さんの実家に着いた時、じぃじは…うたた寝中。
「来たよ~!」と興奮気味に乱入するかりんを見ながら
母さんは面白半分で放置したのですが
案の定、かりんは尻尾をフリフリで、じぃじの顔をペロリン。
寝ぼけ眼のじぃじは、今ひとつ状況がわからないまま
かりんが舐めた辺りを、しきりに手で拭っておりました。
そんな、じぃじを見ながら、思わず吹き出しそうになった母さん。
karin_09_136.jpg
じぃじは数年前から病気を患っており
自分の思うように、手を自由に動かすことができません。
それでも、非常にぎこちない動きではありますが
そぉ~っとかりんを撫でようとしてくれます。
その少々怪しげな動きに、ちょっぴり警戒しながらも
かりんは大人しく座って、されるがままになっています。

決して犬好きというわけでもない(むしろ苦手な)じぃじと
何故か、じぃじに魅了されるかりん
この組み合わせが、不思議でたまらない母さんです。

金魚さん

母さんの実家での散歩から帰ると、まず…庭にある池をチェックするかりん
この小さな池には、和金と呼ばれる金魚が数匹います。
karin_09_134.jpg
人影が見えると、エサをねだりに水面近くにやって来て口をパクパクするのですが
かりんが近寄っても、エサがもらえると勘違いしているようです。
karin_09_135.jpg
いつも、ご飯をもらうばかりのかりんですが、たまにはご飯…あげてみる?

鼻水

片道2時間ちょっと掛かる、母さんの実家へのドライブ。
かりんと一緒に帰省し始めた頃は、外を眺めながらテンションも高めでしたが
そうすると、後から疲労がドド~ンとやって来るようで…。
最近は、それを学習したのか、母さんの実家に帰る時の車中では
テンションをかなり抑え気味にして、自身で調節しているようにも見えます。
karin_09_133.jpg
ふと見ると、時間経過と共に鼻水が一滴たら~り。
時折、シュン☆と鼻を鳴らしながら鼻水を辺りに飛ばし、また眠りにつくかりん
お疲れさんね…。