ハロウィン

10月に入ったあたりから、街のあちこちで
ハロウィンの飾りが目に入ってくるようになりました。
今年は初めて、かりんもハロウィンの仮装に挑戦です。
karin_09_217.jpg
100均で、あれやこれやと材料を物色した母さんですが
結局…画用紙で帽子を作り、ギフト袋でマントを作りました。
karin_09_218.jpg
かりんの、あまりのお似合いっぷりが可笑しくて
シャッターを切る母さんの手は、プルプル震えてなりませんでした。

伝わる嬉しさ

母さんの椅子にチョコンと座っているのを見て、一言。
「母さんが座るから、そっちへ行ってくれない?」
おもむろに、椅子から下りるか、別の椅子へと移動~。
もらった氷をくわえて、2階へ上がろうとするのを見て、一言。
「2階はダメよ!ココで食べなさい」
ハタと立ち止まり、渋々と1階のリビングでカリコリ~。
夕方近く、散歩をせがみにやって来たのを見て、一言。
「今忙しいから、散歩はもうちょっと待ちなさい」
諦めた様子で、もうひと寝入り~。
最初は、「ダメ!」「待って!」などといった簡潔な言葉を使い
こちらの意思を伝えるようにしていましたが
いつしか、人に話し掛けるような言葉へと変わっていきました。
何故なら…これでもしっかり通じるようになったからです。
karin_09_216.jpg
かりんは、その時の状況、母さんの表情と口調や仕草。
それに加え、発せられる単語を拾い、判断しているようです。
まるで、人間相手に喋っているかのような自然な話し言葉に
時折ふと、自分でも可笑しくなってしまいます。
こちらの意思が伝わり、そして反応が返って来る…。
「伝わる」という嬉しさを実感する、毎日の出来事です。

落しモノ

一昨日…しばらくぶりに出掛けた公園での散歩から帰り
かりんを降ろし、途中で買い物した荷物を降ろし
玄関にて、まったりと過ごした後のことです。
ふと、いつもあるはずのモノがないことに気づいた母さん。
それは…かりんのマナーポーチ。
車の中をくまなく探してみても、どこにも見当たりません。
母さんの頼りない記憶を辿ってみたところ
最後にマナーポーチの存在を意識したのは
公園での散歩を終えて、駐車場へと向かっている時でした。
「たぶん、あの公園で落としちゃったんだ!」
気になりながらも、これからまた出掛けるわけにもいかず…。
焦る気持ちを抑えながら、翌日…再び公園へと向かいました。
期待と希望を抱きながら駐車場へ入りましたが
ざっと見渡しても、それらしきモノはありません。
ガックリしながらも、公園の中へと向かう母さんの目の前に
パッ☆と飛び込んできたモノがありました。
other_09_10.jpg
公園内の樹木の、目立つ場所に引っ掛けられたコレ!
母さんの顔が一気に明るくなったのは、言うまでもありません。
ウォーキング、または犬の散歩で通りかかられた方が
落ちているのに気づき、掛けてくださったのでしょう。
「ありがとうございます!」と、心の中で何度も繰り返しながら
そっと…樹の枝から外しました。
karin_09_215.jpg
散歩の時、マナーポーチはいつもかりんと一緒です。
「独りぼっちにさせて、ごめんね」と謝りながら、みんなで帰途につきました。

玄関にて

今日は、朝一番で美容院に行ってエステ(シャンプー)&お尻カットをしてもらい
その足で、しばらくぶりの公園へ散歩に出掛けてきました。
日差しも柔らかく、散歩するには丁度良いくらいのお天気でした。
karin_09_213.jpg
ついでに、買い物も済ませて帰宅したのですが
まだ、外の空気を味わっていたいのか
かりんはグズグズして家の中に入りたがりません。
そこで、一緒に玄関前に座って
お日さまを浴びながら、まったりすることにしました。
karin_09_214.jpg
お日さまに輝く、ふわふわの毛になったかりんを見ていると
母さんの顔は緩みっぱなしです。

出入り自由

室内で、愛犬との暮らしを楽しんでおられるご家庭の中で
『☆キッチンは立入禁止☆』
そう決めておられるご家庭は少なくないと思います。
そして我が家も、そうなるはず…でした。
karin_09_211.jpg
しかし、気がつけば…『キッチン出入り自由!』
調理台の前に立つ母さんの足元を、ウロウロするかりん
キッチンにいる間中、張りついているわけではありませんが
冷蔵庫からお肉を出す、フライパンで炒め始める、などなど
ポイント・ポイントで、様子を見にやって来ます。
karin_09_212.jpg
そして、あまりの誘惑に耐え切れなくなると
一生懸命に背伸びをして、調理台を覗き込もうと必死です。
残念!かりんの口が届くところには何もありません。
しばらくウロウロすると満足するようで
少し離れた場所から見ていたり、寝転がっていたり。
今では、そんな毎日がごく当たり前のようになってしまい
キッチンにいても、かりんが足元でウロウロしていないと
何となく物足りない気分になってしまう母さんです。

クシュッな寝姿

リラックスしたデロ~ンな寝姿を見せてくれたと思ったら
夕べは打って変わって、「小さく・小さく・小さくなぁ~れ」状態の寝姿。
karin_09_210.jpg
かりんが後足を枕にして寝ている姿は、時々目にすることがありましたが
こうして顔の前にあるのは珍しい気がします。
伸びきっていても、縮こまっていても…柔らかい身体だこと。

デロ~ンな寝姿

カドラーの縁から、頭がカクンと落っこちそうになりながら
また、ソファーからずり落ちそうになりながらも、熟睡しているブログのお友だち。
今までのかりんは、こんな格好で寝ることがあまりなかったので
この「うふふ~♪」な寝姿を、新鮮な気持ちで拝見しておりました。
karin_09_209.jpg
しかし最近、クッションからデロ~ンとはみ出している寝姿が見られるように。
最初はクッションの上で、ちんまりと丸まっているのですが
そのうちリラックスしてきて、「うぅ~ん」と伸びをした結果…こうなったみたい。
見ている母さんは、頭に血が上りそうで、何だか腰も痛くなりそうな気がしますが
かりんにとっては、今一番☆落ち着ける格好なのでしょうね。

冬用座布団

ついこの前、夏用座布団を買ったと思ったのに
店頭には暖かそうな素材の座布団やらクッションが並ぶようになりました。
その、ベルベットのような滑らか~な肌触りにうっとりしながら
母さんの頭の中には、この上でくつろぐかりんの姿がポワワ~ン♪
気がつくと、また…新たなるかりん専用グッズを入手しておりました。
karin_09_207.jpg
その長座布団を車から降ろし、とりあえず玄関のフローリングの上に置いたところ
「コレはワタシのモノ!」だと、以前から決まりきっているかのように
ごくごく自然に、「よっこらしょ~」と伏せてしまいました。
karin_09_208.jpg
今は夏用座布団と入れ替え、お気に入りソファーの上に敷いてあるのですが
身体中で心地良さを味わっているようで、至福の表情で眠っております。
「気に入ってくれて良かった!」…母さんが心から思う瞬間です。

ブログ3周年

かりんと暮らすようになってから、4回目の10月14日が巡ってきました。
そう、このブログを始めてから丸3年が経ちました。
「1年前の今頃…どんなことがあったっけ?」と、ブログを読み返していると
ついつい読み進んでしまい、思いがけず時間が過ぎていたり…。
でも、これは、続けていることの楽しみのひとつでもあったりします。
また、沢山のお友だちとの出逢いという宝物も、どんどん増えています。
karin_09_206.jpg
以前のような悪戯もなくなり、「ネタがない…」とボヤきがちになっている母さんを
「それって、幸せなことですよ!」とでも言いたげに見つめているかりん
これからも、母さんペースでゆるりと続けていけたらと思っています。

とんだりはねたり

この度の帰省は、素晴らしいお天気に恵まれました。
ちょっと足を延ばせば、かりんが大喜びする公園があるのに
ここのところ、出掛ける機会を逃していたので
今回は時間を作って、公園へと出掛けてきました。
karin_09_204.jpg
広々とした原っぱを目の前にして、興奮気味のかりん
身体をグーンと伸ばして、バッタさんをパクッ☆としてみたり
karin_09_205.jpg
ジャンプ・ジャンプで追い掛けながら、草の上でのハンティングを堪能し
実家でイイ子で過ごしてくれるかりんへの、何よりのご褒美となったようです。
さて、私たちが帰省した前日から、介護ベッドを使用することになったじぃじ。
畳の上で、気持ち良さそうにうたた寝しているじぃじの顔を
尻尾フリフリのかりんが嬉しそうにペロペロしようとする、あの微笑ましい光景も
残念ながら見られなくなってしまいました。
でも、そっと手を差し出すじぃじと、その手を舐めようとするかりんの姿を見て
母さんの心の中も…ちょっと穏やかになりました。