タッチ交代?

2週間ばかり前、新しいカーペットに交換したばかりの母さんの部屋。
気持ち良さそうに行き倒れているかりんから、突如としてタッチ!
「ふむふむ、今度は母さんがゴロ~ンして休憩する番なのね~♪」と
ありがたくゴロ~ンしようとしたら、「そうじゃないの!」…とばかりにカリカリ。
karin_10_134.jpg
正しい解釈は、「撫でてたもれ~」だそうです。
わかっちゃいたけど、思いっきり惚けてみた母さんなのですが
やはり、次の瞬間にはかりんの要求に応えているのでした。
本当は、母さんもかりんに撫でて欲しいけど…なぁ。

雨の止み間

2週間前、公園の紫陽花は、まだ色づいていませんでした。
例年なら、青や紫の紫陽花があちこちで見られるのですが
今年はちょっぴり遅いような気がしたりして…。
karin_10_132.jpg
咲いているうちに、だんだんと色が変化していく紫陽花は
母さんの好きな花のひとつでもあります。
karin_10_133.jpg
先日、公園へ再び足を運んでみたら、見事に咲いていました。
「紫陽花には雨が似合うよね~♪」と、かりんに話しかけながら
梅雨の雨の止み間の散歩を楽しみました。

幸せの重さ

身体を撫で撫でされるのが大好きなかりんですが、顔周りも気持ちイイ~♪
マズルの上・おでこの辺り・耳の後ろを撫でていたら、ゴロ~ンしちゃいました。
karin_10_131.jpg
母さんの掌にかかる重さは、『幸せの重さ』以外の何ものでもありません。
かりん…今日も幸せをありがとう!

ゴルゴかーりぃーん

かりんは、他の犬に自分のお尻を嗅がれるのが大嫌い。
犬同士の挨拶でもあるのに、断固として拒みます。
「イヤ!」とばかりに座り込むのはまだ良いのですが
気に入らないと、ガゥッ☆と一喝してしまいます。
karin_10_130.jpg
だから、チビっ子たちと一緒に散歩する時も
後ろからついてこられると、気になって仕方ありません。
「ワタシの後ろに…立つな!」
まるで、誰かさんみたいです。

自己満足

かりんアクロバチック毎日の一瞬芸
この度、後方からの撮影に成功しました。
母さんがシャッターを押した次の瞬間には、この体勢は崩れ
片足を上げての用足しスタイルになります。
タイミングが良ければ、高い位置にマーキングできますが
確率的には決して高くありません。
karin_10_129.jpg
実際に、「高い位置にマーキングできたかどうか?」よりも
この動作をすることで、かりんは満足しているのかも。
「今日は、昨日より高く上がりましたよ~!」って。

目線

いつも、かりんを見下ろしてばかりの母さん。
たまには逆になってみようと、ソファーの上にいるかりん
寝転がりながら見上げてみました。
すると、いつもと違う母さんの位置に落ち着かない様子で
何となく顔を合わせようとしてくれません。
また、寝転がっているかりんの視線の高さに合わせてみても
これまた顔を背けてしまい、こちらを見てくれません。
karin_10_128.jpg
かりんにとっての母さんは、「いつも上から見守っている」
そんな存在でなくてはならないのかもしれません。
でも…たまには同じ目線になりたい母さんでもありました。

ゆっくり・ゆっくり

これから夏にかけて、ベランダで過ごす時間が多くなってくるかりん
お気に入りのポイントに身を置き、じ~っと外を眺める横顔。
その表情は、とても穏やかで落ち着いていて、つい…見惚れてしまいます。
karin_10_127.jpg
毎日を、あるがままの自然な姿で、ゆったりと過ごしているかりん
「どうか、かりんとの時の流れがゆっくり・ゆっくりでありますように!」
ひとつ歳を重ねた母さんは…そう思うのでした。

大きくなりました!

昨年の終わり頃、ご近所のお家に迎えてもらった
キュートなチビっ子たち、クロちゃん&キューちゃん。
あれから半年近くが過ぎ、身体もずいぶん大きくなりました。
friend_10_01.jpg
ほぼ真っ黒で小熊みたいだったクロちゃんは
黒柴っぽい色合いになり、かりんよりもがっしりしています。
friend_10_02.jpg
キューちゃんは、色合いに大きな変化はないものの
脚が長くなってバランスの良い身体つきになってきました。
karin_10_126.jpg
タイミングが合うと、一緒に散歩することもあるのですが
かりんの後を、「待って~♪」と無邪気に追いかけて来る2匹に
「どうしてついて来るのよ!」とばかりに、ガゥッ☆と一蹴してしまいます。
毎日のように顔を合わせているので、すっかり仲良し…と言いたいところなのに
一定の距離を保ったまま、シラッとした表情のかりんです。
その代わり、母さんがひとしきり撫でまわして親睦を図っております。

チュンチュン♪

1年を通して賑やかに鳴いているスズメたちですが
毎年5月から6月にかけて、その賑やかさも更にアップ。
嘴の黄色いヒナたちが親スズメに餌をねだる可愛い鳴き声が
あちこちで聴こえてきます。
この時期には、こんなことあんなことのあったかりん
スズメさんへの想いは一入なのか、外からの鳴き声を耳にして
一生懸命背伸びをして覗いておりました。
karin_10_125.jpg
そんな姿を、「脚…短っ!」と思いながら見ている母さん。
本日も、何事もなく平和な一日でした。

リセット完了

療法食を食べ始めてから約1ヶ月が経過しました。
尿検査の結果、PH値は正常範囲内に戻っており、とりあえずホッと一息です。
正常値を保つためには、このまま続けたほうが良いかもしれないのですが
このフードはカロリーが高いため、別の問題も生じてきそうです。
結局、今までのライト・タイプのフードに戻し、様子をみることになりました。
karin_10_124.jpg
かりんは療法食を非常に喜んで食べてくれていたので
元のフードに戻した途端、「食べなくなるかもしれない」という不安を抱きつつ
恐る恐る元のフードを差し出したのですが、全くの杞憂に終わりました。
再び変わったフードに、「あれれ?」と思ったのか・思わなかったのか?
母さんが見る限りでは何の変わりもなく、また、躊躇なく食べておりました。
カリポリカリポリ…軽快な音をたてながら~。
文句も言わず食べてくれるので、母さんは大助かりです。