公園の散歩道

夏の間、あまりの暑さに出掛ける気になれず
ちょっとご無沙汰していたスペシャル散歩コースのひとつ。
かりんの好きな運動公園へと車を走らせました。
karin_10_200.jpg
野球場や陸上競技場をぐるりと囲むように作られた道沿いに
ほぼ等間隔で植えられている樹木を
かりんがいちいちクンクンするので、なかなか前に進みません。
公園内の樹木は、まだまだ緑鮮やかでしたが
秋も深まってくれば、色彩もガラリと変わることでしょう。
karin_10_201.jpg
ふと…何処かへ視線を向けるかりん
かりんにしか見つけられない、小さな秋を見つけたのかな?

ひとりネムネム

寒くなってまいりましたね~、みなさん。
ちょっと前まで、床にゴロ~ンしていたワタシですが
最近、家の中のフカフカやモフモフを渡り歩いています。
母さんが寝ていない時の、母さんの羽毛布団の上
新しいベッド…そして『いちごミルク
この上で、だんだん眠りに誘われていく感じがたまりません。
karin_10_199.jpg
母さんは、「かりん!一緒に寝よ」と、しつこく誘ってきますが
いくら母さんの頼みでも、聞くことはできません。
だって、ワタシは立派なオトナだもの。
母さんったら…お子ちゃまなんだから~。

クンクン捜査

「クンクン捜査ならワタシに任せて!」
今日も今日とて、クンクンに余念のないかりん捜査官。
karin_10_196.jpg
特に力を入れて捜査するのが…溝です。
溝蓋の上からクンクン、横からクンクン、入り込んでクンクン。
karin_10_197.jpg
リードがなければ、潜り込んで行ってしまいそうな勢いです。
karin_10_198.jpg
ここは、田畑や山と隣接している静かな公園なので
夜な夜な、タヌキなどが出没しているのかもしれません。
「捜査終了!」の合図と共に、渋々溝から上がったものの
その目は、名残惜しそうに溝を見つめておりました。
クンクン捜査は、かりんにとってワクワクするお仕事のようです。

震える手で…

この夏の暑さのせいか、食が細くなっているじぃじは
普段、ベッドでまどろみながら過ごす時間がほとんどのようです。
しかし、母さんたちが帰ってきたことが良い刺激になったのか
今回は起き上がっている時間が増え、一緒にお茶を飲む元気も出たみたい。
karin_10_195.jpg
持病のため、手の震えがあるじぃじは、かりんを上手く撫でることができません。
それでも、激しく震える手で、そっと撫でようとしてくれます。
震えるじぃじの手は、かりんには決して心地良いものではないと思うのですが
嫌がりもせず、逃げもせず…じぃじの横にじっと伏せておりました。
「イイ子・イイ子」してくれようとしている、じぃじのその気持ちは
かりんにはしっかりと伝わっていたのかもしれません。

待っててね

夏の暑さで、ちょっとパワーダウンしているらしいじぃじと
じぃじの介助で、これまたパワーダウンしているばぁばに
母さんとかりんの元気を注入しに行ってきま~す!
karin_10_194.jpg
じぃじ、ばぁば♪待っててねっ。

呆然

初めての夏、近年にない猛暑の洗礼を受けたにも係わらず
ご近所のチビっ子たちは元気な姿を見せてくれています。
friend_10_03.jpg
そんなクロちゃん&キューちゃんにもすっかり慣れたかりん
…と言いたいところですが、いつも微妙な距離を保っています。
それでも、何かの勢いで知らず知らずのうちに近づき過ぎて
ひとりで勝手にビックリ☆したりしています。
karin_10_193.jpg
さて…。
散歩からの帰り道、クロちゃん&キューちゃんの飼い主さんに用事があったので
家の外から声を掛けて、クロちゃんのそばに立って待っていた母さん。
ふと足元を見ると、片足を上げているクロちゃんの姿が目に入りました。
「んっ???」
一呼吸置いてから、それが何を意味しているのかわかった頃には、時既に遅し。
母さんの左足のスネあたりに、湿った生温かい感触がじんわりと~。
クロちゃんにマーキングされてしまった母さん、呆然と立ち尽くしておりました。
電信柱と間違われてしまったのかしら?
それとも…お気に入りのしるし?

見てるだけ

ペコッと横に倒れた耳&こっちを向いている真ん丸頭は、母さんの萌えポイント♪
ついつい、かりんの顔の前に顔を近づけ、ベッドの縁にそっと頭をのせて
その密着感と、ベッドの中から立ち上る芳ばしいニオイを満喫しちゃいます。
karin_10_192.jpg
しかし、かりんは鬱陶しそうに、そそくさとベッドから出て行ってしまいます。
「今日は、見てるだけにしよう」と思うのに、なかなかそれができない母さんでした。

テリトリー巡視

ここ数日前から、朝夕は少しずつ過ごしやすくなっています。
散歩中、別犬のように重たくなっていたかりんの足取りも
ほぼ元通りの軽快さを取り戻しつつあります。
karin_10_190.jpg
道路を挟んだ少し向こうに、子供連れのお母さんを発見。
遠目には、小さなお子さんは人間として認識していないのか
まるで、犬を連れている人を見るような面持ちのかりんです。
karin_10_191.jpg
「なぁ~んだ、チビっ子かぁ」
見かけない犬連れだと思っていたかりんは、ホッとひと安心です。
かりんのテリトリー内は、今日も平和です。

照れ笑い

あっという間に、すっかりかりんの落ち着く場所のひとつとなった新しいベッド
ハリもあるけれど適度な柔らかさもある、縁の部分がお気に入りらしく
この中でひっくり返っては、クネクネ・モゴモゴしております。
karin_10_188.jpg
この姿を目撃すると、静かにカメラを構え…こっそりカメラに収める母さん。
でも、だんだんと近寄って撮りたくなり、結局はかりんにバレてしまいます。
karin_10_189.jpg
密かに写真を撮っていた母さんと、独りでひっくり返って遊んでいたかりん
目が合った瞬間☆お互いに、「あっ!」…そして、「デヘヘ~」と照れ笑いです。

お願い中

あのね、「こうなったらいいなぁ~♪」って思うことを
一生懸命にお願いしたら、いつか本当になるんだって。
karin_10_186.jpg
だからね、う~んとう~んとお願いしたの。
「ワタシのオヤツ、いっぱいになりますように!」って。
karin_10_187.jpg
ついでに、すごいハンドパワー☆もおくっておいたから
これできっと、だいじょうぶだよね~。
オヤツいっぱいになるのは明日かな?明後日かな?
容器から、難なくオヤツを取り出せるようになったかりん
現在、オヤツの増殖に向けて心血を注いでおります。