呆然

初めての夏、近年にない猛暑の洗礼を受けたにも係わらず
ご近所のチビっ子たちは元気な姿を見せてくれています。
friend_10_03.jpg
そんなクロちゃん&キューちゃんにもすっかり慣れたかりん
…と言いたいところですが、いつも微妙な距離を保っています。
それでも、何かの勢いで知らず知らずのうちに近づき過ぎて
ひとりで勝手にビックリ☆したりしています。
karin_10_193.jpg
さて…。
散歩からの帰り道、クロちゃん&キューちゃんの飼い主さんに用事があったので
家の外から声を掛けて、クロちゃんのそばに立って待っていた母さん。
ふと足元を見ると、片足を上げているクロちゃんの姿が目に入りました。
「んっ???」
一呼吸置いてから、それが何を意味しているのかわかった頃には、時既に遅し。
母さんの左足のスネあたりに、湿った生温かい感触がじんわりと~。
クロちゃんにマーキングされてしまった母さん、呆然と立ち尽くしておりました。
電信柱と間違われてしまったのかしら?
それとも…お気に入りのしるし?

見てるだけ

ペコッと横に倒れた耳&こっちを向いている真ん丸頭は、母さんの萌えポイント♪
ついつい、かりんの顔の前に顔を近づけ、ベッドの縁にそっと頭をのせて
その密着感と、ベッドの中から立ち上る芳ばしいニオイを満喫しちゃいます。
karin_10_192.jpg
しかし、かりんは鬱陶しそうに、そそくさとベッドから出て行ってしまいます。
「今日は、見てるだけにしよう」と思うのに、なかなかそれができない母さんでした。

テリトリー巡視

ここ数日前から、朝夕は少しずつ過ごしやすくなっています。
散歩中、別犬のように重たくなっていたかりんの足取りも
ほぼ元通りの軽快さを取り戻しつつあります。
karin_10_190.jpg
道路を挟んだ少し向こうに、子供連れのお母さんを発見。
遠目には、小さなお子さんは人間として認識していないのか
まるで、犬を連れている人を見るような面持ちのかりんです。
karin_10_191.jpg
「なぁ~んだ、チビっ子かぁ」
見かけない犬連れだと思っていたかりんは、ホッとひと安心です。
かりんのテリトリー内は、今日も平和です。

照れ笑い

あっという間に、すっかりかりんの落ち着く場所のひとつとなった新しいベッド
ハリもあるけれど適度な柔らかさもある、縁の部分がお気に入りらしく
この中でひっくり返っては、クネクネ・モゴモゴしております。
karin_10_188.jpg
この姿を目撃すると、静かにカメラを構え…こっそりカメラに収める母さん。
でも、だんだんと近寄って撮りたくなり、結局はかりんにバレてしまいます。
karin_10_189.jpg
密かに写真を撮っていた母さんと、独りでひっくり返って遊んでいたかりん
目が合った瞬間☆お互いに、「あっ!」…そして、「デヘヘ~」と照れ笑いです。

お願い中

あのね、「こうなったらいいなぁ~♪」って思うことを
一生懸命にお願いしたら、いつか本当になるんだって。
karin_10_186.jpg
だからね、う~んとう~んとお願いしたの。
「ワタシのオヤツ、いっぱいになりますように!」って。
karin_10_187.jpg
ついでに、すごいハンドパワー☆もおくっておいたから
これできっと、だいじょうぶだよね~。
オヤツいっぱいになるのは明日かな?明後日かな?
容器から、難なくオヤツを取り出せるようになったかりん
現在、オヤツの増殖に向けて心血を注いでおります。