犬饅頭

今日もまた、ローテーブルの上に美味しそうな犬饅頭がのっかっています。
ついつい、パクッと食べてしまいたくなるのですが
あまりにも幸せそうなので、しばらくこうして眺めていることにしましょう。
karin_10_238.jpg
きっと…眺めている母さんも同じ顔になっているに違いありません。
ふぁぁ~、何だか眠たくなってきましたぞ。

赤いお客さま

散歩から帰って来ても、家の中に入ろうとしないかりん
玄関前の段々に座って周囲を観察するのが、お好みです。
karin_10_237.jpg
我が家の周囲で、何か変わったことが起きていないかどうか
じっくりと・まったりと、確かめたいとのことです。
karin_10_236.jpg
んっ!今日は、珍しいお客さまが立ち寄ってくださったようです。
秋もそろそろ…終わりですね。

眩しぃ~

優しいお日さまの光を浴びながら、目をショボショボさせているかりん
いつもとは、ちょっと違った表情を見せてくれました。
karin_10_235.jpg
母さんの実家でのひとコマです。

お魚さん

母さんの実家では、我が家にはない妙なモノを見つけて
かりんが大興奮することがあります。
karin_10_233.jpg
今回も見つけちゃったみたいです!魚の形のスポンジ。
karin_10_234.jpg
サッサと応接のソファーに運び吟味していましたが、お気に召した様子。
母さんと引っ張りっこしたり、投げてはキャッチ☆して遊んでおりました。
そんな光景を見ていたばぁばが、「そんなに好きなら…」と
引き出しの中をガサゴソしながら、新品の色違いをかりんにくれました。
ばぁばからのプレゼント♪解禁日はクリスマスかしら~。

ポカポカ

今回、母さんの実家への帰省は素晴らしいお天気に恵まれました。
じぃじが寝ている部屋の前の縁側はポカポカと暖かく、サンルームのようです。
karin_10_231.jpg
置いてあった座布団の上にちゃっかり座り込み、日向ぼっこをしているかりん
「あらまぁ!かりんちゃん気持ちイイのね~」と笑いながら声を掛けるばぁばと
黙って静かに見つめている…じぃじ。
karin_10_232.jpg
何とも穏やかで、心地良い、幸せなひとときを過ごしたのでした。

うふっ♪

この週末は、じぃじとばぁばの顔を見に実家へ向かいます。
お天気も良さそうだし、途中でお気に入りの公園に寄って
いつもと違うお散歩を楽しみましょう。
karin_10_230.jpg
想像しただけで、かりんの顔はこんな感じ~。
うふっ♪待ちきれないみたいです。

どうかこのまま…

母さんたちのバッフバフな羽毛布団に埋もれて
こんなふうに眠る、かりんの姿が見られるようになりました。
時折、寝返りをうつかのようにクシュッと丸まったりする姿に
母さんの顔は、デレ~っと緩みっぱなしです。
karin_10_229.jpg
日中はそれほどではないものの、朝晩は寒くなってきました。
かりんの寝場所と寝姿に、改めて寒さを感じるのでした。
しかし…母さんが布団に入ると、サッサと移動を始めます。
「ねぇ、ゆっくりしていってよ~」と
訳のわからないことを口走ってしまう、母さんでした。

潮の香り

この春、ふれあい山歩きを楽しんだ丘の上の公園。
今度は「秋を味わおう!」と、かりんと共に再び出掛けました。
other_10_15.jpg
所どころ紅葉してはいるものの、彩りは今ひとつ。
しかし、黄砂の影響で彩度が落ち、水面と空との境目が曖昧になった景色の中
滑るように行き交う船を眺めながら、不思議な感覚に浸ることができました。
karin_10_227.jpg
公園でお弁当を食べた後、漁船が係留してある小さな港を散策。
流石のかりんも、いつもの水辺とは違うと感じるらしく
潮の香りを浴びながら、遠慮がちに歩いておりました。
karin_10_228.jpg
帰る途中、フェリーが入港するところに遭遇しました。
ゆっくり・ゆっくり近づいてくる大きな物体
かりんの目には、どんなふうに映ったのでしょう。

待つ…

車中の温度の上昇を心配しなくてもよくなる、この季節は
かりんを連れて出掛ける機会が多くなります。
母さんが用事を済ませる間、後部座席で待っていますが
待ち時間が長くなると、丸まって眠っていることもあります。
karin_10_226.jpg
用事を終えて車に向かう母さんの目に
「まだかなぁ?」という表情で、座って待っているかりんの姿。
駆け寄りたい衝動を抑え、その健気な姿を見つめる母さんです。

交代

散歩中に、ガロくんの姿を見つけて小走りに近寄っていくかりん
お互いに鼻をつき合わせ、神妙な面持ちで何やら話している様子。
karin_10_225.jpg
「町内、異常なかったよ。次、よろしくねっ!」
かりんと入れ違いに、これから散歩に出掛けるガロくんに、見回りのバトンタッチ?
もしかすると、我が町内の安全は、こうして守られているのかもしれません。