増量…そして減量

昨年、年間を通して体重の変化がほとんどなかったこともあり
今年に入ってからは、かりんの体重測定をサボりがちでした。
先日、2ヶ月ぶりに量ってみたら…増量しておりました。
karin_11_53.jpg
8.2~8.3kgで安定していた体重が、8.5kgに。
自分の体重管理は棚に上げて、母さんちょっとだけ焦り気味。
かりんのゴハン、気持ち少なめ…になるかも~。

ホイホイ事件

先週末、母さんの実家へ帰った時の出来事でございます。
夜、リビングでTVを観ながらくつろいでいた母さんの視界の一部に
部屋の隅を、意を決したようにササーッと横切る、ある物体が映りました。
一瞬の出来事でしたが、それが何なのか母さんにはわかりました。
黒いテカテカのアイツ?見ただけで背中がゾゾッとしちゃうアイツ?
いえいえ、それは小さな小さなネズミさんでした。
少し前に用意していた『ねずみホイホイ』を、ネズミさんが通過した場所に置き
再びTVを観ようとしたら、別室で眠っていたかりんが登場。
クンクンのプロ(?)は、ネズミさんが通過した辺りを見逃しませんでした。
『ねずみホイホイ』の近くまでやって来て、不審げな面持ちで執拗にクンクン。
karin_11_52.jpg
すると次の瞬間…かりんの右前足が『ねずみホイホイ』の中を、チョン・チョン☆
更に次の瞬間…右前足に『ねずみホイホイ』をくっつけながらの
かりんのキャィ~ン・キャン・キャン!という悲痛な叫びが家中に響き渡りました。
得体の知れないモノが前足に食らいつき、恐怖と驚愕とで半分パニック状態。
思いがけず恐怖体験をしてしまうこととなり
腰が引けつつも、訝しげに『ねずみホイホイ』をじ~っと眺めていたかりん
もう二度と、引っ掛かることはないと思います。
たぶん…ね。

スプリングな春

3月も終わりに近づいているにも関わらず、まだまだ冷たく感じられる外の空気。
春が足踏みしているようにも思えますが、ちゃんとやって来てくれているようです。
karin_11_51.jpg
かりんの嬉しそうな顔を見ながら、母さんは『はずむ春♪』を感じました。

諦めません!

この週末、実家への道すがら立ち寄った、いつもの公園。
ここには沢山のアスレチック遊具があるのですが
かりんには難易度が高く、スルーしてばかりでした。
other_11_03.jpg
攻略できそうな遊具を発見し、さり気なく誘導してみましたが
あまり興味がなさそうでした。
karin_11_48.jpg
そこで、母さんがロープを伝って上ってみたところ
「ワタシもワタシも~」とばかりに、慌てて上り始めました。
karin_11_49.jpg
途中で勢いがなくなり、引き返してしまうものの
とっとと諦めてしまうことなく、何度も何度もチャレンジ!
何とか母さんのところへ辿り着こうと、一生懸命です。
karin_11_50.jpg
一体…何回チャレンジしたでしょう。
やっとのことで辿り着いたかりんの表情は、間違いなく、満足の笑みでした。

名誉挽回

この前、母さんがのせたワタシのぶちゃいく顔を見て
笑っちゃったヒトは、手をあげてください。
いち・に・さん……いっぱい!…ですね。
(注:かりんは、3より多くなると「いっぱい」です!)
karin_11_47.jpg
今日はお澄ましポーズで、『めいよばんかい』します。

ぶちゃいく顔

笛のように鼻を鳴らしながら、眠っているかりん
そのリズミカルな音に、思わず合いの手を入れたくなる母さん。
karin_11_45.jpg
もっと近くで笛の音を聴きたくて、ズズーットと近寄って見ると
この角度から見る顔は、適度に『ぶちゃいく』
「うぷっ♪」と声を殺して笑う母さんの鼻息が掛かったのか
かりんの目がゆっくりと開きました。
karin_11_46.jpg
はい!その通りです。

大震災

東北地方太平洋沖地震で被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
日を追うごとに明らかになる被害の大きさに、ただただ言葉を失っています。
karin_11_44.jpg
今日も変わりなく、こうして生きていること、家族と一緒にいられることの幸せを
母さんもかりんも、痛いくらい身にしみて感じています。
今は、皆さまのご無事と、1日も早い復旧を願うばかりです。

母さんを見つめる、かりんの真っ直ぐな瞳。
この、一点の曇りもない瞳から聴こえてくる、シンプルだけど大切なこと。
karin_11_43.jpg
今日も一緒にいられて幸せだねっ♪母さん。

思惑違い

昨年の☆MERRY CHRISTMAS☆で被った、サンタの帽子。
出番が終わってからも、本棚に置いたままにしていたら
「取ってください!」と言わんばかりに、凝視するかりん
karin_11_41.jpg
本棚から取ってヒョイと渡すと、夢中になって遊び始めます。
お陰で、帽子には噛んだ後があちこちにポツポツ。
karin_11_42.jpg
もしかしたら、クリスマスのプレゼント…かもより、断然お気に召しているようです。
そんな現実に、少々ガックリしている母さんではありますが
こちらの思惑通りにならないところも、これまた一興…かもしれません。