ライオンず

テレビを見ていた母さんの耳に、隣の部屋からドッタン・バッタン賑やかな音。
その賑やかな音が止んでから、こっそり覗いてみたら…この有様です。
無造作に転がる、茶色たち。
karin_11_98.jpg
かりんのオモチャ籠には、様々なぬいぐるみが入っているにも関わらず
ほぼ毎日のように、引っ張り出して遊んでいる『ライオンず』
プロレスごっこの相手でもある初代ライオンさんとの出会いから、約4年半。
そして、ニューフェイスのライオンさんとの出会いからは、約4年。
karin_11_99.jpg
どうしてライオンさんばかりをチョイスするのか、不思議でならないのですが
かりんにとって、馴染み深い遊び相手だからなのでしょう。
これからも、みんな元気で、ずっとずっと仲良しでいてください。

デトックス

日々の些細な心のモヤモヤ、ちょこっとついてしまったシミ。
消し去ろうとしても、思うようにいかないことがあります。
karin_11_97.jpg
そんな時…母さんはかりんに頼っちゃいます。
円らな瞳を見ながら、ゴロ~ンした体を撫で撫でしていると
心も体も、スーッと浄化される気がするからです。
母さんが元気なのは、『かりん・デトックス』のお陰かも~。

まゆげ

あのね。
ワタシのモフモフを取っていた母さんが、イタズラしたみたいなの。
だって、ワタシを見ながら笑っているもの~。
karin_11_96.jpg
顔がちょっぴりモゾモゾするけど、ワタシどうなってるのかなぁ?
karin_11_95.jpg
気になるけど…今日は、もう寝ます。

空回り

昨日、『ミミパパとの楽しい農業生活』の
ミミパパさん&ミミさんに会いに出掛けました。
ミミさんご家族と初めて出会ったのは、約3年前のこと。
かりんがジャブジャブを楽しんでいた池で…でした。
当時、ミミさんを見るや否や、スキップ・ランラ・ラン~♪で
周囲をグルグル回りながら遊びに誘っていたのですが
それを、不思議そうに眺めていたミミさんの姿が印象的でした。
friend_11_02.jpg
…が、今回は、ミミさん宅の玄関前で顔を合わせ
鼻をつき合わせた途端、かりんのガゥガゥが炸裂☆です。
いつもは穏やかで人懐こいミミさんも、控え目に応戦。
「決して負けません!」という、凛とした強さを見た気がしました。
適度な距離を保てる戸外での散歩であれば大丈夫だろうと
ミミさんの散歩コースへ連れて行っていただきました。
karin_11_92.jpg
お互いにマイペースでの散歩をしながら、しばらく経った頃
かりんが、お尻プリッ♪で遊びに誘い始めました。
karin_11_93.jpg
しかし、このお誘いはミミさんには届かなかったようで
またまた、ひとり虚しく空回りすることになってしまいました。
どうも、犬同士のコミュニケーション能力に欠けるかりん
これじゃ~、お友だちできないよ。

じわりじわり

2~3年前に比べると、じわりじわりと体重が増えてきて
全体的に、何となく丸味を帯びてきたかりん
この角度から写すと、余計にぽってり♪として見えます。
karin_11_89.jpg
口の周りや顎の下の微妙~なたるみと
首から胸、胸から前足にかけてのボフッとした感じが
決して他人事とは思えない母さんです。
かりんと母さん…確実にシンクロしております。
歳を重ね、またひとつオトナになった母さんの独り言でした。

スルー

「母さ~ん♪」と言っているかのような表情で
かりんが、母さんのところへ一直線に駆けて来ます。
karin_11_90.jpg
両手を広げて受け入れ態勢バッチリ☆の母さん。
…が、そんな母さんを、かりんはスルリとかわして逃げるのです。
karin_11_91.jpg
遊ばれているとしか思えない…母さんです。

ついに…来た!

来ました・来ました!ついに…やって来ました!!
今月に入ってから、一気に換毛期へと突入したかりんです。
karin_11_87.jpg
スリッカーブラシで、体の表面をサササ~ッと撫でただけで
モフモフひとかたまりが簡単に取れてしまいます。
ですから、ちょっと念入りにやると、モフモフ・ボールが何個も。
karin_11_88.jpg
しかし、スリッカーブラシを手にすると、そそくさと逃げる仕草。
来る夏に向けて、早く薄着にさせようと躍起になっている
母さんの親心…なかなか届かないようです。

静かな訴え

「あれ?かりんがいない…」と思ったら、こんなところに。
karin_11_85.jpg
床の色と毛色が同化しそうになっているので
2階から下りてきた母さんは、危うく踏んづけそうになりました。
karin_11_86.jpg
休日だから一緒に出掛けられると思ったのに、まさかの留守番を言い渡されて
「そんなぁ~」…とばかりに不貞腐れております。
母さんが前言撤回するのを期待しながら、かりんなりの静かな抗議です。

寝てる間に…

この週末にかけて、かりんを連れて母さんの実家へ帰ることにしていたのですが
諸事情があって、今回かりんは留守番となりました。
karin_11_84.jpg
二つ寝て起きたら母さんは帰ってくるから、イイ子で待っているように!ねっ。