ばぁば孝行

ソファーの上で気持ち良さそうに眠りこける、おふたりさん~。
おやおや、ばぁばったら…大胆にもかりんを枕にしております。
karin_12_16.jpg
かりんのことが大好きな、ばぁばの気持ちをわかってのことなのか
動じることなく、逃げることなく、されるがままです。
karin_12_17.jpg
「ばぁば孝行してるの!」ですって。

ゴロ~ン

かりんが仰向けになってお腹を見せる時は、大まかに分けて2種類。
ゆったりとした動作で、ゴロ~ンする時は
「あぁ~幸せ~♪ちょっとばかり撫でてくださいな~」
媚びるような表情のまま大慌てでゴロ~ンする時は
「ごめんなさい!もうしませんから許してください」
karin_12_14.jpg
さて、このゴロ~ンはどちらでしょうか?
karin_12_15.jpg
はい!後者でございました。
…って、『前者』と書いたつもりが『後者』になっていました。
あはは…。

冬の土手

午前中、時折青空も覗き、風のない穏やかなお天気ということもあって
かりんのリクエスト(?)で、久々の土手へと足を運びました。
other_12_1.jpg
土手に上がると、鳴きながら飛ぶコハクチョウの編隊が
白い点線のようになって見えました。
恐らく、餌場である近辺の田んぼへ向かう途中なのでしょう。
karin_12_12.jpg
東には、かりんを連れてちょくちょく出掛ける
ハーブ園のある山が、遠くにぼんやりと霞んで見えました。
karin_12_13.jpg
土手の散歩に、かりんの足取りはいつにも増して軽やか。
足も、お尻も、尻尾も、「ラララ~♪」と弾んでおりました。

控え目に

再々、アクロバチックなスタイルで用足しをするかりん
しかし、これといった目標物がなければ…この通り。
karin_12_11.jpg
ちゃ~んと、女の子っぽく用足しできるのですよ。
…えぇっ、やっぱり片足が上がってるって?
これくらいは、どうか大目に見てくださいな~。

被り物 -3-

時間つぶしに、たまたま寄った書店の一角で
母さんの心をギュギュッと掴む、愛らしい手ぬぐい発見!
迷うことなく買ってしまった結果…
karin_12_9.jpg
かりんが、こんなふうにされてしまうことは必然でした。
karin_12_10.jpg
「似合う?」

5頭目

クリスマスに、ブログのお友だちからライオンさんの『あご枕』が届きました。
まるで、4頭目のライオンさんが引き寄せてくれたかのようなタイミングに
母さんビックリ!かりんもビックリ!!
karin_12_7.jpg
既に、ピヨちゃん枕正しい使い方を会得しているせいか
良さそうな場所にポンと置いてみると、早速あごをのせてモゴモゴ。
落ち着いたところで…再び眠ってしまいました。
karin_12_8.jpg
心なしか、笑っているようにも見えるかりんの寝顔。
5頭のライオンさんを、率いている夢でも見ているのかしら。

雪道の散歩

ワタシの前に足跡はない
ワタシの後ろに足跡はできる~♪
karin_12_4.jpg
かりん、新雪の上をご機嫌さんで歩いております。
karin_12_5.jpg
…が、ひとたび誰かの足跡を見つけてしまうと
いつにない集中力で、念入りなクンクン捜査が始まります。
karin_12_6.jpg
……が、ひとしきり捜査した後は、今度は大爆走へと移行。
昨年の大雪とは比べ物にならないくらいの積雪量ですが
かりんは…少なくても多くてもそれなりに楽しめるようです。
母さんは、これくらいの雪で十分ですけど。

妹一家と

車で約9時間走り、元旦の夜こちらへ到着した母さんの妹一家。
前回同様、母さんがヤキモチをやきたいくらいの歓迎っぷりだったかりん
いつものように、早速、スペシャルなマッサージをおねだりです。
karin_12_2.jpg
妹と義弟のツボ攻撃が、あまりにも心地良かったらしく
体のネジが緩んでしまい…こんな有様に~。
この後も、しばらくマッサージ依存症となっておりました。
さて、甥っ子との関係も、安定した状態へと変化していますが
まだまだ、100%安心することはできません。
トラブルが起こりそうになるのは、大抵…食べ物が絡む時。
そのため、食事中は別室へかりんを隔離しました。
かりんは非常に納得いかない様子でしたが
そのお陰で、ハラハラする場面もなく平和に過ごせたのでした。
karin_12_3.jpg
今までに、何回かプチ・ガゥガゥ☆されたにも関わらず
かりんちゃん大好き~♪」な甥っ子。
大きくなれば、ガゥガゥされなくなるのだろうと思いつつも
もうちょっとこのままでいて欲しいと思う、勝手な母さんでした。