アイツ

強風を伴う雨が大きな音を立てながら降ったと思ったら
その後は青空が覗いたりと、今日は何とも安定しないお天気でした。
karin_12_52.jpg
休日恒例のスペシャル散歩は期待できそうにないので
かりんはローテーブルの下で、『ほけ~♪』っとしながら過ごしておりました。
karin_12_53.jpg
すると次の瞬間、何かに弾かれたように上半身を起こしました。
この「ハッ!」とした、何かを見つけたかのように見開かれた目から想像するに
きっと…アイツの気配を察知したのでしょう。
しかし、部屋中を見回してみても、アイツの姿どころか気配すらも
母さんには感じ取ることはできませんでした。
karin_12_54.jpg
暖かくなると、部屋の中に突如として出没する体長数ミリの羽虫なアイツ。
一度見つけてしまうと、誰かが捕まえるまで、そわそわと落ち着きません。
かりんの目力で、落とせたら良いのにねぇ。

一枚上手?

前足の間にマズルをのせ、物言いたげにこちらを見つめるかりん
karin_12_50.jpg
ただ何となく…のポーズなのだろうと思いつつも
どんなポーズが、より訴えかけることができるのかを知っているみたい。
もしかしたら、本当にわかっていたりして?
あんまり可愛いから、つい「散歩行こうか~!」と言ってしまった母さん。
karin_12_51.jpg
「やった!!」

6年ぶり

天気予報では北西の風が強く、おまけに雪だるまマークまで出ていたので
休日のスペシャル散歩はお預け…と思っていたのですが
思いがけず、青空が爽やかな顔を見せてくれました。
これはもう、かりんを連れてお出掛けするしかありません。
other_12_3.jpg
我が町の小さな運動公園のそばにある小高い山。
競技場周辺へは時々散歩に出掛けますが、山の天辺まで登ったのは久し振り。
初めて、かつ、直近でかりんを連れて上ったのは、確か6年前。
まだ車酔いが酷かったため、近場のドライブから慣らそうとしていた頃でした。
そして、それ以来…何とはなしに、この場所の存在を忘れてしまっておりました。
karin_12_48.jpg
     ↑
前回、ココまで上った時の生後5ヶ月のかりん
帰宅した後、この時の懐かしい写真を捜しながら、データ情報を見てビックリ。
何たる偶然!奇しくも、6年前の今日…3月25日でした。
karin_12_49.jpg
まだ子犬っぽさ残していたあの時のかりんは、今ではすっかりオトナ犬。
2つの写真を見比べながら、母さんの中では6年という年月が行ったり来たり~。
何とも感慨深い思いに浸った、春の一日でした。

整列

ピィーッ♪
さぁ~、並んで並んでーっ!!
karin_12_46.jpg
左前足・右前足・右後足・左後足!見事に整列したかりんの足。
karin_12_47.jpg
見事なまでにこんがらがった4本の足なら、よく目にすることがありますが
こんなにお行儀よく整列することは、滅多にないかも。
じーっと見ているうちに、焼きたてコルネパンに見えてきた~。

ネコ事件

1ヶ月ほど前の休日ゆるり散歩で、チラリとお話した猫がらみの事件。
今回は母さんではなく、当事者であるかりんに語ってもらうことにしましょう。
karin_12_44.jpg
散歩のとき、ネコっていう毛むくじゃら仲間に会うことがあるの。
クンクンしたくて近づこうとすると、みんなあわててサッサと逃げていったり
たまに…シャーッ☆って怒られたり。
でもね、ある日ワタシが出会ったネコは、近づこうとしても逃げないし怒らないし
「やった!クンクンできるかも!!」って思ったの。
そして、もっとそばに行こうと思ったそのとき、目の前からパッと消えちゃって…。
そしてそして、な・な・なんと!
ワタシの腰あたりに、後ろからグワシッ☆と両前足でつかまったの。
痛くはなかったけれど、あんまり突然のできごとにパニックになってしまい
ギャギャギャギャ~ワン!と、みっともない声を出しちゃいました。
karin_12_45.jpg
いじょう、母さんが話していたネコがらみの事件です。
「動画が撮れていたらなぁ~」と、母さんは残念そうにつぶやいているけれど
と・と・と・と…とんでもありません!!
ワタシの恥ずかしい姿を、みんなに見られちゃうのはごめんです。

静かな要求

部屋から出たいけれど、ドアが閉まっている場合の
かりんの要求の仕方。
- STEP 1 -
ドアの前に立ち、じーっとドアを見つめる。
(大抵は、ここで母さんが気づいて開けてくれる)
karin_12_42.jpg
- STEP 2 -
ドアに向かって伏せ、ひたすらに待つ。
(母さんに無視されたままになると、このSTEPへと移行)
karin_12_43.jpg
- STEP 3 -
それでもダメなら、ドアに向かって行き倒れてみる。
(待ちくたびれたのと、若干の演技が入っているものと思われる)
この静か~な要求の流れが見たくて、つい知らんぷりしてしまうことのある
いけずな母さんでした。

3月11日

現実のこととは思えないような光景を、職場のTVで目にした日から…今日で1年。
決して忘れてはならないこととして、あの日のことは心に留めたままです。
karin_12_41.jpg
かりんと一緒に、あの日へと思いを馳せながら
一日も早い被災地の復興と、被災地の方々の心の平安を祈っています。

買い替え

先日、かりんグッキリな格好で寝ていたソファーの長座布団。
「よっこらしょ~」と体を落ち着ける前の儀式にも近い、前足でのホリホリで
あちこちに穴が開いたり、生地が脆くなっておりました。
そろそろ替え時…ということで、新しい長座布団をセッティングしました。
karin_12_39.jpg
セッティングしてから程なくして、この状態です。
karin_12_40.jpg
お気に召していただき、母さん…光栄でございます。

くさくさポイント

前回のキレイキレイ(シャンプー)から、約3週間が経過。
徐々に、かりんの体からほんわか~とニオイが漂ってきています。
際立つ『くさくさポイント』は2つ。
karin_12_37.jpg
1.頭のてっぺん
普段から、ついつい顔を近づけることが多い部分のせいでしょうか。
ココの『くさくさレベル』によって、キレイキレイの日が決定されることとなります。
因みに、ココは『昆布だし』のニオイ。
karin_12_38.jpg
2.肉球
ココは、たまらなく芳ばしいニオイの発生源。
室内で一緒に暮らすことがなかったら、恐らく…この芳ばしさを知らないまま
母さんは一生を終えていたことでしょう。
そう思うと、凄く得をしたような気分になります。
因みに、ココはマカダミアナッツ&だだちゃ豆をミックスしたようなニオイ。
「くっさ~・くっさ~♪」と言いながら、何度も嗅ぎ嗅ぎする母さん。
我が家で発せられる「くっさ~!」は、かりんに対してのみ、褒め言葉なのです。