散歩再開!

本日、かりんは抜糸を終えました。
しばらく装着していた『ストッキネット』も脱いで
ほぼ100%回復!と言っても良いくらいの元気っぷり。
20130427-karin_13_68.jpg
ドクターのOK!も出たし、お天気にも恵まれたし~。
20130427-karin_13_69.jpg
ありとあらゆるニオイをじっくりと分析しながら
思う存分、10日分の散歩を楽しみました。
20130427-karin_13_70.jpg
術後の数日間は、眠っている時間が多かったのですが
日を追うごとに普段通りに戻っていったかりん
「散歩に行きたいと催促するようになった」とか
「オモチャに興味を示した」とか
いつもなら当たり前の、些細なことのひとつひとつが
嬉しくてたまらない…この数日でした。

巣穴

18日に退院してからというもの、排泄のためだけの散歩と食事以外は
ほとんどの時間を眠って過ごしているかりん
あんまり寝てばかりなので「大丈夫かいな?」と思うこともありますが
本犬…いたって元気です。
20130423-karin_13_66.jpg
やっと目が覚めたらしく、大きなあくびをしながら起きてきました。
…が、そこは、もしかして?
母さんの『人生バラ色♪布団』の中ではありませんかっ。
20130423-karin_13_67.jpg
いつもなら、畳んである布団の上で丸くなって眠るのです。
しかし今日は、布団の隙間に頭を突っ込んでモゴモゴしていたかと思ったら
上手に潜り込んで巣穴を作ってしまいました。
かりん生まれて初めての『巣穴作り』、なかなかの出来でした。

チューブ包帯

1歳過ぎの避妊手術では、少々ぐったりだったので
今回も、ちょっぴり覚悟はしていました。
20130420-karin_13_63.jpg
しかし、その予想を良い意味で裏切ってくれ
退院したその日から、バクバク食べているかりんです。
20130420-karin_13_65.jpg
さて、術後はエリザベスカラーだと思っていたのですが
今回は『ストッキネット』という筒状の包帯を装着。
これなら、普段通りに動くことができるので
装着することによるストレスはほとんどありません。
いやはや、便利なアイテムがあるものです。
20130420-karin_13_64.jpg
手術創部が気になるのか、時折、後足で懸命に掻こうとするのですが
残念!かりんの足は届きません。
27日の抜糸まで…ガマン・ガマン。

退院しました!

予定通り、本日退院したかりん
20130418-karin_13_61.jpg
なんとまぁ!
昨日、開腹手術をしたとは思えないくらいの元気っぷりで
ありがたいことに、母さんの心配は杞憂に終わったようです。
20130418-karin_13_62.jpg
我が家に帰り、一番落ち着ける場所にて爆睡でございます。
この安心しきった寝姿を見て、今夜は母さんも安眠できそうです。
心配してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

胆嚢摘出

今日は、かりんの胆嚢摘出手術の日。
予定通り、手術に立ち会わせていただきました。
まず、体重測定をしてから鎮静剤と鎮痛剤が注射され
薬が効き始めるまで、しばらくロビーで待機。
最初は落ち着きなくウロウロしていましたが
だんだんと動きが鈍くなってきました。
20130417-karin_13_60.jpg
15分くらい経過したでしょうか。
目がショボショボとして眠そうな顔になってきて
玄関マットの上に伏せてしまいました。
この後、再び診察台の上で数種類の注射を打った後
婦長さんにもたれかかりつつ、横になりました。
そして、いくつかの過程を経て…手術開始です。
避妊手術に比べると出血は若干多かったものの
気持ち悪いという感覚は、全くありませんでした。
ドクターと婦長さんからの説明を受けながら
手術の一部始終を、目の前で見せていただきました。
摘出されたかりんの胆嚢ですが
本来なら黄色っぽい胆汁が、ほぼまっ黒な状態。
中には胆泥が貯まっており、2月下旬の検査時より
思った以上に悪化していたことがわかりました。
今回、早めに手術をしてもらって本当に良かったと
心の底からつくづく思いました。
今夜は一晩入院で、明日の夕方迎えに行きます。
 - トホホ…の、おまけ -
手術が終わり、入院犬舎で横たわるかりんの口元を
柵越しに、左の人差し指で撫でていた母さん。
意識が朦朧としているかりんに、指先をガブリ☆
指を外そうとすると、更に強い力が加わってきて…。
ドクターに助けてもらい、やっとのことで逃れましたが
かなり深く噛まれてしまいました。
その場で、ドクターに応急処置の消毒をしていただき
しばらく休ませてもらった後、帰宅しました。
ドクター曰く、半覚醒状態や発作を起こしている時は
口元に触れてはいけない!とのことでした。
今はもう、痛みもなくなり大丈夫ですが
あろうことか、母さんまでお世話をかけてしまうとは
情けないを通り越して滑稽でありました。
決して忘れられない思い出になることは、明らかです。

庭で日向ぼっこ

今日は、良いお天気の週末となりました。
家の中にいるよりも外のほうが暖かいので
少しばかり、庭の草取りをすることにしました。
かりんもロングリードに係留して、おつき合いです。
20130413-karin_13_57.jpg
湿り気が多いのか、我が家の放ったらかしの庭には
いつの頃からか苔が生え始め…。
20130413-karin_13_58.jpg
今では、苔のラグを敷いたみたいになっています。
20130413-karin_13_59.jpg
そのラグの上で、まったりとくつろぐかりん
風が吹いたり、日陰に入るとちょっと寒いけれど
お日さまが当たっているところはポカポカ~♪
沢山の日差しを浴びて、より柔らかく見える被毛に
思わず頬ずりしたくなってしまう母さんです。

ハーブ園へ

毎年、冬の間は閉園となってしまうハーブ園
今月から開園なので、昨日、かりんと出掛けました。
20130409-other_13_9.jpg
抜けるような青空…とまではいきませんでしたが
山肌に残る雪とのコントラストが、とても綺麗でした。
前回、こちらへお邪魔した時は
走るよりも~という感じのかりんでしたが
久々のドッグランに興奮したのか、やる気満々。
20130409-karin_13_54.jpg
看板犬のジャックくんと、イイ感じでチェイス☆
20130409-karin_13_55.jpg
…と思いきや、絡むことなく思い思いに走ります。
何度も顔を合わせるうちに、平和的に過ごせる距離感が
お互い何とな~くわかったのかもしれません。
20130409-karin_13_56.jpg
ハーブたちは、新芽を出し始めたところのようで
これから少しずつ、賑やかになると思います。
今シーズンも、母さん&かりんの大好きなこの場所へ
日々の時間の流れを、暫し忘れに出掛けます。

決めました!

昨年の4月に受けた高齢検診により、懸案事項となっていた胆嚢摘出術。
あれから10ヶ月後の先々月、再び超音波検査をしてもらいました。
緩やかではありますが、胆嚢の状態は着実に悪化しているようでした。
これから年齢を重ね、ホルモンバランスが崩れてくるに伴って
状態が急激に悪化することも考えられるそうです。
それが、数年先かもしれないし、はたまた数か月先かもしれません。
20130406-karin_13_53.jpg
今現在、手術に緊急性はありませんが、状態が悪化してからでは
リスクも大きくなり、かりん自身にとって負担も大きくなります。
…というわけで、心配の種は早々に取り除くことに決めました。
今月の17日に胆嚢摘出術を受けます。
勿論、避妊手術の時と同じく、母さんも立ち会わせてもらいます。
かりんの病院嫌いが更に酷くなりそうですが、どうか…わかってね。

我が町の桜

こちらの桜は、今週あたりが見頃のところが多いようです。
しかし、残念ながら週末は雨模様の予報となっているので
かりんを連れてのお花見はできないかもしれません。
少々ガックリな母さんでしたが、本日、近所への買い物ついでに
目をつけていたお花見スポットを覗いてみたら
まぁ~、見事に咲いているではありませんか!!
20130403-other_13_7.jpg
これは、かりんが大好きな場所である土手へ向かう道で
約1キロ先…道のどん詰まりが土手になっています。
そして、道路脇に桜並木が続いています。
20130403-other_13_8.jpg
地面には少しばかり花びらが散っていましたが
桜の花はほぼ満開と言って良いでしょう。
20130403-karin_13_51.jpg
桜は、道路横の草地の両脇に植えられており
双方から大きく枝を伸ばした桜たちが
溜息の出るような見事なトンネルを作っていました。
道路を走る車も、思わずスピードを緩めながら
車窓からの花見を楽しんでいるようでした。
20130403-karin_13_52.jpg
知る人ぞ知る、我が町のお花見スポット。
かりんと共に愛でることができて、母さん大満足です。