7年ぶりの鯉のぼり

我が家から車で15分程走ったところにある川の、上空を泳ぐ鯉のぼり。
鯉のぼり掲揚のイベントは、事情により一時途絶えていたのですが
今年、復活したと聞いて出掛けました。
20150430-other_15_07.jpg
かりんを連れて、この鯉のぼりを見に出掛けたのが…7年前。
20150430-karin_15_50.jpg
その頃は、河原を走り回ったり、川に入ろうとしたしりて忙しなかったのですが
今は、上空を泳ぐ鯉のぼりに負けないくらい悠々としています。
7年ぶりの鯉のぼりは、7年という年月の経過を、ふと感じさせてくれたのでした。

別角度から

いつもはハーブ園のあたりまでしか出掛けない、BigなMountain方面。
今日はもう少しだけ近づいて、中腹にあるお寺まで行ってみることにしました。
20150425-karin_15_47.jpg
午前中の少し早めの時間だったせいか、お寺へと続く参道を歩く人は疎ら。
そんな中、外国からの観光客と思われる方々がかりんを見て足を止め
しゃがんで手を差し出したり、写真を撮ったりしてくださいました。
参道の突き当たりにあるお寺の手前横から、神社への参道が伸びており
かりんを連れて歩くことのできる、こちらへと向かいました。
20150425-other_15_06.jpg
奥宮までは、自然石を敷き詰めた参道が400メートルほど続きます。
かりんはヒョイヒョイと身軽に進んで行きますが
自然石の凹凸を気にしながらの歩みなので、母さんは思うように進めません。
20150425-karin_15_48.jpg
やっとのことで奥宮が見える鳥居まで辿り着きましたが
かりんはこれ以上先へ入ることはできないので、Uターンです。
20150425-karin_15_49.jpg
我が家方面から見える姿とは全く違う姿のBigなMountain。
今年は、いろいろな角度から見てみたいなぁ~と思っています。

紙袋と格闘

食べ終わったハンバーガーの包み紙を、紙袋に入れて置いておいたら
ニオイに誘われたらしく…こ~んなことになっておりました。

取れなくて往生していると思いきや、再び頭を突っ込むかりん
可笑しいったらありゃしない。

春眠

最近のかりんは、呆れるくらいよく寝ています。
「具合が悪いのでは?」と心配になるくらい、それはそれはよく寝ています。
20150416-karin_15_46.jpg
でも、この幸せそうな寝顔を見ると、具合が悪いのではないらしい。
はは~ん、母さんと同じく春の心地良い眠り…ですね。

看板犬に会いに…

今日は快晴!となるはずだったのに、朝からどんより~の空模様。
それでも、夕方あたりまで雨は降りそうにないとの予報だったので
昨秋、お薬師参りに出掛けたお寺へと向かいました。
20150412-karin_15_45.jpg
ここへ足を運んだのには、ひとつ理由がありました。
それは、土産・飲食店が建ち並ぶ参道の最後の一角にあるお店にいた
看板犬に会おうと思ったからです。
前回出掛けた時、かりんはえらく吠えられてしまいましたが
お店の前にどっかりと腰を下ろし、通り過ぎる参拝客を眺める14歳の看板犬は
長い年月を感じさせる、味わい深い雰囲気を醸し出していました。
20150412-karin_15_42.jpg
しかし、お店の前に、その看板犬の姿が見えません。
「今日は、こちらにいないのかな?」と思いながらお店に近づくと
おかみさんが愛おしそうにかりんを見ながら、話しかけてこられました。
「うちは、昨年の12月に亡くなってね…」と。
参拝客の間でも有名だったであろう看板犬は、亡くなる前日まで散歩に出掛け
長患いすることなく旅立ったそうです。
もしかすると、お薬師さまのご利益を授かったからかもしれません。
20150412-karin_15_44.jpg
「写真を撮らせてね」と、携帯電話のカメラを向けるおかみさんの目には
かりんの姿と共に、看板犬だった愛犬の姿が重なっていたことでしょう。

ずんぐりむっくり

何気なく、ローアングル気味にかりんを撮ったら
ずんぐりむっくりな、丸みを帯びたお子ちゃま体型に写っていました。
20150402-karin_15_36.jpg
たったこれだけのこと。
…なのに嬉しくなってしまうのは、どうしてでしょうね。

再びの花見

先週末は桜が満開だというのに、残念ながら天気予報は曇り&傘マーク。
今日しかない!」と、数日前に早めのお花見に出掛けたところでしたが
土曜日は朝から薄曇りで、雨が降るまでにはしばらくの猶予がありそう。
というわけで、隣県の台場にある公園へお花見に出掛けました。
20150406-other_15_05.jpg
桜のシーズンに出掛けたのは初めてですが、公園内の一角でお弁当を広げたり
バーベキューをしている家族連れや団体が結構ありました。
20150406-karin_15_41.jpg
辺りに漂う魅力的なニオイに、かりんの鼻は始終ピクピク。
20150406-karin_15_40.jpg
「これ以上ない!」ってくらい、どっさり花のついた桜の枝も見事ですが
チラと心惹かれるのが、幹や枝の途中に芽が吹いた「胴吹き」の桜。
「こんなところに咲いても、誰も見てくれない」なんて腐ったりせず
精一杯、花を開かせている姿に、見習うことはいっぱいありそうです。

今日しかない!

「くもり時々雨」のマークがズラリと並んだ、今週の天気予報。
その中で一日だけ、紛れ込んでしまったかのような、お日さまマークの今日。
そして、タイミングの良いことに、母さんお休みの日。
20150402-karin_15_37.jpg
これはもう、お花見に出掛けるしかありません。
…とは言っても、ここ数年の恒例になっている、ごくごく近場の桜並木です。
20150402-karin_15_38.jpg
ただひとつ残念だったのが、満開には数日早かったことですが
青空の下、この桜を楽しめるのは今日しかなさそうです。
20150402-karin_15_39.jpg
でもね、今春、この場所でかりんと一緒に眺める桜は、この瞬間だけ。
そう思うと、母さんの心の目で見た景色は愛しく、桜は満開に見えました。