アンテナ

家の中で、のんびりと過ごすひととき。
後足のお手入れ(?)に夢中になっているかりん
null
そんなかりんを見ながら、母さんは気になって仕方ないことが。
null
それは、後頭部から1本だけとび出ている毛。
抜けそうになっているのかと思いきや、引っ張っても抜けません。
背中に生えるべき毛が、場所を間違って生えたのかしら。
気にはなるけれど、抜けちゃったら…ちょっと寂しいかも。
さて、10日前に痛めてしまったかりんの左前足。
緩やかなカーブを描きながら、回復に向かっていましたが
ここ数日で一気に良くなりました。
もう、歩いている時に庇うような素振りは全くありません。
心配してくださった皆さま、ありがとうございました。

思わぬ落とし穴

雨…ちょっとは降ってくれないかなぁ~と呟いた2日後。
それに応えるかのように雨が降りました。
そして、この週末も降ったり止んだりのお天気となり
やっとのことで梅雨らしい感じになってきました。
null
晴天なら、かりんの後にはBigなMountainが見えるのですが
今日は曇天のため、その姿を確認することができません。
さて、母さんがお休みだった先週の水曜日
今シーズン2度目のハーブ園かりんと一緒に出掛けました。
この日、園内のドッグランに入ると珍しくハイテンションで
右へ左へと凄いスピードで走っておりました。
しかし、急に「キャン!」と一声鳴いて走るのを止めたので
よく見ると、左前足を心持ち上げるようにしていました。
肉球に触れながら見てみましたが、外傷はなさそうです。
null
その後、少し左前足を庇うようにして歩いていましたが
腫れなどもないので、おそらく足を挫いたのだろうと思います。
それから、少しずつですが快方に向かっている様子なので
病院へは行かず様子を見ています。
若い頃のイメージで走ったら(?)…思わぬ落とし穴が~。
爆走する姿を見ると、思わず嬉しくなっちゃいますが
これからはお互いに気をつけなくっちゃね。

雨待ち

日曜日、古墳のある市内の公園へ散歩に出掛けました。
null
日向を歩いていると、舌が長~く出てしまうかりんですが
ひんやりとした木陰に入ると、何だかホッとしたような表情。
null
こちらの古墳から出土した『見返りの鹿』。
座ったままですが、かりんも『見返りの犬』になってみました。
null
梅雨と言えば、雨にしっとりと濡れた紫陽花。
しかし、梅雨入りから今日までのところ雨はほとんど降らず。
心なしか、紫陽花も雨を待っているように見えます。
雨…ちょっとは降ってくれないかなぁ。

ジャブジャブした~い

かりん地方…7日に梅雨入りが発表されたたものの
それ以来、それほど雨は降っていません。
ですから、空のご機嫌を伺うことなく散歩できています。
null
この週末は、川辺の公園へ出掛けました。
そこらの草むらを、じっくりとゆっくりとクンクンしたかりん
まるで吸い寄せられるかのように水辺へ。
そのままにしておくと、川へと入ってしまいそうな勢いでした。
null
でも先週、シャンプー(米ぬかエステ)したばかりですから
残念ながら、「STOP!」を掛けられてしまいました。
null
何だか不満そうな顔だけど、ジャブジャブはもう少しお預け。

前足格納

猫さんではお馴染みの香箱座り。
null
「前足も後足も格納!」とはいきませんが
かりんは前足だけ折り畳んで、くつろいでいることがあります。
この前足、見ているだけで和むわ~。
null
…と思いつつ、よ~く見たら、氷…食べかけじゃないですか。
まったりしていないで、早く食べてよねっ。

米ぬかエステ

換毛期のシャンプー後、かりんから漂うお米のニオイの正体。
それは、米ぬかでした。
かりんは1歳から8歳くらいまで、米ぬかから抽出した液で
シャンプーをされるサロンに通っていました。
このシャンプーは、掛かりつけのドクターのアドバイスにより
行われていたものでした。
そのお陰もあってか、皮膚のトラブルに悩まされることが
それほど多くはなかったかりん
しかし、3年前にサロンを閉められることになり…。
そこで、自宅でもできる米ぬかを使ったスキンケアを
ドクターに教えてもらったのですが、それっきりになっており
やっとのことで試したという訳です。
null
使い古しのストッキング(お茶のパックやガーゼでもOK)に
米ぬかを入れ、中身が出ないようにしておきます。
それを、タライに入れたぬるま湯に浸けて揉み揉みします。
すると、米ぬか成分が溶け出して、お湯が白く濁っていきます。
その中へ、かりんをチャプン!
白濁したお湯を、できるだけ地肌に触れるようにしながら
洗面器などで全身に掛けていきます。
全身が浸るようにすると、より効果的なのだと思いますが
初めてなので様子を見ながらということで、湯量は少なめです。
全身に行き渡ったら、すすぎはせずに終了です。
null
私たち人間にも、美肌・保湿効果があると言われている米ぬか。
人間に比べると、表皮がとても薄くデリケートな犬にとっても
スキンケアのひとつとして有効のようです。
これからは、自宅で<米ぬかエステ>を続けようと思います。
数年ぶりに、お米のニオイをさせているかりん
クンクンしちゃう母さんでありました。
********************************
注)米ぬかの保存方法、食物アレルギーがある場合など
  気をつけなければならないこともあるので…念のため。