やっぱり走る!

8月最後の日曜日、BigなMountainのハーブ園へ。
避暑に訪れるような場所であるにも関わらず
この夏の酷暑は、こちらにも押し寄せてきたそうです。
しかし、この日は風が吹くと心地良く感じられました。
さて、お決まりのドッグラン。
null
飛ぶ!…とまではいかないまでも、軽やかな走り。
null
ふさふさ尻尾で、見事なバランスを取りながらのコーナリング。
null
かりん、独走態勢です!
null
あとはもう、ゴールに向かって真っすぐ突き進むだけ~。
先々月、こちらのドッグランで爆走した時に足を挫いてしまい
思わぬ落とし穴…となってしまったかりん
その時のことを憶えていたわけではないと思うけれど
今回は、何とな~く控えめな走りに見えました。
null
カメラのファインダー越しに、ハラハラしながら見ていた母さん。
無事に走り終えて、満足そうな顔をしているかりんの姿に
ホッとしたのでありました。

そーっと ねんね

お盆あたりから、少し涼しくなったような?…と思ったのも束の間。
30度を数度超える気温が、2~3日前から続いています。
かりんは退屈そうな表情をしながら室内で過ごしていますが
ふと見ると、大抵寝ています。
null
「お~い!」
null
「おぉ~い!大丈夫か~?」
グッタリ感溢れる寝姿に、思わず声をかけてしまいそうですが
そーっと寝させてあげましょ。

夏の思い出 2017 -2-

この春から中学生になった甥っ子。
反抗期に突入し、大人の存在をウザったく感じるお年頃。
「もう、今までみたいに接してくれないかも…」と思いつつ
内心ドキドキしながらの再会でした。
しかし、実際に顔を合わせると、母さんの不安はどこへやら。
母さんより10センチ近く大きくなったにも関わらず
いっぱい話しかけてくれる、今までの甥っ子のまんまでした。
null
一緒に過ごした4日間。
かりんの朝夕の散歩のほとんどを、甥っ子は共に歩いてくれました。
null
昔は、自分とそれほど変わらないくらいの大きさだったのに
いつの間にか、母さん以上の大きさになっちゃった甥っ子の姿。
かりんはどんなふうに感じているのか、尋ねてみたくなります。
「この時間が永遠に続けば良いなぁ~」
そう思うくらい、楽しさと愛しさに満ち溢れる時間でした。

夏の思い出 2017 -1-

遠方に住む妹家族が、今夏も帰省してくれました。
帰省中は、少し前までの驚異的な暑さではなかったものの
湿度の高さが、身体の動きを妨げようとします。
null
でも、一昨年から夏休みには足を運ぶことにしている
こちらの場所へは、みんな揃って出掛けました。
null
辺り一面の緑に、かりんのテンションも上がりっぱなし。
今回も、工房の紙漉き女房さんのお言葉に甘えて
母さんたちが施設内のレストランで食事をとっている間
かりんを預かっていただきました。
null
かりんったら、レストランへと向かう母さんには目もくれず。
これから起きる「むふふ♪」なことがわかっているかのように
紙漉き女房さんに釘付けでした。
null
工房の看板猫のちょびちゃん。
かりんが何もしないとわかり、母さんたちを待っている間
工房内の定位置でくつろいでいたそうです。
かりん、猫さんと過ごす…この夏のひとコマでした。

今日から夏休み

かりんです。
きょうから、わがやはナツヤスミなので
かあさんのジッカへかえります。
null
ワタシのだいすきなひとたちにあえるから、たのしみです。
たのしいオモイデ、いっぱいできるといいな♪

太陽ギラギラ

少し前までは、30度を超えるとかなり暑く感じていましたが
ここのところ30度超えは当たり前。
かりん地方の昨日の最高気温は38度でしたから
30度でも「ちょっと涼しいかも~」なんて思ってしまいます。
null
ギラッギラ☆の太陽を見上げながら、今日も少しだけ休日散歩。
null
アスファルトの上に、ピョンと跳ね飛んできたバッタも
暑さのせいか、今ひとつの勢いでした。
null
日陰を選びながらではあっても、少し歩くと母さんは汗まみれ。
もう、早々に退散です。
汗をかけたら、おそらく…かりんも汗だく状態だったでしょう。
この暑さにも、ちょっぴり身体が慣れてきた感じもしますが
慣れてしまいたくないような、そんな気もします。

ダハダハ ♪

夏、真っ盛り。
散歩から帰ったばかりの時は、かりんの口も開きっ放しです。
null
我が家では、かりんのこの顔を「ダハダハ ♪な顔」と言います。
暑いので、口を開けて体温調節しているだけの「ダハダハ ♪」
嬉しくって興奮気味の「ダハダハ ♪」
はてさて、この「ダハダハ ♪」はどっちでしょうねぇ?