☆ 謹賀新年 2018 ☆

あけましておめでとうございます!
null
最近、オトナ(シニア)の雰囲気をふわ~んと醸し出し
更に穏やかな(ぼんやり)顔になってきたかりん
null
…と思ったら、放り上げてみた撮影協力のご褒美に
しっかりと食らいついてくれました。
こんな瞬間をチラリと見せてくれると、凄く嬉しくなります。
null
少しだけゆっくり・のんびりになったかりんの歩みに合わせ
緩やかに時間の流れる1年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

足音

昨日の最高気温は10度で、戸外に出るとヒンヤリとしていましたが
風もほとんどない穏やかな天気でした。
忙しいはずの年末ですが、かりんの散歩は外せません。
null
久しぶりに出掛ける、古墳のある標高約50メートルの丘。
ここは傾斜がきつくて、一気に上るのはかなり辛いのです。
null
でも、かりんはピョンピョン跳ねるようにしながら
いとも簡単に上って行っちゃいます。
null
そして、下りる時も疲れた様子など全く見せることなく
軽やかに足を運ぶかりん
null
母さんの耳には、かりんの足音がちゃんと聞こえています。
ピョンピョン・ヒョイヒョイ♪
トコトコ・タッタカタ~♪
今年も、いっぱいいっぱい歩いたね。
来年も今年に負けないくらい、うんと歩くことができますように。
******************************
今年のブログ更新は、これでお終いです。
明日から数日、かりんと共に実家へ帰ります。
年末のご挨拶も、失礼させていただくことになりそうです。
みなさま、どうか良いお年をお迎えください!

クリスマス…だけど

この週末、世間はクリスマス一色☆でしたが
お友だちとのクリスマス会を早めに終えたこともあって
母さんったら全くやる気なし。
でも、かりんは「ねぇ、クリスマスは?」と催促することもなく
いつも通りの、ごく普通の週末を過ごしてくれました。
まっ、こんなクリスマスもあり…だよね?
null
今冬は、行く先々で沢山の花をつけたサザンカを見掛けます。
まるで、大合唱しているかのような咲きっぷり。
きっと『第九』の練習をしているのよね~♪
さぁ!背筋を伸ばし、かりんも母さんも一緒に歌いましょ。

冬が来た

湿っぽい雪が薄っすらと積もったかりん地方。
null
「ねぇねぇ」と催促するかりんを車に乗せ、散歩に出掛けました。
null
散歩道はヒンヤリとし、身体を丸めながら歩く母さんとは対照的に
積もった雪を楽しむかのように、軽やかな足取り。
null
しっかりと冬毛を蓄えた身体に、寒さなんて届かないのかも~。
なんて思わせるかのようなモフモフっぷり。
冬が来た!かりんのモフモフMAXです。

犬ちぐら

ここ連日、『猫ちぐら』ならぬ『犬ちぐら』作りに
かりん自ら励んでおります。
null
四つ折りに畳んだ羽毛布団の、どの隙間に潜り込むのがベストなのか
また、潜り込んだ後の身体の回し方や方向などなど。
その時その時で、微妙に出来栄えが違ってはいるものの
確実にコツを掴んでいるように見えます。
null
すんなりと楽して入ることのできる『犬ちぐら』的なものを買おうかと
思ったこともあるのですが…。
かりんが、自分で作ることを楽しんでいるかのようにも見えて
この楽しみを奪ってしまうのは、やめることにしました。
さぁ!明日からも、『犬ちぐら』作りに存分に励んでくださいな。

伝わる気持ち

月に一度、かりんも一緒に母さんの実家へ帰るのですが
最近、かりんの様子がちょっと変です。
それは…実家から我が家への帰り支度をし始める頃のこと。
今までなら、落ち着ける我が家に一刻も早く帰りたくて
早々と玄関でスタンバイしておりました。
(実は、母さんの実家には小さな虫がいたりすることがあり
 室内で遭遇する虫が怖いかりんは、実家で過ごすのがちょっと苦手。)
null
しかし、先々月あたりからは玄関で待っておらず
かりん!帰るよ~」と呼んでも、やって来る気配がありません。
安心安全な我が家に帰りたくないとは、全くもって考え難いのですが
明らかに、帰ることを拒んでいる感じです。
その理由、もしかしてもしかすると…。
みんなが帰ると、ばぁばが一人っきりになっちゃうから?
かりんちゃん、もう帰るの?寂しいなぁ~」
愛しそうにかりんを撫でながら、話し掛けている母の姿を見て
ふと、そんなふうに思ってしまいました。
母の気持ちが伝わっていたのかもしれません。

新規開拓

先週末は、母さんの実家へ帰りました。
実家への道中、初めて入ったお店での昼食が美味しかったから
…という訳でもありませんが、ふと思いつき
かりんのスペシャル散歩の場所も、これまた初めての場所へ。
null
10月初旬に、秋の海辺をゆるりと散歩した海浜公園から
4キロほど離れたところにある灯台です。
null
駐車場から、かりんのず~っと後ろに見える灯台まで
緩やかな上り下りを繰り返し、10分ちょっと山道を歩きます。
null
辿り着いた灯台は、高さが16メートルと決して高くはありませんが
海面からの高さは72メートルあって、なかなかの眺めです。
null
高所恐怖症の母さんは、下を覗いてブルブルッ…となりましたが
かりんは全く気にならない様子でした。
灯台へ向かう途中、遊具広場への案内板もありました。
今回は行きませんでしたが、まだまだ遊べる場所がありそうなので
お楽しみは、次回にとっておくことにしましょう。