見えと聴こえ

13歳になり、少しずつ…ではありますが足腰の不安を抱え始め
三種類めのサプリメントを飲むようになったかりん
この外にも、加齢現象がそろりそろりと出現し始めています。
null
まず、『見え』について。
パッと見てわかるくらい、広範囲にわたり白く濁ってはいませんが
だんだんと白っぽくなりつつある目。
大好きな氷を食べる時、カーペットの上をツツツーと転がった氷を見失い
キョロキョロしていることがあります。
以前ならサッサと見つけて美味しそうに食べていたのに
今は、透明な氷の姿を見つけにくいのかもしれません。
null
次に、『聴こえ』について。
そばをウロウロしても、目を覚まそうとする気配なく熟睡しており
聴こえにくくなっているであろうことが想像できます。
また、それとは別に、以前は気にする様子なんてなかったのに
あからさまに嫌がる音が出てきました。
それは、お皿などを無造作に重ねた時の「カシャン」という音や
お皿などにスプーンなどの金属が当たった時の「カキン」という音。
うっかりそういう音を出してしまうと、大袈裟なくらい目を細めながら
首をすくめようとします。
こういう音を、より耳障りに感じてしまうようになったのかも。
null
こうしてみると、以前とはちょっと違う反応や仕草を改めて認識し
かりんも年を取ったなぁ~」と感じます。
でも、見えにくかったり聴こえにくかったりして
ぼぉ~っとしていたり、ぽやんぽやんしているかりん
しょっちゅうハグしたくなるくらい、愛らしいのです。

ご近所のイケワン

我が家の周りには、「こちらのお宅も、あちらのお宅も」というふうに
犬と一緒に暮らしておられるご近所さんが少なくありません。
null
その中でも、母さんが「ナンバーワン!」をあげたいくらいの
イケメンならぬ『イケワン』が、1歳8か月になる白柴のリキくんです。
カッコよさと幼さが同居する、見た目の愛らしさは勿論のこと
人間も犬も大好き、子供さんもOKの性格の良さ。
おまけに吠えないという、三拍子揃った完璧さです。
null
リキくんがもう少しお子ちゃまの頃は、一定の距離以上近づくと
大人げなくガゥガゥ☆していたかりん
しかし、少しずつ慣れてきたのか、無邪気に近づいてくるリキくんを
サラリとかわせるようになってきました。
…とは言っても、寄って来られると決して目を合わそうとはせず
ましてや一緒に遊ぶなんてことはないけれど。
null
人間でいうと、20歳くらいの若者と、70歳くらいのおばあちゃん。
おそらく、まだまだ無尽蔵だと思われるリキくんのエネルギーを
さり気な~く、ちょこっと分けてもらおうねっ、かりん

かりんテナ

1年半ほど前から、かりんの後頭部にピョンと飛び出ている1本の毛。
かりんアンテナ』ということで、『かりんテナ』と名づけています。
null
何かと交信していそうで、只者ではない気がする『かりんテナ』。
いっとき、その存在を確認することができなくなってしまい
ガックリきていたのですが、どうやら抜けてはいなかったようで
再び姿を現していました。
null
是非とも確保しておきたいと思い、「そろそろ抜けるかな?」と
時折、優しく引っ張ってみます。
しかし、しっかりくっついており、まだまだ抜けそうにありません。
実家に帰った時、かりんをたんまり撫で撫でしてくれるばぁば
かりんテナ』が、抜けそうになっている毛に見えるらしく
ツンと引っ張ってみています。
そのたびに、「何すんの~」と言わんばかりに振り向くかりん
「抜けそうに見えるけど、それはまだ生えてる毛だよ」と言うと
「あらっ、ごめんごめん」とかりんに謝っています。
しかしながら、ばぁばの頭の中には、今言ったことや聞いたことが
記憶としてほとんど残ることがありません。
ですから、次の瞬間には再び『かりんテナ』を引っ張っており
前述のやり取りが、無限ループのように続きます。
null
きっとまた、『かりんテナ』を引っ張られちゃうだろうから
「またか~」と思うかもしれないけれど、ばぁばにつき合ってあげてね。

夢中でホリホリ

海苔巻きみたいに丸めて壁際に立ててあった、母さんのマットレス。
ふと見たら、デーンとひっくり返っておりました。
そこにやって来た…かりん

ホリます、ホリます!
「これでもか~!」ってくらい、ホリます。
以前はそれほど見られない光景だったのに、最近は、よく掘っています。
「掘るな、掘るな!」と言いつつ、笑いながら見ちゃうのよね。

かあさんのモクヒョウ

かりんです。
「おっ!『かりん工房』が2ニチおきにコウシンされてる」
な~んて、おきづきだったりします?
null
「できるだけ、アウトプットする!」
というのが、かあさんのコトシのモクヒョウなんだそうで
ブログのコウシンも、そのひとつなんだって。
ウキウキ・ワクワク・ドキドキするネタをテイキョウできるよう
ワタシもがんばろうとおもったけれど…。
フツウにイッショにいられるだけで、それでイイよね。

もふだま - 2018 - 完成☆

昨年の、最初の換毛期がじわじわとやって来た春あたりから
もふだま - 2018 -の制作を開始。
もふだま 途中経過を経て、12月下旬に2018年最後の抜け毛をチクチク。
null
そして、2018年のもふだまが完成しました。
直径約15センチで、かりんの頭部とほぼ同じ大きさ。
null
2016年以前のもふだまは、見た目の大きさから想像する重さと
実際に手にした重さとのギャップに、思わず「軽っ!」と声が出ます。
しかし、2018年のもふだまくらいになると、ふんわりと言うよりも
ずっしりとした重みを感じます。
実際に量ったら、150グラムもありました。
かりんの身体から抜けた、単なる『毛』ではあるけれど
これらが集まり球体になると、そこに微かなパワーが宿り始め
大きくなるに従って、そのパワーも増幅しているように思えてきます。
null
もふだまを作る時、ひたすらチクチクして球体に近づけていきますが
その時、母さんの頭の中は…ほぼ空っぽ。
もふだま作りは、母さんにとっての瞑想かもしれません。
2019年の換毛はもう少し先ですが、今年もチクチクしちゃいそう。

省エネモード?

今日は3連休ど真ん中。
先日、かりんがBigなMountainと白の共演をした時のお天気と
『冬の晴天』対決をしたら、どちらに軍配が上がるだろうか?
などと考えてしまうくらい、再びの青空でした。
null
本日出掛けたのは、『目のお薬師さま』。
かりん目ショボショボが気になり始めた頃から
年に一度は、こちらにお参りしています。
null
参道の急な石段を、最初は元気よく駆け上がって行きましたが
最後のほうは、心持ち疲労を感じながらの足取りに見えました。
null
さて、母さんの、この場所へ出掛ける楽しみのひとつでもある
門前の看板犬が、かりんの姿を熱心に見つめています。
3歳半になるテツくんですが、童顔&お子ちゃま体型なので
全く歳を取っていないかのような錯覚に陥ります。
加えて、かりんと遊びたくてたまらない、そのはしゃぎっぷりが
余計に子供っぽさを感じさせるのかもしれません。
null
今までなら、一度くらいはガゥ☆と声を発していたかりんですが
テツくんとほとんど目を合わせることなく、知らんぷり。
それでも、鼻先を近づけたかと思うと、ササッと後ろへ跳び退いたり。
「もう、ガゥガゥ☆はソツギョウ」とばかりに、シニアの貫禄?
…と言うよりも、シニアなりの省エネモードなのかもね。

三種類めのサプリメント

少しずつ…、足の震えを目にすることが多くなった昨年の12月。
現在飲んでいる、肝臓のサプリメントと腎臓のサプリメントに加え
かりんのサプリメントが、もう一つ増えました。
null
脊椎や関節の健康、加齢による骨関節機能の低下をサポートするもので
与えやすいシロップ状になっています。
症状としては、まだそれほど酷くないけれど、早めに対処することに。
飲み始めて1か月。
散歩中、立ち止まっている時の後ろ足の震えは相変わらずですが
ちょっぴり心もとなくなっていた排便時の踏ん張りに関しては
効果が表れているように感じられます。
null
前足・後ろ足が『しっちゃかめっちゃか』になるほどの、勢いのある走り。
null
軽やかに弾むような、ゆったりとした走り。
肉球で地面を感じながら、走りを楽しんでいるに違いないかりん
まだまだ、走るよ~!走り回っちゃうよ~!!

白の共演

空気は澄み、晴れ渡る冬の日…1月4日の光景です。
雪を頂いたBigなMountainの麗姿が、目に飛び込んできました。
null
ぼんやりと霞んでいたり、山頂に雲が掛かっていたりして
くっきりとしたその姿が見られる日は、そう頻繁にはありません。
母さんの大好きな山と、母さんの大好きなかりん
これはもう、最強の組み合わせでもあります。
ですから、この場にしばらく止まっていたいくらいでした。
null
各々に白さ際立つ、かりんの後ろ姿とBigなMountain。
もふもふで温かい白と、凛としてひんやりな白の共演です。

大好きな人たちとの時間

この年末年始は、年明けに甥っ子の部活の合宿があるため
妹一家は、12月27日から31日にかけて帰省してくれました。
そして、母さんの実家より110キロほど手前に位置する我が家に
27日は泊まることになりました。
年に二度くらいしか会えないのに、かりんはしっかり覚えていて
その喜びっぷりと言ったら…飼い主の立場がないくらい。
null
毎度のことながら、妹一家と会うとマッサージ漬けで、うっとり~♪
しかし、甥っ子のマッサージには、「まだ、シュギョウがたりんの」
とばかりに、身体をシャキッと伸ばして緊張気味。
それでも、決して嫌がることなくマッサージしてもらっている様子は
まんざらでもなさそうです。
null
翌日、薄っすらと雪が積もっている中、買い物などの用事を兼ねて
かりんとよく出掛ける隣県の港近くの公園近辺へ。
両親が買い物をしている間、甥っ子は散歩につき合ってくれました。
中学生の男子にありがちな、低く小さな声でのボソボソッとした喋り。
かりんの耳にはどんなふうに届いていたのかしら。
null
大好きな人たちと過ごす時間は、かりんにとっても特別な時間。
「楽しいな♪」を、いっぱい感じてくれたことでしょう。