経緯と決断

「100パーセント今までどおり!」ではありませんが
かりんは、そこそこ元気にしています。
このブログを読んでくださっているみなさまには
ご心配をお掛けしてしまい、本当にごめんなさい。
今回、時間外診療を受けることになった経緯とその後を
記しておこうと思います。
******************************
25日の夜から、かりんの様子がおかしくなりました。
決して暑くはないであろうにハァハァと息が荒くなり
痛みと闘っているかのような、身体の小刻みな震え。
ハウスに入ったかと思うと出てきて、あっちこっちをウロウロ。
やっと伏せをしたものの、目を細めながら耐えている感じでした。
これが診療時間内であれば、迷うことなく出掛けるのですが
この時点で、午後9時半を回ろうとしていました。
緊急性はなく、一晩様子を見ても大丈夫だろうと思いはしましたが
あまりにも辛そうにしているので、ドクターに電話で様子を話し
タクシーで(飲んでいたので)病院へ向かいました。
触診、検温、血液検査、レントゲン撮影、超音波検査の結果
普通なら、既に胃にはないはずのフードが留まっており
消化が全く進んでいない状況でした。
そして、以前にも指摘された腫大した脾臓が胃を引っ張り
それによって痛み等が出ているのだろうという診断でした。
また、脾臓に筋状の影が映っていたので
亀裂が入っているかもしれないということでした。
午後10時過ぎに到着してから、約1時間半を病院で過ごすうちに
かりんの様子は少しずつ落ち着いてきました。
痛み止めの注射と、胃や十二指腸の動きを良くする薬を処方され
自宅に戻った時には、もう午前様になっておりました。
null
また、翌日にも、軽いながらも前日同様の症状があったので
再び病院で診てもらいました。
加えて、今まで見られなかった脚のふらつきや頭の傾きがあり
首回りのレントゲンを撮りましたが、頸椎に異常は見られず。
しかし、神経が傷ついている可能性はあると言われました。
結局、25日・26日両日の診察結果から
腫大した脾臓、損傷しているかもしれない神経など
今回の不調は、複合的な要因によるものだろうということでした。
******************************
昨日の午前中までは、一気に年を取った感じが否めませんでしたが
少しずつ、エネルギーが充填されつつあります。
…と思ったら、今までとは違うトボトボ歩きになったりして
その表情や仕草、行動に一喜一憂しているところです。
null
それでも、今日は散歩に行く気満々☆だったので、車でちょいとお出掛け。
いつもとほぼ変わらない足取りと、用足し後の蹴り蹴り。
その何気ない姿に、愛しさと幸せがじーんと沁みわたりました。
null
今は薬が効いているのか、痛みは治まっているようですが
このままだと、いつまた同じような症状が出るかわかりません。
そこで、不調の要因のひとつとしてハッキリしている
腫大した脾臓を、後日、摘出することにしました。
かりん、頑張りますよ!

我が家の10連休

お鼻、ないない。
お手手、ないない。
null
最近のかりんは、こんなふうに寝るのが好きです。
寝ているところにケットを掛けてもらうのではなく
ケットとソファーの間に、むぐむぐっと潜り込むのが良いみたい。
******************************
などと、まったり~な記事を書こうと思っていた、この後。
かりん、犬生初の時間外診療を経験することになってしまいました。
詳しいことは改めて書くことにしますが
一気に年を取ってしまったように、動きが緩慢になっています。
null
思えば、この時既に、体調が優れなかったのでしょう。
しかし、動きはぎこちないものの、当初の痛みは和らいだようで
食欲も程々あり、今のところ状態は落ち着いています。
「安静にして過ごすように」とドクターに言われましたが
かりん自身もあまり動きたくはなさそうで、自主的に安静にしています。
というわけで、我が家の10連休はかりんの様子見になりそうです。

ベストポジション

風はすこ~し冷たいけれど、お日さまが当たるとポッカポカ。
そんな天気と、休日でのんびりしている母さん…とくれば
当然の如く、かりんは期待を抱きます。
でも、身軽なかりんとは違い、あれこれ塗ったり着たりと
母さんの出掛ける準備が整うには、ちょっと時間が掛かります。
null
それがよくわかっているので、慌てず騒がず待ちます。
こうやって、母さんの部屋の前で…。
null
ここにいれば、決して見逃すことはありません。
玄関にいるほうが、もっと確実な気がするけれど
母さんの部屋の前にいられるほうが、より急かされるのよね~。
長年の経験により見出した、ベストポジションです。

肉球タイヤ

かりんの肉球を見るたびに、タイヤのゴムを連想します。
若かりし頃は表面がしっとりしていて、急ブレーキをかけても
しっかり止まることができるくらい、グリップがきいていました。
null
でも今は、表面が固くなり、以前のような弾力もなくなったので
うっかり急ブレーキをかけると、スリップしちゃいます。
かりんには、超・安全運転でお願いしたいと思います。

7回目の我が町の桜

今年の我が町の桜は、先週末に満開になりそうでしたが
週末は母さんの実家だったので、出掛けることができませんでした。
そこで、たまたま休みだった翌日の月曜日に
祈るような気持ちで、かりんを連れて桜のトンネルへと向かいました。
null
桜は、たくさんの花をつけたまんま…でした。
「今年も、あの子は来るのかな?」
「もうそろそろ、来てくれるかな?」
そうつぶやきながら、待っていてくれたのかもしれません。
null
桜のつぶやきが、かりんには聴こえたのかなぁ。
null
時折、細い枝を大きく揺らす風が吹き、ハラハラと花びらが舞います。
その様子を、不思議そうに眺めるかりん
咲く桜と舞い散る桜を、一度に見せてもらった贅沢なひとときでした。
null
どんな桜の名所も敵わないくらい、母さんにとっては一番の桜並木。
かりんと一緒なら、そこが最高の場所なのです。

平成最後のお花見

今春の我が家のお花見☆第一弾☆は、母さんの実家へ向かう道中の
日本海を見下ろす小高い山の公園でした。
見頃にはちょっぴり早いのか、それとも過ぎてしまったのか…と
心配しながら立ち寄りましたが、ありがたいことに、ほぼ満開!
広い公園のあちこちで、シートを広げたりベンチに座ったりして
お弁当を食べている家族連れの姿が見られました。
null
満開の桜にテンション高めな母さんに同調するかのように
かりんの足取りも軽やかで、何だか楽しそう~♪
null
でも、お座りをさせてカメラを向けた途端…少々渋い顔。
気分よくクンクンしていたのを止めさせられて、不満そうです。
null
それでも、桜の樹の下でボリューミーな『ぷりケツ』を眺めながら
平成最後の記念撮影をすることができました。
「綺麗だね~」と、たくさんの人たちが愛でてくれる桜もあれば
誰の目にも触れることなく、ひっそりと咲く桜もあるでしょう。
その全ての桜に、「今年も変わらず咲いてくれてありがとう!」

呼び名いろいろ

愛犬の呼び名…いくつありますか?
かりんにも、その時のブームみたいな呼び方や
少しずつ変化していった呼び名などが、いろいろとあります。
かりん → かりんとうを齧る音からの連想で、『かりんぽりん』
『かりんぽりん』 → 『かりんぽ』 → 『かりんぽくん』
挙句の果てには、思いっきり省略して『ぽくん』
こうなると、かりんという名前からの変化とは思えません。
流石にこれは、実際にかりんを呼ぶ時の名前ではありません。
名前をうっかり口にして、こちらに注意を向けないように
「『ぽくん』は、よく寝てるね~♪」といった感じで使います。
null
あとはまぁ…母さんの心のほとばしりが言葉になったような
意味不明な名前もありますけど、これは内緒ということで。
円らな瞳を見ていると、また新しい呼び名が思い浮かびそうな予感。