かりん予報

今日のかりんは、電子ピアノの脚を枕にゴロ~ン。
null
自分の顔に見惚れて(?)いたら…。
null
心地良い幸せに包まれる、眠りの世界に誘われたようです。
本日のかりん予報は、「涼しい部屋でゴロゴロする一日」になる模様。
母さんも一緒にゴロゴロしたいなぁ~。

シニアな日々

かりん地方、やっと梅雨が明けました。
今日は、元気過ぎるくらいの日差しが降り注いでいます。
null
エアコンのきいた涼しい部屋で、寝ていることが多いかりん
ぐでっ…とした寝姿を見ると、シニア犬らしさがにじみ出ており
いつも、あるがままの姿を見せてくれた、今は亡きクマの姿が
ふわんと重なりました。
null
起きて活発に動いている時間は各段に短くなってしまい
あまりにも寝てばかりいると、私たち飼い主は心配になるけれど
気持ち良くぐっすり眠れるのは、身体も楽だということ。
なんてったって…立派なシニアだものね。
基本、しっかり寝て、しっかり食べる。
そして、たま~にキラリ☆と光る仕草や表情を見せてくれたら
母さんはそれで充分です。

居心地抜群☆

かりん地方、梅雨らしい天気が続いています。
戸外に出ると、酸素が十分に入ってこないような息苦しさで
「ココは本当に陸上?」と疑いたくなってしまうくらいです。
null
それでも、2か月振りのBigなMountainのハーブ園へ出掛けました。
直前まで雨模様だったので、園内の散策は諦めていたのですが
晴れ女かりんのパワーが勝ったのか、雨は止んでくれました。
null
しかし、あまりの湿度の高さのせいかクンクンも控えめで
園内をチャチャッと足早に回っただけで、建物内へと直行です。
お約束のオヤツをちょっぴりいただいて(本当はコレが目当て)
とりあえず落ち着きました。
null
今回、マスターとママさんの7か月になるお孫さんに「初めまして!」
赤ちゃんを間近で見たことのないかりんは、怪訝そうにしていましたが
ベビーカーからちょこんと出た小さな足を、クンクンしておりました。
きっと、「何だろう?」と不思議に思っていたことでしょう。
今年もラベンダーの時期は過ぎてしまっていましたが
ハーブを楽しむ以上に、足を運びたくなってしまう居心地の良さが
この場所には満ち満ちている気がするのでした。

カッパ犬

かりんです。
むむっ、ワタシのあたまにのっかっているのはなんですか?
おとさないようにウエをみたけど、な~んにもみえません。
null
かあさんは、「カッパみたい」ってわらうけど…そうなの?

マズル撫で撫で

日曜日、港近くの公園をかりんと散歩していたら
離れた場所にいたカップルが、こちらをじぃーっと見ていました。
そして、視線をかりんに合わせたまんま近づいて来られました。
null
「何犬ですか?」と、ヨガマットを抱えたその女性に尋ねられたので
「雑種ですが、ほぼ柴犬です」と答えると、「やっぱり柴犬ですか」
これだけのやり取りなら、ごく普通のことだったのですが
母さんが「!」と思ったのは、その方の触れ方でした。
おもむろにしゃがみ、かりんのマズルの上を指で優しく撫で撫で。
普通、初対面の方は、頭の上や胸のあたりを撫でてくださいますが
ここを撫でられたのは初めてでした。
それ以上の会話はしなかったのですが
おそらく、犬好きで、犬のことをよく知っている方だと思いました。
null
かりんと散歩していると、まるで吸い寄せられるかのように
犬好きの方が近づいて来てくださいます。
もしも、偶然どこかで見かけたら、声を掛けてくださいな~。
決して愛想は良くないけれど、クンクンでご挨拶いたします。

ギザギザ頭

毛むくじゃらのみなさん、夏に向けての衣替えは終わりましたか?
えっ、まだ終わっていない?
我が家の毛むくじゃらかりんも、まだまだ換毛中です。
null
ボディはかなりスッキリしてきましたが、頭の上がモゴモゴ。
null
今、かりんの頭の輪郭はギザギザになっています。
うぅ~っ、引っこ抜きたい!

ペロペロ

健康診断の結果がスルーできなくなる、そういうお年頃の母さん。
気になるコレステロールと血圧が下がったらいいな~と
2か月ほど前から、毎朝トマトジュースを飲んでいます。
飲み干した後のグラスを、じぃーっと見入っていたかりん
試しに、グラスについたトマトジュースを指先につけ
目の前にヒョイと差し出してみました。
すると、かなり好みの味だったようで熱心に舐め始め
我が家では、毎朝この光景が見られるようになりました。

さぁ、あなたも!
モニター越しに指を重ね、かりんにペロペロされてください♪

湖岸の風

梅雨真っ只中のかりん地方。
今週は、天気の大きな崩れはなかったものの、どんよりの空模様。
それでも、今日はちょっぴり晴れ間が覗きました。
お友だちに教えてもらったパン屋さんのオープン時間に合わせ
湖沿いの公園で、散歩を兼ねたのんびりな時間調整です。
null
日向は少し暑かったけれど、湖岸を吹き抜ける風が心地良いせいか
かりんは張り切って歩こうとします。
「あんまり歩いたら、帰りが辛いもんね」
な~んて思わないようで、考えなしにどんどん進んでいきます。
なので、適当なところで折り返すため…ちょっと不満げ。
null
折り返し地点からは水辺を歩き、時折、湖面を覗き込みます。
ここは塩分を含んでいる汽水湖なので、入りませんよ~。
null
滅多に来ない公園の散歩は、とっても新鮮です。
母さんは景色と涼風を味わい、かりんはニオイを楽しみました。
null
― おまけ ―
湖面にプカプカ浮かんでいる灯浮標。
母さんの目には、両肘を曲げて水平に肩の高さまで上げ
両足を広げて立っている人…にしか見えなくなっちゃいました。
今にもユラユラ踊りだしそうな気がして、つい見入ってしまいます。