熱烈☆お食事サービス

かりん御膳では、高栄養リキッドと混ぜてトロトロにしていた缶詰。
最近は、再び、缶詰を単独で食べてくれるようになりました。
null
かりんが食べやすいように、小さい塊にしてお皿に置きます。
null
このまま「完食~!」といけば御の字なのですが、到底無理です。
そうかと言って、食べるまでゆっくり待つわけにもいきません。
そこで、母さんが編み出した(?)食べさせ方をご紹介。
null
まず、小さな塊を人差し指にとります。
null
そして、上唇をめくり、上唇と歯茎の間に上手く挟まるように
この缶詰の塊をこすりつけます。
飴玉を舐めているのに、どうしても喋らなくてはならなくなった時
私たちが飴玉を一時的に避難させる、あの場所です。
半ば無理矢理なので嫌がるかと思いきや、結構食べてくれています。
いわゆる『強制給餌』に近い食べさせ方かもしれませんが
母さんの愛情たっぷりな『熱烈☆お食事サービス』と名付けました。
このサービスが必要ないくらい、食べてくれることを願いつつ…ね。

二進も三進も…

自分の力だけでは歩くことができないかりんですが
どうしても移動したい時は、えっちらおっちら匍匐前進します。
ですから、かりんが動きそうなルートには滑り止めシートを貼り
また、かりん自身もその上を巧みに移動します。
しかし、思うように脚が動かないため、その移動は容易いものではなく
時折「キュンキュン」鳴きながらの匍匐前進です。
null
今日は、ひときわ悲壮感漂う鳴き声が聞こえてきたので
慌てて駆けつけてみると…。
後脚が、前にピーンと伸び切った状態でフリーズしておりました。
null
前から見ると、凄く不自然。
この体勢では後脚に力が入らないので、二進も三進もいきません。
こんなふうに、日に何度かフリーズして鳴きながらも
メゲることなく諦めることなく、匍匐前進しようとするかりん
あなたの根性に、大きな『はなまる』を進呈しましょう。

マンゾクな日

かりんです。
アシが『ピーン&ぐんにゃり』で、やっぱりあるけないけれど
まえよりも、ゴハンをたべられるようになってきました。
だから、ワタシはけっこうゲンキです。
null
そうそう、きょうはオムツをかえるときにトイレシートのうえで
しばらく「アイム・フリー♪」にしてもらいました。
そうしたら、なんとなくカイホウテキなキブンになっちゃって~。
たまたまワタシのオシリをみていたかあさんが、「!!」ってきづいて
シートのうえでかかえてくれたから、ぶじにウンチができました。
null
ふつうのポーズでウンチできると、とってもスッキリします。
ワタシもマンゾク、かあさんもマンゾクでした。

分離不安?

我が家に迎えた頃の数日間の夜鳴きと、ご同類へのガゥガゥ☆を除き
かりんは鳴くことがほとんどありませんでした。
知らない人に警戒して鳴いたり、散歩を催促して鳴くこともなく
また、独りぼっちになる留守番の時でもおとなしくしていました。
更に、ベランダに出しているのを忘れてサッシを閉めてしまった時など
「こんな時は鳴いてもいいのに~」って時でも静かでした。
null
しかし、最近は少し様子が違ってきました。
独りになりたい時もあるので、四六時中というわけではないけれど
母さんの姿が見えないと、甘えるみたいに鳴くようになったのです。
思うように動けないので、おそらく心細い気持ちになるのでしょう。
null
今になって、これまで鳴かなかった分を取り戻すかのようでもあり
「やれやれ…」と思いながらも、ちょっと嬉しかったりする母さんです。

ぷりケツの友

昨年12月中旬、かりんオムツデビューを果たしました。
その頃は、そのまま使える犬用オムツを使っていたのですが
その後、人間用オムツに手を加えたものを使うことにしました。
人間用オムツを買うにあたって、まず最初に悩んだのが
どのブランドにするか…です。
『新米ママ必見!人気の紙おむつを徹底比較!』との謳い文句の
母さんにはちょっと場違いなサイトで情報収集。
何でもそうですが、同じサイズでもブランドによってまちまちで
小さめだったり大きめだったり。
1個ずつ買って、いろいろ試すことができればベストなのですが
(新生児用やSサイズなら、お試しセットがあるようです)
52枚入りとか82枚入りとか、1パックの量が多過ぎて。
オムツコーナーで迷いに迷った挙句、やっとこさ~決めました。
null
次に、どうしようか迷ったのが、尻尾を通す穴の形状です。
穴の形状にも何種類がありましたが、十文字に切れ目を入れ
外側に折り返してサージカルテープで止める、四角形にしました。
他の形状を試していないので比較はできませんが
とりあえず、これで事が足りています。
null
ちょっとした隙間時間に、内職っぽくせっせと加工する母さん。
面倒ではあるけれど、この時間…そう嫌いじゃないかも。
null
当のかりんも、すっかりオムツに慣れてくれましたし
今やオムツは、かりん自慢の『ぷりケツ』の友となっております。