まず 河津桜

振替休日だった月曜日、河津桜を見に出掛けました。
例年なら、3月に入ったあたりが見頃だと記憶していましたが
今年は既に、多くの花が開いておりました。
null
ポカポカ陽気の中を、ゆっくりお花見するつもりだったけれど
あまりにも風が強くて、思った以上に寒かったのでした。
null
お座りのできないかりんは、地面の上にドーンと伏せ
お日さまの光と強風に、目をショボショボさせておりました。
null
「桜を見に行く!」
今年のかりんの目標が、ひとつ達成できました。

家族記念日 2020

今日は、かりんが我が家の家族になってから14回目の家族記念日。
誕生日と同じくらい、とっても大切な日でもあります。
昨年11月頃から、一気に身体が衰えてしまったかりん
ご飯を食べなくなって体重もグングン減り、そして歩けなくなり…。
年を越せるか?冬を越せるか?と、不安でいっぱいでした。
正直なところ、心のどこかで少しずつ別れの覚悟をしていました。
でも、かりんは頑張って年を越し、春はもうすぐ目の前です。
null
別れの覚悟をしつつも、かりんと過ごすことのできた月日は
もしかすると『なかったかもしれない時間』
そう思うと、今の時間は神さまからの贈り物の時間です。
我が家の家族になってくれたかりん
この贈り物の時間を、もう少し一緒に過ごしたいと願っています。

窓越しの日向ぼっこ

1階の和室の窓際には、かりん専用の座布団が置いてあり
その上にチョコンと座って、外を眺めるのが好きだったかりん
外から帰ってきた時、そんな姿を見つけると嬉しかったものでした。
null
今は、お天気の良い日には、こうして長座布団を窓際に置いて
カーテンを少し開けて日向ぼっこさせています。
null
冬の柔らかな陽の光を浴びたかりんは、ぽっかぽか&ふわっふわ。
母さんにとっての『幸せのニオイ』が、ぷんぷん♪です。

車大好き

今の時期は、かりんを車に置いて用事を済ませても大丈夫だし
留守番させると、ずっと鳴いていそうなので一緒に連れていきます。
null
元来、車に乗るのが好きということもあってなのか
少し愚図っているような時も、車に乗せると静かになります。
まるで…赤ちゃんみたい。
null
今日は良いお天気で、車の中は適度にポカポカです。
買い物を終えて戻ると、気持ち良さそうにウトウトしています。
そんなかりんを、そーっと眺めるのが、母さんは大好きです。

あわてない あわてない

建国記念の日の昨日も、戸外に出てお日さまを仰ぎたくなるような
冬の晴れ間となりました。
これはもう、かりんを連れてお出掛けするしかありません。
市内の、古墳のある公園へGO!
普通に元気だった頃なら、車がこの公園へ向かっているとわかると
ワクワク感いっぱいの表情になっていた、かりんの大好きな場所です。
null
今回は、忘れずに前脚用の補助ハーネスも持って行きました。
前脚の付け根あたりと、腰のあたりを上へ引っ張りながらなので
それほど不自然な格好にはなっていません。
でも、足先が内側に折れ曲がる『ナックリング』になってしまうため
一歩一歩確認しながら、ゆっくり進みます。
室内では、匍匐前進でちょこちょこ移動するようにはなったけれど
立って歩くことは、かなりのエネルギーを必要とします。
null
ほんのちょっと歩いただけで、お疲れのようです。
「あわてない あわてない、ひとやすみ ひとやすみ♪」

冬の空気

数日前の予報では、良い天気ではなかったはずのかりん地方。
しかし、朝から青空が広がる穏やかな一日となりました。
天気に恵まれ、ゆっくり過ごせる休日は、何だか久しぶり。
そこで、買い物と食事を兼ねて、隣県の港近くの公園へ。
うっかり、前脚用の補助ハーネスを忘れてしまったため
簡易的な補助ハーネスで、芝生の上を少しだけ歩きました。
null
とは言っても、こ~んな感じのへっぴり腰なので、それほど歩けません。
それでも、オシッコもウンチも普通にできました。
null
そして、シャチホコのような不自然な格好をしながらではありますが
熱心に芝生をクンクンしておりました。
null
散歩…とまではいかないけれど、冬の空気を胸いっぱい吸って
かりんも少しは満足してくれたかなぁ。

立つ・歩く

今は、一日の大半を2階で過ごしているかりんですが
どうも、母さんの部屋に置いてあるマットはお気に召さないようです。
null
今日も、脱出を試みていました。
null
しかし、見事に転んでしまいました。
null
…が、転んだ方向が良かったので、すぐに起き上がりました。
そして、ドアのところまで匍匐前進です。
これが逆方向に転んでしまうと、なかなか起き上がることができず
ひっくり返った虫みたいに、四肢をバタバタさせます。
でも、あえて手を貸すことはしません。
関節を動かし、鈍くなってしまった神経を少しでも刺激することが
今のかりんには必要だからです。
今更ながら、いや、こうなってしまったからこそ
『立つ』『歩く』ことの凄さを、嫌というほど思い知らされています。

オヤツはどこ?

かりんです。
ずっとまえからたべている、ワタシのだいすきな新しいオヤツ
むかしは、かあさんがヒョイとなげたのをうまくキャッチして
カリポリ…ってたべていました。
それをおもいだして、かあさんがヒョイってなげました。
null
こっちにとんできたはずなのに、どこにもありません。
null
ねぇねぇ、オヤツはどこにいっちゃった?