外面の良さ

かりんです。
きのう、ビックリな…じゃなくって、ビッグなマウンテンのちかくまで
かあさんのブッブーにのっておでかけしました。
さいきんのワタシのおでかけは、ビョウインか、かあさんのジッカくらいだから
とってもひさしぶり~なかんじがしました。

ビッグなマウンテンは、くもにちょっぴりかくれていたけど、とってもキレイでした。
ユキもいっぱいのこっていました。

Kちゃんがだっこして、ユキのうえにおろしてくれました。
でも、やわらかくてつめたくて、カキーン☆ってカラダがかたまっちゃいました。

そのあと、おともだちのまるこちゃんのおうちにおじゃましました。
かあさんは、ワタシがすぐにグズってしまうだろうとおもっていたみたいだけど
まどのそばは、おひさまがポッカポカできもちよくて、しっかりねんねさせてもらいました。

いきとかえりのブッブーのなかではおおさわぎだったのに、ソトヅラのいい…ワ・タ・シ。

右と左

「左を下にしないと眠れない」など、私たち人間も落ち着く方向があったりします。
今のかりんは、それが非常に顕著です。

これは今に始まったことではなく、全く歩くことができなくなってからなのですが
右側を下にすると前脚が不自然な格好になり、「こっちはやだーっ!」と大騒ぎ。

昨年の終わり頃までは、左を下にして横になった状態からは何とか上体を起こすことができ
まがりなりにも伏せのポーズをとり、そのままご飯を食べさせることができました。

しかし、今は一日のほとんどを左側を下にして横になっているため
いつも下側になっている左目は、圧迫されてなのか常に涙目になっている感じで
その涙が渇く暇もないので、左目の周りは涙やけでえらく汚れてしまいました。

かりんの顔の右側はこれまでと変わりなくキレイなまんまですが
左側から見ると別犬のように見えてしまいます。

そんなこんなで、日常的にかりんの正面顔を見ることが少なくなってしまったけれど
今日は久々に、正面顔が撮れました。
右側を下にした苦手な体勢にされ、暴れている最中に…カシャ☆

もふもふ健在

ウンチの処理をした後、オムツを外したまましばらく「I’m Free~♪」になったかりん

何だか、捨て置かれた犬…みたいに見えてしまってはいますが
これでも機嫌よくリラックスしています。

例年のごとく、昨年の秋頃からアンダーコートがどんどん抜け始め
只でさえ細い身体が、余計に薄っぺらくなってしまいました。
痩せっぽちになってしまい、栄養状態も決して良くはないだろうし
もしかすると、もうこのまま毛が生えないのでは…と心配しましたが
気がついたら、再びアンダーコートが生えてきていました。

一日中オムツなので、真っ白だった毛は尿やけしてしまいましたが
ほらっ、かりん自慢のもふもふな【ぷりケツ】は健在です。

5キロほどの身体になってしまい、身体にそーっと手を置くと
一瞬ドキッとするくらい、肋骨や腰骨が真っ先に手に触れてきます。

でも、もふもふな毛のお陰で、そんなふうには見えません。
そんなかりんのもふもふに、母さんは本当に助けられています。