今週末は天気が今ひとつでしたが、日曜日はちょこっとお出掛け。

null

さて、ガゥガゥ顔でかりんが見ているのは…誰でしょう?

null

昨年の10月、初めまして -7-だった、お気楽日和ふくたくんです。
最近、ふくたくんご一家がハマって(?)おられるキャンプ。
この週末、我が市にあるキャンプ場に泊まられるとの連絡をもらい
ふくたくん、ふくねえさん、ふくにいさんに会いに行ってきました。

約1年ぶりに見るふくたくんは…って書こうと思ったけれど
その姿をブログで見ているので、1年ぶりな感じがしません。
ごくごく自然に「やぁ!」って感じです。

前回会った時より、顔つきが少しオトナっぽくなったみたい。
そして、脚がグーンと伸びたように見えました。

null

ふくたくんに、一方的なガゥガゥをした後は
『テリトリー外 & 開放的な場所』ということもあってか
程々の距離を保って、思い思いにクンクンやらマーキング。

ふくたくんは一緒に遊びたくて、そ~っと近づくけれど
近くに寄って来られると、かりんはササッと逃げてばかりでした。

null

可笑しかったのは、かりんがマーキングした後には必ず
ふくたくんが上書きしていたこと。
そして時折、その逆も。
さり気なく、『上書き合戦』が繰り広げられておりました。

null

銀杏の葉っぱの絨毯の上で、保護色気味な…ふたり。
仲良く並んでのショットは撮れないけれど、これがふたりの距離。
でも、そんな距離にさえ思わず微笑んでしまう、晩秋のデートでした。
Posted by: hako
||

秋の湖畔

11月14日
車通りや人通りの多い街中は、避けてしまいがちなかりんの散歩。
でも、たまにはそんな場所にある湖畔の公園へ出掛けましょ。

公園横の小さな駐車場には、十数台分のスペースしかないので
「空いているかなぁ?」と心配しながら入ってみると
まるで我が家のために空けてあったかのように、1台分が。
流石☆かりんパワーです。

null

大きなナンキンハゼの葉っぱや、サクラの葉っぱが紅く色づき
公園は、紅葉真っ盛り。

null

道路をくぐって湖畔への散歩道へ出ると、湖に浮かぶ小さな島。
この湖畔は、我が市の有名な観光スポットでもあります。

null

以前、行列のできる湖では割り込みしていましたが
もう十分過ぎるくらいオトナですから、キチンと最後尾に並びます。

さぁ、先頭のウサギさんと並んで湖を眺めましょう。

null

いつも、必ずと言って良いくらいカメラに背を向けて座るので
ウサギさんとかりんの背中を写せるはず…でした。

それなのに、何故か珍しくこっちを向いて座りました。
う~ん、わざとやっているとしか思えないっ。
Posted by: hako
||
土曜日は、我が家から車で40分ほどの『日本五大山城』のひとつに
4年半ぶりとなる城攻めに出掛けました。

null

これから、向こうに見えている『七曲り』と呼ばれている
つづら折りの道を登って行きます。
本丸までは600メートルで、所要時間20分とありますが
前回、甘く見過ぎてヒーヒーだったので、心して臨みます。

null

最初は勢い良くタッタカ登っていたかりん
しばらくすると、「まだ登るの?」と言わんばかりに動かなくなり
トコトコ引き返そうとし始めました。
でも、せっかく来たので本丸まで行きたいですから
ちょっと立ち止まって休み、かりんを促しながら再びの上りです。

体力が回復したのか、それから先は足早に上っていったかりん
対照的に、母さんの脚はどんどんどんどん重たくなっていき
頻繁に立ち止まりながらの城攻めとなりました。

null

本丸に到着する頃には、もう汗だく。
重りをつけたようなになった脚を、何とかかんとか動かして
上ってきた後に見下ろす景色は、心地良い疲労感と達成感とで
とても清々しいものでした。

null

かりんは、七曲りを上ってきたとは思えないくらいの余裕。
…ですが、本丸での蹴り蹴りにはいつものキレがなかったので
母さんと同じく、脚に疲労が溜まっていたのでしょう。

この山城への城攻めは、今回が最後かなぁ。
Posted by: hako
||
ソファーでくつろいでいたら、だんだん眠くなってきたかりん



眠気と闘っている姿は勿論なのですが
母さんのツボは、もうひとつ別のところにもありました。
それは…チョコンと重ねられた前足。

ああ~、これはいつまでも見ていられそうです。
Posted by: hako
||
今年も、11月1日を無事に迎えることができました。

今回のケーキは、土台がフードの缶詰なのは変わりませんが
デコレーションが今までとはちょっと違います。

null

裏ごしした焼き芋にヨーグルトを混ぜてペースト状にし
ナイロン袋を使って、チョンチョンと絞り出してあります。
白く薄っすらとかかっているのは、粉状のサプリメントです。

null

先日、ドクターからお許しの出た『さつまいも』と『ヨーグルト』
それらを使って母さんが腕をふるい(?)ました。

null

いつもと違う美味しいモノを食べさせてもらえるけれど
変なカタチになっていて、とっても食べにくい…。
「それが、ワタシのタンジョウビ!」な~んて思っているかしら。

結局は、毎度のようにスプーンで食べやすく崩し始めると
やっとのことでガツガツと食べ出しました。

null

かりんの下唇には、さつまいものペーストがついたまんま。
夢中になって食べていたので、それなりに喜んでくれたようです。

null

13回目ともなると、この日は、重みと深みを更に増してきます。

あとどれくらい、かりんと一緒にいられるのかわからないけれど
こうして共に過ごす月日は、神さまからの贈り物。
そう思いながら、愛しい愛しい時間を過ごしていきましょう!
Posted by: hako
||
今日は良い天気でしたが、上着を羽織らないまま外に出ると
「しまった…」と後悔してしまうような気温でした。

出掛けた公園にある遊具は、いつもなら子供たちが遊んでいますが
肌寒さもあってなのか、だ~れもいません。
かりんが2歳半の頃、後追いして遊具に上ってきたことがあったので
母さんが先に上がって、呼んでみました。

かりん、おいでっ!」

null

しかし、「上りたいなぁ~」と言いたげな顔を見せてくれながらも
「ちょっとムリです…」と、心の声。

それでも、母さんが声をかけ続けると遊具の周りをあちこちし
急斜面になった場所から、ついに上り始めました。

null

null

null

null

まさか、ここから上ってくるとは思わなかったので
カメラを構えて撮り続けながらもビックリ☆
もう少しで13歳になるとは思えないくらい軽やかな身のこなしに
母さんは無性に嬉しくなりました。

ゴロゴロ寝てばかりと思ったら、こんなにもパワフルな姿。
かりんの実年齢を忘れてしまいそうです。
Posted by: hako
||

秋の一日

10月24日
今日は、文句のつけどころがないくらいの散歩日和でした。
たまたま休みを取った母さんは、市内にある古墳のある公園へ
かりんを乗せて車を走らせました。

null

青空が広がっているものの、日差しはそれほど強くありません。
思わず口からこぼれる言葉は、「気持ち良いねぇ~」

♪: 古墳deコーフン 古墳deコーフン
♪: 縄文土器 弥生土器 どっちが好き? どっちもドキ
…などと口ずさみながらかりんと歩きました。

null

しばらく歩いていると、稲刈りを終えた田んぼに
この場所で毎年見ることができる、秋の風景の『ヨズクはで』。

古墳のある公園内を散策し、田んぼのある場所まで来ると
この辺りをぐるりと回った感じで、結構歩いたことになります。
田んぼから駐車場に向かっての道中、流石に疲れてきたのか
かりんはトボトボ歩きになりました。

null

帰宅したら…はい、この通り。
床の上で行き倒れになっちゃいました。
今日は、ゆっくりいっぱい歩いて、秋の日を満喫した一日でした。
Posted by: hako
||
2回目の歯石除去をして、おっそろしく臭かったかりんの口臭は
嘘のようになくなりました。

null

今は、歯石除去後のアフターケアのため
食後に、左右の奥歯に向けてオーラルスプレーをしています。
いきなりシュッと出るスプレーに、どうしても慣れないようで
その度にビクッとしますが、甘味があるのでイヤではないみたいです。

null

スプレーした後は、かりんの口元からクランベリーの香りが
しばらく漂っています。
でも、おっそろしく臭かったニオイも、ちょっと懐かしいような~。
Posted by: hako
||
かりんと車で出掛ける時は、後部座席に乗せるのですが
運転をしていても、かりんがアクビをしたことがわかります。
なぜなら…おっそろしく臭いニオイが漂ってくるからです。

私たち人間でも、歯周病が悪化すると全身に影響を及ぼします。
同様に、犬でも歯周病が慢性心不全や慢性腎不全の原因のひとつと
言われているそうです。

5年前、歯石除去をしてもらってピカピカになったのですが
その後のケアを何もしていなかったため、再び大量の歯石。
ずっと気になりつつも放置していたけれど
頑張れ!腎臓のためにも、本日取り除くことにしました。

前回は幸いにも抜歯には至りませんでしたが、今回は…。
粘膜の壊死が見られた右上顎の一番奥の後臼歯を、1本抜きました。
更に、犬歯もかなり危機的な状況だったようですが
これは何とか抜かずに済みました。

null

帰宅したかりんは、予想通り、いつもと違う感じでしたが
朝ごはん抜きだったこともあって、夕ご飯は完食してくれました。

null

前回の歯石除去の時は7歳でしたが、今回は12歳。
ドクターを信頼しているので、心配はしていないはずでしたが
心のどこかでは、ちょっぴりの不安を抱えていたことを
かりんが無事に戻って来た時、より強く感じた母さんでした。
Posted by: hako
||

静かな眼差し

10月11日
台所に立って料理をしていたら、ふと…視線を感じました。

null

静かにじぃーっと、かりんがこちらを見つめていました。

かりんがまだまだ若かった頃、母さんが台所にいると
ソファーの背もたれに前足をかけて、よくこちらを見ていたっけ。
まるでヒヨコさんみたいな恰好で~。

null

でも今は、母さんが何をしているのかわかっているからなのか
貫禄たっぷりで、どどーんと構えて見ています。

この落ち着いた眼差しにも、積み重ねた時間を感じるのでした。
Posted by: hako
||