Archives  karinnew/index

 

夜中の訴え

10月31日
最近は、夜中かりんに起こされることはありませんでした。
しかし、夕べは2時くらいにカツカツ…と部屋を歩き回る音と
時折ピィピィと訴えるような声で目が覚めました。

トイレシートは所定の位置にあるのでオシッコではなさそうです。
そうこうしているうちに眠りに就いたようでしたが
朝方5時くらいになってから、再び忙しなく部屋を歩き回り
ベランダへの窓をカリカリするので、窓を開けて出してやると
満足したのか、すっかり大人しくなりました。

そして、いつもの散歩の時間がやってきました。
近頃では散歩を催促することは殆どなくなっていたのですが
今朝は、しつこいくらい「早く行こう!」と訴えます。
普段はある程度歩いてからでないとウンチをしませんが
珍しく速攻での排泄でした。
それも、ちょっぴりお腹の調子が良くなかったみたいです。

karin_07_34.jpg

夜中、ピィピィ鳴きながら落ち着きなく歩き回っていたのは
どうやらウンチがしたかったのかもしれません。
部屋でしたくないから、一生懸命に我慢していたのでしょう。
今は、スッキリしたのか安心したように眠っています。

そんなことにも気づかなかったなんて…。
いつもと違う行動の裏には、必ず何かがあるということを
肝に銘じた母さんでした。
ごめんね。
Posted by: hako
||
今日は、里親さん募集中の保護犬に会いに、momomamaさんちへお邪魔しました。

other_07_03.jpg

ちびっこたちは、慣れない場所に不安なのか兄弟でずっとくっついています。
右側のワンちゃんは、遠方で保護され里親探しをしていただいていたのですが
事情もあって、あちらでは里親さんが見つからなかったようです。
150キロあまりの道のりを、こちらまで連れて来てくださったそうです。

karin_07_33.jpg

さて、母さんが帰宅するや否や、目を真ん丸くして耳をピ~ンと立てたかりん
緊張しながら母さんの服のあちこちをチェックし始めました。
その間、母さんは成すがままになっております。

momomamaさんちの小梅ちゃんに「好き好き!」されたのがバレちゃったかも?
Posted by: hako
||

順応

10月29日
今日は休みの母さんでしたが、急な用事ができたため
出掛けなくてはならなくなりました。
母さんのお休みを察知して朝から余裕のかりんでしたが
予期せぬ「ハウス!」の言葉に、ちょっぴり不満顔。
それでも、重たい足取りながら、おとなしく入ってくれます。

karin_07_32.jpg

日頃から、留守番に慣れているせいかもしれませんが
こうしてイイ子で(…たぶん)待っていてくれるので
母さんはいつも安心して出掛けることができます。

様々な状況を受け容れつつ、生活に順応している姿を見ると
その適応能力の素晴らしさを改めて感じます。
我慢しなければ(させなければ)ならないことも沢山あるけれど
人間と一緒にいることが一番の幸せなのでしょうね。
Posted by: hako
||

再チャレンジ

10月28日
「家の中にいるのは勿体ないですよ~」
今日も、そんな風に誘われているかのような良い天気でした。

other_07_02.jpg

先週の日曜日、かりんが華麗なるクライミングを見せてくれた公園へ
再び足を延ばしてみました。

karin_07_31.jpg

かりんは再度挑戦してくれるのでしょうか?
母さんは、また壁をよじ登って上から見下ろしてみました。

karin_07_30.jpg

しかし、今回は壁を全く無視して、ピィピィと甘え声を出しながら
横にある幅広のステップから母さんの所へ来ようとしました。

あの壁をよじ登るのには相当なエネルギーが要ったのでしょう。
流石に今回は挑戦する気にならなかったようです。
それとも、ステップから行くほうが楽だと学習したのかな?
Posted by: hako
||

膝枕

10月27日
今日はお休みなので、朝からみんなまったりです。
いつもは、早々に「ハウス!」と言われてしょんぼりするかりんですが
今朝はベッドの上でのんびりと過ごしております。

karin_07_29.jpg

ひとしきりライオンさんたちと遊んだ後のかりん
あ…ライオンさんに膝枕してもらってる~。
あああっ、羨ましいぞっ、羨まし過ぎるぞぉ~ライオンさん♪
Posted by: hako
||

小さなお友達

10月26日
いつもの散歩コースで、時々見かける子供たちがいます。
小学校低学年&幼稚園と思われる兄弟で
離れたところからかりんの姿を見つけると
「あっ!犬ちゃんだ~」と嬉しそうな声を出しながらも
ちょっぴり遠慮がちに近寄って来ます。

「散歩に行くの?」
「犬ちゃん、喉が渇いたらどうするの?」
「犬ちゃん、疲れちゃったらどうするの?」
次々と質問が飛び出てきます。
可愛い質問攻めに、母さんなりに一生懸命答えていたら
その小さな手の中に納まった、泥団子を見せてくれました。

karin_07_28.jpg

まん丸な泥団子を、そっとかりんに向けて差し出したので
「団子…壊しちゃうかもしれないよ」と言うと
「また作るから大丈夫だよっ」との言葉が返ってきました。
差し出された団子は、案の定、かりんの前脚によって
グシャリと潰されて跡形もなくなってしまいましたが
「あ~あっ」と言いながら、子供たちと大笑いした母さん。

それ以来、出会う度に手を振ってくれるようになりました。
かりんと母さんに、可愛いお友達ができました。
Posted by: hako
||

食欲の秋

10月25日
かりんの1日のご飯は、ドライフード130グラム。
それを、朝夕の2回に分けて与えることにしています。

最近は特に、ご飯の時間が待ち遠しくてたまらないらしく
カラカラとストッカーから計量カップでフードを量る音がすると
ササッと食器台の前に先回りして待っています。

「座れ!伏せ!待て!」の後に、ご飯にありつけるのですが
がっついて食べるかと思いきや、その予想を裏切って
とってもお上品にカリポリ・カリポリと少しずつ食べています。
この食べ方は、子供の頃から全く変わっていません。

karin_07_27.jpg

食べ終わってからしばらくすると、また食器台の前にやって来て
「まだ食べていませんけど…」というような顔をしています。

ご飯をあげたことを忘れてしまうほど、母さんはボケてはいません。
それとも、かりんがボケちゃったのかしら?
はたまた…食欲の秋がそうさせる、これも演技なのでしょうか?
Posted by: hako
||

犬と話す

10月24日
かりんと話ができたらなぁ…」
これは、母さんがいつもいつも思っていることです。
犬と暮らしている人なら、誰もが願うことだと思います。

先日、犬と話すことについて書かれたある本を読みました。
その中で、犬と話すには以下の3点が基本だと書いてありました。
 ・ 常に話しかけること
 ・ 聞く耳をもつこと
 ・ 抱きしめること

karin_07_26.jpg

えっ、これって…。
この3つは、かりんに対して母さんがいつもしていることでした。
「どうしたの?」と話しかけ、身体を撫でることそのものが
お互いの気持ちを通じ合わせる基本だったのです。

人間同士のような言葉のやり取りはできないけれど
かりんの気持ちや、考えていることがわかってきたような
そんな気がしている最近の母さんでした。
Posted by: hako
||

花梨…その後

10月23日
先日、花梨の実を買ってから3日が経過しました。
かりんの前脚での攻撃に、かなり傷ついてしまった花梨ですが
日を追うごとにその傷がハッキリと痛々しいものになってきました。

これ以上そのままにしておくと、どんなことになるかは想像に難くなかったので
かりんに見つからないようにこっそりと本棚の上へ隠しました。
…が、ふと見ると本棚の上の花梨に向かって伏せをしているではありませんか。

karin_07_25.jpg

ゴチャゴチャと物が置いてある本棚なのに、どうしてわかったのか不思議です。
やはり、優れた嗅覚が香りの出所を突き止めたのでしょうか?

し・しかし、余りにも傷つきすぎた花梨ちゃん。
あまりの仕打ちに怒ってしまって、渋さが倍増したかもしれません。
Posted by: hako
||

クライミング

10月22日
風には少し肌寒さを感じるものの、秋晴れの空に誘われて
隣県のマリーナそばに位置する公園へ出掛けました。
車で40分程という比較的近くにある公園なのですが
その存在を、今まで全く知りませんでした。

other_07_01.jpg

さて、この広い公園の一角には
小ぢんまりとしたアスレチック遊具が設置してありました。
こういうのを素通りできない性質の母さん。
その中の、「90度近い傾斜をロープで上る」に挑戦しました。
筋力の衰えをひしひしと感じながらも何とか上へ到着。
下を見ると、かりんが何か訴えるような顔で見上げています。

karin_07_24.jpg

次の瞬間、この壁をよじ登ろうとし始めたのです。
まさか、上がって来ようとするなんて思いもしなかったので
驚いてしまいましたが、様子を見ることにしました。

何度か挑戦しましたが途中で断念し、それでも諦めずに登ろうとしていました。
そして…5度目くらいだったでしょうか。
やっとのことで、母さんのいる上まで辿り着くことができました。

karin_07_23.jpg

「母さん、登れたよっ!頑張ったよ!」
かりんの顔を見ると、満足そうなホッとした表情をしておりました。
ちょっぴりヒヤヒヤしましたが、必死になっている姿にグッときた母さんでした。
Posted by: hako
||
先日、お買い得になっていた新しいソファーを買いました。
最近よく見かけるようになった、何とも言えない触り心地で
生地を撫でているだけで幸せな気分になり、思わず頬ずりしたくなる感触です。

karin_07_22.jpg

勿論、かりんのために購入したのではありませんが
母さん以上にお気に召した様子で、それは気持ち良さそうにくつろいでいます。
かりんも、このソファーに負けないくらいの触り心地だと思うのですが
如何せん、自分では味わうことができないものね。
どうぞ!思う存分、心地良さを味わってくださいな~。
Posted by: hako
||

ダブルかりん

10月20日
ここのところ、店頭で花梨の実を見かけるようになりました。
一昨年までは見かけた記憶すらもなかったのですが
かりんと同名の果実に、ふと目を留めてしまいます。
昨年は眺めるだけだったのですが、今年は1つ買ってみました。
“裂けたリンゴ”という語源のとおり、リンゴに似た香りがします。

karin_07_20.jpg

「あなたは、かりん♪コレも、かりん♪、同じ名前だよっ」
母さんの言葉など耳に入っていないようで、見せた途端
「何コレ?早くちょうだい!早くっ!」と目を輝かせて、奪い取ろうとする勢いです。

karin_07_21.jpg

前脚で突いて転がしてみたり、はたまたくわえて運ぼうとしてみたり…。
色はテニスボールに似ていて手頃な大きさだし、不思議な転がり方をするし
どうやら遊び道具と勘違いしている様子のかりんです。

かりんの爪で沢山の引っかき傷ができてしまった、この花梨の実ですが
砂糖漬けかハチミツ漬けにして食してみようと思っています。
Posted by: hako
||

去年の今日

10月19日
かりんの古い写真を見ていたら、昨年の今日撮影したものが目に留まりました。

母さんのお気に入りだったサンダルを、無心になって齧っている姿です。
この頃は悪戯が酷く、玄関に靴を脱いだままにしておくと
必ずと言っていいくらいガジガジされるという被害に遭っていました。
ですから、大切な靴は全て下駄箱へ仕舞わなければなりませんでした。

それが…いつ頃からだったのか定かではありませんが
玄関に靴があっても、見えていないかのように興味を示さなくなりました。

karin_07_19.jpg

今は以前ほど悪戯の心配をしなくてもよくなり、とても助かっています。
でも、靴をくわえて、2階へ上がろうとしていた姿が懐かしく思い出されて
ちょっと寂しかったりする自分勝手な母さんです。
Posted by: hako
||
かりんにとって、何をしている時が一番楽しいのかなぁ?」
母さんは、ふと考えることがあります。

候補としては、「食べる・遊ぶ・散歩」の3つが挙げられますが
食べることに関しては比較的クールなタイプだと思うので
これは外しても良さそうです。
残る1つの散歩ですが、「散歩に行くよ~♪」と玄関から呼んでも
なかなか来ないことが少なくないので、これも…。

結局、最後に残ったのは、「遊ぶ」となりました。
母さんが思うに、やはりコレが一番☆なのかもしれません。

karin_07_18.jpg

ボールを投げて一緒に遊んだり、時には独りで遊んだり
犬がこんなにも遊ぶなんてことは、想像もしませんでした。
そんな遊びの中にも、ふとした成長が見られることもあり
決して飽きることはありません。

ただ、出掛ける前は遊びに誘わないでねっ。
母さん…いつも遅れそうになっちゃいますから。
Posted by: hako
||

今夜も熟睡

10月17日
あるテレビ番組で、増加している女性の不眠症予備軍について
取り上げられていました。
そう言えば以前、母さんも寝つきが非常に悪かった時期があり
布団に入ってから30分~1時間は寝つけませんでした。

しかし、最近はビックリするくらい寝つきが良くなっています。
寝つきが悪くなる原因としてストレスが挙げられるそうですが
今の母さんは、かなりストレスが少なくなっています。
どうしてでしょう?
そう…かりんの存在なのです。

karin_07_17.jpg

ちょっとやそっとのストレスがあっても
このまったり~♪な姿を見ながら身体に触れていると
不思議なことに、モヤモヤがいつの間にか消えていたり。
また、消えないまでも楽観的になっていたりと
心と身体の疲れが知らないうちに取れているようです。

かりんのお陰で、今夜もぐっすり眠ることができる母さん。
ぐっすり寝過ぎて、最近は寝坊しそうになっています。
Posted by: hako
||

他力本願

10月16日
そろそろ温かい食べ物や暖房が恋しくなってきました。
かりんも…と思いきや、冷え冷えの氷だけは季節を問わないようです。

いつもは、手から与えているのですが、今日は小さな器に入れて置いてみました。
ツルツル滑って上手くくわえられない様子で、ちょっとだけ挑戦しておりましたが
いともあっさり諦めてしまいました。
自力で取ることを諦めた後のかりんは、別の手段に出ます。
それは…「取ってください」攻撃☆です。

karin_07_16.jpg

氷を目の前して、「アゥッ!」と鼻息交じりの不服そうな声を出して訴えかけます。
こうすれば、そのうち取ってもらえるということがわかっているのです。
取り難い場所にボールが転がってしまった時も、決まってこの手を使います。

気がつくと、すっかりかりんに使われている母さんでした。
やはり、甘やかし過ぎかしら?
Posted by: hako
||
紹介が遅れてしまいましたが、かりんのお友達として
新しいライオンさんがやって来ました。
初代のライオンさんが、かなりの手負いとなってしまい
静養が必要とのことで迎えたのです。

初代は、凛とした顔をした♀ライオンでしたが
今度は立派なたてがみのある、お茶目な顔の♂ライオンです。
早速、かりんの熱烈歓迎の洗礼を受けることとなり
いきなりフサフサなたてがみを攻撃されておりました。

karin_07_15.jpg

ただ、この2代目ライオンさんは初代に比べると重く大きく
くわえて移動するには少々大変なようです。
それでも、必死に振り回しながらあちこち移動しています。

既に両耳を齧られてしまっており、尻尾もカピカピ状態です。
さて、いつまで持ちこたえてくれるのか?
かりんのみぞ知る…です。
Posted by: hako
||

ブログ1周年

10月14日
昨年の10月14日に“かりん工房”を立ち上げてから、今日で1年になりました。
熱しやすく冷めやすい性格にもかかわらず、よくぞここまで続けられたものだと
自分自身でも、かなりビックリしております。

訪問してくださる方々の存在を身近に感じ、そしてパワーをいただいたからこそ
こうして1周年を迎えることができたのだと思います。
心からの感謝でいっぱいの、かりんと母さんです。

karin_07_14.jpg

日常の生活においては知り合えなかったであろう遠方の方々とも出逢うことができ
“犬”というキーワードによる繋がりの素晴らしさを、改めて感じることができました。
これは、かりんがいなければ決して味わえなかったことです。

みなさんに、ありがとう!本当にありがとう!!
そして…かりんにも。
Posted by: hako
||

すべり台

10月13日
公園のすべり台、かりんを抱っこしててっぺんまで上がってみました。
そこから先、どうやって下りたら良いのかがわからない様子で
しきりと回れ右をして後戻りしようとします。

「こっちから下りるんだよ~」と後からそっと誘導してみたのですが
やはり高い場所は苦手のようで、思いっきりへっぴり腰になっています。
それでも、四肢を思いっきり突っ張っり、神妙な面持ちで何とか下りてきました。

karin_07_13.jpg

下りた後は、「こんなのへっちゃらよ!」という表情をしておりましたが
内心は、「母さんってば、何てことさせるのよ~」と思っていたのかもしれません。
ははは…失礼しました。
Posted by: hako
||

歩み

10月12日
通勤途中、車で信号待ちをしていたら
ヨークシャーテリアを連れた年配の男性が目に入りました。
脚を庇うように、その歩みはとてもゆっくりとしたものでした。

ご主人に連れられた小さなその犬は、前を歩きながらも
「じいちゃん大丈夫?脚…痛くない?」
まるで、そう言っているかのように時折振り返っていました。
ご主人に合わせるかのような、ゆるりとした歩みに
思わず見入ってしまった母さんでした。

karin_07_12.jpg

かりんと母さんの歩みは、まだまだ始まったばかりです。
母さんが、この方と同じくらいの年齢になる頃には
かりんは既に旅立ってしまった後かもしれませんが
いつまでも一緒に歩み続けたい…心の底から思ったのでした。
Posted by: hako
||

後姿

10月11日
かりんのまん丸な目や三角の耳、そして湿った漆黒の鼻。
勿論、母さんは大・大・大好きです。
でも、それに負けないくらい好きなのが後姿なのです。

karin_07_11.jpg

クリンと丸まった尻尾とプリップリのお尻、スラッと伸びた後脚。
どれをとっても完璧☆…と、ついつい顔が緩んでいる母さんです。
後姿には、ちょっとだけ隙があったりして
それさえも何かを語っているような、そんな気がします。
Posted by: hako
||
先月来の、かりんの痒がるような素振りについては
ありがたいことに、いろいろな方からアドバイスをいただきました。

それで、昨日の仕事が終わってから病院へ連れて行きました。
状況を説明し、実際に痒がる部位を見ていただきましたが
ドクター曰く、「痒いのではないのかもしれない」とのことでした。
「何かが気になるのか、執拗に同じ場所を舐めたりする」
そんな犬が時々いるそうですが、どうやら…それのようです。

「もしや…ストレスとか?」と尋ねると、そういう説もあるけれど
暇つぶしの時の、クセみたいなものではないかとおっしゃいました。
そう言えば、寝る前やご飯の後などのんびりしている時に限って
そうしていることが多いような気もします。

karin_07_10.jpg

これがどんどんエスカレートして傷などができてしまうと
何らかの処置が必要になることもあるそうですが
今のところかりんは何ともなっていないので投薬の必要もなく
お話を聞いただけで診察は終わりました。

もしかして何かのアレルギーかもしれないと懸念しましたが
とりあえずその心配はなさそうです。
はぁぁ~、よかった!
Posted by: hako
||
先月あたりから、身体を痒がるような素振りを見せることが多くなったかりんです。
しかし、痒がる場所の毛をかき分けて、よくよく観察してみても
湿疹が出来ていたり赤くなっていたりという変化は見られません。
それに、酷く痒がるのではなく、時々思い出したように痒がるという感じなので
病院へ連れて行くべきなのか、迷うところでもあります。

karin_07_09.jpg

かりんは、ある特定の場所を執拗に舐めたりガジガジすることがあります。
それは、前脚だったり、爪だったり、肉球だったり…。
これが酷くなると、その部分から雑菌が入り
炎症を起こしてしまったりすることもあるようです。

「もう少し様子を見て…」と思いながら、既に1ヶ月近くが経過しました。
何でもなければ、それはそれで良し。
やはり、一度ドクターに相談した方が良いのかもしれません。
Posted by: hako
||

テニスボール

10月08日
かりんが1歳になる前、オモチャとして買ったテニスボール。
実際に遊ぶ姿を見て、外側のケバケバを食べてしまうのではないかと心配になり
すぐにお蔵入りとなっておりました。

しかし、先日ふと納戸を開けた時、そばにいたかりんに見つかってしまい
「それ、ちょうだいっ!」と、しつこくせがまれてしまいました。

karin_07_08.jpg

いつも遊んでいるボールとは違って、床をポンポ~ンと勢い良く跳ね回るので
バウンドするボールを、笑っちゃうくらいのへっぴり腰で捕まえようとします。
そして、ガジガジ心を満たしてくれる歯応え十分のテニスボールですから
顎が外れそうなくらい大きな口を開けて齧りついています。

何だか…それを見ている母さんまで、顎がガクガクしそうです。
頼むから、「顎が外れた」なんてことにならないようにねっ。
Posted by: hako
||

秋のハーブ園

10月07日
今年の春からお邪魔するようになったハーブ園。
毎月1回は出掛けていたのですが、先月は行くことができず
約1ヶ月半ぶりに行ってきました。

flower_07_01.jpg

春から初夏に比べると咲いている花は少なかったのですが
アメジストセージが見事な紫の花を咲かせていました。
こちらは高地に位置していることもあって冬は雪が多く
年内の営業は11月いっぱいだそうです。

karin_07_07.jpg

こちらにお邪魔すると、まったりな気分になってしまい
しばらくぼ~っとしていたくなってしまう母さん。
どうやらかりんも同じみたいで
とりあえずのクンクンを終えたら、すっかりくつろいでいます。
ここは、時間の流れがゆるりとしているのかもしれません。
Posted by: hako
||

ピッカピカ

10月06日
今日は、シャンプー代わりのエステをしてもらいに行ってきました。
一般的なシャンプーとは違い、天然成分(米ぬか)のみで行われるものなので
皮脂を取り過ぎてしまうということがなく、皮膚に大変優しいのです。

しかし、当のかりんは、お店に伺うと真っ先に併設のカフェに逃げ込み
テーブルの下に隠れて動こうとしません。
“まな板の鯉”状態になってしまえば、気持ち良さそうにしているのですが
まな板に上がるまでが、どうやらイヤみたいです。

karin_07_06.jpg

終わったら跳ぶように走って来て、カフェで待っている母さんの膝の上にポン!
「はぁぁ~、終わったぁ」とホッとした表情をします。

約40分の間じっとしていなくてはならないので、それなりにストレスを感じるのか
ピッカピカ&フワフワになった姿に満足している母さんを尻目に
帰宅後は、しばらくの間眠り続けています。
エステの後のかりん…お米のニオイがします。
Posted by: hako
||

占領

10月05日
朝晩肌寒くなってきたせいか、布団が恋しい時期となりました。
それは、どうやら母さんに限らず、かりんも同じみたいです。

「あれっ、どこにいるのかしら?」と思って捜してみると
ベッドのど真ん中で、で~んとくつろいでいることが多くなってきました。
しかし、日に日に陣地を広げているように思うのは気のせいでしょうか?

karin_07_05.jpg

母さんのちょっとした悪戯心から、毛布に包まれてしまったかりん
嫌がるかと思いきや、まんざらでもないようです。
Posted by: hako
||

悟りのハウス

10月04日
毎朝、母さんが出掛ける時間帯になっても
かりん自らハウスに入るということは滅多にありません。
しかし、母さんが「ハウス!」と言うと
「やっぱり留守番?」と問いかけるような表情をしながらも
非常に渋々ではありますが、ちゃんとハウスに入ってくれます。

karin_07_04.jpg

ハウスに入り、じっとこちらを見つめているかりん
仙人(犬)のような悟りきった表情をしている時もありますし
ちょっとスネたような顔をしていることもあります。

「あぁ、また留守番かぁ~」…そんな声が聞こえてきそうです。
でも、これも毎日の生活の中でのひとつのパターンなのだと
かりんなりにわかってくれていると信じています。
Posted by: hako
||

寝坊

10月03日
1歳半くらいまでのかりんは、朝早くから寝坊の母さんを起こしてくれていましたが
ここ数ヶ月はうっかりしていると寝過ごしてしまいそうになるくらい
お寝坊さんになっているようです。

決して起きていない訳ではないのですが、騒いで起こすことがなくなりました。
これは、ありがたいこと…の筈なのですが、何故か気抜けしている母さんです。

karin_07_03.jpg

かりんを目覚まし代わりにし、安心して寝ていた母さんですが
どうやら当てにできなくなってしまったみたいです。
「起きなさいっ、お散歩に行くよ!」と、立場が逆転する日がくるのかしら?
Posted by: hako
||

10月02日
犬の耳には、その時の心の状態が手にハッキリと現れます。
かりんの耳も、嬉しい時はペタンと後ろに寝かせていますし
何かの気配や音に神経を研ぎ澄ませている時は、ピンと立っています。

karin_07_02.jpg

今日のかりんは、何かが気になって仕方ないようで耳が後方を向いています。
おまけに、前脚をはみはみしていた名残でガゥガゥの口になっています。
家の前を誰かが通ったのかな?ワンちゃんかな?
Posted by: hako
||

お引っ越し

10月01日
数日前までの暑さは何処へやら…ここ2・3日で嘘みたいに涼しくなりました。
かりんも散歩の時でさえ、ハァハァと舌を出していることが少なくなり
夜には温かい場所で丸くなっていることが多くなりました。

karin_07_01.jpg

この度、突然ではありましたが、諸事情により“かりん工房”を引っ越しました。
訪問してくださった方にはご迷惑をおかけして、本当にごめんなさい。

新居にはまだまだ不慣れなため、大変味気ない状態ではありますが
少しずつ色づけしていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします♪
Posted by: hako
||