最近は、夜中かりんに起こされることはありませんでした。
しかし、夕べは2時くらいにカツカツ…と部屋を歩き回る音と
時折ピィピィと訴えるような声で目が覚めました。

トイレシートは所定の位置にあるのでオシッコではなさそうです。
そうこうしているうちに眠りに就いたようでしたが
朝方5時くらいになってから、再び忙しなく部屋を歩き回り
ベランダへの窓をカリカリするので、窓を開けて出してやると
満足したのか、すっかり大人しくなりました。

そして、いつもの散歩の時間がやってきました。
近頃では散歩を催促することは殆どなくなっていたのですが
今朝は、しつこいくらい「早く行こう!」と訴えます。
普段はある程度歩いてからでないとウンチをしませんが
珍しく速攻での排泄でした。
それも、ちょっぴりお腹の調子が良くなかったみたいです。

karin_07_34.jpg

夜中、ピィピィ鳴きながら落ち着きなく歩き回っていたのは
どうやらウンチがしたかったのかもしれません。
部屋でしたくないから、一生懸命に我慢していたのでしょう。
今は、スッキリしたのか安心したように眠っています。

そんなことにも気づかなかったなんて…。
いつもと違う行動の裏には、必ず何かがあるということを
肝に銘じた母さんでした。
ごめんね。