毎朝、母さんが出掛ける時間帯になっても
かりん自らハウスに入るということは滅多にありません。
しかし、母さんが「ハウス!」と言うと
「やっぱり留守番?」と問いかけるような表情をしながらも
非常に渋々ではありますが、ちゃんとハウスに入ってくれます。

karin_07_04.jpg

ハウスに入り、じっとこちらを見つめているかりん
仙人(犬)のような悟りきった表情をしている時もありますし
ちょっとスネたような顔をしていることもあります。

「あぁ、また留守番かぁ~」…そんな声が聞こえてきそうです。
でも、これも毎日の生活の中でのひとつのパターンなのだと
かりんなりにわかってくれていると信じています。