Archives  karinnew/index

 

要求

11月30日
今月は仕事がお休みだったので、かりんとの時間をゆっくり過ごしたのですが
今週から再び仕事が始まった母さん。
つまり…かりんにとっては日中のお留守番という退屈な日々が始まったのです。

karin_07_78.jpg

帰宅してハウスから出した後は、喜びを身体いっぱいで表現してくれます。
そして、しばらくの間は身体をくっつけてきて、「撫でて!」としつこく要求します。
「もう…いいかな?」と思って手を引っ込めると、「まだダメ!」と再び要求。
「いい子で留守番できて偉かったねぇ~」と、声を掛けながらひとしきり撫でるうちに
やっとのことで気持ちが落ち着いてくるようです。

この大歓迎と撫で撫での要求を目の当たりにすると
一時離れているのも悪くないと、そんな風に思えてくるから不思議なものです。
日常にも、ちょっとしたふり幅は必要なのかもしれません。
Posted by: hako
||
犬のお尻が大好きな方…知っている限り・思いつく限りでも
両手では到底足りません。
桃尻カットを知ってからというもの、母さんのお尻を愛でる目は
更にエスカレートしてしまいました。

karin_07_77.jpg

人間もカットしたてよりも、数日経ったほうが馴染んでくるように
カットしたての桃尻は硬い感じがしますが
数日経つと、ふっくらと柔らかい桃へと変化していきます。
22日にカットしたかりんのお尻は、今が見頃です。
Posted by: hako
||
柴犬(系)にジャズ…意外な取り合わせかもしれませんが
かりんには、気だる~い感じがたまらないようです。

karin_07_75.jpg

ランダムに流す曲の中でも、ダイアナ・クラールがお気に入り。
彼女の歌声が流れ始めると、「ふぅぅ~っ」と溜息をつきながら
まったりな態勢に入ります。

karin_07_76.jpg

きっと、心地良い子守唄に聞こえているのでしょう。
ほらっ、眠たくなってきた~。
Posted by: hako
||

紅葉

11月27日
やっとのことで、平野部でも紅葉が見られるようになりました。
色づいた木の葉が、ダンスをするかのように風に舞う様を
かりんは追いかけて楽しんでいるようです。

other_07_06.jpg"

かりんと迎える2度目の紅葉となり
確実に、季節は巡っているということを改めて感じています。

karin_07_74.jpg

季節は違いますが、生まれて初めての散歩の時
風に舞う木の葉を見て、必死に捕まえようとしていたかりん
ふと…その姿を思い出しました。
今でも変わらないその姿が、何だか嬉しい母さんです。
Posted by: hako
||

ガム事件

11月26日
この季節になると、しばらく車中で待たせておくことができるので
犬を連れて気楽に出掛けられるようになります。
ですから、最近はちょっとした買い物には連れて出掛けて
その帰りに、スペシャルな散歩をすることが多くなっています。

さて、昨日は買い物をしている間、かりんを車中で待たせておりました。
時間としては30分くらいだったでしょうか。
車へ戻ると運転席にチョコンと座っているではありませんか。
「あらっ、どうして?」
いつもは後部座席のヘッドレストに、伏せが可能な長さに繋いでいるのですが
リードを繋ぐことをすっかり忘れていたのです。

と同時に、何だか嫌~な予感がした母さん。
噛んだ後のガムを置いていた場所を見ると…ありません。
慌ててかりんの口を見ようとしたら、ポロリと欠片が落ちました。
噛んではみたものの、どうやら持て余してしまっていたようで
よく見ると、前脚の爪のあたりにもガムがしっかりくっついておりました。

karin_07_73.jpg

とりあえず、ガムの欠片を鼻先に持っていき、「いけないよ!」と叱りはしたものの
これは、母さんのせいとしか言いようがありません。
リードで繋いでおけば、そしてガムをしまっておけば起こり得なかったことです。

近頃は、おとなしくしていることが多かったので、すっかり油断しておりました。
かりんを叱ってしまったけど、母さんが叱られなくっちゃいけないよね。
Posted by: hako
||
先日、母さんの実家に帰った時、かりんと初めてのご対面となったのは
犬のクマだけではなく、母さんの両親とも初めての顔合わせとなりました。

実は、母さんの実家では25年にも渡って犬を飼い続けてはいるものの
両親は、無類の犬好きというわけではないという、不可思議な環境なのです。
父は、子供の頃犬に噛まれた経験があるせいか、ちょっぴり恐いようです。
それに、父にとって、「犬は外で飼うもの」という考えは曲げられないもので
玄関先へちょっと上げただけで、きつく叱られておりました。

こういった理由もあって、今までかりんを連れては帰りませんでしたが
今回はかなり思い切って、出たとこ勝負で一緒に連れて帰りました。

玄関に入った時、出迎えてくれたのは母でしたが
かりんの姿を見るや否や、顔が大きくほころびました。
「そのまま上がって」という母の言葉に甘え、恐る恐るでしたが
家の中へ一緒にズンズン上がりました。

karin_07_72.jpg

応接間を歩き回るかりんの姿を見て、父がどんな反応をするのかドキドキでしたが
「優しい顔のキレイな犬だなぁ!」…これが第一声でした。
室内飼いをしている犬はこんなにもキレイなのかと、かなり驚いた様子でした。

何故か、決して犬好きではない父の近くばかりをウロウロしていたかりん
父の脚に前脚を乗せて、一生懸命に顔をクンクンしようとします。
犬を積極的に触ることは滅多にない父ですが
プリップリの桃尻に、そろ~っと手を出して触れたりしておりました。

初対面なのに全く吠えず、おとなしいことにも非常にビックリし
「こんな犬ならいいなぁ」と、父にしては信じられないような言葉が飛び出しました。
この愛らしい毛むくじゃらが足元でチョロチョロしたり、甘えてきたりする様子は
頑固な心さえも、柔らかくそっと溶かしてくれたようです。

帰り際…「かりんちゃん♪今度は泊まりにおいで!」
まるで孫にでもかけるような、そんな優しい響きの言葉でした。
Posted by: hako
||

ご対面

11月24日
昨日、日帰りで母さんの実家へ出掛けました。
実は…かりんを連れての初めての帰省だったのです。
母さんの実家には、推定年齢14歳の柴犬MIXのクマがいます。
その、おじいちゃん犬とも初めての対面となりました。

karin_07_70.jpg

より興味を示したのが、クマのほうでした。
ズンズンと近づい、てお尻をクンクンしようとします。
普段、他の犬との接触がほとんどないせいか
久々の他犬のニオイを、必死に嗅ごうとしていました。

karin_07_71.jpg

しつこくお尻を追い掛け回すクマじいちゃんに
ちょっとばかり迷惑そうな素振りを見せていたかりんですが
決して敵意を見せることはありませんでした。

kuma_07_01.jpg

約3ヶ月ぶりに会ったクマ
少し痩せたように思いましたが、まだまだ元気いっぱいで
散歩する足取りも確かでした。

これからは、なるべくかりんと遊びに行くことにしましょう。
一緒にいることで刺激を受け、もっと元気になるかもしれません。
Posted by: hako
||

恐ろしや

11月23日
昨日も犬歯丸出しの顔をみなさまにお見せしてしまったのに
今日もまた、激しい顔のお披露目となってしまいました。

karin_07_69.jpg

しかし、こうは見えても、大好きなテニスボールをくわえての
凄~くご満悦な表情なのです。
楽しければ楽しいほど、ガゥガゥ顔になるかりんでした。
Posted by: hako
||
今日も今日とて、ゴロ~ンと寝転がって、口の辺りで何やらモニョモニョやっております。

karin_07_68.jpg

すると、いきなりの強烈な爆発~☆

karin_07_67.jpg

この、「いない・いない・ばぁ~」は、ちょっと過激じゃありませんか?

…と思いきや、靴下のゴム繊維が犬歯に引っ掛かってしまったようで
それを取ろうと必死になって暴れていたのでした~。
母さんは、お腹の皮がよじれてしまいそうなくらい笑わせていただきました。
どうも、ありがとう!
Posted by: hako
||

夢の中

11月21日
あご枕をして、気持ち良さそうに寝ていることはよくありますが
人間のように頭の下に枕をしていることは滅多にないかりん
今日は、珍しく人間っぽい寝方をしています。

karin_07_66.jpg

時々、口をムニャムニャして美味しいオヤツを食べていたり
脚をピクピク動かして原っぱを思いっ切り駆け回っていたり
うんと楽しい夢でも見ているようです。
かりんの夢の中に入って、母さんも一緒に遊びたいなぁ~。
Posted by: hako
||

お得意の顔

11月20日
ソファーでひとりクネクネをして遊んでいるかりん
かりん!」と呼んで、クルリとこちらに向けた顔を見ると
こ~んな表情になっていることがしばしばです。

karin_07_65.jpg

口はガゥガゥになっているのに、目はキョトンとしています。
このミスマッチな感じは、いつも母さんを和ませてくれます。
お得意のこの顔、更に磨きをかけて欲しいです。
Posted by: hako
||

早々と

11月19日
だんだん冬の足音が聞こえてくるようになったので
昨日はファンヒーターを出し、灯油を入れて準備をしました。
そして今朝、試運転と称して使ってみました。

母さんが運転ボタンをピッと押すなり
「コレ…何だったっけ?」と、ゆっくり近寄ってきたかりん
チキチキチキチキ…ボォォ~ッ☆
音と共に噴出した温風に、どうやら記憶が蘇ったようです。

karin_07_64.jpg

お節介とは思いつつも、何気なくケットを広げておいたら
ちゃっかりフセをして温まっております。
そのうち、ウトウトと眠り始めてしまいました。

今からこの状態では、これからの寒さが思いやられそうです。
…とボヤきつつも、並んで温まる母さんでした。
Posted by: hako
||

冬に向けて

11月18日
今日は気温が下がり風があるので、体感温度が低くなっています。
ちょっと外に出ただけで、寒さに手や顔がピキピキになってしまう母さん。
これからは、かりんをゆっくり戸外へ連れて出掛けることは少なくなりそうです。

karin_07_63.jpg

しかし、風の子かりんには、寒さなんて、風なんて全く関係なさそうですから
ちょっぴり物足りない毎日になるかもしれません。
たまには、母さんがモコモコのダルマになって出掛けなくっちゃね。
想像すると、寒さで身の引き締まる季節が…すぐそこまで来ています。
Posted by: hako
||

カチューシャ

11月17日
所狭しと並んでいるクリスマスグッズのコーナーで、カチューシャを買いました。
カチューシャについているパーツだけが欲しかったので、取り外していると
そばに来て、不思議そうに眺めているお方がいました。
「何してるの?それ…ワタシのオモチャですか?」

karin_07_61.jpg

カチューシャの部分は使う予定がなかったので、かりんに渡してみました。
今までのオモチャとは全く違う形に、ちょっぴり戸惑い気味。

karin_07_62.jpg

でも、結局はガジガジして正体を確かめているようです。
そうこうしているうちに、芯になっている部分がポキッ☆と折れる音。
カチューシャはあちこちを骨折してしまいました。

ポキポキ遊びに熱が入ってきたみたいなので、早々と回収です。
「えっ?もうおしまい?」…残念そうな表情のかりんでした。
Posted by: hako
||

表紙

11月16日
昨年は応募期間を過ぎていて申し込めなかった365カレンダー
今年は早々と6月に応募を終え、完成を心待ちにしておりましたが
先日、やっとのことで完成したカレンダーの発表がありました。

結局は39種類の犬のカレンダーが完成したそうで
様々な犬種のそれぞれのカレンダーが公開となっていました。
どれどれ…と、ひとつひとつ見ていたら
“ミックス(雑種)”のカレンダーの表紙に見慣れた顔がありました。
「か・か・かりん!」
表紙の4枚の写真のひとつに、採用されていたのでした。

karin_07_60.jpg

思いもよらぬ出来事に、「あ・わ・わゎ~」となりつつも
あまりの嬉しさに、思わず小躍りしてしまいそうな勢いの母さん。
そんな母さんを不思議そうに冷静に、キョトン…と見つめるかりんでした。
Posted by: hako
||

最高の贅沢

11月15日
今月は、かりんとのゆったりした時間を過ごすことができている母さん。
いつもは、お互いに週末のお出掛けを心待ちにしているのですが
ここのところ、天気が良ければあちこちへちょこちょこ出掛けています。
…とは言っても、決して特別な場所ではなく、散歩の延長という感じです。

karin_07_59.jpg

暖かい日差しを浴びながら、何気ない風景を眺めながら、テクテク散歩~♪
こんな何でもないことが、かりんと一緒だと無性に楽しくて嬉しくて…。
そんな時間を過ごすことのできる母さんは贅沢者だよねっ、きっと!
Posted by: hako
||

マイブーム

11月14日
寒くなってきたので、ソファーにはかりん専用のケットを置いています。
埋もれて眠っていたり、顎枕にして眠っていたりと、様々な光景が見られます。

karin_07_57.jpg

最近のお気に入りは、ケットの上でボール遊びをすること。
ケットの下に埋もれたボールを鼻を突っ込んで捜したり
ケットの上からボールをガジガジしています。

karin_07_58.jpg

戸外では、草むらや柔らかい土に鼻先をに突っ込みますが
その感じを想像しているのかもしれません。
一生懸命にブヒブヒ&ムゴムゴしている姿は笑えます。

*************************************
お知らせです。
かりんを譲り受けてから、時折お手伝いさせていただいている
犬猫の保護・譲渡などの活動をしておられる会のホームページが
本日公開となりました!
http://inu-neko.sakura.ne.jp/
Posted by: hako
||

攻略法

11月13日
母さんがパソコンに向かい、かりんに見向きもしない状態が長くなってくると
チョコチョコとやって来て、前脚でチョンチョンと母さんの脚を突きます。
それでも無視されると、今度はカリカリと強く引っ掻き始めます。

しかし、最近は情に訴えかける作戦に変更したようです。
ふと見ると、母さんの脚に鼻先をグッと押し付け隙間から顔を覗き込んでいます。
いつもはこんなことをしないだけに、これにはかなり弱いです。

karin_07_55.jpg

それでもグッと我慢して無視していると、今までは諦めてしまっていましたが
ここ数日からは、別の作戦を考えたようです。
「?!」…何やら背後に気配を感じて振り返ると
今度は椅子の背の陰から覗いているではありませんか。
これには、流石の母さんも参りました。

karin_07_56.jpg

「どんな作戦が効果的か?」、かりんなりに一生懸命考えて
進化させているのかもしれません。
Posted by: hako
||

求める心

11月12日
昨日、毎月恒例となっている犬猫の譲渡会が開催され
犬2匹、猫4匹が新しいご家族のもとへ旅立ちました。

譲渡会には、犬好き・猫好きな子供たちが集まってきます。
少し離れた場所にちょっぴり遠慮がちにたたずみながら
目はしっかり仔犬に釘付けになっている女の子がいました。
「犬…触ってみる?」と尋ねると、恥ずかしそうに頭を縦に振り
仔犬の小さな身体を優しく撫で始めました。

同伴のお母さんのお話によると、犬が好きでたまらないけれど
お祖父ちゃんが反対していて飼えないのだそうです。
しかし、一生懸命にお祖父ちゃんを説得中とのことでした。
そして、犬と暮らすために少しずつ貯金をしているそうです。

「お祖父ちゃんが、『いいよ!』って言ってくれるといいねっ」
そう言葉を掛けると、更にその意志を固めたかのように
口元をキュッと引き締めながら頷きました。
この子が大好きな犬を連れて、嬉しそうに散歩する姿を
近い将来、きっと見ることができるに違いありません。

karin_07_54.jpg

こんなにも強く求め、欲している子供たちがいる一方で
自分の身勝手で簡単に手放してしまう大人たちがいます。
そんな現実を目の当たりにすると
恥ずかしさと遣る瀬ない気持ちで胸がいっぱいになります。

初めて迎え入れたその時の喜び・嬉しさを忘れずにいれば
決して不幸な結末が訪れることはないと信じています。
Posted by: hako
||
ちょっとばかり山の方へと入った所に、カフェレストランがあります。
オーナーさんが、廃材等を使って少しずつ増改築を進めておられ
「知人宅に、ご馳走になりに来ました!」…というような
何とも不思議な感覚になってしまう、居心地の良い空間です。

karin_07_51.jpg

テラスがあるので、犬連れはココで食事やお茶をいただくことができます。
この日は天気が良かったので、テラスでのランチは快適でした。

karin_07_52.jpg

母さんたちがランチをいただいている間、落ちていたボールを見つけて
大はしゃぎしているかりんです。
オーナーが使われる工作機械のそばに溜まっていた木屑。
その感触が気に入ったのか、わざわざこの上で遊んでいました。

karin_07_53.jpg

かりんにとっては、山や木々や土の匂いをクンクンしたり
はたまたドングリを見つけたりして、刺激的な時間だったようです。
あんまり興奮し過ぎて、脚がしっちゃかめっちゃか~。
Posted by: hako
||

安心のニオイ

11月10日
かりんによく見られる寝姿は2つあります。
 ・ 丸くなって鼻先をお尻にくっつけて寝る。
 ・ 後脚を伸ばしたまま鼻先に持ってきて寝る。
どちらも強烈にニオイが分泌される場所へ、鼻先を近づけて寝ています。
自分のニオイを嗅ぎながらだと、安心して眠ることができるのかしら?

karin_07_50.jpg

眠っている時の肉球からは、モワモワ~と更に強烈なニオイが立ち上ります。
母さんも鼻をくっつけて寝ていいですか?
Posted by: hako
||
ランに、2匹のドーベルマンを連れた常連さんが入って来られました。
その大きくて精悍な姿を見て、感心するやら驚くやらの母さんでしたが
「大丈夫だろうか?」と、一抹の不安が過ぎりました。

入場してきたドーベルマンは、新参者のかりんに逸早く興味を示したようで
ズンズンとそばに寄って来ようとします。
その大きさに驚いたのか、かりんは走り始めたのですが
その後を追いかける・追いかける・追いかける~ドーベルマン。

そのうち、かりんに向かって大きな声で吠え始めたのでした。
その凄まじい声に、ビビッて尻尾を巻いて逃げると思いきや…。
なんと!鼻にシワを寄せながら、負けじと正面切ってガゥガゥし始めたのです。
この状態がしばらく続いたのですが、少しずつ他の犬たちも加わり始めました。
集団心理なのでしょうか?
みんなが一斉にかりんに向かって、集中砲火を浴びせてきたのです。

「こ・これはヤバイ!」焦った母さんは、首輪を掴んでランから出ようとしたのですが
犬たちがそばに寄ってきて、なかなか外に出ることができません。
かりんも精一杯ガゥガゥいっておりましたが
仕舞いには、その声が悲鳴に近いものへと変わっていきました。
やっとの思いでランの外に出た時には、すっかり意気消沈して
尻尾がダラリ~ンと下がっていたかりんです。
身体も数ヶ所突かれたらしく、他の犬の唾液があちこちについておりました。

この後、管理人さんとお茶を飲みながら、かりんが落ち着くまでお話をしましたが
母さんの足元でグッタリとなっておりました。
少々手荒い洗礼を受けてしまいましたが、これも貴重な体験です。
でも、どうかトラウマになりませんよう、忘れっぽい性格を発揮して欲しいものです。

karin_07_49.jpg

…という訳で、母さんも焦りまくってしまい、その時の画像がありません。
事件が起きる前の、楽しそうに遊ぶかりんの姿です。
Posted by: hako
||
秋晴れの空に誘われて、今回2度目となるドッグランへ出掛けました。
平日の昼過ぎということもあってか、到着した時にはお客さんは誰もおらず
このドッグランの犬たちが遊んでおりました。

こちらには、広いランが1つと、小さめのランが2つあるのですが
かりんは小さめのランで遊ばせていただくことにしました。
狂ったように走り回ったり、母さんの投げるボールを追っかけてジャンプしたり
それはそれは生き生きとした表情で駆け回っておりました。

しばらくすると、「こちらへ入られませんか?」と
管理者の方が広いランへ入るようにおっしゃってくださいました。
しかし、そちらにはラブラドール2匹とコーギー1匹走り回っています。
「あのぉ…うちはガゥガゥするかもしれないのですが大丈夫でしょうか?」と尋ねると
一緒にする手順・方法を丁寧に教えてくださいました。

最初、柵越しに対面させて特に問題がなかったので…。
 ・ かりんを小さいランに置いたまま、母さんは広いランへと移動。
 ・ 広いランから小さいランへラブ&コーギーが入って行き、かりんと接触。
 ・ 小さいランから広いランへと、みんながやって来る。

手順を聞きながらも母さんはかなりドキドキで、正直言って半信半疑でした。
そして…実際にやってみてビックリ☆
小さいランに入ってきたラブ&コーギーたちと、お互いにお尻をクンクンして
犬同士の挨拶をしているではないですか。
そこに、ガゥガゥの気配は全くなく、ごくごく自然に振舞っているように見えました。

karin_07_47.jpg

広いランに移動してからは、ほら!この通りです。
大きなラブちゃんたちに負けじと、ラン内を所狭しと走り回っておりました。
今まで、大型犬と遊ぶ機会がなかったので、どうなることかと思いましたが
その姿を見て、ホッと胸を撫で下ろした母さんでした。

karin_07_48.jpg

この後、ラブラドールとヨークシャーテリアを連れたお客さんが来られましたが
これまたお互いに挨拶を交わしてから、再び追いかけごっこに没頭していました。

この後、ドーベルマンを2匹連れた新たなお客さんが来られたのですが
ここで、ちょっとした事件が起きたのでした。
 < 次回へ続く >
Posted by: hako
||

クネクネ

11月07日
ボールで、「もって来い」の遊びをしていましたが
ソファーにボールを持ち込んで独りで遊び始めたので
母さんは、PCに向かい始めました。

karin_07_45.jpg

何やら激しくモゾモゾする気配が感じられたので振り返ると
ソファーの上でひっくり返ってヘソ天になり
あっちへクネクネ、こっちへクネクネして遊んでいました。

この無防備な格好で遊ぶ姿が、たまらなく楽しそうで
母さんは気づかれないように、そぉ~と見入っておりました。

karin_07_46.jpg

おっと…気づいちゃったようです。
気のせいか、ちょっぴり恥ずかしそうなかりんでした。
Posted by: hako
||

ブヒブヒ

11月06日
時々思い出したように、オモチャ籠の底からゴソゴソと
古いオモチャを引っ張り出します。
今日は靴下に結び目を作ったオモチャで遊ぶことにしたみたい。

karin_07_44.jpg

靴下の履き口から鼻を突っ込んでモゴモゴやりながら
その感触を夢中になって味わっているようです。
でも…鼻が潰れて凄~い顔になってるよっ、かりん
Posted by: hako
||

断念

11月05日
車で5分足らずの所にある土手へ出掛けました。
ひとしきり草むらでバッタを追いかけた後、水辺へと進んで行くかりん

karin_07_42.jpg

水面をじっと見つめ、何かを考えている風です。
えっ、まさか…泳ぐつもりでは…ないですよね?

karin_07_43.jpg

流石に、これだけの水を目の前にすると
無防備にズンズン入っていく勇気はないみたいです。
断念してくれて、母さんはかなりホッとしました。
Posted by: hako
||
ここ数日で、山々の木々も急に色づいてきたようです。
紅葉狩りの車が列をなすであろう場所から少し外れて
紅葉を楽しんできました。

other_07_05.jpg

ここは、この夏かりんが初めて水遊びを体験した場所でもあります。
真夏には、その冷たさが心地良く感じられた山からの水ですが
今の時期は、流石に足を浸ける気にはなりません。

karin_07_40.jpg

しかし、何のためらいもなくズンズンと入っていくお方がいらっしゃいました。
寒くないのかと、見ている母さんの方がブルブルしてきそうでした。

karin_07_41.jpg

「あのぉ、もう水遊びの季節は終わったと思いますけど?」
水遊びの楽しさを覚えたかりんにとって、季節は関係ないようです。
Posted by: hako
||

秋の公園

11月03日
しばらくご無沙汰していた町内の公園へ出掛けてみました。
園内の落葉樹は、思った以上に色づいてきており
落葉が其処此処に積もっておりました。

karin_07_39.jpg

久々の公園に興奮気味のかりん
あっちへグイグイ!こっちへグイグイ!と、母さんを引っ張り回します。

karin_07_37.jpg

いい調子で歩いていたら…こんな所へズンズンと行ってしまいました。
呼び戻そうとする母さんの声にハタと気づき、あたりを見回し下を見下ろし
回れ右をして、そそくさと戻ってきました。

karin_07_38.jpg

公園内を散策していたら、噴霧器を背負った方が数人、目に留まりました。
ドキッ☆…もしかして、除草剤の噴霧でしょうか?
母さんも、かりんを追い立てるようにしながら、そそくさと公園を後にしました。
Posted by: hako
||

コング

11月02日
昨日のかりんの誕生日には、プレゼントがちゃ~んと用意してありました。
中が空洞になって、フードやおやつを詰め込むことができるコングです。
イレギュラーなバウンドをするため、ボールの代わりにもなりますし
非常に硬いゴム製となっているので、強力なガジガジにも耐えられそうです。

早速、中に缶詰と混ぜたフードを入れてみました。
口にくわえてはみたものの、これからどうして良いのか迷っているようで
コングをくわえたまんま、助けを求めるように母さんの顔を見つめます。
「良いニオイがするけど、食べられない…」そう言っているようでした。
そのうち舌で中のフードを舐め始めましたが、缶詰が柔らか過ぎたのか
結局、キレイに食べることはできませんでした。

karin_07_36.jpg

でも、かなり気に入ってくれたみたいで、あっちこっちへくわえて運んでいます。
ソファーの上でも寝転がりながら、身体を押しつけてコングと戯れております。
楽しそうに遊んでいる姿を見て、プレゼントした母さんも嬉しくなりました。
Posted by: hako
||
今日は、かりんの2歳の誕生日です!
今年もまた、缶詰フード&ドライフードというたった2種類の材料を使っての
母さんのケーキ作りが始まりました。
母さんが台所で作っている間、かりんは落ち着かない様子でウロウロして
「ねぇ、ねぇ~、それ何?」と言わんばかりに、母さんの顔を見つめていました。

other_07_04.jpg

さて、出来上がったケーキを目の前にして、勇んで食いつこうとしたのですが
2本のロウソクが怪しそうに見えたらしく、すぐには食べようとしませんでした。
拾い食いは平気でしちゃうのに、こういうところは意外と神経質です。

karin_07_35.jpg

犬の2歳は立派な成犬ですから、かりんはもうオトナの犬です。
そう思うと、ちょっぴり寂しくて切なくて…そんな気分になってしまう母さんです。
かりんの一生は、まだまだ始まったばかりですが
できるだけ沢山の誕生日を祝うことができるよう、願わずにはいられません。

かりん!お誕生日おめでとう♪
Posted by: hako
||