母さんがパソコンに向かい、かりんに見向きもしない状態が長くなってくると
チョコチョコとやって来て、前脚でチョンチョンと母さんの脚を突きます。
それでも無視されると、今度はカリカリと強く引っ掻き始めます。

しかし、最近は情に訴えかける作戦に変更したようです。
ふと見ると、母さんの脚に鼻先をグッと押し付け隙間から顔を覗き込んでいます。
いつもはこんなことをしないだけに、これにはかなり弱いです。

karin_07_55.jpg

それでもグッと我慢して無視していると、今までは諦めてしまっていましたが
ここ数日からは、別の作戦を考えたようです。
「?!」…何やら背後に気配を感じて振り返ると
今度は椅子の背の陰から覗いているではありませんか。
これには、流石の母さんも参りました。

karin_07_56.jpg

「どんな作戦が効果的か?」、かりんなりに一生懸命考えて
進化させているのかもしれません。