Archives  January 2008

 

もっさもさ

01月31日
前回、桃尻カットをしてから6週間が経過しようとしています。
カットしたての硬いお尻から、プリップリの見頃が過ぎて
今はちょっぴり、もっさもさのお尻になりつつあります。

karin_08_41.jpg

明日は、エステと一緒にカットもしてもらう予定なのですが
この…もっさもさもなかなか味わい深いと思ったり。
かりんのお尻ばかりに注目している母さんを振り返りながら
「はぁぁ~」と、いつも呆れ顔をされています。
Posted by: hako
||

仕事 or 休み

01月30日
朝…仕事へ出掛ける準備をしながら不思議に思うことがあります。
平日は、化粧したり着替えたりする母さんを憂鬱そうな顔をして見ているかりん
これが、休日の朝となると様子が全く違ってくるのです。

母さんが出掛ける準備をしていると、それまで横になっていたソファーから腰を上げ
「私は準備OKよ~♪ささっ、母さん早く準備をしてね!」
と言わんばかりに、ドアのそばでじっと待っています。

karin_08_40.jpg

母さんは「お仕事の日」なのか?それとも「お休みの日」なのか?
どうやら、ちゃ~んとわかっているようです。
母さんの行動のちょっとしたことから、敏感に感じ取っているのでしょうね。
Posted by: hako
||

吸入

01月29日
かりんの寝姿にもいろいろありますが
後脚の先と顔が、かなり接近していることがよくあります。
自分の肉球のニオイを嗅ぎながら寝ているようにも見え
「やっぱり、自分のニオイは安心できるのかしら?」
な~んてことを思ったり。

karin_08_39.jpg

試しに、かりんの肉球が鼻先にくるように寝転がってみたら
あまりの心地良さに、母さんは気を失いそうでした。
これは…母さんでもよく眠れるに違いありません。
Posted by: hako
||

陽だまり

01月28日
室内にできたほんの少しばかりの陽だまりを見つけ、腰を下ろしているかりん
お日様は、あっという間に姿を隠してしまうのですが
それまでの短い時間を愛しむかのように、心地良さそうにぼぉ~っとしています。

karin_08_38.jpg

人間も、お日様を浴びると何だか元気が湧いてくるような気分になりますが
きっと、犬も同じなのかもしれません。
生命の源でもあるお日様のパワーを、身体いっぱいで感じているのでしょう。

あらっ、何だかお日様の光とお話しているみたい。
「また明日も逢いに来てね!」…そう言っているのかしら?
Posted by: hako
||

四季折々

01月27日
ここ半年くらい、割と頻繁に足を運んでいる土手です。
青々とした夏草が広がる頃、燃えるようなオレンジ色の枯れ草に覆われる頃
季節の移ろいと共に、様々な表情を見せてくれました。
今の時期、雪がふわりと積もった一面の雪景色を期待しているのですが
未だお目にかかれていません。

karin_08_36.jpg

「さぁ!走ってください」と言わんばかりの草原を見るや否や
ターボスイッチが入ったかのように疾走するかりん
その楽しそうな姿と言ったら…思わず目尻が下がります。

karin_08_37.jpg

「母さん、楽しいね~っ♪」
そんな表情をして見つめられると、寒さも吹っ飛びそうです。
かりんがいなければ、決して外に出ないであろうこの季節。
母さんの生活も随分変化したものです。
Posted by: hako
||
「撫で撫でして欲しい~」「マッサージして欲しい~」
そんな時のかりんは、前脚で母さんの手や脚をカリカリと軽く引っ掻きます。

頭は、「イイ子、イイ子」するように優しく控え目に撫で
鼻筋と顎は、コチョコチョとちょっぴりくすぐるように撫で
首筋や背中やお尻のあたりは、つまむようにマッサージします。
お陰で、母さんの撫で撫で&マッサージにも磨きがかかってきたように思います。

karin_08_35.jpg

気持ち良さそうに目を閉じている姿を見ていると、母さんまでだんだんリラックス。
こちらが撫でているはずなのに、こちらがマッサージしているはずなのに
何故か、撫でられているような、マッサージされているような錯覚に陥ります。

かりんに触れることで、母さんは心のマッサージをしてもらっているのでしょう。
疲れた時ほど、かりんに触れたくなる理由がわかったような気がしました。
Posted by: hako
||
かりんの おしりは ぷりんぷりん。
かりんの おめめは くりんくりん。

かりん・ぷりん・くりん。
かりん・ぷりん・くりん。

なんだか ゆかいに なってきた。
こころが はずむ かりん・ぷりん・くりん♪

karin_08_34.jpg
Posted by: hako
||

成長の証

01月24日
かりんのバックに写る鉢植えのユッカ。
ホリホリしたりしてかりんに悪戯されるのを心配して
母さんが見ていない時はテーブルの上に避難させていました。
しかし、たまに避難させるのを忘れてしまった時などは
そこら中に、土を撒き散らしていたっけ~。

それが…いつの頃からでしょうか。
避難させるのを忘れても、全く悪戯をしなくなっていました。

karin_08_33.jpg

今まで、事あるごとに気をつけなくてはならなかったことが
気をつけなくてもよくなったのです。
これって、オトナになったということなのでしょうね。

成長した我が子を頼もしく思う反面、一抹の寂しさが過ぎります。
母さんの気持ちも…かなり複雑なのです。
Posted by: hako
||

待機

01月23日
テーブルに食事が並ぶのを、椅子に座って待つかりん
勿論…この食事は人間用のご飯です。

もらえないとわかっていても、おかずが並ぶ度にクンクン。
「おっと!舌が滑っちゃった~」なんてことにならないように
厳しく目を光らせています。

karin_08_32.jpg

決して、いきなりパクッと食らいつくことはありませんが
何かに憑かれたように、宙をペロペロしたりしています。
一緒にご飯を食べているつもり…を味わっているのか
満足そうに見えるかりんです。
Posted by: hako
||

アンテナ

01月22日
カーペットの上にデ~ンと伏せてオモチャで遊んでいたので
こちらを向かないように、そっとカメラを構えました。
全く振り向かないので、気づいていないのかと思いきや
かりんの両耳はちゃんと背後を意識しています。

karin_08_31.jpg

「母さん、ワタシは後ろにも目があるのよ~」
感度の良い、いろいろなアンテナを備えているかりんには
母さんの行動なんて全てお見通しのようです。
Posted by: hako
||

体重管理

01月21日
そんなに再々量らなくても…と思いつつも
毎週土曜日を“かりんの体重測定日”と定めています。
昨年の1月、7.6キロだったのが最高で8.6キロまでになり、現在は8.3キロ。

other_08_02.jpg

「これくらいまでなら…」という、かりんの適正体重。
昨年の春頃ドクターに尋ねたところ、8.5キロということでした。
体重だけが全てではないのでしょうが
ひとつの目安として、この数字を頭に置くようにしています。

karin_08_30.jpg

かりんは総コレステロールが高い体質ということもあり
体重増加が余計に気になってしまう母さんです。

当のかりんは、迷惑に思っているかもしれませんが
健康に過ごせる楽しい日々が長く長く続くように
ちょっぴり厳しい体重管理は、これからも続きます。
Posted by: hako
||

無謀

01月20日
先月、制覇した公園のアスレチック遊具でしたが
実は、ひとつだけ制覇していない上へのルートがありました。
それは、鎖で吊り下げられた丸太の階段です。

グラグラと不安定で、手摺を持たないと上がることはできず
かりんもここからは上らないだろうと思っていましたが
今回は、ここからも上がろうと果敢にも挑戦していました。

karin_08_28.jpg

でも…3段くらい上がったところで何度も踏み外しそうになり
丸太にしがみつきながら慌てて下りました。
流石にこのルートは無理…と言うか無謀でした。
しかし、上がることができなかったのが相当悔しいらしく
かりんは、しばらくそこに佇み上を見上げていました。

karin_08_29.jpg

その後、堤防沿いを歩いたのですが
堤防に上がりたくて、しきりとジャンプするも到底届かず…。
うんしょと抱え上げ、堤防に乗せると満足したらしく
足元に広がる海と打ち寄せる波を見つめていました。
澄んだ青空の広がる心地良い一日でした。
Posted by: hako
||
天気が崩れるとの予報でしたが、青空が広がる良い天気となりました。
部屋に差し込む陽射しを味わいながら、ソファーでくつろぐかりんです。
いつもは後脚をちんまりと畳んでいることが多いのですが
今日は珍しく、片方だけ後へ伸ばしてリラックスしています。

karin_08_27.jpg

カエルのように、開いた後脚をベタッと床にくっつけて
気持ち良さそうにくつろいでいるワンちゃんを目にすることがありますが
かりんは股関節が硬いのか、今までそんな格好を披露したことがありません。
股関節の硬さまで…母さんに似ちゃったのかしら?
Posted by: hako
||

自白

01月18日
母さんがかりんクリスマスプレゼントに買った、まん丸犬のぬいぐるみ。
しばらくは自分で投げ上げたり、はみはみして大切に遊んでおりました。

しかし先日、隣の部屋で長らくおとなしく遊んでいたはずのかりん
息を切らしながら母さんのところにやって来て、やたらスリスリとくっついてきます。
はは~ん、これはもしかして…。

karin_08_26.jpg

予感的中でした。
まん丸犬のぬいぐるみが、パンヤを引っ張り出され無残に転がっておりました。

こういう状況を与えてしまった母さんにも非はあるものの
グッと睨んで、「これは誰がやったの?」と訊いてみたところ
申し訳なさそうに上目遣いで母さんを見て、前脚をカリカリしながら白状しました。
は・は・は……油断も隙もありません。
Posted by: hako
||

ちょうだい

01月17日
かりんが、しきりと「やろうよ~!」とせがむ
床にバウンドしたものをキャッチするボール遊び
取ったボールを全てすんなり渡してくれる訳ではありません。
あっさり渡してくれる時も、あることはあるのですが
大抵は、ちょっとしたボールの争奪戦になります。

ボールを取ろうと手を出すと、ササッと前脚で抱え込みます。
更に取ろうとすると、顎でボールを隠すようにして死守。
でも、最終的にはいつも母さんの勝ちです。

karin_08_25.jpg

「ちょうだい」と言えば、すぐに放すのが理想だとは思いますが
なかなか渡してくれないのが現実です。
これは、これからの課題のひとつ…かもしれません。
Posted by: hako
||

うつらうつら

01月16日
ソファーに座って映画に見入っている母さんを
つまらなさそうな表情で見つめていたかりんでしたが
ふと見やると…頭がユラユラと不規則に揺れています。

karin_08_24.jpg

実は、母さんがどっかと腰を下ろしている場所は
かりんが最終的に落ち着く寝場所でもあるのでした。
「早く…空かないかなぁ?」と思って待っていたようですが
とうとう寝ちゃいました。

ここでこのまま眠ってくれても良いのにと思うのですが
母さんが布団に入ると、おもむろにソファーへと移動します。
つれないわぁ~。
Posted by: hako
||

寒空

01月15日
この時期にしては珍しい青空に誘われて
郊外のビジネスパークにある公園へと向かいました。
彩度の落ちた、殺風景にも見えてしまう風景の中に
ポッ☆と灯ったような彩りを発見しました。

other_08_01.jpg

梅は、開花時期が天候によって大きく左右されるそうですから
この暖かさに釣られて、蕾を膨らませたのかもしれません。
しかし、ちょっぴり寒そうに見えてしまいました。

karin_08_23.jpg

かりんは…と言うと、寒さなんて気にならないのか、はたまた寒くないのか
いつものように走ったり、跳ねたり、嗅いだりに大忙しでした。
それでも、気のせいか動きが少し鈍かったように思えました。

今週は、こちらでもかなり冷え込みが厳しくなりそうです。
母さんとくっついて温まろうね~。
Posted by: hako
||

ボール遊び

01月14日
最近のかりんが特に気に入っている遊びは
壁に向かって投げたテニスボールが床にバウンドしたのを
ジャンプしてキャッチすることです。

最初の頃は、壁に向かって投げられたボールを
そのまま追いかけて行っていましたが
ボールが跳ね返り戻ってくることがわかったようで
今では、適当な場所にスタンバイしています。

karin_08_21.jpg

上手にキャッチできなかった初めの頃に比べると
技もかなり上達したようで
身体を捻りながらの華麗なキャッチも見られるようになりました。

karin_08_22.jpg

毎晩の楽しみとなったボール遊び。
「いくよ!」と、母さんがボールを投げる構えをすると
目をキラキラ☆させながら「OK!」サインを出すかりんです。
Posted by: hako
||

安心の場所

01月13日
お正月の帰省には、かりんがいつも使っているバリケンを持って帰りました。
人間が食事している時や就寝時には、入っていてもらおうと思ったからです。

食事中に入れられるのは不本意らしく、ブツブツ文句を言っておりましたが
夜は、「ハウス!」という言葉を待っていたかのように、すんなりと入りました。
安心しきった表情で、かりんが丸くなって眠るバリケンを枕元に置いて
母さんも眠りに就きました。

karin_08_19.jpg

今回の外泊で一番に思ったのは、バリケン(クレートやキャリー)に
普段から慣らしておいて本当に良かったということです。
ウロウロして欲しくない時などに、比較的大人しく入っていてくれますから
こちらが楽だということも、ひとつの理由です。
しかしそれ以上に、「ココにいれば安心」という場所が用意されていたことにより
見知らぬ場所での、かりんのストレスが軽減されたのではないかと思います。

karin_08_20.jpg

人間の感覚では、狭い場所に入れるのは可哀想だと思ってしまいがちですが
犬にとって狭くて暗い場所は安心できるそうです。
かりんを迎える時、大先輩が教えてくださったことを、今改めて実感しています。
Posted by: hako
||

まだまだ元気

01月12日
今回のお正月の帰省でも、推定年齢14歳になるクマ
相変わらずの、ぽわん♪とした優しい顔を見せてくれました。
この顔を見ると、本当に幸せな気分に包まれます。
散歩の足取りは、若干心許ない感じがしなくもありませんが
それでもグイグイと母さんを引っ張ります。

kuma_08_01.jpg

しかし、老齢で代謝が悪くなり換毛サイクルが乱れているのか
今頃になってアンダーコートがかなり抜け落ちてしまい
真冬にも関わらず冬毛があまり生えていません。
ちょっぴり…寒そうに見えてしまいました。

kuma_08_02.jpg

昨年の11月、クマと初めてのご対面を果たしたかりんでしたが
今回は虫の居所が悪かったのか、ちょっぴりガゥガゥでした。
しかし、そんなことは全く気にせず
かりんのお尻を追いかけていた元気いっぱいのクマ

これから寒い日が多くなり、老体には堪えるでしょうが
この冬もしっかり乗り切って欲しいと切に願いました。
Posted by: hako
||

小さな陣地

01月11日
慣れない場所にいると、自分の居場所が定まらずなかなか落ち着きません。
でも、先日の実家でのかりんは、早々と定位置を見つけてしまいました。

コタツのそばのお客さん用座布団の上。

karin_08_17.jpg

座椅子に敷いてあった座布団の上。

karin_08_18.jpg

あちこちに散乱している座布団類の上を、全て自分の居場所にしてしまいました。
落ち着けるようにと、座りなれたクッションを持って帰ろうと思っていたのですが
そんな心配は無用だったようです。

この小さな領域を居場所とすることで、安心感が得られるのかもしれません。
あたかも以前からそこにいたかのように、しっかり寛いでいたかりんでした。
Posted by: hako
||

始動

01月10日
今日から、いつもの毎日が始まる母さん。
ちょっぴり長いお休みで、心身ともに伸びきってしまいましたが
こんな顔のかりんを見たら、また今年も頑張れそうな気になってきました。

karin_08_16.jpg

それにしても…母さん顔負けの滑稽な寝顔です。
Posted by: hako
||

新たな手法

01月09日
母さんがパソコンに向かっている時間が長くなると
かりんは、あれやこれやの攻略法で気を引こうとします。

あららっ、今日はちょっと手法を変えたようで
パソコンを置いている机の下に入り込んで動きません。
別方向から回り込んで見てみると、何とも恨めしそうな表情。

karin_08_15.jpg

この後、母さんがかりんと遊んだのは言うまでもありません。
さて、お次はどんな手法でくるのかしら?
Posted by: hako
||
昨年、公園にあるアスレチック遊具でクライミングを楽しみ
あれよあれよと言う間に制覇してしまい、母さんを驚かせてくれました。
どうも、かりんの前には上りたくなってしまう状況が待ち受けているようです。

karin_08_12.jpg

お正月に帰省した時、実家の近くの土手を散歩したのですが
土手のどん詰まりには、岩山が立ちはだかっておりました。
まさか登りはしないだろうと思っていたら
当然のことのように、涼しい顔をしてズンズン登り始めました。

karin_08_13.jpg

しかし、一気に駆け上がったのは良いけれど
どうやって下りたら良いのかわかりません。
しばらく思案した後、やっとのことで恐る恐る下りてきました。
リードがなければ、てっぺんまで登っていたに違いありません。

karin_08_14.jpg

「そこにあったから登ったのです!」
そう言っているかのような、ちょっと自慢げなかりんでした。
Posted by: hako
||

撫で撫で三昧

01月07日
お正月、母さんの実家に集まったみんなは
かりんをいっぱいいっぱい撫で撫でしてくれました。
テレビをみながら撫で撫で、本を読みながら撫で撫で
コタツで寝転がりながら撫で撫で…。
気がつくと、いつも誰かがかりんを撫でています。

karin_08_10.jpg

かりんもみんなのところを次々と回りながら
優しい撫で撫でや、巧みなマッサージを堪能しておりました。
撫でてくれる人が沢山いて、さぞ満足だったことでしょう。

karin_08_11.jpg

家の中を犬が歩き回るなんて決してあり得なかった家ですが
まるで、以前からいたかのように自然に感じられました。

犬は苦手な父も、ふと見るとかりんを撫でています。
「寝ていたら、ツカツカとやって来て耳を舐められた」
ぼそりと言った顔は、ちょっぴり笑っているように見えました。
Posted by: hako
||

微妙な関係

01月06日
かりんを連れて2泊3日で実家へ帰りました。
遠方から帰省していた3歳児の甥っ子は、ブログの画像を見ては
かりんちゃ~ん!会いたいの~♪」と、熱いラブコールを送ってくれていましたが
それが…今回実現することとなりました。

彼は生まれた時から猫がそばにいたということもあってか、猫や犬が大好き。
ギュッと抱き締めて顔を近づけ、「好き好き」したくってたまりません。
しかし、遠慮なくズンズン顔を近づけてくる小さい子供が苦手なかりん
そんな彼に対して、かりんは2度ほどガゥガゥしてしまいました。
好きってことを身体いっぱいで表現したかっただけなのに
かりんの仕打ちがあんまり哀しくて、涙が出てしまった彼でした。

karin_08_08.jpg

が、そんな仕打ちを受けても、まだまだメゲない3歳児。
ふと見ると、かりんのキャリーにちゃっかりと入っておりました。
すると、場所を取られてしまうと思ったのか、かりんも慌てて入ってしまいました。

こんな状態でパニックになってガゥガゥしたらどうしよう?
この光景を見て、母さんは冷や汗が出るくらい焦ってしまいました。
でも、あまりの至近距離と狭さのためか、今の自分の状況を理解できない様子で
目を大きく見開いたままかりんは固まっておりました。
かりんを無理矢理引っ張り出すと刺激してしまいそうな気がしたので
平静を装いながら、彼に外に出るよう説得して事なきを得ました。

karin_08_09.jpg

不思議なことに、この後からかりんの彼に対する態度が少し変化しました。
彼の存在をより意識し、後を追ったり遊びに誘うような態度を示すようになりました。
まだ、顔を近づけたり抱き締めたりされるのは嫌がるのですが
少しずつ受け容れている様子が手に取るようにわかってきました。

彼との関係…「どっちが上か?」かりんの中では非常に微妙なところなのでしょう。
彼がもう少し大きくなり、そしてかりんももう少しオトナになったら
きっとステキな仲良しさんになれるような気がします。
Posted by: hako
||

小さな脚

01月05日
伏せをしてくつろいでいるかりんの前に座って話しかけながら
前脚をそっと撫でるのが、母さんは大好きです。
毛の流れに沿って優しく撫でていると、眠たそうな顔になります。

このちょこんと前に出された小さな脚を眺めながら
ふと、かりんが家にやって来た頃を思い出しました。
その頃、身体に似合わない大きなポッテリとした脚をしており
「どれくらい大きくなるのかしら?」
少々ドキドキしながら、成長ぶりを見守りました。

karin_08_07.jpg

しかし、想像していたよりも小ぶりなサイズで成長が止まり
ちょっぴり拍子抜けしてしまった母さん。
今では小さく見えてしまうその脚を見る度に、触れる度に
そんなことを懐かしく思い出すのでした。
Posted by: hako
||

脚枕

01月04日
母さんのお友達のワンちゃんたちには、布団の中へ入れてとせがんだり
飼い主さんと一緒に寝たりしている子も少なくありません。

でも、かりんは布団の中へなんて頼んでも入ってくれません。
「ねぇねぇ~一緒にねんねしよ!」と誘ってみても、知らん顔です。

karin_08_06.jpg

そんな、つれない態度のかりんではありますが、時折グッと心を掴みます。
何気ない顔をして、そっと母さんの脚の上に頭を乗せてまどろみ始めました。
一緒に寝てくれなくたって、これだけで撃沈されてしまう母さんです。
Posted by: hako
||

雪遊び

01月03日
元旦の朝、あたり一面の銀世界になっていましたが
今では、かなり融けてしまいました。
それでも、道から外れた場所には雪が残っています。

karin_08_04.jpg

雪を見るとかりんが真っ先に取る行動は、鼻先を突っ込むことです。
何かのニオイがするのか、何かが隠れていそうな気がするのか
ブヒッブヒッと鼻を鳴らしながらズンズンと雪の中へ顔を埋めていきます。

karin_08_05.jpg

そして、もうひとつ好きなのが雪玉のキャッチ☆
軽く握った雪玉をホイッ!と投げると、目を輝かせて取ろうとします。
家の内外に限らず、ボールを追いかけるのは大好きみたいです。

しかし、おつき合いする母さんは…かなり寒いのです。
もしも~し、そろそろ帰りませんか?

*************************************************

3日ほど、ネット環境のない実家へ帰省するため
みなさんのところへお邪魔することができません…ごめんなさい。
なお、ブログの更新はする予定です。
Posted by: hako
||

戸惑い

01月02日
年末年始の3日間、中学生のお姉ちゃんが泊まりに来ていました。
昨年も遊びに来ていたので、かりんとは1年ぶりの再会です。
家に入ってきた彼女に、身体クネクネ&耳ペッタンでの大歓迎。
おまけに、撫でてもらうや否やゴロ~ンとお腹を見せて
無防備な姿を晒しておりました。
そう…かりんは家に来るお客さんが大好きなのです。

最初は、そばにくっついたりちょっかいを出していましたが
その日の夜も、次の日もずっと家にいる彼女に対して
少しずつ様子が変化してきました。
穴が開きそうなくらい、じぃ~っと彼女を観察しているのです。

そこに敵意のようなものは全く感じられませんでしたが
「いつまでいるのかなぁ?ずっといるのかなぁ?」
彼女と自分との関係・順位づけをどうすれば良いのか
一生懸命に探っているように見えました。

karin_08_03.jpg

一時のお客さんであれば、深く思うこともなかったのでしょうが
自分のテリトリーである家に数日一緒にいるとなると
かりんなりに、いろいろ複雑な気持ちだったのでしょう。

彼女が帰って、いつもの生活に戻りホッとしたのか
コックリコックリと居眠りを始めました。
どうぞ、安心しておやすみください。
Posted by: hako
||

迎春

01月01日
あけましておめでとうございます!
本年は気持ちも新たに、更なる親バカへと突き進んでいくつもりです。

karin_08_01.jpg

かりんと迎える二度目のお正月を、相変わらずまったりと過ごしている母さん。
今年の“まったり~ず♪”はもっともっと活動範囲を広げて
周囲を楽しく巻き込んでいきたいと思っています。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします!

《 番外編 》

お正月用の撮影会も、ちょっと油断するとこの有様です。
今年はもっとお利口さんにならなくっちゃね。

karin_08_02.jpg
Posted by: hako
||