Archives  February 2008

 

くしゅっ

02月29日
四肢を思いっきりぐ~んと伸ばして眠っている時があるかと思えば
丸~く小さくなって眠っている時もあり、寝姿は実に様々です。

karin_08_79.jpg

今日は、くしゅっとなって小ぢんまりとした寝姿のかりんです。
片方の耳が潰れそうになっているけれど、そのちょっとした圧迫感が良いのかも?
そう言えば、母さんもかりんみたいに、くしゅっとなって寝てるよね~。
Posted by: hako
||
ふとベッド方向を見やると、似たような色の似たようなぬいぐるみが3つ。
手前の2つは熟睡しているようですが、後方の1つは耳がピクピクしています。

karin_08_77.jpg

さて、この中で母さんが一番大好きで
毎日のように「イイ子、イイ子」しているのはどの子?

karin_08_78.jpg

あらまぁ~、よくご存知で!
Posted by: hako
||

無心

02月27日
何かにとりつかれたように、ソファーの一ヶ所を夢中になって舐めています。
かりんのその顔は、恍惚とした表情をたたえています。

karin_08_76.jpg

眠くなってくると、この仕草がよく見られるような気がします。
記憶の中の心地良い光景を、頭の中で思い描いているのかもしれません。
まるで…母犬のおっぱいを飲んでいる仔犬のようです。
Posted by: hako
||

石油ストーブ

02月26日
我が家の暖房器具はファンヒーターがメインだったのですが
先日、リビングで使っていたものが壊れてしまい、いろいろと考えた結果
停電時のことも考えて石油ストーブにしました。

初めて見るストーブに、かりんがどんな反応を見せるか少々心配でしたが
そばにいると暖かいということが、すぐにわかったようです。

karin_08_75.jpg

温風は出ないけれど、ほわぁ~んと暖かくなる感じが気に入ったみたいで
ファンヒーターと同じように、つかず離れず…ちょこんと前に座って暖まっています。
あらあら、放心状態のような、ぼぉ~っとした顔をしています。
暖房器具の前にいると気持ち良いのか、いつもこんな表情をしています。
Posted by: hako
||

ごろ~ん

02月25日
ソファーで横になってくつろいでいる時、撫で撫でしようと手を出すと
待ってましたとばかりに、ごろ~んって無防備に仰向けになるかりん
この格好を見ると、思わずお腹にブヒブヒと顔を近づけてしまう母さんです。

karin_08_74.jpg

かりんが気持ち良さそうに身を委ねていると、母さんまで気持ち良くなっちゃって
一緒になって、ごろ~んしたくなってしまいます。
お互いの気持ちが、シンクロしているのかもしれません。
Posted by: hako
||

お転婆

02月24日
昨日は空模様が微妙なのにもかかわらず、いつもの港の公園へ出掛けました。
かりんは、もうすっかり慣れた自分の庭と思っているようで
アスレチック遊具を見るなり、丸太の階段から勢いよく駆け上がり
上から見下ろして母さんが来るのを待ちます。

しかし、母さんが上るや否や、今度はタッタと段差のある階段を駆け下ります。
何だか…遊ばれているようにも思えてしまう母さん。

karin_08_73.jpg

でも、母さんが先に上がると、遅れをとったとばかりに大慌てて上って来ます。
お転婆さんは一体何をしたいのやら?

この後、あれよあれよと言う間に天気が悪くなり、強風と共に粉雪が舞い始め
帰宅途中の道路は、あっという間に真っ白になってしまいました。
寒中ではありましたが、丁度良いタイミングでの散歩となりました。
Posted by: hako
||

家族記念日

02月23日
今日は、かりんが我が家の一員となった日です。
2年前、うちにやって来たばかりのかりん
クマのぬいぐるみを思わせるような風貌でした。
一緒に暮らす新しい家族に戸惑っている様子もなく
新しい家に不安を感じている風でもなく
それはそれは、仔犬らしくない落ち着きっぷりでした。

karin_08_71.jpg

初めてかりんとお見合いしたのは、この日の3日前でしたが
「ビビッ☆ときた」とか、「運命を感じた」などということもなく
お互いに、とても淡々とした出逢いだったと記憶しています。

この2年間は、めくってもめくってもそのページに辿り着かない
非常に長く感じる月日だったようにも思えますし
パラッとめくると辿り着く、あっという間にも思えてしまいます。

karin_08_72.jpg

その頃の “クール・キューティー” だったかりん
いつの間にか “クール・ビューティー” になっていました。
でも…そのクールさだけは変わらないようです。
Posted by: hako
||

ひと暴れ

02月22日
これをやらなきゃ一日が終わらない。
また、それをすることでスムーズに眠りのスイッチが入る
そんなことが、かりんにはあるのです。
それは…何のことはない、ベッドでの狂ったような大騒ぎです。

日中、ハウスでの留守番で持て余したエネルギーを
一気に発散するかのような、暴れっぷりです。

karin_08_70.jpg

そして、独りで思いっきり暴れた後は、こちらを誘ってきます。
母さんが手に持つぬいぐるみを狙い、目が爛々と輝いています。
この後、ぬいぐるみが襲われたのは言うまでもありません。

こうしてひとりきり遊んだ後、予告なく眠りに入ります。
眠りにつくまでのひと暴れ☆これは毎晩の行事です。
Posted by: hako
||

ぴ~ひゃらら

02月21日
こんな風に平和そうな顔をして眠っている姿を見つけると
母さんは、ついつい顔をグンと近づけてしまいます。

karin_08_69.jpg

「あれれっ?」
よくよく耳を澄ませたら、小さな音を発しています。
すぴぴぴぴぃ~♪ ぴょょ~♪ ぴ~ひゃらら♪

どうやら、かりんの鼻が笛になっちゃったみたいです。
鼻で奏でる小さな笛の音に、そっと聴き入る母さんでした。
Posted by: hako
||

無視はイヤ

02月20日
いつも仕事から帰るとかりんをハウスから出して、ひとしきり撫でます。
そうすることによって、留守番で寂しい想いをしていたかりんも落ち着きますし
母さんも、仕事モードから自宅モードへと切り替えがスムーズになります。

しかし、昨日はちょっと考え事をしていたせいもあって
ハウスから出しただけで、あまり触れることもなく、大して声もかけないまま
しばらくの間、ぼぉ~っとしておりました。
すると、「ねぇねぇ…母さんどうしたの?こっち見てよ!」とでも言っているみたいに
母さんの手に鼻面をズンズン押しつけて、ゴロンと横になりました。

karin_08_68.jpg

撫でてもくれない、声をかけてもくれない、目を合わせてもくれない…。
いつもと違う母さんの態度に不安を感じたのか
注意を引こうと一生懸命になっているかりんの姿を見て、フッと我に返りました。

犬にとって非常に堪えることのひとつに、「無視されること」がありますが
正に、そんな感じを受けてしまったのでしょう。
悪戯をしてしまって謝る時のように、母さんの顔を窺っている円らな瞳に
逆に…「ごめんなさい」をした母さんでした。
Posted by: hako
||

宝物

02月19日
職場から少し離れた駐車場から職場までの道のりを
朝夕それぞれ、片道7~8分かけて歩きます。
この道は、人通りの少ない裏道で
特に夕方は、犬を散歩させている人をよく見かけます。

その中に、まるでレッサーパンダのような可愛い顔をした
ふさふさの毛をしたMIX犬がいます。
顔を見ると、仔犬のような無邪気な愛らしさなのですが
ぎこちなく跳ねるように歩く姿は、決して若くはなさそうでした。

昨日の夕方、向こうから犬を連れて来られる姿を見かけたので
思い切って話しかけてみました。
「ワンちゃん、何歳ですか?」
「平成2年生まれですから…17歳になりますねぇ」
一瞬、その17年を振り返られたのか
愛しさが込み上げるような、感慨深げな表情をされました。

karin_08_67.jpg

このワンちゃんと飼い主さん、そしてご家族の心の中は
決して色褪せることもない、決して失うことのない
思い出という宝物で埋め尽くされていることでしょう。

かりんと母さんも、こんな風に時間を重ねていきたいね。
Posted by: hako
||

水入れ

02月18日
2階のケージの中に置いてあるかりんの水入れは
母さんがうっかりして、時々空っぽになっていることがあります。
水を飲もうとケージに入った時、水入れが空っぽになっていると
じぃ~っと水入れを見ながら、しばらく固まっています。

1歳半くらいまでは、「あぅ~ん」という催促の声が聞かれましたが
最近は、ただひたすら水入れを見て、「ない…」と訴えています。

karin_08_66jpg

「あっ…ごめん、ごめん」と謝りながら水を汲みに行く母さん。
無言の訴えが、いかに効果的かをわかっているかのような
なかなかのプレッシャーの掛け方です。
Posted by: hako
||
今日もこちらは雪・雪・雪で、真っ白な世界になっています。
ボタン雪になったり粉雪になったり、刻々と変化しながらも
雪はずっと降り続いています。

待ってましたとばかりに、新しいレイン・ジャケット着用のかりん
先日、アウトドア・ウェアのメーカーのカタログを見ていたら
犬用のレイン・ジャケットを発売しているのを知り、購入しました。

karin_08_65jpg

ちょっと渋めの色ですが、なかなか良さそうです。
当のかりんも、着ているのをすっかり忘れているみたいに
今朝の散歩でも爆走スイッチが入りっぱなしでした。
Posted by: hako
||

積もった~

02月16日
夜の間、そんなに積もってはいなかった雪ですが
朝からどんどん降り始め、あっという間に積もってしまいました。
朝の散歩は既に済ませていたのですが
沢山積もった雪の中、かりんを思いっきり遊ばせたくて
臨時の散歩に出掛けました。

karin_08_63.jpg

散歩している最中も、雪は止み間なく降り続けていましたが
想像どおり、かりんは夢中になって雪を楽しみました。

最後の締めに、玄関先での雪玉投げ遊び。
お隣のチビッ子たちの雪だるま作りが気になって仕方ないようで
初めのうちは気が散ってしまい、全く乗ってきませんでしたが
しばらく投げているうちに、やっとスイッチが入りました。

karin_08_64.jpg

この雪は、どうやら明日くらいまでは楽しめそうです。
夕方の散歩も、はしゃぎまくること間違いなしでしょう。
Posted by: hako
||

母さんの悪戯

02月15日
ぬいるぐみで遊んでいるかりんにちょっと悪戯をして
脚で軽~く頭を挟んでみました。
「何するの!」と抵抗しながらも、まんざらでもなさそう。

karin_08_62.jpg

オモチャで遊んでいるかりんを、オモチャにする母さんでした。
Posted by: hako
||

イライラ

02月14日
「一生懸命訴えかけているのに、わかってくれない!」
そんな風に、じれったい想いでいっぱいになっている時
自分の思うようにならない何かに直面した時
かりんがよくする仕草があります。

それは、後脚でお腹の辺りを数回掻くような仕草です。
本当に痒いのではなく、自分のイライラ感を表現したら
こんな風になったという感じです。

karin_08_61.jpg

そして、もっともっとイライラ度が増した時は
まるで獅子舞の獅子頭のように、歯をカチカチと鳴らします。
「怖い犬に見えちゃうし、頼むから…それは止めて」
母さんは頼んでいるのですが、聞く耳を持ってくれません。

一般的には吠えて表現することが多いように思いますが
イライラの表現にも、個性があるのかもしれません。
Posted by: hako
||

愛しさ倍増

02月13日
一昨日の夜、そろそろ寝ようと母さんが思っていたら
ベッドで丸まっていたかりんがムクッと起きて、辺りをキョロキョロし始めました。
しきりと天井を見上げていましたから、きっと虫を見つけたのでしょう。

気にせず、そのまま灯りを消してベッドに入りましたが
部屋をカツカツと歩き回る足音はしばらく聞こえ、やっと静かになりました。
様子が気になり灯りを点けると、部屋の中にかりんの姿はなく
寝室に続いている納戸の隅っこの冷たい床の上で、丸くなっていました。

その姿があまりにも心細げで、思わず抱っこしてベッドへ連れて入りました。
横になった母さんは、掛け布団に半身を入れながらも座ったまんまのかりん
「大丈夫、大丈夫!」と声を掛けながらマッサージをし続けたところ
だんだん身体の力が抜けて、母さんの隣にゴロンと身を横たえました。
そして…母さんの首にそぉ~っと顎を乗せてきたのです。
布団の中で横になったこと自体が驚きだったのに、何てことでしょう。

karin_08_60.jpg

スースーと音をたてるかりんの心地良い寝息を間近で聞きながら
母さんが至福の時を過したのは言うまでもありません。
かりんの寝息と、母さんの呼吸がシンクロしてしまいそうでした。
思わぬ出来事があまりにも嬉しくて、眠ってしまうのが勿体なくて
昨日はちょぴり寝不足の母さんでした。
Posted by: hako
||

砂浜にて

02月12日
昨日は朝から青空が広がり、気温も比較的高めで穏やかなお天気でした。
いつもアスレチック遊具のクライミングを楽しむ公園よりちょっと遠くに位置する
海沿いの公園へと出掛けてみることにしました。

karin_08_57.jpg

冬場の貴重な晴天を満喫しようと、沢山の家族連れで賑わっていましたが
芝生が敷き詰められ、思った以上に整備されたキレイな公園内の様子を見て
「もしかして…犬はダメかな?」と不安になってしまった母さん。
でも、「犬のフンは持ち帰りましょう!」という看板を見てホッとしました。

karin_08_59.jpg

公園から少しだけ道を逸れると、すぐそこには日本海が広がっています。
初めての砂浜に、爆走スイッチON☆になってしまったかりん
いつもと違う足元の不思議な感触を楽しむかのように、走り回っていました。

karin_08_58.jpg

まさか、真冬に砂浜へ出掛けることになろうとは、全くの予定外だったので
季節はずれの砂浜を、母さんも楽しませてもらいました。
こうした思いがけない散歩は、かりんがいなかったらあり得なかったでしょう。
Posted by: hako
||

早く・早く

02月11日
お休みの日、母さんがゆっくり着替え始めると
お出掛け気分満々で、部屋からサッサと出て行くかりん
でも、母さんが一緒に来ないと、ドアの外から様子を窺います。
「まだぁ?」手間取っている母さんを促します。

それでもまだ、なかなか準備ができないでいると
プレッシャーをかけるように母さんの足元をグルリと一周し
部屋の外へ出て行きます。
これを2~3回繰り返したところで、母さんの準備が整いました。

karin_08_56.jpg

「ワタシはいつも準備OKなのに、母さんってば遅い!」
そんな、かりんのつぶやきが聞こえてきそうです。
Posted by: hako
||

デリケート

02月10日
先日、胃酸過多と診断され薬を飲ませたところ、嘔吐はすっかりなくなりました。
しかし、元気はあるにも関わらず、フードを半分以上残すようになってしまい
昨日の「お出掛けは?」…予告どおり病院へのドライブとなりました。

「この子は、決して内臓が弱いということではなく、心身とも過剰反応をしてしまう
良く言えばデリケート、悪く言えば過敏なのだと思う。」
と、ドクターはおっしゃいました。
確かに、身体面では昨年夏に大騒ぎした湿疹事件がありますし
精神面では食事中に気が散るようなことがあると、食事を中断してしまったりと
思いあたることは、あれやこれやあります。

karin_08_55.jpg

最近でこそ、「食べてくれない」という心配をすることはなくなっていましたが
1歳過ぎまでは、完食することが少なくて食事の度にヤキモキしていました。

ちょっと悪戯っぽい表情で、ドクター曰く、「食欲が出る良い方法があるよ。」
「えっ?そんな方法があるのですか?」と私。
「もう1匹飼う!」…な・なるほど。
Posted by: hako
||

お出掛けは?

02月09日
さぁ、待ちに待った週末…それも3連休がやって来ました。
しかし、お天気は良くなさそうです。
出掛けようにも、天気が良くないと気分も乗りません。

karin_08_54.jpg

こんな日は、お家でまったりするに限ります。
大あくびをするかりんを見ながら、のんびりすることにしましょう。
でもそのうち、「お出掛けしよう!」と誘ってくるに違いありません。

さて、経過報告と今後についての相談に、病院へ出掛けようか?
「ド・ドキッ☆」
Posted by: hako
||

ヒヨコさん

02月08日
リビングのソファーに乗ってキッチンの方を眺める姿は
ずっと以前からかりんのお得意ポーズとなっています。
先日の、もっさもさな後ろ姿も、前から見るとこうなります。

karin_08_53.jpg

前脚に覆いかぶさるように、ぐんと身を乗り出したその姿。
母さんには、かの有名なヒヨコの形のお饅頭に見えてしまい
この格好を、「ヒヨコさん」と呼んでいます。
美味しそうな焼色と言い…耳と尻尾をつけたら似てるかも?
Posted by: hako
||

美味しい夢

02月07日
しきりと口をむにゃむにゃしながら、幸せそうな顔をして眠っているかりん
それはそれはとっても美味しい夢を見ているようです。

karin_08_52.jpg

あらま、起こしちゃったみたいです。
続きの夢を…召し上がれ~。
Posted by: hako
||

長いつき合い

02月06日
激しくブンブン振り回したり、容赦なくガジガジ齧ったりしたにも関わらず
ベッドの上で膝枕をしてもらったりもしていた初代のライオンさん。
気がつけは、かりんの遊び相手になってから1年3ヶ月が経とうとしていました。

karin_08_49jpg

目も、耳も、尻尾の先っちょもなくなってしまい、中身も引っ張りだされたりして
かなりの手負いになってしまっていました。
母さんが応急処置をしましたが、またまた破れてきてしまいました。

karin_08_50jpg

どんなにボロボロになっても、かりんはこのライオンさんが大好きです。
かりんがお子ちゃまの頃からずっと相手をしてくれたライオンさんは
母さんにとっても、特別な思い入と愛着があります。
さ~て、拙い腕ではありますが、母さんがまた直してあげることにしましょう。
Posted by: hako
||

胃酸過多

02月05日
1ヶ月に1回あるかないかくらいの頻度で、嘔吐(えずく)のあったかりん
食後30分~1時間の間に起こることが多く、嘔吐物のあることは希です。
特に元気がないということもなかったので、しばらく様子を見ていました。
しかし、先日から嘔吐が続いたこともあり、ドクターに診ていただくことにしました。

診断は、胃酸過多だろうということでした。
1日2回の食事を3回に分けて、空腹時間を短くする提案もありましたが
昼間、食事を与えられないということもあって、投薬で様子を見ることになりました。

また、この投薬によって改善するようであれば、現在の脂肪分多めのフードから
他社の脂肪分控え目のフードに替えてみても良いかもしれないと言われました。
現在与えているメーカーの脂肪分控え目タイプには卵が入っているため
かりんには食べさせるのをやめていますが
他社で脂肪分控え目&卵を使わない良質なフードがあると教えていただきました。
標準食としては値の張るフードだったそうですが
最近、比較的手にしやすい価格になってきたそうです。

karin_08_51.jpg

さて、今回も病院のロビーに入った途端、とっとと帰ろうとするかりんでした。
診察台の上でブルブルブルブル…と震えながらも、大きなあくびをして
自身で一生懸命に緊張を和らげようとしていました。
注射もなく痛い想いをすることもなかったのですが
どうも、病院そのものが嫌な場所としてインプットされてしまったようです。
母さんがそばにいても、やっぱり怖いのね。
Posted by: hako
||

寝坊

02月04日
本日、仕事がお休みの母さんは、ちょっぴり寝坊しちゃおうと
布団の中でモゴモゴと心地良さを味わっておりました。
何故か、いつもは早い時間に起き出すかりん
今朝は「ねぇねぇ~」と起こしにくることもなく眠っていました。

karin_08_48.jpg

さて、いつものコースをゆっくり歩きながら
あちこちの家の前に何かがパラパラと落ちているのを発見。
そう、昨日は節分でした。
かりんが拾って食べないようにと気をつけながら
人々が動き始めた町を、ポテポテと散歩しました。

天気予報では、今日は雪だるまマークが出ています。
まだ降りそうな気配はありませんが…積もるかしら?
Posted by: hako
||

発散方法

02月03日
ここのところ天気の良くない日が続いているので
朝夕の散歩も、つい短くなってしまいます。
週末の楽しみでもある、ロングリードをつけてのかけっこも
お預け状態になっています。

そんな時のかりんのエネルギー発散方法は
オモチャを使っての激しい独り遊びです。

karin_08_46.jpg

本日のターゲットはコングです。
一般的には、オヤツを入れたりして遊ばせるようですが
うちでは、靴下を突っ込んでいます。
これで、かりんお得意のブンブン振り回しての遊びを楽しむことができます。

karin_08_47.jpg

でも、時折パタッと急に固まってしまうことがあり
まるで、かりん自身が電池の切れたオモチャのように見えてしまいます。
無限のパワーを持っているような、そんな気になることもありますが
やはり、放電の後は充電…のようです。
Posted by: hako
||

待て

02月02日
前脚の上にオヤツを乗せての「待て!」
あちこちのワンちゃんがやっているのを見て
「凄いなぁ、お利口だなぁ」と、母さんは感心しておりました。

学生の頃から、実家でも柴犬を飼っていましたが
大したしつけはしていませんでした。
「待て」も教えなかったので、当然…できませんでした。
ですから、今までどの犬にも教えることのなかった「待て」
かりんには絶対に教えたいと思いました。

karin_08_44.jpg

しかし、母さんの予想に反して意外と簡単に覚えてしまい
ちょっと拍子抜けしてしまいました。
飲み込みの早い遅いはあるものの、根気強く教えれば
犬はちゃんとそれに応えてくれます。

karin_08_45.jpg

でも、オヤツを目の前にするとこうして根気強く待ちますが
それ以外ではかなり不安があります。
どんな時でも、どんな状況でも待てるように!
その道のりは相当険しく…そして、長そうです。
Posted by: hako
||

ぷりり~ん

02月01日
朝の散歩時には、冷たい雨がしとしと降っていましたが
車でエステに向かう途中から、雨は雪へと変わりました。

最近、抜け毛は落ち着いているように思っていたのですが
エステの先生に、「凄く抜けましたよ~」と言われてビックリ。
どうやら、一足も二足も早い換毛期に突入したようです。

karin_08_42.jpg

エステから帰る車中、半ば放心状態になっているかりん
早くお家に帰って横になりたいと、顔が訴えていました。

karin_08_43.jpg

カットしたての桃尻は見事なくらいのキレイなカーブを描き
もっさもさのお尻は、ぷりり~んなお尻になりました。
しばらくは、母さんのお尻鑑賞にも熱が入りそうです。
Posted by: hako
||