公園で思いっきり遊んだ後は、かりんも喉が渇きます。
水飲み場を見つけると、ハタと立ち止まって
「お水ちょうだい!」と言わんばかりに蛇口を見上げます。

karin_08_253.jpg

最初は手に受けた水をペロペロして飲んでいますが
思うように飲めず、もどかしくなってくるのか
蛇口から落ちる水を直接飲もうとします。

かりんの口に入る水は、ほんのちょっとだと思いますが
これも、公園ならではの醍醐味ねっ。
お水☆ご馳走さまでした。